2008年04月04日

異常事態のエベレスト


 ネパール・カトマンズ入り。ネパールは二ヵ月ぶり。年末年始も清掃キャラバンに氷河湖の調査を行っていましたが、今回もその続きです。先月はツバル、そしてフィリピンでの遺骨調査、そしてこのチベット動乱によるコメントによる騒ぎ、色々とありました。

 「チベット動乱〜北京五輪参加への条件〜」(野口健ブログ)にて私が個人的に感じていたチベットに対する思いを述べさせて頂きましたが、あくまでも私の心情であり、人様に対して押しつけたりするものではありません。あくまでも一登山家の意見として受け取って頂ければと思います。

 チベット問題は極めてデリケートであるわけで、寄稿すれば賛否両論、物議を交わす事は分かっていました。寄稿してから200件を超える様々なメッセージが私に届けられました。正直、メッセージを拝読しながら「大丈夫かなぁ〜」と心配になることもないわけではなかったですが、特に慣れてない日本語でありながらも、おそらく大陸の方であろうと思われる方々(勿論、内地の方も含まれる)のメッセージにはしかと目を通させて頂きました。
 
 あくまでも日本語の読解力の問題かもしれませんが、私は「北京オリンピックにボイコットせよ!」とは一言も発したつもりはありません。「このまま中国による非人道的な行為が繰り返されるのならば、最終手段としてボイコットもその選択肢に含まれるのも、またやむを得ない」と表現しオリンピック参加には条件が必要だと指摘させて頂きました。その指摘について多くのご意見を賜りましたが、私の考え方に一切の変化はございません。
 
 ネパール入りしてみて驚いたのがエベレストに関わらず他の山を含めチベット側から登山を予定し、すでに中国側に入山料金を支払っていたにも関わらず全ての登山隊がいまだにチベット入りの許可がでていないとのこと。登山隊に限らずトレッキング、ラサ観光など全て禁止されている。そして支払った入山料金もいまだに返還されていないとのこと。
 聖火リレーがチベットで行われればさらなる動乱が起こる可能性がある。その事態を想定してか、外国人をチベットに近づけない。そして徹底した報道規制。それが何を意味するのか、何故なのか、想像して頂きたい。

 さらに驚いたのが中国隊は5月10日までに聖火をチベット側からエベレストの山頂に上げると発表しているが、エベレストのネパール側にも中国の影響がおよび中国隊の聖火隊が登頂するまではネパール側も登山が規制(ネパール観光省の発表によると5月10日までエベレストのキャンプ2(6400M)までしか登ってはならない、そして衛星通信も使用禁止とのこと)されるとのこと。中国の要請によりネパール軍の兵士がエベレストの6400Mまで上がり登山隊を監視するとのこと。あくまでもネパール領でありながらも、ネパール山岳関係者によると中国政府の圧力にネパール政府は逆らえないとのこと。そして中国大使館に呼ばれてチベット人の暴れている様子を撮影したビデオを何度も見せられ、いかにチベット人が野蛮かと訴えていたそうです。

 私は心底不思議でならない。聖火をエベレストの山頂に上げるために世界中の登山隊、また観光客などの外国人をチベットから遠ざける中国政府ですが、そこまで強行して仮にエベレストの山頂に聖火が上がったとしても世界は誰も評価しないだろうし、それどころか中国の傲慢さのほうが遥かに大きくクローズアップされるだろうに。

 国際社会が中国に対して注文をつけているのはけっして特別な事ではなく、ごくごく当たり前の事です。近年のオリンピックでこれほど報道規制があった国があっただろうか?観光客など外国人が追放された事があっただろうか?これほど血が流された事があっただろうか?そしてオリンピック開催によって新たな血が流れるかもしれない。国際的な調査団を派遣するべきだと指摘したのはオリンピック後のチベットが辿るであろう運命に危機を感じているからだ。

 私は中国政府に対して一方的に批判をしているつもりは毛頭ない。頑なにオリンピックをボイコットせよ!とも発言していない。ただ、このオリンピックが心配でならない。ボイコットは非現実的であろうし、また中国が国際社会から孤立するだけかもしれない。しかしだからといって無条件に参加して本当にいいのだろうか?確かにチベット含め中国の人権問題は極めて厄介です。中国との摩擦は経済的にも大きなダメージとなるでしょう。触れない方が安易に決まっている。しかし、日本を含め国際社会が中国でのオリンピック開催を決めたわけで、その責任から逃れることはできない。

 感情論に任せて意見するのは確かに爽快かもしれない。私の意見に賛同してくださった方々のメッセージの中にも大きく偏ったものが含まれていました。私はこれでも必死に感情を抑えつつメッセージを発しているつもりです。このブログ内含め冷静な議論を願っています。

2008年4月3日 ネパール・カトマンズにて 野口健
 
fuji8776 at 03:04│Comments(66)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by henanp   2008年04月04日 03:37
5 健さん、心労伝わってきます。ブログでメッセージを伝える・・・難しいですね。中国の件も大変難しい。日常の生活の中でも、ちょっとこの人おかしいんじゃないかな?と思うときがあるように、中国の方々も我々から見ると「おかしい」のだと思います。でも当の本人(中国の首脳部も)は自分がおかしいなんて思ってません。「聖火がエベレストに!」すごいだろ〜って思わせたい、ただそれだけ。何を言われても「すごいだろ〜」って思われたいんではないかな。なんだか幼稚というかなんというか。中国にはものすごく優秀な方が沢山いらっしゃるが、どうもこういうところがまだ世界基準とずれているんですよね。私は、しかたないな・・・だって中国だもん、って思うようにしてます。(中国在住歴3年)
2. Posted by そると   2008年04月04日 04:45
どもども、西安入りして5日目です。昨年と同様に展示会に向けて施工から立ち会っているのですが、凄い変化を感じました。それは、昨年までは展示会とはいえ、ネオンサインがバンバンありここまでやるのか?という疑問さえ思えたんですが、今年からは環境に力を入れることになったんだそうです。後ほど詳しく別ブログでレポートしようと考えていますが、経済成長率を下げても環境に取り組む事になったとのこと。陝西省(せんせいしょう)の意向です。方や中国内で環境に対して取り組む姿勢が出てきたこと、素晴らしいことだと感じましたよ。では後ほど私の日記で。
3. Posted by Kashin   2008年04月04日 05:18
野口さん、初めまして。記事を読み、とても言葉を選んで注意深くお話をされているのが伝わってきました。

