2010年08月08日

栗城史多さんと対談


5〜6年前の冬、札幌に講演に出かけた時のこと。講演終了後に突然、栗城さんが控室に訪れた。「野口さん、僕も7大陸最高峰を目指しています。単独無酸素でやりたいんです」と目をキラキラさせながら彼は声をかけてきた。時間にしたら10分程度だろうか。印象的だったのが僕の目を逸らすことなくジッと見つめてくるその眼力の強さ。多くは語らなかったが強い意志は確かに感じていた。

P8081669 


 あれから彼の挑戦はひたすら続いた。気がつけば既に8000M級峰3座を無酸素登頂。型破りな彼の登山スタイルに一部の山岳関係者は批判的な言葉をぶつけたりする。それは僕の
7大陸挑戦の時も同じ。目立てば人は「ああだ、こうだ」と陰口するもの。僕には僕の冒険スタイル、栗城さんには栗城さんのスタイル。みんな自分の責任の中で冒険活動を行っているのだ。自分が正しいと信じた生き方をすればいい。栗城さんは自分のやりたいような冒険を思いっきりすればいい。

「どうして本の表紙が裸なの?」と 

「どうして表紙が裸なの?」と

 何よりも彼の冒険に多くの若者が勇気と希望を感じている。登山会の細かな実績なり評価よりも、社会に対して挑戦する事の素晴らしさを伝えている栗城さんの役割は果てしなく大きい。故に山では死んでほしくない。栗城さんには生きて生きて生き抜いてほしい。

 

栗城さんの著書に「一歩を超える勇気」(サンマーク出版)がある。十分売れている本ですが、一人でも多くの若い人に読んでほしい。

真面目な話も 


 栗城さんがエベレストに出発する日と私のアフリカ遠征は同じ日。アフリカからエベレストに衛星通信で連絡し合うのが今から楽しみでならない。そして互いに無事に帰国し僕の行きつけのお寿司屋さん「金多楼」で素敵なお寿司と一杯やりながら、また今日みたいに互いの冒険談話で盛り上がれたら人生最高の贅沢だ。

 はい、あっち
    はい、あっち


 それにしても今日は一時間半、本当に楽しい対談でした。あっ、栗城さんモデルのTシャツを注文するのを忘れていた。今からでも間に合うかな。アフリカに着ていきたい!
帰国したらまた再会しよう!


fuji8776 at 22:27│Comments(15)TrackBack(0) | 仕事

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by sono   2010年08月08日 22:41
5 野口さん、対談楽しかったみたいですね。
私、今日!その本を本屋で見て!
「この人と対談したんだー!!」と思いました。
確か、ちょっと前になんかのTVにも出てたような。。。
自分でカメラ撮る方ですよね?(^O^)

帰国が楽しみですね♪

お二人とも気をつけて行ってきてください\(^o^)/
2. Posted by ハスユ   2010年08月08日 22:42
5
 健さん、こんばんは、ハスユです。

 自分なりのスタイルを貫くためには、勇気がいりますよね。健さんも栗城さんも勇気で溢れているんですね。にはまだ、これが自分だと言える勇気はないけれど、大人になったら持てる人になりたいです。

 健さんにも栗城さんにも生きて還ってきてほしいです。そして金多楼寿司さんでの報告をブログやツイッターでしてください。楽しみに待ってます。

 明日の検査、よい結果を待ってます。
3. Posted by 野口剛   2010年08月08日 22:53
命を懸けた男達が無事に帰って再会する場にウチを選んでくれた事を心から感謝しています!


今の日本には命懸けで何かに挑戦する方が少なくなりました。

男の浪漫を追い続ける両人が無事に帰って来る日を楽しみに待っています!

私も誠心誠意のもてなしをさせて頂きます!
4. Posted by もんBoo   2010年08月08日 23:13
5 健さん心もデカイですね!
今回の栗城さんの大きな勇気になったと思います!
明日の検査は辛そうですが
健さんも遠征前に体調を整えて
沢山の報告をお待ちして居ます!
Tシャツは注文後海を越えた北海道
でも3日で届きましたから
間に合うと思います?
5. Posted by さとべりぃ   2010年08月08日 23:22
元気そうな健さんちょっと安心しました。
とても楽しい対談だったようですね
後日、Yahooの栗城さん特集で拝見できるみたいなので楽しみです

