2009年08月24日

ご遺骨収集活動報告〜確かな前進と新たな課題〜


この写真をトップに 

8月17日〜8月21日にかけてフィリピンにて遺骨収集を行ってきました。マニラについた我々一行(空援隊メンバー・厚生労働省職員)は日本大使館やフィリピン外務省などと打ち合わせを行い、その日の内にイフガオに向けてバスで移動。ただイフガオまでバスで約11時間。つまり成田からマニラに飛びそのまま11時間のバス移動となるのでほぼ24時間座りっぱなしとなる。


 イフガオは「天国までの階段」と呼ばれるほど大きな棚田が複数あり世界遺産にもなっている。何ゆえにそのイフガオにやって来たのか、それはフィリピンで唯一、野外での遺骨の焼骨を認めているからだ。イフガオの州知事が空援隊の顧問でもあり我々の活動に最大限の理解を示してくださっているだけに確かにマニラからは極めて遠いが安心して作業が行えるのだ。
イフガオの棚田

イフガオの棚田

遺骨の個体数の調査を行う

遺骨の個体数の調査を行う

 フィリピン全土から集められた遺骨はこのイフガオに集められ、何体あるのか、遺骨の個体数確認が始まる。フィリピン国立博物館から一名の鑑定士が派遣され、彼が山積みにされた御遺骨の袋1つずつを開け部位ごとに分ける。肋骨、頭がい骨、足の左右、など部位ごとに分けそこで何体分あるのかをカウントする。その作業は実に細かく朝から夜中まで続く。この作業をしっかりと厳密にならなければ収集した遺骨が何人分なのか分からなくなる。とっても大切な作業なんです。
日本兵の遺留品を確認する

日本兵の遺留品を確認する


 同時にカウントされた遺骨から焼骨されていく。遺骨には土などが付着しているので焼骨しなければ日本に持ち込む際に検疫にひっかかる可能性が極めて高いとの事で現時点では必ず焼骨している。


 まず広場にマキを並べその上に御遺骨を並べるのだが、集められた御遺骨の多さに言葉を失う。頭蓋骨がズラリと並ぶ。ジッと頭蓋骨を眺めていて気がついたのが御遺骨にも表情があることです。表情の元となるのが頭蓋骨であるから当然なのかもしれないが、その一体一体の表情から、「60年以上も待っていたんだ。遅かったじゃないか」といった彼らの怒りであったり、また「やっと祖国に帰れるんだ」といった安らかな表情であったりと、本当に様々な感情を受けとめた。
焼骨した遺骨を広げ冷やした後に袋に詰める

焼骨した遺骨を広げ冷やした後に袋に詰める

 そして嬉しかったのが地元の子供たち。日本では忘れられようとしている遺骨問題であるが、現地の子供たちがご遺骨のカウントから焼骨、その後のバスまでの運び込みまで何から何まで手伝ってくれた。日本人の遺骨でありながら嫌な顔1つせず丁寧に素手で一体一体を薪の上に並べてくれた。本当に頭が下がる思いであった。
村の子ども達が手伝ってくれた

村の子ども達が手伝ってくれた

P1060838

最年少参加者 14歳のケイゴ君と一緒に

 18〜19日に三回に分けて焼骨式が行われた。合計1555体。空援隊によって建てられた遺骨仮安置所にはまだカウントされていないご遺骨の入った袋が山積みにされており推定800体。これだけのご遺骨が集まるとは想定外であり、個体のカウント、焼骨などの作業が間に合わなかったのが残念で仕方なかった。この800体は次回にまわされることになった。あともう一日あれば、みんなと一緒に帰れたのにと唇を噛んだ。一日でも早く帰りたかっただろうに・・・。年内に必ず必ず祖国日本に帰します。

 昨年までのここ数年間、世界中から日本に帰ってくる御遺骨は年間で三ケタにすぎなかった。平均すれば600体ほどである。それならば細かな作業を行っても充分に間に合ったかもしれないが、空援隊のように一回で四ケタに突入すればとても追いつかない。焼骨せず日本に持ち帰り焼骨は日本で行うことは出来ないのだろうか。いずれにせよ新たな方法を考えなければならない状況にまできていることは間違いない。