中国の中でも、今中国で起きている様々な問題を認識されている人たちが沢山いると思うのです。
中国人が誇りとしていた長い歴史と素晴らしい風景と文化遺産、それらが急激に脅かされている。中国政府のあり方が問われる状況であると思います。

チベットの問題は大きな問題ではありますが、それはまた、今起こっている問題の一部でもあります。
もし本当に中国がチベットを自国の一部と認識するのであれば、その歴史と背景に敬意を払い、素晴らしい遺産を保護しようとするべきです。

中国国内とは違い、自由な発言が出来る私たちには、今なにが出来るのでしょうか。私もこのままオリンピックに何の意見もなく参加してしまっていいものなのかと思いますが、それと同時に個人レベルで何が出来るのかを考えています。
4. Posted by とうふ   2008年04月04日 05:42
文字だけのコミュニケーションには限界があるのでとても大変な事と思います。
でも今日のエントリーのような言葉の選ばれかたを見て、さらに真摯な姿勢が伝わりました。
この言葉を選ぶ丁寧さと慎重さを保つ事はとても大変だろうと思いますが、応援しています、どうかがんばってください!!
5. Posted by とりぞー   2008年04月04日 08:01
健さん、お疲れさまです。
色々とチベットの問題についての議論が盛んですが、この問題は政治的な面や健さんが登山家として目にしてきた自然科学的な面など様々な視点からの議論が必要だと思います。それをこのブログの場で議論し尽すのは難しいかもしれません。
健さんが言葉を尽くし慎重にこの文章をしたためているのがよく分かりましたが反対に中国政府のやることなすことがどんどんドツボにはまっていくのが滑稽なほどよく分かります。もうすべてを隠しきれるようなご時世ではなくなって来ていることを彼らは気付いていないのでしょうか。
まずはチベット、ヒマラヤに暮らす人たちに早く安寧の日々が訪れることを切に願います。
6. Posted by ソフィア   2008年04月04日 13:17
5 野口さん、こんにちは。
他の方もおっしゃっていますが、言葉を慎重に選びながらご自身の素直な感情を素直に綴っているのがよく伝わってきました。現場を知っているだけに、感情を抑えながらメッセージを発するのは本当に大変なことだと想像します。

そして、改めて野口さんの姿勢には尊敬の念を抱かずにはいられません。著名人であるなら、圧力や報復が恐ろしくて(現に圧力があったそうですね。新潮読みました)思うことがあっても躊躇してしまうのが普通なのに、本当に勇気のある方だと思います。

中国の体質が変わらない限り、解決は難しいと思いますが、私もチベット問題を深く知ってしまった今となっては、日々自分にできることを考え、行動に移したいと思います。
野口さん、メッセージをありがとう。
7. Posted by 一言   2008年04月04日 15:19
>賛否要論、物議を交わす

『賛否両論(さんぴりょうろん)、物議をかもす』・・・、って言いたかったのでしょうか?
8. Posted by 24歳学生   2008年04月04日 21:37
ダライ・ラマ自身が五輪成功を望んでおられるのですから、ボイコットはチベットにとって不本意では無いかと思います。
あれほどの弾圧を同胞が受けながらも尚、中国への敵意を持たず、真の和平を願っておられる。ダライ・ラマ14世は本当に高徳な方です。
世界各国はボイコット以外の手段でチベット解放を訴えるべきだと思います。それにもう、北京五輪は現時点で半分失敗したようなものですし。
9. Posted by いちご   2008年04月04日 21:50
5 健さん(*^_^*)…無事ついたのですね。健さんの切なる思いブログを読み(涙)がこぼれそうな程に伝わります。いろんな場面にあっている健さんだからこそ伝える事が沢山ありますよね。……ただ、だだこのオリンピックが心配でならない……真実の言葉だと感じます。お体に気をつけて…たまには空を仰ぎ大きな深呼吸をしてくださいね(^O^)〜(^O^)〜o(^-^)
10. Posted by ラクシュミー   2008年04月04日 22:00
中国はオリンピックしたいなら、まずは自分の国の国民(チベット人も中国サイドから見れば国民ですよね)を殺さない国にすることですよ。
野口さん頑張ってください。
今、野口さんの前にある山はエベレストより高く険しいかもしれません。
でも野口さんなら、きっと登りきるはずです。
11. Posted by 富士山   2008年04月04日 22:26
Go your own way!

