感想です。
どんだけ叩かれてもあんな観客を入れてしまうテレビ局の強い意思。

Aブロック
1 チョコレートプラネット松尾
準決勝ではさほどのウケだったとのことだが、テレビ向きの人選か。けど、トップバッターに入ったことによって番組自体の盛り上がりには一役買ってたように感じる。
今使える技術をとりあえずネタにしたという印象を受けたけど、IKKOの「ほんとに、ほんとにね」はほんとに、ほんと言うのでそこは面白かった。

2 クロスバー直撃前野
いつも予選を盛り上げてくれていたバー直が見事決勝進出。ただ、盛り上げてくれていた頃よりはとても見やすくなっているネタ。
本人も「2本目に温存した」と言っていたけれど、ネタ自体の面白さというか小道具発表会がメインになっていて、後半のメルカリゾーンみたいな予選で受けていた狂気さが薄れていた気はした。

3 こがけん
3回戦で見た時と同じネタ。
これもテレビ向きの選出かと思ったが、今回の客だとやはり盛り上がった。
ピンネタが漫才やコントに比べて、面白くないと言われがちなの客側の補完能力が求められるってのもあると思うんですけど、単純に起承転結をひとりでやらないといけなくて説明ゼリフになったり、話が変わるキッカケがわざとらしくなったりするから、なのかなあとこのネタを見て思いました。

4セルライトスパ 大須賀
準決勝レポで「設定の勝利」と言われていたけど、なるほどこういうことか。
中身はよくある一言ネタだけど、この方法なら差別化はできる。
セルライトスパってコントも漫才も上手いんだけど、どうも優等生というか突き抜けてなくて「うーん」と思うことが多いんですけど、その上手さが良いようにいった例だと思う。赤ちゃんの顔に唾がかかっていったん喋るのをやめるのも、マイナスの中で強弱をつけていて上手いなと思いました。

Bブロック
1 おいでやす小田
前の大須賀評で「普通は大声で掴むんですけど」って審査があって、気が気じゃなかった小田(笑)
最初はどう見たら良いのかわからないネタだったんですけど、「フードコート行きたい!!」でようやくブーストがかかって世界観にも広がりが出た感じ。
それまでは一言ネタになってたので。
これがもしかして最初からバッと行ってたらどうだったのかなあ?

2 霜降り明星 粗品
ずーーーーーっと準決勝でバカウケだったのに決勝にあがれなくて、昨年少しスタイルを変えたらあがれて、そしてM-1を優勝して売れた瞬間、前のスタイルでも決勝にあがれるのものすごい皮肉だと思うし、粗品もR-1への復讐と言っていたぐらいだから意図的だろうし、とてもクール。
そして、これこれ!!スピードは当時より落としているものの、これが粗品!!
これをやっている時は今の霜降り明星の粗品じゃなくて、元佐々木でピン芸人で霜降り明星の粗品なんですよ。昔からずっと見てるので何回も見ているネタもあったけど、「まいど!芦田愛菜でおま!」とか懐かしいのもあったり、あの頃の怒りをぶつけているようにも思えた。

3ルシファー吉岡
毎回面白いんだけど、いまいち点が伸びきらないの、飄々とした喋り口だけでなくプラスアルファを求められてるってことなのかなあと思いました。今回の「Fooooo!」と言いながらちょっと踊るところとかコミカルでめちゃくちゃ面白かったし、舞台を3Dに使うことだったりするのかな。
個人的には3回戦でやってた「電車内は実質キャバクラ」のネタが面白かったので、どこかでやって欲しい。

4 マツモトクラブ
本当、毎回12人には入るんだよなあ。
このネタ、前にも見たことあるんですが
その時よりコミカルさが薄まって、しっかりとしたドラマ仕立てになっていた印象。
というか、マツモトクラブの声量があがった?昔より強い声が出せるようになっているような?
その影響なのか、その時に見たよりも精錬されてた気がしました。

