2009年11月02日

金多楼寿司にて麻生太郎前総理と遺骨会談


 八ヶ岳大縦走を予定していた本日(11月1日)でありましたが、夕方から天候は崩れ八ヶ岳では雪にあっていただろう。あれだけトレーニングを積んで来ての中止は誠に残念でありますが、自然を相手にしているわけで仕方がない。ただ、前回と今回と2週連続して予定していた日ばかりが悪天候でその前後は晴天と来るので、まあ〜これは「止めとけ」との天の声を思うよりか仕方があるまい。八ヶ岳は逃げませんから。ただ懸念するは可能性があるとすれば八ヶ岳は逃げなくても私の気持ちが逃げたりして。それもまた人生。次に繋げるべく頑張ってトレーニングに励みます。

 そして本日、
せっかく東京に居るのならば行きつけのお寿司屋さんである「金多楼」でお寿司を頂こうとご連絡いれたら、若旦那の野口剛さんから「野口さん、本日麻生さんがいらっしゃいます」とのこと。麻生さんとは麻生前総理のこと。麻生さんにとっても金多楼さんは行きつけのお寿司屋。せっかくご家族とプライベートでいらっしゃるわけで、私がそこにのこのこと出かけ、麻生さんに色々とお願い事をするのはKYであろうと、ご縁了させて頂こうと躊躇もしましたが、しかし、民主政権になってから遺骨収集の行く末が見えない状況となり、なんらかしらのアドバイスなり、お力を貸して頂けないものかと、無礼を重々承知しながらも、自身で作成した遺骨収集ファイルをこっそりとカバンにしまい金多楼さんへ。

 麻生政権では、戸井田厚生労働政務官(当時)は「国として当然責任がある。議員立法を提出し遺骨収集を国家の義務にするべきだ。たとえ財務省が反対しても「我々が予算をしっかりつけよ」と声を出せばいい。今までの3億円の予算では少なすぎる。アメリカは遺骨収集事業に年55億円かけている。わが国も同レベルまで引き上げるべきだ」と会見で発言。

 また平成21年4月20日の参院決算委員会で舛添厚生大臣(当時)が「遺骨収集を行っているNPOの方々にもお会いしましたが、大変頑張って頂いている。この支援もやりたいと思っている。また国の責任として一日も早く、1柱でも多く遺骨を収集してまいりたい」と空援隊の名前をあげ明言。小池百合子元防衛大臣も「近々、私もフィリピンの現場に行きたい。案内してください」と、自民党国会議員が中心になって動き出したのである。

 故に担当省庁である厚生省も例えば私が3月、8月にフィリピンに遺骨収集活動に向かった際も厚労省の職員2名が同行した。一緒になって遺骨の焼骨を行った。灼熱地獄の中でのこれらの作業は過酷を極めた。以前は厚生労働省との間で意思疎通に誤解あり、また立場の違いからか争いもなかったわけではない。しかし、フィリピンの現場で厚生省の職員の方々と私たちは一緒になって取り組んだ。そして気持ちは1つとなった。一体でも早く祖国に還そうと。

 その直後の政権交代。遺骨収集事業に充てられる予算はどうなるのだろうか。耳に届いてくる情報は「民主政権はマニフェストに掲げた政策課題以外に予算をつけない、または大幅に削減ではないか」ばかり。ただでさえ雀の涙のような予算しか付いていないのだ。これ以上の削減はつまりは国家事業としての遺骨収集を事実上打ち止めにするに等しい。つまり国のために亡くなり未だ戦地に野ざらしにされている115万体ものご遺骨を見捨てる、切り捨てることだ。それが果たして鳩山総理のおっしゃる友愛精神であるのかどうか。私は鳩山総理に問いたい。


 その間、我々、空援隊は10月にフィリピン全土で遺骨調査を行い約3万体の遺骨を確認。これらのご遺骨を日本に還すためにはそれなりに予算がかかる。現地での移動、人件費(フィリピン人)、ご遺骨の運搬費用等々。
 
 この10年間、国家事業としての遺骨収集は全戦地合わせても平均しても600体たらず。我々は今年に入ってからたかだか10か月で4307体のご遺骨を日本に還した。空援隊がフィリピンに建てた遺骨仮安置所には既に数千体の遺骨が帰国を待っている状態だ。そしてさらに3万体のご遺骨発見となり、仮に来年中に帰国して頂くこととなれば今までの遺骨収集団の規模を人員やかかる経費など大幅に拡大しないととても追い付かない。ご遺骨を発見してから、ご帰国して頂くまで行わなければならない作業はとても多い。我々が個人的に行うには限界があります。

