ASIA CYCLING ACADEMYのファイスブックページではしつこいくらいにメッセージを流しているのですが、このブログではご無沙汰しておりました。

ここ数日、阿曽選手がレース参加の為にうちに来ていたのです、日本語をたくさん話したのですが
普段は英語ばかりで発信しているので、このブログも滞っていました。

マレーシア選手4人、台湾3人(一人はもう帰りました)、香港一人、モンゴル一人の共同生活は
とても充実していて、ブログを書く暇もないほどでした。

序盤は選手のレベルを考えずにレースに連れていきすぎて、数名の選手のボイコットに逢い。
今は、良いトレーニングと良い回復、絞ったレースに努めております。

昨日のレースでマレーシアのアブデュル選手が第2カテゴリーで3位に入り
ようやく報われた感がしました。

一緒に練習しながら
やれギヤをかけろだの、重すぎるだの、右を走れとか、左を走れとか、穴をちゃんと教えろとか、
食べろだの、食べすぎるなだの、電気を消せだの、床を拭けだの、ごみを捨てるなだの、ごみを捨てに行こうだの。
とにかく、充実していたことは間違いありません。

結婚生活が僕に忍耐を言う二文字を教えてくれました。

明日のオマールのレースの後に、自分は一時戦線離脱して日本に2日帰国後、ベトナムのVTVカップに参加します。

選手と練習していたら、調子が上がってきてしまい。
ちょうど、日本人選手が見つからなかった上にスタッフの数があふれてしまったので
集団の中から選手に指導することにしました。

これが一番ですが、不安がないわけではありません。

先ほど述べた阿曽選手は昨日のカテゴリー1のエリートレースでも5位に入賞しました。

DN1のビルヌーブの選手が1位から4位を独占した中での5位入賞。
滅多打ちにされたようですが、これぞ強くなるために必要な環境です。

これから、快進撃が始まるか?