君は正しい。信じる道を行きんしゃい。

では、道中気をつけて!
12. Posted by ミノル   2008年04月04日 22:36
5 僕も野口さんに賛成です。これ程の非難を浴びたオリンピックは今まで無かったのでは…。仮に成功したとしてもそれは中国だけが喜び、中国国内では憎悪と憎しみ…世界からは非難の荒し…これが平和の祭典ですか?幼稚園児が聞いても笑いますよ。
13. Posted by nao   2008年04月04日 23:04
現在のダライラマの立場は政治家という役割が強いはずです。個人的には、言葉通りに五輪賛成ととるのには疑問があります。決して本心をいえる立場ではないと考えるからです。では、本心はどこにあるのか?これは難しい問題です。多分、五輪賛成は対話を再開するならばという条件付での賛成なのではないだろうか。ならば、再開させるにはボイコットを主張して圧力をかけるしかない。それでも再開しないならばボイコットによって現政権が破綻した方が交渉しやすいかもしれないし。政治の世界はほんとに謎が多い。だから、法王のよき支援者達の考え、つまり、ボイコットを唱えるのが一番の支援なのではと私は思っている。つまり、野口さんやリチャード・ギアらと一緒ということです。
14. Posted by nao   2008年04月04日 23:19
もうすぐ、欧米の聖火リレーがはじまります。その結果、民意を反映してボイコット論が再燃するのではと予想しています。ここ数日の報道を見て、ブラジルのボイコットの可能性が高い!??と勝手に思っています。ブラジルは既に開会式をボイコットした、つまり、政治的にはボイコットを決めています。開会式をボイコットした国は、民意によっては五輪自体をボイコットする可能性もあると思っています。今まで弾圧してきた人々が五輪という好機にどのような態度にでるかが鍵なのかもしれません。
15. Posted by レオン   2008年04月04日 23:34
本来、動かなければならない日本の政治家が沈黙する中、抑圧されているチベットの代弁者として勇気ある発言と思います。
先に砲丸職人の発言以来の正義を感じます。
http://www.j-cast.com/2008/03/25018226.html
中国が情報を隠し続ける中、ウイグルでも同じように弾圧されているようです。
http://uygur.fc2web.com/uygur.index.html
毒入り餃子事件以来、中国に注目していましたが、次から次へと酷い問題が噴出しています。
これで、オリンピックをやるとは信じられません。
昨日でしたか、TVで政治とスポーツを混同するなとか中国の報道官が言っていましたが、もっとも政治とスポーツが一体となっているのは中国ではないでしょうか。
16. Posted by KHAN   2008年04月04日 23:34
野口さんの発言はまさに自身のアルピニスト人生を賭けたものだけにその決断に頭が下がります。

1960年代のベトナム戦争での徴兵を完全と拒否して、プロボクサーの免許を剥奪されたモハメド・アリに匹敵するの勇気だと思います。

これに負けず、今後のご活躍を祈念します。
17. Posted by toyo   2008年04月05日 00:00
5 週間新潮の記事を見て、非常に心を揺さぶられました。
国際調査団の受け入れと、ダライラマとの対話を強く中国に強く要求すべきであるとのご意見に賛成です。

中国は今回のオリンピックを成功させ、先進国の仲間入りを果たしたいと考えているようですが、21世紀の今においては経済力と軍事力のさえ有すれば先進国の資格があるとは言えませんし、私達はその旨を中国にきちんと伝えるべきであると考えます。

チベットで現在行われているかもしれない、そしてこれから行われるかもしれない人権弾圧のことを考えると恐ろしく、またその可能性を知りながら、それに対して何のアクションも起さないとすれば、人間の良心とは一体何なのかと思います。

これ以上民族の対立を深めてしまうことは、中国の人にとっても、不幸なことだと思います。

一日も早く、真摯な対話が実現することを願ってやみません。
18. Posted by チベットカモシカ   2008年04月05日 07:18
私はチベット流血弾圧があってすぐに街頭で中国共産党がチベット族に行ってきた悪行を演説し、批判しました。中国共産党はチベット族を1950年から84年の間に120万人を死に至らしめています(チベット亡命政府より)。私もこの北京五輪には大いに疑問を感じています。民主化を叫んだ人民を戦車で轢き殺しミンチのようにして流血弾圧した天安門で、89年のチベット騒乱で流血弾圧を行い、それが政治的出世の原因になり、今の国家主席の地位にあるコキントウが、聖火を天安門で高く掲げて点火する様は、まさに悪魔の所業と思いました。
19. Posted by スウェン   2008年04月05日 08:37
今度の五輪の開催日である2008年8月8日は気象条件など考慮せず「末広がりの八だから」と言う理由で決定したそうです。

そのため、場合によっては周辺地域で薬剤など使用して雨を降らせて会場をなんとしても晴れにするんだとか。

ネット上での漏れ伝わってくる情報を総合してみると経済面・武力面、環境面でも傲慢で我が儘な国と行った印象しか感じられません。

そんな国が「平和の祭典」を実施しようとしているのは21世紀最大の皮肉かも知れませんね。

公平中正でなければならないのに明らかな中国寄りな、日本のテレビや新聞が今度も五輪利権のため、ネットを使用しない・できない多くの人に対して真実を知らせないことにより情報操作をしているのが怖いです。
20. Posted by miyabi   2008年04月05日 08:46
カトマンズ着いたんですね〜少しはゆっくりできるといいですね。日本で慌しかった数ヶ月・・・アッという間だったのではないでしょうか?