 民主政権になってからは、彼らのマニフェスト以外のテーマで協議を持ちづらい雰囲気になってしまった。削減の嵐では新たなプロジェクトなど問題外なのかもしれない。どなたに相談していいのかもさえも分からない。自民党議員は議員立法を立ち上げて遺骨収集を国家の義務にしようとしていたが、民主政権では極力、議員立法は出させない方針だとも聞く。意見が二転三転する民主政権で何が本当で何が違うのか、とても分かりづらい。それはそのはず。なにしろ彼ら自身がどうなっていくのか把握していないのだから。

 私はかねがね、遺骨収集活動には「自民党だ!」「民主党だ!」ではないと指摘してきました。ましてイデオロギーの問題でもない。これは全ての国民の問題であるとも。したがって空援隊議員顧問団は自民、民主、公明、社民、新党大地と合計40名ほどの国会議員が名前を並べてくださっている。共産党に関しましては「遺骨収集は過去の大戦を正当化するようなもの」とし「顧問議員団に加わることはない」と断られましたが、共産党以外の超党派で取り組んできました。ただその中でも中心的な役割を担ってきたのが自民党でした。

 麻生さんとお寿司を頂きながら遺骨収集について多くの意見交換を行いました。せっかくご家族とゆっくりされるはずであったのに私のようなゴロツキ登山家が真横に座ったのでは麻生さんも堪らなかったに違いない。それでも麻生さんはしきりに遺骨収集の実態に耳を傾けられ、私の言葉の1つ1つにうなずかれながら「なんとかせねばならない」「野口さん、一度説明にきてください。私も一緒になって考えます。外務省にも話しますから」と、私は麻生さんの言葉が素直に嬉しかった。

 そして「あなたのお父さんは確か外交官でアラブ専門だったねぇ。活躍していたよ」とよく昔の事を覚えているものだとその記憶力には驚いた。金多楼さんの若旦那も今年2月、私と一緒にフィリピン・レイテ島で行われた遺骨収集団に参加。遺骨収集活動でなかなか進展が見られない中、私を麻生さんと引き合してくださったのだ。野口剛さんにも感謝です。この1つ1つの出会いを大切にしたい。

 来年度の予算がどのようになるのか見当もつかないが、私なりに精一杯の努力はしてみたい。なにしろ、まだまだ帰国を待ちわびているご遺骨がどれほどいるのか、考えただけでもこの両肩にズシリと、責任という名の鉛が食い込んでくる。とにかく時間がないのだ。世論の中からもぜひ、声をあげて頂きたい。民主党でもいい、厚生省でもいい、自民党でもいい、どうか声を届けてください。よろしくお願いいたします。

2009年11月1日 野口健
fuji8776 at 03:55│Comments(23)TrackBack(0)遺骨収集 | 戦争

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by れんママ   2009年11月02日 06:47
野口剛さん最高です(>_<)

天候が悪く健さんには残念でしたが、今はこちらが重要だと、目に見えないモノの力が働いて、後押ししてくれたんじゃないですかね

朝から幸せな気分になれました。ありがとうございます。
2. Posted by 香代子   2009年11月02日 07:46
私、野口さんがこういった活動をされていること、今日、初めて知りました。
母の兄が、南方で戦死しています。白木の箱には、戦死した島の名と年月日が書いてある紙が入っていただけで、紙をお墓に納めてお葬式をしたそうです。大好きだった兄の話をする寂しそうな母の顔が忘れられません。母も亡くなり、母の兄の写真は私が引継ぎました。若々しい水兵姿の伯父が、今も遠い南の島で眠っているんだろうなあと思うと、なんとも言いようのない気持ちになります。
著書を読み共感し麻生さんを応援しているのですが、遺骨収集活動にもご理解があると知り嬉しく思いました。
ムダと決めつけられ、どれほど国民に大事な事柄が切られていくのか・・・。何故、こんな世の中になってしまったのか・・・。
どうぞ、お元気で。ここをお気に入り登録します。微力ながら何かできることがあればと思っています。
3. Posted by あんみつ   2009年11月02日 08:51
朝から涙が込み上げてきました。遺骨ファイルを鞄に忍ばせて麻生さんに訴えにいく野口さんの姿を想像しただけで涙が流れます。36才の青年がここまでしなければならないのかと胸がつまる思いがします。同年代の若者たちは自分達のことだけにしか関心がないというのに。野口さんと麻生さんとの出会いを作ったお寿司屋さんも野口さんと同じお気持ちだったのでしょう。

