2018年09月16日

アジアンパワー

シンタイのダミアーノ・チマのステージ優勝と総合優勝に加えて、ツールドチャイナはチマのステージ優勝と総合2位に終えて、明日からツールドチャイナ2に入る。
レースの後に町を歩いているのだがどうしても自分は庶民的な路地が好きでそっちに迷いこんでしまう。
とくにマージャンを軒先や路上でじゃらじゃらやっているのを見ると思わず後ろで観戦したくなる衝動に駆られる。
夜遅く、路上でカードゲームをしていたり、昭和初期の日本をほうふつとさせる(注 自分は生まれていないが)ものや、子供たちが路上で遊んでいて、近所のおやじにどやされているもの見ると
日本に今失われたものを見るようで ほっこりするのである。

自分は監督のたちばでありながらも、そういった物を感じる時間は大切にしたいと考えている。
これは、自分の心のメンテナンスだ。

監督なんて、マニュアルがあって こうすれば 選手はこう動くなんている方程式はない。

自分を出して、そして誠心誠意すること。選手の意見も聞きながら 自分の意見を織り交ぜて、ほかのスタッフの意見も聞きながら、徳にはほかのチームの情報も織り交ぜて指揮する。そのまとめ役が監督だと思う。

中国には当初ネガティブな考えを持っていた。しかし、人々の親切心に触れ 中国という国の大きさや勢い。将来性を考えると日本は中国から学びながら共存・共栄する道を進んだ方がよいと考えるようになった。

この広大な国土に勤勉な(よく働く)人間が13億人暮らしている。高速鉄道も高速も縦横無尽に走り、道も広いし土地も有り余っている。

ほかのヨーロッパ諸国同様、日本は完全に頭打ちである。活路をアジアに求めなくてはならないときに未だにアメリカに追従していたのではアメリカにいいように利用されるだけである。

韓国人も中国人も日本でしか通じない日本語を学ぶ人がおおい。それほど、日本のことを大事に思っているということだ。日本も彼らの言語を学んでももっと交流すれば近いだけにお互いにメリットは大きいと考えるのですがいかがでしょうか?



Posted by fugushima at 13:56│Comments(1)
この記事へのコメント
兄ちゃん おはよう。誕生日おめでとう(15日だったね)。いくつになったっけ?

異議なしです。いまの状態は異常です。全てが対立軸で考えすぎ。もっと柔軟に考えなければ。歴史を反省し、アジア人戦うべからずです。

北海道はやられましたわ。台風、地震、停電。レースも中止。自転車シーズン終了です。

チャイナ リザルトチェックしてます。
Posted by イトウアキヒロ at 2018年09月17日 06:04

コメントする

名前
 
  絵文字