 空援隊による
 年間別収集数は平成21年1月〜8月までで、4305体。
 年度別収集数は平成21年度4月〜8月までで、3369体。


 今年3月中旬に419体と共に帰国を果たした際に成田市で行った会見では「21年度の収集目標は2500体」と発表していたが、すでにその目標は達したため上方修正し「5000体」とした。

 そして22年度の目標に関してはさらにハードルを上げ「10000体収集」とする事をすでに先日、厚生労働省の記者クラブにて発表しました。当初は2500体でも不可能とされていたが、やれたではないか。やる気があればあらゆる手段を行使し実現するであろうし、嫌ならばやらない理由を探し出してくるだろうし、これは気迫と決意の問題です。

 そして遺骨収集活動にかかる予算ですが、今年度から空援隊は政府より2450万円の委託費を受け取っていますが、すでに底をついている状況です。遺骨収集に関し国家予算を増やすことができないのだろうか。

 アメリカではアメリカ兵のご遺骨収集に関する年間予算は55億円。せめてその何分の一でもあれば年間、数万体のご遺骨は確実に収集できる。これは国民の税金を使うわけですから、多くの方々にご遺骨のおかれた状況を知って頂きたい。国民の中から「国のために亡くなった方々を国の責任で祖国に帰すべきだ」といった声が多く寄せられればこれは必ず実現すると私は確信している。

 その為にはまずは世論が動かなければならない。故に我々、空援隊は現場で活動を行うと同時に、伝えていかなければならない。それが我々に与えられた役割であり使命です。
P1060804


 人は与えられた役割の中で生きてくもの。そして「知る」という事は同時に「背負う」ことでもあります。もちろん、我々は率先して活動を行い命も賭けます。しかし、この責任、我々、空援隊のみが背負うにはあまりにも重たすぎる。どうか日本の皆様にも一緒にこの責任を背負って頂きたい。

 声を上げるのも1つの手段。また今年3月に御遺骨収集基金を立ち上げましたが基金へのご寄付も1つの手段でありましょう。

 ご遺骨収集はご遺族や亡くなった兵士たちのためでもありますが、私が特に感じているのは「国のために亡くなった人たちに対し冷たい国はいずれ滅びる」ということです。これからの日本のためにもこの活動、確実に続けていきたい。
ご遺骨と共に帰国を果たす

ご遺骨と共に帰国を果たす

P1060673


記者会見

厚生労働省の記者クラブにて来年は10000体のご遺骨を収集すると発表
 明日(8月24日)は靖国神社にてご遺骨収集に関するシンポジウムが開かれます。この度のフィリピンでの活動、またこれからの課題についてしかと述べさせて頂きたいと思います。


fuji8776 at 02:29│Comments(22)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ハスユ   2009年08月24日 06:43
5 健さん、空援隊の皆さん、厚生労働省職員の皆さん、お疲れ様でした。
 こんなに大変なんですね。昨年も帰国後、体調を崩していらしたので、大変だとは思っていましたが…。本当にお疲れ様でした。
 しかも、こんなに遅くまで起きていて、大丈夫ですか。帰国後、ゆっくり休んでいらっしゃいますか。いつも元気な健さんでいてほしいです。
 母と話して、少しですが、寄付することにしました。これしかできませんが…。
 28日から有意義な環境学校になることを祈っています。
2. Posted by ちま   2009年08月24日 08:45
こんにちは。
野口さんの活動には頭が下がるばかりです。
そして尊敬しています。
健さんを動かすものは一体何なのでしょうか?

私は自分の身の回りのことで手一杯なのに・・。
もっと大きな人間になりたいです。
これからも応援しています。

3. Posted by いちご   2009年08月24日 08:45
5 健さん皆々様本当に大変な事に確実に前へ前へと進められお疲れ様です 現地に赴く事はできませんが、今 すぐにできること‥少しばかりのご寄付をさせていただきます
愛する国を思い家族を思い無念さを残し命をなくし‥そのまま放置はありえないです‥ 一体でも多くの御遺骨が日本に帰る事を祈ります


4. Posted by 野口剛   2009年08月24日 09:33
健さん、きっと日本政府や日本中から寄付が集まりますよ

だって今の日本人にとって大切な事してるんですから…
5. Posted by 日高見 まま子゚   2009年08月24日 09:54
5  
おはようございます。