朝から勇気を頂きました。有り難うございました。
4. Posted by 野口剛   2009年11月02日 09:08
昨日はお疲れ様でした

麻生前総理の緊張を健さんが解してくれたので助かりました

麻生さんも楽しそうに笑顔を見せてくれて私達家族も嬉しかったです


某新聞記者さんが先日、私に

「麻生前総理は政治家である前に
立派な日本人です、
某大臣が(国立マンガ喫茶)の話を無理やり麻生さんにねじ込んだにも関わらず
マスコミに叩かれ時も言い訳一つせず麻生さんが全部被った…

定額給付金にしても…

あの人、絶対人のせいにしないから…」

涙を浮かべ話してくれました…

私の知る健さんも
言い訳をせず、
人のせいにする事もなく、本当は悩んで悔しくて苦しい時も顔色一つ変えない登山家である前に立派な日本人(侍)です

私は健さんや麻生さんをはじめとする立派な日本人が超党派で遺骨やゴミ、教育などの問題に今こそ立ち向かう時だと思います。

私は無学ゆえに皆さんの役に立つ事は少なく申し訳ないのですが…

頑張ります
5. Posted by T.Fujita   2009年11月02日 09:23
いつも拝見させていただいています。非常に貴重な活動をされていて頭が下がります。機会があればお手伝いしたいです。
6. Posted by とうふ   2009年11月02日 12:59
英霊のために、コツコツと時と、知恵を重ねていただきありがとうございます。
戦争によって断絶された文化や意識を再びつなぐ、大きな作業だと思います。
それによって大人も、これからの子供たちも、より力を得る事でしょう。
やはり、先達からの流れがつながっている国民は、あらゆる面で強いと思います。
私は音楽活動をしていますが、根本から湧き出てくるものを扱う人たちにとって、過去の連なり、自分はどこから生まれてどのようにつながってきたのかという事はとても重要であると痛感します。
民主党政権について一言。
野口さんがイデオロギーを問題にしないという意識であっても、かれらは思いっきりイデオロギーで動いていますし、動いてくると思います。
旧社会党の連中のイデオロギー、旧田中派のイデオロギー。
自分たちがマニフェストで掲げたウリの政策は後回し、もしくはなし崩しで、夫婦別姓、戸籍廃止、外国人参政権+地方主権など自分たちの意図に沿ったものについてはとにかく積極的です。カルト的な様相が強まってきてると思います。
7. Posted by 桂   2009年11月02日 13:21
いつも陰ながら応援させてます 

野口健さん野口剛さんのような若者がまだいる事が日本の希望です
8. Posted by いちご   2009年11月03日 00:38
5 健さん 天からのお引き合わせではないでしょうか (@_@)不思議な巡り会わせというかそんな時を作る事が出来て本当に良かったですね (T_T)健さんの姿を想像すると泣けてきました。 何事も変わらなければ変わらないし、求めなければ答えはない。 健さんを見ていて教わりました。 寒くなりました,風邪に気をつけてくださいね

9. Posted by ぶっし〜   2009年11月03日 00:40
国立マンガ喫茶なんてネガティブな表現はやめてほしいな。
わが国の文化を保存しようというのに、国が動かなくてどうするの?
日本の文化は能や舞踊だけじゃないのよ?
金持ちの道楽でやるには大きすぎますよ。

江戸時代に大量消費された浮世絵なんてほとんど残ってないじゃない。
マンガやアニメもそれと同じ立場なんですから未来の日本人に何も残せないなんて、今を生きる我々日本人が馬鹿にされるでしょ。

これは今を生きる人たちのものではなく、子孫に残してあげるべき事業ですよ。
10. Posted by 6-4-3   2009年11月03日 07:54
5 野口様のご活動には、頭が下がります。
そのご活動が、この様な偶然を齎したのです。
偶然ではない、必然ですね。
頑張って下さい。
11. Posted by さとべりぃ   2009年11月03日 11:10
八ヶ岳大縦走は残念ですが、この寒さですので正直なとこ半分ホッとしました
私はこの土日に少々無理をして風邪をひきましたから

二度に渡る悪天候は麻生さんに巡り会うためのものでしたね!
天の声、自然の力が健さんを導いてたんですね。
新たな出逢いがやっぱりあった〜政権交代で苦しくなることもあれば、新たな道も出てくるってわけですね
野口剛さんとの出会いも、麻生さんとの出会いも、一歩一歩、ひとつひとつが繋がって、大きな力になっていくように思います。その一端を拝見したように感じました。