お二人とも無事に登頂&下山してまた楽しいトークを繰り広げてください
あ!健さんは登頂の前に検査を頑張ってくださいね。体調が一日も早く回復することを願ってます。
6. Posted by YUKI   2010年08月08日 23:25
5 野口さんの栗城くんに対する気持ちを聞いて涙が出そうです。
よき理解者としてお兄さんのような存在でいていただけたら栗城君もどんなに心強いでしょう。
お2人とも冒険を続ける限り危険なこともたくさんあると思いますが
生きてこそなので気をつけて無事日本に帰ってきてください。
そしてたくさん夢を語り合って私たちに伝えていただければ嬉しいです。

アフリカとエベレストのツィート楽しみにしています。

頑張ってください。
7. Posted by いちご   2010年08月08日 23:52
5 健さん‥今日は素敵な対談ができ良かったですね 健さんにも!(b^ー° 生きて生きて生き抜いてほしいです

ア‐ミナイフはお守りになりますね‥きっと嬉しかったことでしょう。
必ず健さんの元へ返すことでしょう
健さん絶対に絶対に体 よくする事だけを強く念じ望んでくださいね(o^∀^o 大丈夫

健さんの好きな大きな空を見上げ早く
体調が戻られのを祈りますから。

8. Posted by くまげら   2010年08月10日 00:19
彼が、
自身で登頂の模様を映す、
その様子をTVで拝見した時、

植村直巳さんの北極横断を思い出し、(一人、映写機を氷上に設置して、犬ゾリを撮影し、氷上を歩いて映写機を取りに戻り、してた)

何だか、
時を越えた、偉大な冒険者達の繋がりを感じました。

健さんを今風にアレンジすると、みたいな方!?

あっ、まさか、
下山すると女性と話したくなる、とか?
まさか…そういうことで、
若かりし頃の健さんを彷彿させることは無い、ですよねぇ?

健さんのように、そして、彼らしく!育っていってほしいです。

姥ごころ、老婆心、余計なお世話でしたm(__)m
9. Posted by たか   2010年08月10日 07:50
5 Ustで観ました。
凄い良いものを観たって感じです。
帰ってきたら対談第二弾をやって下さい。
10. Posted by aoao   2010年08月10日 14:42
以前テレビで栗城さんを見たことがあります。
カメラを持ちながら登山をする姿は現代人に
生きるとは何か、ということを考えさせてくれますね。

現代の人は(そういう僕も現代人ですが)命を大事にしろ、大事にしろと教えられているわりには簡単に命を軽んじているように見えます。
この国が閉塞的だからでしょうか。よく分かりませんが、そういう人にこそ栗城さんと健さんの姿をみてもう一度生きるということ考えるべきだと思いました。
11. Posted by たかはし   2010年08月10日 19:49
栗城さんの8000m峰無酸素登頂の記録は、メスナーよりも早いペースなんですね。今後が楽しみです。
12. Posted by meymarch   2010年08月10日 23:35
野口健さんに一方的に拝見したのは 横浜アリーナのスペシャルゲストの時かな?
そして栗城史多さんは 富山での講演会のとき
アルピニストお二人が 出会われていることが
感動です。生命をかけておられる姿に勇気を頂きました。ありがとうございます。
13. Posted by みうこ   2010年08月12日 06:51
栗城さん をはじめてテレビで拝見した時 なんで無酸素なんて余計に苦しい事をするんだろう.自分が彼の母だったら心配しちゃうなと思いました。同時にこの人すげー!カッコイい!とも。たった一メートルに凄い時間かかって、苦しくって自分じゃあカッコ悪いとこ見せちゃったと思ったかもしれないけど、見ててなんか頑張れ!頑張ってと応援して泣いて!栗城さんカッコ良かったんです。だから頑張ってくださいね。応援してます。

もちろん健さんも
この前 俳優の、うかじさんが健さん俺に似てるって言ってましたね。いや!健さんのがカッコイいっす
14. Posted by サービス介助士   2010年08月13日 23:50
野口さん、長崎に来られたのですよね!
仕事がなければ会いに行きたかった!

またお越しください!
15. Posted by とらにゃん   2010年08月19日 18:48
先程、栗城さんのHPの出発の動画を見たら、手首に願掛けと思われる首輪が付けられてました。残念です。他力本願になっていますね。願欠けにならないことを祈るばかりです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Twitter
プロフィール
野口健プロフィール


野口健関連リンク
野口健公式サイト
セブンサミッツ持続社会機構
野口健 メディア出演情報
野口健 書籍情報
ヒマラヤに学校をつくろうプロジェクト
野口健の父 野口雅昭のブログ 中東の窓