私は某有名人の有料サイトの掲示板でスレ主をしています。
そのサイトは魂や命や生き方などに始まり
森羅万象全てにおいて意味も意義もあるというようなことを学ぶ場です。
そこで野口さんと共に
1555体の御遺骨が64年ぶりに帰還された話しを書かせて頂きましたm(__)m
サイバー管理のシッカリしているサイトなので
空援隊などの団体名はナカナカ記載レスが出来ないのですが
出来るだけ多くの方々に
知って頂こうと想いレスしました。
ガザ支援の時も全国の何人かの方々が
《知ること》によって真摯に受け止め考え、共に支援してくださいました。
 
先々週、ちょうどその有名人さんのテレビ番組に倉本總さんが出演され
今手掛けて公演している舞台が、64年ぶりに帰還した栄霊逹が今の日本を見て驚愕し
自分逹の命を架けたあの戦争は何だったのか…と苦悶するストーリーの舞台内容の話しをされ
そこから《今の日本人》を振り返り見るという番組内容でした。
 
きっと、知ることによって遺骨収集にも賛同してくれる方々も多くいらっしゃると想います。
 
私の出来ることは大河の一滴かもしれません
しかし大河も、一滴一滴が集まり集まりして大河を成しているということを
常に心に刻み行動しつづけようと想います。
 
私逹は命を架けて創って下さった、今の平和に
感謝しつつ報いなければならない。
それは日本自身のことでも
日本のことのみにではなく世界においてもです。
 
6. Posted by 日高見 まま子゚   2009年08月24日 11:14
5  
遺骨収集基金で検索しなおし
先程、インフォメーションの方に賛助会員として以外でも
直接、基金に募金出来ることを教えて頂きました
有難うございましたm(__)m
 
他銀行からの振り込みになると手数料が勿体無いので、直接銀行まで行って窓口送金すれば手数料分も募金に回せますよね…
それか賛助会員として、ゆうちょ銀行口座への募金送金だと手数料が無料なので、やっぱり手数料分も募金出来るんですよね…(笑)
 
内職しながら最善策を考え実行したいと想います
7. Posted by 日高見 まま子゚   2009年08月24日 13:55
5  
インフォメーションの女性の方と、またお話しさせて頂き
ゆうちょ銀行口座への募金送金出来ると教えて頂き
先程、第一回目の募金をさせて頂きました。
 
でも今…私が寄付や募金に自由に使える金額は
内職8000個して得た……1900円だけでしたので………それだけで申し訳ないのですが…………………………………………………………………………………………送金させて頂きました……( ̄▽ ̄;)ゞ
 
また15日の内職給料日まで、頑張って仕事して
協力させて頂きますm(__)m
 
 でも、でも…
 
 長年の目標だった
遺骨収集に
少しでも関われる
 キッカケが出来
大変嬉しいです!♪
 
 やっほ〜♪
 
 ヾ(*´∀`)ノ
   ( )
   ノ ̄ ̄
 ε=
 継続は金なり
で、続けてゆきますm(__)m
8. Posted by 遅いレスキュー隊   2009年08月24日 16:56
5 海外への修学旅行を行っている中学校・高校などへ働きかけてみてはいかがでしょうか?
予算はあるわけですし、行く先を変えるだけで良いわけですから。
ご遺骨収集の人員増強にもなりますし、何より若い世代が「戦争」という現実を知る良いきっかけになると思います!
9. Posted by aiji   2009年08月24日 19:46
お疲れ様です健さんへ

イフガオの知事や皆さんには頭が下がる思いがするし、地元の子供達が手伝ってくれるという文章で涙が出ました。

もっともっと沢山の日本人がこの事実を知らねばなりませんよね。そして、国が率先して動くようにせねば、空援隊だけに任せるにはあまりにご遺骨やご負担が多すぎます。

健さんがこうやって自分が動き、私達に教えてくださることは本当に貴重です。でも、健さんだって体はひとつ。健さんから教えていただいたことを周りの方に少しでも伝え、考えるきっかけになればと思います。

責任感の強い健さんだからがんばれるのでしょうけれど、体にはくれぐれも注意して無理をしすぎないようにしてくださいね。

空援隊の皆様もお疲れ様でした。
10. Posted by 日高見 まま子゚   2009年08月24日 21:47
5  
某掲示板の自分スレッドで遺骨収集の話しをしたところ
橋本龍太郎さんから野口さんへと繋がっている活動のネパールの小児病院への協力を申し出てくれた
兵庫の産婦人科病院関係者の友達がいました。