中国、チベットの関することで、ものすごい勢いでBBS書き込みありますが、み〜〜〜んないろんな考えがあって当然のことだし、そんなに気にすることないのは、健さんが一番ご存知だとは思いますが、全部よんで、まともに答えていると、本当にしんどいですよね・・・・・

時間がある時にネパール、ヒマラヤのことUPしてくださいね〜。楽しみにしてます。お腹の具合が悪くならないように祈ってます(笑)
21. Posted by さんぽ   2008年04月05日 09:04
はじめまして。

中国に関する問題や対応、仕事柄、身にしみてよくわかります。
以前あった地球儀/表記問題。
「この地名にしないとこの製品は輸出させない!」耳を疑うような指示。
技術レベルも低いのに国際的なルールさえ無視してのエベレストへの登頂。そして昨今の理不尽な力による様々な制約、弾圧。
一方では、相手の意をくみ、誠意ある対応をしてくれる方々もいます。
その内の一人の方が言われていました。
「とても恥ずかしい事です。でも結局トップが一度、外に出て私たちのように一から何かを成し遂げないと何も変わらないと思います。何も学んでいませんから。」と。








22. Posted by おにぎり   2008年04月05日 10:01
5 はじめまして。

山や海が好きな人というのは、二通りあるそうです。
ひとつは、自分の心を癒すためだけの人。
もう一つは、自然と自分の心を共鳴させ地球規模で「生命」を感じられる人。
後者の人にとって、
地球上で起きている人類の不幸は、当然黙ってはいられないでしょう。
またそういう人が語る話は、いろんなしがらみに縛られない純粋で素晴らしい話だとも思います。
雄大な自然を愛でるに恥じない心、私も持ちたいです。
23. Posted by はな   2008年04月05日 10:08
初めまして、野口さんの考えに賛同します勇気ある発言に感謝します。
24. Posted by チベットに平和を   2008年04月05日 10:49
始めまして、53歳男性です。
野口さんの勇気ある発言に感謝します。
皆さん、ダライラマの日本事務所のHPをご覧になってください。
http://www.tibethouse.jp/home.html
それから、東トルキスタン(ウイグル)の問題も有ります。
http://www.geocities.jp/saveeastturk/
無理やり侵略して何百万人もの罪も無い無抵抗の人々を虐殺しています。
私の心の中では、チベットはチベット、東トルキスタンは東トルキスタン、モンゴルはモンゴル、中国は中国、別々の独立した国です。
中国国内では、法輪孔の臓器狩りが問題になっています。
とてもおぞましくて内容は書けません。
そんな国にオリンピックを開催する資格はありません。
私は北京オリンピックのテレビは見ないつもりです、ささやかな抵抗です。
25. Posted by 自由   2008年04月05日 11:14
はじめまして。

野口さんの考えに賛同し、勇気ある発言を支持します。

誤解される方が多いのですが、チベットは古代から独立国家で、一時期「清」の支配を受けましたが、その後再び独立国家となりました。しかし、中華人民共和国が成立した途端、「解放」と称して侵略を行い、抵抗する者は虐殺し、罪なき一般市民さえも虐殺しました。

その後もチベット自治区と称して、中央から役人を派遣し、支配。「自治区」とは名ばかりのもので実際は植民地支配に近いものでした。
チベットの文化を守るといいながら、規制を続け、抵抗する者を拷問・殺害し続けてきました。こんな状態なのに、中国で「平和の祭典」であるオリンピックを開催するのは不適切だと思います。虐殺者に「平和の祭典」を開催する資格などないでしょう。
26. Posted by KEI   2008年04月05日 11:32
野口様

メッセージ、よく理解しているつもりです。
私もささやかながら、発信し続けています。
事に急を要する事態が続いて、心が痛いです。
くれぐれも道中お気をつけて。


27. Posted by マグカップ   2008年04月05日 13:48
こんにちは
著名な方である意味まっとうな指摘をされる人を日本人で初めて見た気がします。
名のなき市民と違い、正しいとはいえ発言することにより問題が生じることはお分かりだったでしょうから、その勇気と決断は尊敬いたします
多くの日本国民は野口さんのようなスタンスをもっていると私は思っています。
五輪出場の日本代表選手などは、絶え間ない努力をしているのは重々承知していながらも、だからといって現在のチベットの現状を見過ごすことは、それに加担したのと同じことだと感じています。
本来なら政治家やら、どこぞの団体やらが声を上げるべきなのに、他国ではあるのに日本では始まらないのに憤りを感じています
色々なところから圧力がかかるかも知れませんが、少なくとも一般市民の多くは野口さんを応援していることは確かだと思います
28. Posted by にっぽん太郎   2008年04月05日 15:23
5 野口さんの意見は正論である。

おそらく心ある世界中(中国以外)の人々も同じ気持ちだろう。
世界中でチベット人以外でチベット解放デモに参加する人が増えているのがその良い証拠だ。

今まで先進国家のそぶりでおとなしく振舞っていた中国も昨今世界中に追い詰められて、いよいよ独裁国家の本性をさらけだし始めた。

少数民族への締め付けを厳しくすればするほど世界が中国に向ける評価が悪くなるのに中国共産党はまるで解っていない。

いま聖火が世界中を巡り始めたがボイコットする選手も出始めたり、欧州、米国では聖火の到着に合わせて大規模なデモが予定されている。

この極めて物騒なオリンピックは最終日が終わるまで目が離せない状況になってきた。
29. Posted by Ojas   2008年04月05日 15:59
野口さま、清掃登山に感謝しています。
チョモランマを聖火リレーによって破壊し、登頂を禁止させるなど、中国の傲慢な姿勢がよくあらわれております。
中国のチベット人弾圧 東トルキスタン人弾圧を知るにつけ
私はあの1938年のベルリンオリンピックを思い出す。
ナチスドイツはオリンピック前後から1939年のポーランド侵攻までに多くのユダヤ人を虐殺した。
ベルリンオリンピックの聖火リレーのルートの逆のコースでナチスドイツはヨーロッパを侵攻しました。
この北京オリンピックの聖火リレーの逆が中国共産党の侵略の順番とならないとも。
オリンピック協賛企業を明記いたします。
【JOC北京五輪スポンサー&オフィシャルパートナー企業】
http://www.joc.or.jp/aboutjoc/sponsor/index.html

