2009年02月02日

コスモ・アースコンシャストアクト講演会・高速道路握手事件?


 八ヶ岳から下山し再び講演生活に戻った。1月31日は大阪にて「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」(主催・安藤スポーツ・食文化振興財団)で基調講演。この財団は日清食品の創業者である安藤百福氏が食文化とスポーツを盛り上げていくことを目指して1983年3月25日に設立されました。特に最近では子供たちの野外活動にも力を入れ、今回のコンテストは各種団体が行ってきた自然体験活動プロジェクトに対し表彰式が行われました。


P1020281(1)

P1020283(1)

 講演終了後、大阪から鳥取に移動。夜は「かに吉」さんで蟹料理のコースを頂いたが、これがこれが激うま。新鮮なので手でバキバキと蟹をつかみかぶりついたが、手が臭くならない。「かに吉」のご主人が鍋に蟹をさっと入れてタイミングよくお皿に乗せてくれる。半生のような状態で蟹のお肉がまるでゼリーのようにプルンプルン。これはけっしてオーバーではなく間違いなく私の人生で最もおいしかった蟹料理でした。鳥取に訪れる方はぜひぜひ「かに吉」さんに足を運んでみてください。間違いなく感動しますから。

 2月1日は鳥取のとりぎん文化会館で「コスモ・アースコンシャストアクト」の講演会が開催されました。800人を超える方が集まりテンションがあがりました。2時間15分の講演と一時間半のサイン会・握手会。このコスモ・アースコンシャストアクトはコスモ石油と全国のFM局がタイアップして行われているイベントです。2001年から毎年8月には全国のFM局がリスナーさんを募集して富士山に大集合。一泊二日で清掃活動やトレッキングを行う。私が富士山清掃活動を始めた頃からずっと一緒に活動を続けてきました。これからも名古屋、徳島、東京、仙台、大分にてコスモ・アースコンシャストアクトの講演会が予定されていますので、まだ受け付けていますのでお時間ありましたらいらしてください。

P1020285

P1020303

P1020304(1)

 この講演会で恒例となっているのが講演後のサイン会と握手会。本のほうも「落ちこぼれてエベレスト」と「富士山を汚したのは誰か」を販売しましたが、何人もの中学生が「落ちこぼれてエベレスト」ではなく「富士山を汚したのは誰か」をチョイスしたのには驚いた。「富士山を汚したのは誰か」は新書で、どちらかといえば大人むき。その子どもたちに「落ちこぼれてエベレストのほうが分かりやすいと思うよ」とアドバイスしたら「いや、講演を聞き、もっと富士山の事を勉強したくなりました」「環境問題に関心がありますから」と答えてくる。今どきの子供たちは真面目ですねぇ〜。


P1020318

P1020323(1)


P1020324(1)

 今日の握手会でもおそらく300人以上の方と握手したんじゃないかな。いつだったか東京講演では500人以上の方と握手しましたが、その帰りの出来事。高速道路の料金所で切符を取ろうと、料金所のおじさんから切符を受け取ろうとしたその時、無意識にそのおじさんの手を握り握手をしてしまった。そのおじさんはギョッとした顔で慌てて手を引っ込め唖然呆然としていたが、こちらも恥ずかしくて死にそうだった。相手の手が見えた瞬間に思わず握手してしまったのだ。今はETCがあるのでそんなミスは犯さないが・・・。それにしても料金所のおじさんはさぞかし驚いたに違いない。ホモかと思われたかなぁ〜。
 
 鳥取での講演を終え東京に戻る。この日はこれで終わりではなく羽田からそのまま車で八ヶ岳・渋御殿湯に向かう。2月2〜3日はNHKのロケで八ヶ岳の天狗岳に登る。とっ、言ってもつい先日登ったばかりですが・・・。23時、渋御殿湯に到着。いや〜再び弾丸移動の日々が始まった。明日からの八ヶ岳は前回の教訓を生かし気を抜かないようにします。それでは、おやすみなさい。

2009年2月1日 八ヶ岳・渋御殿湯にて
野口健




fuji8776 at 12:01│Comments(9)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 谷口薫   2009年02月02日 17:35
5 今日はどうもありがとうございました。
講演開始直後に、今までに講演に参加したことがある人…との問いに「鳥取砂丘」と答えた者です。
終わってからも「落ちこぼれてエベレスト」の購入と、新刊の予約をし、ご挨拶させていただいただけでなく、握手&写真までOKいただき、とても感激しました。
さて、講演の内容について…はそう笑ってばかりはいられません。
鳥取砂丘で2年前はじめてご講演を拝聴した際は、1時間程度でしたが、それでも、内容が衝撃的だったことを今でもハッキリ覚えていますが、今日はタイムキーパーさんを困らせるほどの2時間オーバーのお話しで、より詳しく、またより深く話しを頭と心に入れることができました。
内容1つ1つについて、感想を申し上げることは、その理解を浅く、薄いものにしてしまいそうですので、控えますが、とにかく「イムジャが決壊しないことに繋がることを、できることから何か始めなければ!」と感じたところです。
違う角度で驚いたのは、会場にいた多くのお子さんたちが終始静かに聴いていたこと。野口さんのお話しに私自身が引き込まれたことも、それが物語っている気がしました。
私は植村直己さんが憧れたと言われる「加藤文太郎」が生まれた町に住んでいます。鳥取砂丘より東に50分程度の距離の鳥取との県境にある新温泉町という町です。
近い将来、いつか野口さんに私の町でご講演いただきたいと強く心に刻んだ次第です。
まずは、今日手に入れた「落ちこぼれてエベレスト」を読んで、野口さんの言葉にさらに触れてみたいと思います。
今日は本当にありがとうございました。いつの日か、またお会いできるのを楽しみにしています!!
最後に、素敵な機会を提供してくださった コスモ石油さまにも感謝です!
2. Posted by みどり   2009年02月02日 20:11
はじめまして

講演会お疲れ様でした。
今回初めて東京講演に応募させていただきました!!