謎ルールにより粗品。

Cブロック
1 松本りんす
3回戦でも見たんですが、その時は本当に精度が低くて、BGMも違った気がします。
これもこがけん同様、今回の客の特需を受けた1人だと思う。
松本りんすが微妙に男前だから、このネタのバランスが取れていて、これが例えば三浦マイルドとかがやってもこうはならないんだろうな。

2 河邑ミク
まあ自虐的なネタで、大阪disネタにしては「ひったくり1位」とか「コスパ悪い犯罪」とか踏み込んだネタなんだけど
なんというか、こういう自虐的なネタってじゃあ他の人が言おうものなら非難されるような、不可侵的な部分がないですか?
なので、このネタも面白いんだけどどこか「遠く」感じるネタだなあと思いました。

3 三浦マイルド
広島弁漢字ドリル。
別にこれは偏見ではないような?
前回優勝したときは広島弁が面白い作りになってたかと思うんですけど、今回は文章が面白くて広島弁はあくまでアプローチの方法って感じに見えました。というか、僕が広島出身なのでそう感じたのかも?
フリップなんですけど、もしかして準決勝と変えたのかなあ?あれがあったせいか、別に毎回「〇の例文って入れなくていいんじゃないか」とか思ってしまった。

4 岡野陽一
うおおおおお!!安心と信頼の、予選に来る客の観客審査!!
でも、今回の客との比較で文化の違いを感じましたね。好き好むと狂気を「面白い」と感じちゃうんですよね。
巨匠のときのような倫理観に訴えかけるようなネタで「命って重いよな」が二重にかかってるのも良い。
ただ、状況の面白さ以上のアプローチが少なかったのがいまいち笑いに繋がらず、点も入らなかった理由かな。

決勝ラウンド
1 セルライトスパ大須賀
設定そのままで場面だけ変えてきた。
虎の顔を見つめるところや、下敷き被せで一本目を踏襲していたり本気で取りに来てるなとは思ったけど、一本目より尻すぼみになってしまったのが突き抜けなかったところか。

2粗品
下ネタを入れるの珍しいなあ。
鮮度が悪くなったネタを、バンクシーでごまかしてたりしていたけど後半少し、粗品にしてはテンポが悪くなってた気がしました。
「餓死」とか「だいぶ浅瀬」とか。

3 松本りんす
まあ、ここまで来ちゃうと優勝するようなネタではないんだけど
Dead or Aliveのところは単純にすげーと思いました。今回、割としっかりとしたネタが多い中でこういった良い意味で軽めなネタがあったのは、R-1ぐらんぷりの玉石混交さを表していて良かったのでは。

優勝はまたも謎ルールにより粗品。


準決勝で何年もトップウケなのにあがれなくて、敗者復活もトップウケなのにあがれなくて、ちょっと人気が出たら決勝にあがれて、優勝したら昔の落とされていたスタイルでもあがれて、そして優勝。


こういうところがR-1が他の賞レースより下に見られるところだと思うよ!!!!
と強く感じました。
実際のところ、笑いというのは大きく知名度が働くとはいえ、昔から粗品を知っている人は今回の優勝、嬉しくも歯がゆい思いをしたことでしょう。あの何年間はなんだったのか。
そして粗品も「R-1への復讐」と言っていたように、かなり皮肉もこめてこのネタをやっていた気がします。成仏させてやろうと。
いや、実際ずっと応援していた粗品がようやくR-1を取ったのは嬉しいです。
が、もっと早く決勝にあがっていて世間に衝撃を与えていたはずなんだからな!
各年の準決勝の審査員!おい!!!
という気持ちにならざるを得ません。

最後にミスターデンジャーこと松永光弘が客席に座ってるのがプオタ的にはジワジワきて面白かったです。昔、火を吹いていたりワニを飼っていたりしたステーキ屋の店長です。