一体そのような貴重な絨毯がどのように海を渡って、日本に辿り着くのでしょう?

そこで
シェヘラザードさんのお力が必要になってくるのです。

DH000188

知識の浅い日本の商社や百貨店が現地に仕入れに行っても、
本当に価値のある絨毯には出会えません。

何十年にも渡って代々伝わってきた大切な絨毯を外国の人や駈け出しの絨毯屋さんに
簡単に見せる訳がありません。

表現は悪いですが、値打ちの分からない人にはそれなりの絨毯を高く見せ、
高い値で買ってもらい、持ち帰ってもらいます。

日本だとそこに流通コストや企業の経費を乗せるのですから、
高くなって当然ですよね。しかも品質は・・値段と見合わない(TДT)

絨毯の文化の浅い日本では、奥深い絨毯の世界を理解できる人が少ないのを
現地のバイヤーはお見通しなのです。

P8090073

モハンさんはこの道30年。毎年夏に仕入れに行くのですが、
それでも毎年毎年、バイヤーに絨毯に対して目利きがあるのか
テストや問答があるそうです。

その難関を突破できた者だけが入れる、
一般の入口とは違う秘密の裏口があるそうです(゚∇゚ ;)

その部屋の中には、状態の良いアンティークや
博物館に展示されてもおかしくないような値打ちのある絨毯もあるそうです。

そこから、また適正な価格で譲ってもらう為のせめぎ合いが始まるのです(笑)
バイヤーとの信頼関係がないと、本当の絨毯は仕入れられないのです。

P8110250

つまり、弊社展示会で取り扱っている絨毯は正真正銘の手織りの絨毯で、
現地に赴き、直接仕入れたものばかりなので価格・品質共に安心と言えます。

万が一、他店や百貨店でよく似た絨毯があれば、比べて見てください。
ただし、本物かどうかは?ですけどね・・。

ご質問・お問合せは、弊社ホームページまで→http://www.fuiringu.jp/
また、ブログランキングにも参加しております。どれかおひとつクリックご協力下さい↓

にほんブログ村 住まいブログへ 人気ブログランキングへ