2024年02月27日

可愛い・・・文鳥のヒナが、入ってます。

おはようございます、店員の神鳥です。

可愛い・・・可愛いよね?
と、毎回、やって来るたびに自問自答を繰り返す(笑)文鳥のヒナが入ってます。
今回は、桜文鳥が2羽↓
IMGP7420
特に左の子は、パイド感増し増しで、どんな風になるのか楽しみです。
今は、こんなですが、日に日に羽が揃ってきて、可愛くなってきます。
今回、当店のFacebookページに、エサをたべるヒナの動画を載せてます。
ここから、どうぞ↓
https://www.facebook.com/share/v/Q9NtUjJ4WGvWksyp/









fuji_ya at 01:23|Permalink

2024年02月26日

久しぶりのブルーボタンインコ、とカメと泳ぎにウォレス線の向こう、コモド諸島へ!…その21。

有名なラブバードと言えば昨日の小桜インコ、しかしボタンインコもラブバード。
最近小桜インコにスポットが当たりすぎてるのか影が薄くなってしまったような。
可愛く目が離れて見えるこの顔が特徴的なボタンインコ。
DSC_0266
今回素敵な色、ブルーが入ってます。
しあわせの青い鳥にいれていいと思います、素晴らしい青空のような色になってくれることでしょう。
恥ずかしがり屋が多い鳥ボタンインコですが、小桜インコと共にラブバードと呼ばれる可愛い小鳥。
彼らも飼い主さんを愛して離さない。


こんにちは、店員の城戸です。
ここからは今日もやってるコモド諸島ブログ、森へ入ると迷惑そうにイノシシが見ています。
DSC_9886
このイノシシもコモドドラゴンの大事な主食の一種、彼らがいなくてはコモドドラゴンはやっていけません。
DSC_9891
続いて現れるはチモールジカ、彼らが1番メインのコモドドラゴンご飯のようです。
彼らの数によりコモドドラゴンの数も変動するといっても過言ではないくらい重要な主食のよう。
フランス人もバンビはご飯だ、美味しいと申してました…
この鹿は減るとコモドドラゴンの存続に関わる為、村人の鹿狩りは禁じられ、密猟などは厳しく取締られてるようなのである。
DSC_9935
脇道へと外れ、よ〜く見てみるとそこにはトビトカゲなどの小さなトカゲがいて、アリなんかを食べる姿を観察することが出来ます。
パクッパクって、アッ、見つかってしまった。。。
DSC_9898
慌ててにげ出す彼ら、彼らは前脚と後脚の間に広げることが出来る被膜を持ち、それを広げて高い木から滑空して移動することが可能な変わったトカゲ。
見た目より小さな身体とこの体色、草の中に入るともうわかりません。
ナミトビトカゲ、彼らもウォーレシアに棲む変わった住人。


つづく


















fuji_ya at 00:32|Permalink 旅行記 インドネシア | コモド諸島

2024年02月25日

ハイブリッドミニウサギ男の子、とカメと泳ぎにウォレス線の向こう、コモド諸島へ!…その20。

ハイブリッドミニウサギ(ネザーランドドワーフ×ミニウサギ)男の子販売始めました。
FullSizeRender
黒のカッコいいタイプ、久しぶりにやって来ています。
この黒光りした毛が、悪そうに見える気がしてるのは自分だけでしょうか?
まだ赤ちゃんですし、夜はまだまだ冷えますので、2、3週間は寒くないよう気をつけて飼育してあげると上手に飼えますよ。
女の子のほうはもう少しかかると思います、そちらもまた販売始めたらお知らせします。



こんにちは、店員の城戸です。
新生ギラヴァンツ北九州、初戦ホームで黒星スタートでした…
気を取り直し、ここからはコモド諸島ブログとなります。
僕らツアー御一行は、1集団まとめてコモド島ミドルコースへと連れて行かれます。
IMGP6969
前をみても後ろをみてもそんな御一行が並んでいます。
前の集団が出発すると次の集団が、そしてまた次が、各集団ごとゾロゾロと続いて列を成し、まるで蟻の行列のように。。。
先頭にガイド、最後尾にガイド、各行列に対してガイド2人がその行列の前後挟むようにして。
このノロノロに辛抱たまらず後ろのツアーから飛び出し、自分らさえも追い抜く輩が。
たまらずガイドが、お前戻れ!危険だ!と。まったくもってその男は聞いてません…
危険かどおかは知りませんが、いい大人が我慢できなくなっている(笑)
やはりガイドは大変かもしれない…
そしてガイドの手には身長よりも高く、そこらで拾ってきたようなサスマタが握られてます。
言うにはコレでコモドドラゴンの危険からみんなの安全を守るそうだが、たぶん言う事を聞かない危険な観光客を押さえつけ、みんなの安全を守るためではないだろうか…
FullSizeRender
向こうでコバタンの雄叫びが響きます。
おわぁ、コバタンや、興奮しました!フランス人がやたら反応します、何マジか!
ゴープロのような物を振りかざします、すると先頭ガイドが、落ち着けアレはニワトリだ、と…
みんなから、お前さっき飯食ったのにまだ食い足りんのか?もうすぐ終わるけ待っとけや…と。
笑われ、みんながパタパタとチキンになります…
絶対違うのに…横にいた神鳥もアレはコバタンだった。と。最後尾のガイドもそう言ってた。
なんだ、オレの名誉のためにもあの時にそう言ってよ〜(笑)
ちなみにコバタンは朝が見れる確立高いようです。
DSC_9927
こちらが疑いをかけられたホントの野生のニワトリ、すごく派手な男前。
やたらウロウロしてて、飛んでる?跳ねてる?ます。
FullSizeRender
そして見えづらいですがカルカヤバト。


つづく

















fuji_ya at 00:57|Permalink 旅行記 インドネシア | コモド諸島

2024年02月24日

久しぶりに、クリームルチノーの小桜インコが入りました

おはようございます、店員の神鳥です。

久しぶりに、小桜インコのヒナが入りました。
しかも、珍しいクリームルチノーです。IMGP7406
現在、限りなく、白っぽく見えてます。
最初、さらに珍しい、アルビノかと思ったくらい。
大きくなるにつれて、変わってくるのでしょうか?
とにかく、まだまだ、とても小さいので、ヒーターは、必ず使ってくださいね。








fuji_ya at 02:16|Permalink

2024年02月23日

可愛いセキセイインコ、今回も、パステルレインボーが入ってます。

おはようございます、店員の神鳥です。

可愛くて小さな、セキセイインコが入りました。
IMGP7373
おひとり、逃げ腰なので、もう一枚。
IMGP7374
今回、パステルレインボーが2羽入ってます。
あ、1羽めでたく、新しいご家族が決まりました。
ので、パステルレインボー・グリーンオパーリン・ブルーオパーリンの3羽です。
今回のブルーオパーリンは、少々、野生味強め。
しかも、他の子よりも、あたまひとつ大きいので、上手に育てたら、ジャンボセキセイインコみたいにならないかなぁ?と、期待してしまいます。
今なら、うぶ毛でおおわれている、超小さな子達ばかりです。
小さい子をお探しの方、ぜひ、お早めにお願いします。











fuji_ya at 01:29|Permalink