音楽感想文 Chain Listener

主にジャズの感想

MI0000169279
All Blues at Night』から7年後、
メンバー4人はそのままに、
Joe LovanoとMichael Breckerをゲストに迎えた豪華盤

ミュージシャンというのは反語を好むのか、
アルバムタイトルにもなっている「朝日のようにさわやかに」でも
ぜんぜん「Softly」ではない、Bill Stewartのドラムも煽って
スタンダードナンバーを解体している

Breckerが参加した2曲、③はさわやか、
マーヴィン・ゲイの⑥は軽やかな演奏

この1曲、を選ぶとするとジョニ・ミッチェルのカバー⑤「Blue」
ここでもTim Hagansのミュート・トランペットが切ない
⑦「Not a Ballad」も沈んだ感じで良い、
このタイトルも反語である

Marc Copland 『Softly…』

Label:Savoy
Rec:September 1997

Marc Copland (p), Gary Peacock (b), Bill Stewart (ds), Tim Hagans (tp-①⑤⑧)
Joe Lovano (ts-①⑦), Michael Brecker (ts-③⑥)

①Softly, as in a Morning Sunrise ②I Love You ③Country Home ④So In Love ⑤Blue ⑥What's Going On ⑦Not a Ballad ⑧Three Stories ⑨My Foolish Heart

coplandnight
ギタリスト増尾好秋氏のレーベル、Jazz Cityは
Donald Brownのアルバムを始め
良いアルバムを何枚も出しているのでお気に入り

Gary PeacockとBill Stewartという組み合わせ、
それに「On Green Dolphin Street」「Estate」と
好きな曲が並んでいる

が、本作で最も印象的なのが
Coplandの10分を超えるオリジナル曲③「At Night」で
暗く沈んだ美旋律をTim Hagansのトランペットが
切々と吹き進める
ここにGary Peacockがいるのもなるほど納得の内容

同じく10分超えるHagansのオリジナル⑥も
寂しげな響きで良い

Marc Copland 『All Blues at Night』

Label:Jazz City
Rec:September 1990

Marc Copland (p), Tim Hagans (tp,flh), Gary Peacock (b), Bill Stewart (ds)

①On Green Dolphin Street ②All Blues ③At Night ④Lunar ⑤Estate ⑥For the Music ⑦Think Before You Think ⑧My One and Only Love 

MI0002403763
何か限界点を超えるようなタイトルだが
穏健なギタリストであるPeter Leitchには不似合いで
①のようなアップテンポの曲もあるが
⑤⑦⑩のソロ・ギターのように、基本的にマイペースの人

ピアノのKirk Lightseyは、Wayne Shorterの曲が好きなようで
ここでも③⑧と2曲取り上げられている
⑧は、アコースティック・ギターとピアノのデュオというのが新鮮

Lightseyはガッチリしたピアノを弾く人だが
春風のようなLeitchのギターに感化されたか、
最後の⑪では心和む柔らかいピアノを聴かせる

Peter Leitch 『Red Zone』

Label:Reservoir
Rec:November 16, 1985 & November 17, 1984(⑨)& July 20, 1988(⑤⑦⑩)

①~④⑥~⑧⑪
Peter Leitch (g), Kirk Lightsey (p), Ray Drummond (b), Marvin "Smitty" Smith (ds)

Peter Leitch (g), Pepper Adams (bs), John Hicks (p), Ray Drummond (b), Billy Hart (ds)
⑤⑦⑩
Peter Leitch (g)

①Red Zone ②My One and Only Love ③Speak No Evil ④Urban Fantasy ⑤Lush Life / Day Dreams ⑥Off Minor ⑦I'm Getting Sentimental Over You ⑧Rio ⑨Round Midnight ⑩Quasimodo ⑪It Came Upon a Midnight Clear

↑このページのトップヘ