戦争で犠牲になった命をほったらかしにしておいて、現在の幸福を求める国であってはいけませんね。健さんが遺骨調査、収集に携わるようになってからより多くのことを教えてもらいました。多くの人がこの事実を知ることができるように、党を超えた政治家の方々の強い協力が必要ですね。
12. Posted by 未奈子   2009年11月03日 15:51
健さんへ
山は行けずとも・・偶然は必然麻生元総理との御寿司会談本当に良かったですね天からの指令があった様な偶然ですね・・。野口剛さんの出会いから人と人との繋がりで身を結び鳩山総理に思いが届く事を願っています。遺骨収集問題も政党問わず国家及び国民ひとりひとりの責任とし取り組む時期なのだと思います。
戦争を知らない世代が増え戦争世代も高齢化が進み戦争の悲惨さを知り語り告ぐ意味でも一丸となり取り組む問題だと思います。
健さんの活動から本当に多くを学ばして頂本当に感謝しております

一段と寒さが増す頃生姜は冷え性に特攻薬です。スープ・紅茶等に入れ風邪などひかれません様に・・・
13. Posted by 夜   2009年11月04日 00:11
はじめまして、リンクから飛んできました。
遺骨の収集ありがとうございます。
打ち切りなんて何を考えて言っているんだか;;

私も何かお手伝いできれば・・・・

最後にもう一度、ありがとうございます。
お体に気をつけてがんばってください。
14. Posted by トランプ   2009年11月04日 00:24
5 野口さんなら自民党や民主党だけに限らず超党派で活動を広げていけると思います。私はどのような時でも野口さんを指示し続けます。
15. Posted by ウノ   2009年11月04日 09:04
私も同感です。野口さんならば橋本龍太郎さんや福田康夫さんを動かしたように鳩山首相をも味方につけられると思います。野口さんのおっしゃるように、自民党とか民主党とかじゃないと思います。日本中の人が関心を持てばチェンジすると思います。
16. Posted by aiji   2009年11月04日 21:53
健さんへ

この時期に麻生さんとお寿司をいただきながらの会話はきっと麻生さんにもパワーを与えたと思います。

健さんの言うとおり、自民とか民主とかそういう問題ではないのですよね。国民が自覚し、国が動かねばならない問題だと思います。

限りのある予算ではありますが、本当に今使わねばならないことに使って欲しいです。そのひとつにこの問題もあると思います。
17. Posted by yuka   2009年11月04日 23:34
こんばんは。
麻生前総理の支持者です。
民主党政権誕生前から民主党には危機感を感じていました。
民主党政権は日本国の利益になる政策をひとつでも打ち出したでしょうか?
国旗すら掲げない政党です。
日本国、日本人の為になるような政策はこれからも出さないであろうと思います。
外国人参政権や外国人住民基本法や人権擁護法案など日本人にとって不利益なものばかりです。
国立追悼施設なんて英霊は望むでしょうか?
靖国で会おうと逝かれた方々です。
この方々の犠牲の上に今の日本がある。
朝鮮半島や中国の為に日本国がある訳ではなく日本人の為の日本国です。

18. Posted by 脱偽装献金   2009年11月05日 16:35
貴方の勇気ある第一声に感謝致します。日本を諦めない。
19. Posted by 田老   2009年11月05日 23:07
野口さん、日本のためにこれからもよろしくお願いします。
20. Posted by ハスユ   2009年11月06日 07:01
5  健さんの「声を届けてください。」って、どんなことができるのかなって、調べてみたら、
手紙を出すことや政党のホームページに意見をメールで送ることができるんですね。早速、メールを送ってみます。
21. Posted by 浪人生   2009年11月07日 01:47
5 健さんかっこよすぎます。
私も自分に出来ることをよく考えて、大学生になったら健さんのように自ら積極的なアクションをおこしたいと思います!
これから益々寒くなりますが、どうかお体を大事になさって下さい!
22. Posted by 日本米   2009年11月07日 13:50
麻生総理の1年の功績も全く伝えず法を犯した納税をちょろまかす現総理をプッシュするマスコミ。エコとつけば報道するが遺骨収集作業は報道しないマスコミ。中川昭一氏の功績もないものにされ愚弄され茶化されたまま亡くなってしまった。日本が危ないという言葉を残して。自分たちにできることとすればやはりマスコミを是正する声をもっとあげるべきではないでしょうか。国会中継を見てください。民主党がいかにやばいか法務大臣が職権乱用で何をしているか、目の前にある事実をきちんと見据えてアクションをおこしましょう。野口健さんの地味な活動がもっと世論にしじされるよう拡散します。
23. Posted by kelly   2009年11月09日 21:32
5 選挙活動をほったらかし経済対策に全力をあげた麻生さん、現代の侍ですね。
彼の気概、気骨には本当に頭があがりません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Twitter
プロフィール
野口健プロフィール


野口健関連リンク
野口健公式サイト
セブンサミッツ持続社会機構
野口健 メディア出演情報
野口健 書籍情報
ヒマラヤに学校をつくろうプロジェクト
野口健の父 野口雅昭のブログ 中東の窓