彼女は橋本基金の存在は前々から知っていたのですが、息子さんの進学とご自分の激務とで
なかなか行動に移せずに此れまで来たけれども
やって息子さんも就職時期になり
来年あたりからネパールの病院への支援を始めようと思ってた矢先に
野口さんの活動話を私から聞いて、私も尋ねられたのですが
【カンティ小児病院への個人的支援は可能なのか?】【橋本基金は、現在シェルパ基金かマナスル基金のどちらかと一緒の基金になっているのか?】
と、いう2点が大きな質問でした。
 
現在彼女は、MDSAムスタン地域開発協力会の会員には入っているそうです。
もしカンティ小児病院への個人的支援が不可能ならば、AMDA子供病院への支援も考えにあるそうです。

【彼女の考えている支援】
医薬品業者さんとも
医療支援の話をしたことがあり
日本ではまだ使える医薬品でも期限が切れると全て廃棄処分になっていますが
それを再滅菌処理して医薬品支援物資として送る
もし個人的にカンティ小児病院に送れるならば
ネパールまでEMSなら2圓韮苅娃娃葦澆覆里
毎月その程度の医薬品を送ることが可能だそうです。
 
もし医薬品として送るのが不可能ならば金銭支援を考えているが
橋本基金が今どこにあるのか彼女には不明になってしまっているそうです。
 
熊本県在住のスレッドメンバーにも調べて貰ったのですが、私もハッキリ答えられる情報を持っておらず
ここに書かせて頂きましたm(__)m
11. Posted by さとべりぃ   2009年08月24日 23:22
本日の遺骨収集シンポジウムに参加させて頂きました。
これまで健さんのブログで拝見していたことに加え、空援隊の倉田さんをはじめパネリストの皆さんの遺骨収集に携わる経緯や体験したことを伺い知り、始まってしばらくは涙を抑えるのがやっとでした。皆さまのこれまでの活動を聞きながら、なぜ今まで知らずにいたのか、本当に申し訳なく感じました。
さらに、国や政府、管轄省の認識や関心の低さに驚かされました。しかし、健さんが仰った通り、関心を寄せるのを待っていてはいつまで経っても動かない。世論が動けば国は動かざるを得なくなる。実際にご遺骨の収集を許されたのも世論が動いた結果でした。
アクションを起こすのは国のまえに国民であると。健さんの力強い言葉が心に残りました。
一人が出来ることには限りがありますが、大勢集まれば今まで出来なかったことが出来ますね。清掃活動がそうであったように。
微力ながら非力ながら私にも出来ること、知ったことを伝えることと寄付を、まずはさせて頂きます。本当にささやか過ぎますが、、。
12. Posted by 仙台より   2009年08月25日 01:13
今日の遺骨シンポジウムで野口さんの、国に期待するよりも国民が先に動けばいい、国は後からついて来る、時間がないんです、一緒にやりましょう、時に声を震わせながらの訴えに涙でした。
倉田さんと野口さんの二人が力を合わせれば世論は動くと思います。ご遺骨収集基金に寄付させて頂きます。今日は本物のシンポジウムでした。
13. Posted by れんママ   2009年08月25日 08:42
涙あり、笑いあり、94歳堀江正夫さんの貴重なお話ありと、超満席の昨日のシンポジウムは、内容的に大満足できました。

 ただ託児の関係で、産経さんに終了時間を念を押して聞いていたのに、最初から終了時間が違い、途中退席せざるをえなかったのが非常に残念でした。

 ゴミキャラバンの時の様に現物を展示出来ないだけに、立体的に伝えるのは難しいと思いますが、健さんの熱い思いは確実に伝わり広まっていると思います。

 これからも微力ですが、空援隊の支援を続けていきたいと思います。
14. Posted by (ハチ公)の八木   2009年08月25日 10:36

野口さん!
そして空援隊の皆様、本当にお疲れさま
でした。

> これは気迫と決意の問題

本当にその通りで、野口さんたちだけ
でなく、日本の国家としての決意が
さらに固まるよう祈っております。

…それにしても、現地フィリピンの人々の
協力を得られていること、心強く、
素晴らしいことですね! 