30. Posted by パニ   2008年04月05日 16:40
はじめまして。
カトマンズはもう夏でしょうか。

野口さんの熱い思いと同時に
その理性、知性と実行力に
心から敬意を表します。


私達に必要なのはどんな問題に対しても
ただ感情にまかせて安易に
行動したり発言することではないのだ、
ということを改めて
野口さんのメッセージとして
受け止めました。



今日、関西のぶったま!という番組で
天台宗 書写山圓教寺の
大樹 玄承 執事長 という方が
宗教者として、大変に重要な
そして勇気のある発言をなさいました。
その動画と発言の内容です。

http://www.youtube.com/watch?v=ajvO9tYVm18
http://www.youtube.com/watch?v=3ErBB1D8b_I

(文字数の制限があるので
 分けて投稿します)
31. Posted by パニ   2008年04月05日 16:44
続きです
<発言の内容>

今わたしたち日本の仏教者の真価が問われています。
チベットでの中国の武力行動によって宗教の自由が失われることに
心から悲しみとやむにやまれぬ抗議を表明せずにはいられません。
私たちはあくまでも宗教者、仏教者として
僧侶をはじめとするチベット人の苦しみを
もはや黙って見過ごすことができません。

チベット仏教の宗教的伝統を
チベット人の自由な意志で守るということが大切な基本です。

32. Posted by パニ   2008年04月05日 16:45
(続きです)

みなさんは、日本の全国のお坊さんがどうしているのかとお思いでしょう。
日本の各宗派、教団は日中国交回復の後
中国各地でご縁のある寺院の復興に力を注いできました。
私も中国の寺院の復興に携わりました。

しかし、中国の寺院との交流はすべて
北京を通さずにはできません。ほとんど自由はなかった。
これからもそうだと、全国の殆どの僧侶は知っています。
そして、日本の仏教教団がダライ・ラマ法王と交流する事を
北京が不快に思うこともよく知られています。
あくまでも、宗教の自由の問題こそ重大であると私は考えています。
しかし、チベットの事件以来3週間あまりが過ぎてなお、
日本の仏教界に目立った行動はみられません。
33. Posted by パニ   2008年04月05日 16:46
(続きです)

中国仏教界が大切な友人であるなら、
どうして何も言わない、しないでよいのでしょうか。
ダライ・ラマ法王を中心に仏教国としての歴史を重ねてきた
チベットが今、なくなろうとしています。
私たちは宗教者・仏教者として草の根から
声を上げていかなければいけません。
しかし、私の所属する宗派が中国の仏教界関係者から
抗議を受けて私がお叱りを受ける可能性が高いでしょう。
このように申し上げるのは、
私たちと行動を共にしましょうということではないのです。
それぞれのご住職、檀家信徒のみなさんが
これをきっかけに自ら考えていただきたいのです。

34. Posted by パニ   2008年04月05日 16:46
(続きです、長くなってしまって申し訳ありません)

オリンピックに合わせて中国の交流のある寺院に
参拝予定の僧侶もいらっしゃるでしょう。
この情勢のなか、中国でどんなお話をされるのでしょう。
もし、もしも宗教者として毅然とした態度で臨めないならば
私たちはこれから、信者さん檀家さんに
どのようなことを説いていけるのでしょうか。

私たちにとってこれが宗教者・仏教者であるための
最後の機会かもしれません。



天台宗 別格本山 書写山圓教寺
大樹 玄承 執事長
平成20年 4月 5日
35. Posted by カラフル   2008年04月05日 20:17
納得はいきませんが、武力に負けるとはこの事かと…嫌なら、武力で取り返すしかないかと。これで、返してやれ!と発言するのは、簡単ですが、それを言ってしまえば、北海道と東北は日本が先住民から奪った土地なので、悔しければ武力(戦争に勝て)と思います。
36. Posted by 一言   2008年04月05日 21:34
野口さんお元気ですか?
毎日頑張っている事だと思います。
さて、最近のブログや掲示板の書き込みを見ていると、一部の方々の意味不明な内容の書き込みがあります。
何度も名前を変えて書き込みしたり、書き込みの度に言っている事が違う。
相手にしない事です。気にしない事です。

評論家気取りで誰かに相手になってもらいたい淋しい人達ですので。
37. Posted by スタイプ   2008年04月05日 21:53
初めてブログを読みました。先日、「週刊新潮」で野口さんのブログの記事を読み、私のような個人としては何が出来るのだろうかと思い、書いています。世の中、簡単に人を殺したりする事件が多すぎます。それも、ただ抑圧するためだけだなんて、ひどすぎます。日本もかなり自国の文化を軽率に扱っている気もしますが、それを奪われている立場の人達とは大きく違っています。世の中、何とかしなければいけないことが多すぎ、発展途上国に衣服を送ったり、動物保護の為の寄付をしたり、私なりに出来ることはしていますが、ことチベット問題に関しては何をすればいいのか分からず、もやもやしています。
38. Posted by hiro   2008年04月06日 00:08
私は、かなり前から野口さんのブログを拝見しております。一時期、野口さんの設立NPOのの会員でもありました。

日本の登山家は中国に対し、ヒマラヤを越えている亡命者達が射殺されるのを目撃してもアクションを起こさない事に滞りを感じておりました。野口さんが最近、突っ込んで発言してくれて本当に良かったです。
私は、チベットサポーターとしてアクションし続けます!ありがとうございます。

