2007年03月21日

送別5

「ありがとう。本当にありがとう。」

目に涙をためながら、お客さんは言った。

「あなた達と接することで、N○Tさんのイメージが完全に変わったよ。」



もちろん目の前にいる我々だけに言ったのではない。

我々の前任の方々も含んでいる。


うちら側で出席していた理事が言った。

「我々がまず目指したのは、普通の会社になること。」



この3月でお客さんの常務が定年退職する。

そのお客さんは、最近「日経ビジネス」でも特集され、その業界シェアナンバー1の

会社経営手法、社内風土等が注目を集めている。


そして、その特集記事からも私は感じたが、「人情味ある」お客さんである。



提案段階では、その人は必ず立ちはだかる壁であり、

サービス導入のキーマンであった。



麻布にある会員限定のお店。

和・洋・中を取り揃えており、お酒も豊富、完全個室・・・

重要イベントにはここを使うらしい。



==================================================================

ってゆうかさ、ワインって・・・うまいんだね。

ホントさ、やばいね、ワインって。

下っぱなので、明細とか見るんだけど、高いんだね、ワインって。

ほかの事に金使ったほうがいいんじゃないかって思うよね。

だって、あれだけでこの前の中国旅行行けちゃうとかさ。

あ〜マジ一般人には理解不能。

==================================================================

やはり、会が会だけに、昔のトラブルの話だとかがメイン。


今の関係があるのも、前任のおかげなんだよな。


今回私の最大の仕事、記念品贈呈。

60歳ってさ、親父より年上だぞ。

何がいいんだよ・・・

結局、60歳でもお洒落な方だったので、

リバーシブルのダンヒルのベルトにしました。



なんだか非現実的な時間だったな。

風邪引いたし、今日はこの辺にしとこうか。







トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