当たるといいなぁ♪♪
お会い出来るのを楽しみにしています
3. Posted by W   2009年02月02日 23:12
講演会お疲れ様です
NHKのロケとはどういう番組になるんでしょうか
4. Posted by Lovelyママ   2009年02月02日 23:34
鳥取講演拝聴させていただきました。エベレストのこと初めて聞くことばかりで、勉強させていただきました。今回のお話は鳥取の地域情報サイトで私の日記としてUPさせていただきますね♪ありがとうございました。FMの早朝の番組コスモアースコンシャスアクトは毎日拝聴しています。これからも頑張ってくださいね!
5. Posted by さとべりぃ   2009年02月03日 00:57
料金所のおじさんと握手
可笑しいーー こんな夜更けに大爆笑デス。
それだけ多くの人と握手したら、無意識に握っちゃいますね。

今頃は八ヶ岳・渋御殿湯ですね。
どんな番組なのか楽しみです
雪山には十分お気をつけくださいませませ
6. Posted by ひろみ☆   2009年02月03日 00:58
鳥取公演に参加させていただきました。
想像以上にシビアな話なのに、健さんの話し方がとても上手で、沢山笑いながらのとても楽しくて、勉強になった素晴らしい時間でした。
ありがとうございました。
これからサインしていただいた本を読ませていただきますね。

それにしても、あのあとまた移動だったんですね
忙しすぎる日々に心配になります。
身体をこわさないようご自愛くださいね
7. Posted by いちご   2009年02月03日 14:01
5 またまた移動の日々…お腹 大丈夫かな?料金所のお話し笑える〜〜何百人もの人と握手した直後は反射的に、握り返してしまうんでしょうね!しかし、おじさん?かな?
(笑)(笑)驚いたでしょうね〜(笑)すぎかな?(笑)うける〜 弾丸移動の日々 お気をつけて!
怪我や事故のないように、いつも お祈りしています。 (*^-^)
8. Posted by 谷口十三生タニグチトミオ   2009年02月03日 21:45
野口 健様
先日の講演、期待以上の教えを受けました。有り難うございました。
チョモランマ登頂のすさまじさ、ゴミ回収のいきさつ
富士山のゴミ問題、どれもこれも頭の中に一杯詰まりました。
富士山の五合目までの道路も私は撤去すべきと以前から考えていました。
30年ほど前にバスで行きショックを受けたのです。樹海のひどさも含め、これでは世界遺産などとてもとてもと思います。
道路周辺の立木の立ち枯れ、大挙して押し寄せる人々
糞尿とゴミの始末を考えるだにぞっとしました。
自然破壊そのものだと思いました。
富士山は日本の誇る霊峰として、
気楽に行ける場所でない方が良いと思いました。

私は鳥取砂丘中心からほぼ1万歩のところに住んでいます。
日課で毎日二度三度と砂丘やその周辺を歩きます。
自然観察、ゴミ拾い、山桜の手入れをしながらです。
砂丘もご多分に漏れず、ゴミ投棄に悩まされています。
中心部については、砂丘条例が4月から施行されます。
しかしながら中心部もさることながら、
その周辺も含めないと本来の効果は発揮できないと思っています。
砂丘はもっと広大でしたし、そばの多鯰ヶ池も一体でした。
池も今では道路で分断されてしまいました。
エリアを広く、周辺の森を含めた一大休養公園とすることも可能です。

砂丘や大山を要とした鳥取県を日本一、世界一の環境県
パラダイスにするのが私の夢です。
私のブログを時々で良いですから見て頂くと嬉しいです。

いつか又、お会いできる日が有ればと念じています。
谷口十三生(たにぐちとみお)
9. Posted by aiji   2009年02月03日 22:32
健さん、講演会お疲れ様です。

でも、写真に出ている参加者の皆さんはいい顔をしていますね。健さんのお話にみなさん聞き入ってしまったのでしょうね。楽しく勉強でき、自然と問題点について考えようと思えるなるって素晴らしいと思います。自分から動こうって思えることができるというのも今の時代特に必要だと思います。

私はまだ健さんにお会いしたことがないので一度講演会に行ってみたいと思います。その日が今から楽しみです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Twitter
プロフィール
野口健プロフィール


野口健関連リンク
野口健公式サイト
セブンサミッツ持続社会機構
野口健 メディア出演情報
野口健 書籍情報
ヒマラヤに学校をつくろうプロジェクト
野口健の父 野口雅昭のブログ 中東の窓