39. Posted by しろ   2008年04月06日 00:18
はじめまして。
私はこれまで政治にあまり興味をもてない方の人間でした。それでもどこかで悲劇的にことがあれば悲観したり、そのときどきでは関心を持ってはいましたが。
今回、3.14(3.10?)チベット問題が発生してから毎日深夜まで、いろいろな問題についてインターネットを介して知りました。
過去から現在までのチベットのこと。日本の戦前・戦中・戦後からこれまでのこと。ほんと沢山のことを知らずに過ぎてきたことに恥ずかしさを覚えます。
しかし、何れのことでもそうですが、ほぼ2極化する意見があり本当のことは何なのか、何が真実なのか自分の中で整理することが必要だと感じました。
私は、チベットの人たちのように虐待・陵辱・陵辱・虐殺されるであろうことが分かっているにもかかわらず行動を起こす人たちの心情を思うと本当に心が張り裂けそうで恐ろしいです。
同様に野口さんの勇気に感動します。
40. Posted by 非登山家   2008年04月06日 00:28
野口さんはきっと、山(自然)と真正面から向き合っておられるのでしょう。その証拠に、このブログの記事を読んでいてまったく政治的な匂いを感じません。一人の人間の意見として実に筋が通っていて、文句のつけどころがありません。

個人の自由とは、こういうことを言うのだと思いました。
41. Posted by タルチョ   2008年04月06日 01:48
野口さんの活動を全面的に応援します!そして清掃登山のご無事をお祈りします。さて、失礼を百も承知で野口さんにお願いをします。I-morleyというポッドキャストのインタビューを是非受けて頂きたいのです!
http://i-morley.com/blog/
ラジオDJでジャーナリストのモーリー・ロバートソンさんと女優の池田有希子さんが配信なさっていて、私も去年から聞いています。マスコミでは取り上げない問題を、深くそして楽しく報じていらっしゃいます。チベット情勢についてもここ1年あらゆる角度から取り組んでいて、去年はラサから数週間にわたり生放送で番組を配信していました。野口さんへ取材のオファーをしたことも番組内で触れていました。野口さんが出演なさったら絶対素晴らしいお話が聞けるとワクワクしてしまい、こちらにお邪魔してしまいました。10分程のスカイプ会話でも構いません!是非御考慮下さい!チベットを心の底から愛する者より。
42. Posted by ppp   2008年04月06日 05:59
5 野口さん、はじめまして。
堂々とモノを言う日本人に会えて、嬉しく思います。

おそらくチベットに関しても五輪がらみの事でも、日本は国家としては何もできないまま終わるでしょう。
中国とはビジネス&利権の両面で、あまりに深入りしすぎています。
日本国がチベット問題に関して積極的に貢献することは、100%ありえない。

ただ、政治家や国家システムは去勢されていても、国民まで去勢されたわけではありません。
国が何もできなくても、国民として何かできないのか……情報を見極めつつ考えて行きたいと思います。
43. Posted by いちご   2008年04月06日 10:19
5 言論の自由・表現の自由…弾圧により自由にものがいえなくなったり、議論が交せなくなる事は進歩はないように思い悲しい事です。健さんは素晴らしいです!世の中の風潮に流されず、現実を伝えてくれて、本当にありがとうございま。知らないで過ぎていく現実としらなきゃならない現実もあり、それぞれが色々な事に気付く事が大切で意識も変わり行動へと…どんな小さな事でも一人一人が変われば大きな事になりますね、(*^_^*
44. Posted by TK   2008年04月06日 14:41
5 野口さん、冷静で真っ直ぐな正論だと思いました。中国はこういう正論にどう答えるのでしょうか。中国は変わるのか。変わるつもりは無いのか。世界中から注目が集まっています。

ところで、コピペで知ったのですが、全世界から一般市民の署名を集めるサイトができたようです。良い事だと思いますのでちょっと転載させてください。現在3500くらい集まっているようです。
45. Posted by TK   2008年04月06日 14:42
5 ■署名して世界に意志表示■(ドイツの有志が立ち上げました)
2008 For The People Of TIBET

http://www.for-the-people-of-tibet.net/
(ページを開いてしばらくすると下の方に記入欄が出てきます。表示まで数分かかります)
Ihre Name:氏名
Ihr Land:国名
Ihr E-mail(nicht ?ffentlich)メールアドレス・これは公表されません。
詳しくはページ最下のDatenschutz(データ・セキュリティ)をご覧ください。

世界の人々は彼等の宗教・国そして己々の人生を略奪された時、その事実に
目を逸らすべきではありません。

チベットの潔白・弾圧されている人々の為に・その名にかけて、私達は此処
に署名いたします。

サイトについての詳しい情報は画面下の表示タグよりアクセスして下さい。
46. Posted by しゃけおにぎり   2008年04月06日 16:41
5 野口さんこんにちは。
野口さんの冷静に、問題を訴えている意見と姿勢には凄く感銘を受けました。
私は中国オリンピックについては、やはり出場する選手たちは人生をかけているので、難しい問題と思います。
ただ、その開催国が理不尽な抑圧や統制をして行う大会に出場する事は、選手にとっても不幸な事と思います。
ボイコットしても、しなくても、今回のオリンピックが平和の祭典とは成り得ないと思います。
世界では様々な声があり、それぞれ言い分はあるかもしれません。ただ、市民を抑圧したり、市民に銃口を向ける事はどんな国でもしてはいけない事だと考えています。
そんな立場にいる方々を助けるために、世界のいろんな組織や人々の壁を越えてまとまる事はできると信じてます。
今回のオリンピックが、チベットやウイグルの方々の窮状を照らすだけでは無く、中国により良い国の姿を照らしだしてくれる事を心から祈ってます。
47. Posted by 左近将監   2008年04月06日 17:52
5 橋本首相にもの申された頃から野口さんの
の活動が気になってました。
私の祖父はルソン島で戦死した事になっております骨も遺髪ももどりませんでしたが、野口さん達のご遺骨収集活動にも頭が下がります。
今回の冷静なチベット問題の訴えにも感動しました。
私自身も自分で行ってる活動は献血くらいですが何か社会のために役立ちたいと思いました。 今回の野口さんの勇気に
に感銘し、自分で何かできる事を探そうと考えてる人は確実に増えてると思います。 私もそうありたいと思います。
ありがとうございました。
48. Posted by がんばれチベット   2008年04月06日 23:34
野口様、勇気ある発言ありがとうございます。同年代の日本人男です。私も将来、遺骨収集のお手伝いをできたらと考えており、同じ日本人として先祖の供養をするのと同じに、先の大戦で亡くなった方々のご供養のつもりで、慰霊をしております。
チベットの問題にはいろいろな方が注視していると思いますし、私もできる範囲内で行動に移しております。
本日初めてブログを拝見いたしました。今後も拝見させていただきます。