「伝えること」も任務と書かれていますが、
野口さんという国民的な存在は、まさに
ご遺骨の収集活動の「スポークスパーソン」
です。

おのずと責務重大になり、いっそう
野口さんは大変かと存じますが、どうぞ
お身体に気をつけて、さらにたくさんの
政府内ほかキーパーソンを巻き込んで
ください!

くれぐれもご自愛ください!


15. Posted by らむね   2009年08月25日 14:28
野口さんはじめまして。

野口さんの活動はとても立派な事だと思っています。
身体に気をつけて下さい。
かげながら応援しております。
16. Posted by peanuts   2009年08月25日 21:19
野口さんと野口さんの活動を尊敬し、応援するものです。
ブログ内の最後の箇所に来年収集するご遺骨の数が「10000万体」となっております。文章を読んでいれば1万体の誤りであることはすぐにわかることですが、野口さんの活動を広く知って頂きたいと願っておりますのでつまらないことで、誤解されるといけないと思いご連絡させていただきます。
どうかこれからもお体に気をつけてがんばってください。
17. Posted by ご無沙汰しております^^☆彡   2009年08月26日 01:15
5 あまりに眠いので一言だけ・・

本日はお疲れ様でございました^^☆彡

小池百合子さんとのコラボ、これからも頑張ってください!

小池さんにとって健さんは必要不可欠な重要人物と思いましたね♪

この記事に書くコメントではなかったですが・・・

本日は大変お疲れ様でした☆

私は小池百合子さんが勝つ事を祈っておりますよ♪

健さんも明日からの活動頑張ってください☆

あまりに眠いので、でも一言だけは入れておきたかったのでコメントさせて頂きました☆

(眠さゆえに何を書いてるんだかって、まとまりのない感じ??かもしれないけど・・・w)

ではおやすみなさい☆彡

18. Posted by ぴろみ   2009年09月05日 23:07
5 今日、思わぬ出会いから遺骨収集をされている方と廻り合い、貴重なお話・写真などを見せていただきました。先の大戦で日本の為に勇敢に戦った兵隊さん達の遺骨が野ざらしに無惨におかれてる写真を初めて見て、その現状にショックを受け涙が出そうになりました。今日、お会いした方が「また、機会がありましたら一緒にいかがですか。」と声を掛けていただきました。行きたい気持ちはありますが、あの想像を絶する光景・現状を目の当たりにして耐えられる精神力が自分にあるのか、不安も感じました。自分なりに考えていて「遺骨収集」で検索し、この野口さんの活動を知りました。スゴイの一言です。色々な方が活動されていますね。35才嫁入り前で好き放題生きてきた自分が恥ずかしく思います。野口さん達の活動は、大変な活動であり、今の日本人のするべき責任であると若い世代の人達に知ってもらえるよう、私なりに頑張りたいと思います。頑張って下さい!
19. Posted by 慎介   2009年09月17日 22:10
初めまして。教えて下さい野口さん達と一緒に、遺骨収集に参加する場合、どういった手続きが、要るのでしょうか?
20. Posted by 匿名   2009年10月29日 12:58
5 初めまして。
お恥ずかしながらブログを拝見するまで
このような活動をしりませんでした…。

この活動をもっと、国民が知ることができればと思います。
微力ながら協力したいと思いました。

応援しています。
21. Posted by るー   2009年10月29日 17:18
ブログを拝見してこの活動を知りました。
心から感謝申し上げます。私の身内もフィリピンで戦死していると祖母から聞いています。こうして探していただけたということ亡くなった叔父さんに代わりお礼い申しあげます。涙が溢れました。大変な作業だと思います。重ねて御礼申し上げます。
●34歳結婚詐欺の女・木島(木嶋)佳苗は過去にはヤフオクでも詐欺?!ネットで大量の薬購入!!

結婚詐欺の女を中心に、複数の男性が不振な死を遂げる。
そんな小説のような話が、現実に起こってしまった。

http://kanaekitchin.blogspot.com/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Twitter
プロフィール
野口健プロフィール


野口健関連リンク
野口健公式サイト
セブンサミッツ持続社会機構
野口健 メディア出演情報
野口健 書籍情報
ヒマラヤに学校をつくろうプロジェクト
野口健の父 野口雅昭のブログ 中東の窓