49. Posted by 康夫   2008年04月07日 06:00
1 私は、中国を批判すべきではないし、オリンピックにも無条件で参加すると公言しているのですよ?新聞読んでないんですか?
そんな私の人物を好印象だとか本気の人だとか評価しておいて、本気でオリンピックにからむチベットの問題に国際社会には責任があると主張するのですか?
私は先進国の首脳で唯一中国を支持する発言をしているのですよ。それをヨイショした意味がわかっていますか?フフン
50. Posted by 断固支持   2008年04月07日 13:47
北京五輪はボイコットすべき。中国人には、日本人からみてキツイ言動を取らないとわかってもらえない。特に中国人は白黒をつけたがるから、一般の日本人みたいに煮え切らない態度だと自分たちに都合のいいようにしか解釈されない。

北京開催の条件として、IOCは人権状況改善を提示し中国は受け入れた。この条件を4年経った現在も満たしていないのだから中止が当然。中国人の問題は(一市民から国家まで)平気で嘘をつき契約や約束を守らないことだ。中止にして公約不履行によって罰が下ることをあの救いようのない民族に身をもって教える必要がある。そしてこのことが、人権弾圧や民族圧殺する、将来開催を希望する国にとっても状況改善の大きなはずみとなる。

野口さん、貴兄の勇気に脱帽します。ですから、もう一歩、「ボイコットだ!」とヒマラヤ山脈から世界に向けて強く叫んでください!
51. Posted by 青二才   2008年04月07日 16:54
5 はじめまして。

今回のオリンピックは、採火式からして異例の事態となりました。
日本の聖火ランナーも、どのような面持ちで走るべきか真剣に悩んでいるようです。
天台宗ご住職が、ある番組の生放送中に、チベット人弾圧に対する抗議文を読み上げていましたが、抗議の声を上げた際の中国側からの「お叱り(圧力)」を懸念されていました。
野口さんに対しても、何らかの圧力というのはあるのではないかと想像します。

今回のオリンピックですが、ダライラマ自身が、「中国にはオリンピック開催の資格がある」と明言されています。ダライラマは、ボイコットを呼びかけてはいないのですよね。それだけに、中国政府の有無を言わさぬ対応は残念でなりません。

>パニさん
書写山圓教寺大樹住職の抗議の映像は、英文の字幕付きのものもありましたよ。

http://jp.youtube.com/watch?v=XotGwGJiwzU&feature=related
52. Posted by ken   2008年04月07日 17:06
野口さんは本当に立派だと思います。
ほとんど著名人が事務所、スポンサーなどの圧力、契約上の理由、または巨大な中国市場を意識して無視をしているのが現状です。
イラク戦争の時に声を上げていた人たちが沈黙しています。

オリンピックをボイコットするのはあくまで交渉手段の一つです。中国に圧力を掛けていくことが大事です。

野口さんがチベットを取り上げてくれた勇気に心から感謝します!
53. Posted by hikaru   2008年04月07日 17:34
野口さんの勇気に感謝します,と共に私達にも何か出来る事は無いか?と考えて色々探して見ました。

チベット問題に関して私達が出来る事の一つに署名があります。これは日本の政府に対してチベットに為に動いてくださいと御願いする,公開書簡です。今,未だ800足らずです。この署名が」1000を超え、1万人くらいになれば日本の政府も動いてくれるでしょうか?
私は 私達一人一人が自身の声を表明する事から、 現状を変えられると信じたいです。

いまこそ、ネットと言うかつて無いツールでもって,世界の良心が繋がり、世界を変える時です。
ここに書かれた一人一人のメッセージを読むだけでも何か力が湧く様に感じます。新しい時代の夜明けを感じます。

たかが署名,されど署名です。

http://www.tibetsupport.net/?page_id=10
54. Posted by ONE CHILD   2008年04月07日 17:39
5 正しいことを堂々と言える野口さんは素晴らしい。
野口さんが日本の首相や外務省の人だったら正しいことを中国政府に言ってくれていいのになぁ、思わずにいられません。
55. Posted by EMI   2008年04月07日 17:53
野口さん。ありがとうございます。
言葉を選びながら真摯に伝えようとする気持ちに、涙が出そうになりました。
改めて知らなければいけない。そう思いました。
貴兄の勇気に敬意を表します。
56. Posted by ピース   2008年04月07日 21:51
前回のコメントで開会式をボイコットするというてもあるかもしれない・・とコメントしました。野口さんの意図するところからはずれていたかもしれません。スミマセン。でも、こうやって、みんながいろんな事に気づき、考えること、意見を交わす事に重要な意味があるのだと思います。考え方の違いをよく読み解きながら・・・無知が罪であるなら、国家が真実を隠す事はもっと重大な罪だと思います。
57. Posted by tatsu   2008年04月07日 22:22
野口さんのような立場でこういった意見を率直に書かれる事は大変な勇気がいったと思います。
全てシンプルに考えられればどんなに良い事か・・・。
いろんな制限や簡単に言えない事情はあるかと思いますが、
ホントに大事な炎を胸の中に燃やし続けてください。
私もそうします。
58. Posted by たつなみ   2008年04月08日 00:26
拝啓 野口様
今回の野口様の勇気に敬意を感じます。日本ではチベット問題の本質に迫る報道が少なく、周囲の方々が何も知らないことに驚きます。
政治家のお歴々も中国との関係などが足かせになっているのか、目だった発言ができない様子ですね。 日本人として悲しく感じます。

4/19(土) 13:00〜
名古屋の若宮大通公園にてデモ行進が行われるようです。
http://www9.atwiki.jp/freetibetnagoya/
知人が企画に参加していますが、一般市民だけで企画推進しているために、人集めに難儀していると聞きました。
こちらのブログをごらんの皆様、ぜひ駆けつけてくださいませんでしょうか?

>野口様
宣伝行為をお許しください。
いてもたってもいられないのです。
59. Posted by えみ   2008年04月08日 11:39
5 健さんお疲れ様です。日本を含め国際社会が中国でのオリンピック開催国に決定した責任から逃れらない、本当にその通りです。決めた事に対して責任は持たなくてはいけません。

私は今中国に住んでいますが、沢山の子ども達が楽しみにしているオリンピックでもあります。中国政府による非人道的な行為を中国国民は知らない、という無知は罪なのかもしれませんが、それも上の規制がきついからです。私はこのような傲慢な態度を取り続ける中国政府が中国の子ども達の未来を世界から孤立させることになるのではないかと、悲しくまた不安に感じます。

健さん色々と壁にぶち当たるかもしれませんが、いつも応援しています☆がんばれ健さん
60. Posted by 月光   2008年04月08日 14:10
中国にかかわろうとする人は、その時点で中国から人質をとられるといったらいいんでしょうか。
中国で商売をするにしても、報道するにしても、研究するにしても、中国のいうことを聞かなければ、許可はおりません。許可がなければ何もできないということで、中国に関しては触らぬ神にたたりなしという態度を取る人がほとんどだと思います。

その中でこのような発言をされる。大変なことです。ただ、大変でもせずにいられない気持ちもわかります。若いときにチベットや東トルキスタンを旅行したので、私にも今のチベットの状況や、チベット人の心情はわかります。
61. Posted by みぴ   2008年04月08日 16:09
難しい事は私には分かりません。
自分だけ自分達だけ一番に・・・という社会に疑問を感じています。
恐怖や血を見る毎日ではなく、
白人でも黒人でも黄色人種でもたとえ国境を越えようともみんなが仲良く笑顔で楽しい毎日をおくれるそういった日がいつの日か訪れてくるのを願わずにはいられません。
だれかれの足を引っ張ったり強制するのではなく、供に称えあい思いやりを持つ平穏な心が全世界の皆さんに芽生える事を祈るより他ありません。
62. Posted by クロ   2008年04月08日 16:13
5 野口さん応援してます。
野口さんの意見に賛同します。チベットの人々に幸せな暮らしが訪れますように!
63. Posted by サリタ   2008年04月09日 01:31
以前子供の中学に公演に来に来ていただいてお話を聞きました。
チベットの今ある資源が特に地下資源が利用されると、チベット高原全体の自然が破壊され、エベレストの自然も激変しその下に位置する国インド当然中国の気候も大変動するでしょう。物欲の為に資源を売れば、中国は結局自分たちの身も危険にさらす事になるんです。それが解からないとは無知としか言い様がありません。
チベットすべてを世界遺産にするような事が出来ないでしょうか。
64. Posted by えまえめ   2008年04月11日 09:18
5 最近、チベットからの留学生と友達になることが出来ました。
彼らの話を聞き、胸が痛くなってしまいました。

65. Posted by ヒマ人   2008年04月13日 16:14
私は中国が嫌いです。
今回の五輪について、私はボイコットを望んでいますし、その理由としては、毒餃子事件や日本を見下す中国への怒りなどです。しかし、チベット問題というのは、どこか雲の上の話のようでした。マスコミはただチベットの暴動やダライ・ラマ14世の動きだけを伝えるだけで、よく分からない。
そんな中、野口さんのブログを拝見し、実体験を交えたチベットへの憂慮や問題への意見を聞き、大変感銘を受けました。チベット人はこのように暮らし、悩んできたのかと。
マスコミは、どこの圧力か、チベット問題や付随する世界の騒動をほとんど報道しない。
その中で、意見によって害を被るかもしれない野口さんが公の場ではっきりと述べられることは大変すばらしいことだと思います。

野口さんの考えも踏まえ、五輪を開催する中国への認識を、深くしていく所存です。

野口さんの一層の御活躍を期待しております。
66. Posted by tomo   2008年04月14日 21:12
野口さん、こんにちわ。
チベット問題について言及していただいて、本当に勇気をいただいております。
もっともっとたくさんの日本人に知っていただくために、どうかチベット問題について今後も勇気ある発言をし続けて頂きたいと願っています。私はずっと野口さんとチベットを応援し続けます!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Twitter
プロフィール
野口健プロフィール


野口健関連リンク
野口健公式サイト
セブンサミッツ持続社会機構
野口健 メディア出演情報
野口健 書籍情報
ヒマラヤに学校をつくろうプロジェクト
野口健の父 野口雅昭のブログ 中東の窓