正直ここまで釣りに行かなかった年はあるだろうか?

まぁ人それぞれ家庭の事情なり、仕事の事情がある…

隊長さんはと言うと…


暑くてまいっていた…


これが本音である。


クソほど暑いのに、何故に暑いところに行くしかないね?

1000%藪蚊に襲われるのに何故に川に行くね?
と言う話である。歳を重ねる毎に弱気になっているわけではないが、思考と行動が噛み合わなく成りつつある。



あっ!



今、共感したアナタ!アナタも立派なオジサンですよ。



まぁ、アレですな。隊長さんクラスにもなるとその辺のオジサンと違うのは万事妄想で完結できてしまうのです。今日は隊長さんが釣りに行ったらバイブで二匹釣ったな!とか。
隊長さんが釣りに行ったのなら…まぁいいです。別にどーでも…

さてそろそろ秋の空気も感じられるようなになったので、取り敢えず川にボチボチ行ってます。とは言いつつテキトーにやってました暑い時に…


7月某日…
A06119E2-F2C5-44E0-A6AB-302A72089C71

16302A5C-9137-4B3C-8E96-FAE57AB99BE9

川は川でもシーバスの1000%いない川…テキサスリグを撃ちまくり二匹…後から来たバスアングラーさんメンゴ!

8月某日
005B0D86-1C6C-4BCE-B698-8AC768C27DB2

E7EB5AEA-A959-4A3C-95A2-3378F2CD363A

3AD8429C-D56E-48AA-BFAA-7C9A6A3C7F49

3C17BDC6-555F-4E12-9669-A7C9D41DC978

アジングタックル持ち出して、スリリングなバス釣りのはずがアジよりスリルのない魚を釣りまくっていた…

8月某日
70D1E72B-01D2-48EE-8D42-595C30FA0B59

8E3DED18-28FC-49D5-AC8A-DB8D5B30965B

オジサン暑さには負けねーぜ!って久々にホーム…エントリーした瞬間ウェーダー浸水どころかダダ漏れ…
根性で一匹!ナイトゲームではスーパーボイルに翻弄され…でも一匹釣ったから僕の勝ちね!

9月某日
C8894AFE-A3DD-47DE-8F5B-E57589455805

息子との釣行…セイゴで親父の貫禄を見せつける!

9月某日
57CF3D82-D42F-4229-9C93-D559DE02A472

巨大ナマズをやっつける…画像はない…流石にアメナマ相手に写真を撮る労力を使いたくないのであった…隊長さんは諦めきれずランガンしてスズキクラスを釣り上げたのであった。

9月某日
6EB45C10-7E8E-4EB0-AFFD-B11FBE21E896

D3D9E311-4809-4EC3-AA3C-B98AD0F31F64

D932D5A0-80DB-42CA-B5BD-E56999D70608

0FA2A203-011F-4F41-B84E-DF645AD6C578

507305BA-290F-446C-9424-0F92AD3FB96C

夕まずめだけ…バイブとファッシャッド70Sでプチ爆

9月某日
29447C16-3F2C-46A3-9914-1E89F789D649

922D075B-0063-4634-BFA8-323EA0D2C553

FB23E49A-4041-4DB0-8969-0F9B089A34D1

息子と友人とその息子4人での釣り。
全員三匹で、計12匹…勿論のちに独り占めしに行く予定!

そんなこんなの近況でした!

まぁ、また適当にブログ書いていこう。釣りに行くとブログ書くテンション上がるからね!

以上でした!






本当は貰ったリールのインプレなんて書くこともおこがましいものだが、このリールだけは敢えて書いておこうと思った。
これからベイトシーバスを始めたい人に…

ベイトリールの経験者…PEラインとベイトリールの相性などをわかっている経験者はアンタレスだのモアザンだのを買えばいい。
だがベイトシーバスの初心者はメーカーの謳い文句との違いに悶絶するだろう…
云くバックラッシュしない…云くPE 1号…云くトラブルレス…云くあーでもねーこーでもねー。
はっきり言ってそれらの謳い文句は嘘ではないが、あくまでも商売的謳い文句であり、鵜呑みにするものでもない。またバックラッシュに関しても、しにくいって話であり、また【しにくい】という言葉すら微妙なニュアンスであり時にベイトリールのトラブルは再起不能に陥ることもあるわけで…
つまり、もし本当にトラブルレスで使うなら【飛距離を犠牲にして】と言うのが本当の所である。
そんなベイトシーバスで自分の原点ともなったリール。


【シマノ12エクスセンスDC】
D13CE7F3-B2EE-4E7C-AF2E-D918BA2ECFC8

C15004A6-74E4-427F-A720-ACA8F2AF3D3C

【飛距離】

ベイトリールのインプレをする場合、必ず皆が熱弁を振るうのが飛距離である。スピニングリールの場合スプール径、ストローク、スプールエッジの作り程度だが、ベイトリールの場合スプールの回転性能が飛距離に直結する。更にバックラッシュ等のトラブルを回避するためのブレーキシステムの性能やスプール径…(マニアはベアリングチューンだとかオイルチューンも行うそうな…)
またそれらの要素もルアーの種類やウエイトによっても得意不得意が分かれるのである。
自分の好みやスタイルに合わせてスプール径やブレーキシステムなどを考慮して購入する事をお勧めするのだが…
12エクスセンスDCに関してはハッキリ言って飛ぶリールではない…勿論初期のDCという事もあるが、お世辞にも飛ぶリールとは言えない…
だがブレーキ設定さえ確かならよく飛ぶとは言わないまでも苦にはならない程度は飛んでくれる。
しかも、ある程度軽いルアーから重いルアー。具体的には10グラムから40グラム程度と普段シーバス釣りでよく使うであろうウエイトが投げやすくなっている。
※40グラム?ビックベイトやメタルジグね!


【ブレーキシステム】

今更だがDCとはデジタルコントロールの略。
スプールの回転に応じてコンピュータで解析しブレーキをかけてくれるようだが…良くわからんけど…そーいうことみたい…

ぶっちゃけ言えば12エクスセンスDCにおいてはそんなことはどうでもいい…そうDCの何たるかなど、どうでもいい事なのです。

それは今更初期型のDCを語るのがナンセンスとかそんな話ではなく…特に12エクスセンスDCに関して言うなら【ブレーキの設定が極めて楽】という事だ。
メーカーの言う推奨など取り敢えず置いといて、1番ブレーキを弱めるMINから最大で設定は二つまででいい。

MINはメタルジグやバイブ又はシンペンなど。

68505089-4660-4A46-9CBD-EB5F028E6A16


ブレーキダイヤルを一つかけてミノーやシンペンなど。
AFFDA49B-3619-4317-90B8-AF08ADF804B4

ブレーキダイヤルを二つかけてビックベイト…風の強い日のミノーなど…
44F30937-40C0-43BF-902A-788BCA1250A6

この程度でいい。
因みに僕はレイジーファッシャッドJ 138SくらいならブレーキダイヤルはMINから1つ強めるだけ。

12エクスセンスDCの場合、特に優れていると感じたのはブレーキ設定のシンプルさである。
ほかにBBモードとかSPモードとかあるけど向かい風の強風でも必要と感じない。基本的に3つのブレーキ設定さえ使い分ければ実釣で困ることはない。
もしも本当のベイト初心者ならSPモードを使ってみても良いが、あまりの飛ばなさに絶句するだろう…

シーバス釣りでは飛ばす事はとても重要だが、リズム良く簡単に飛ばす事も非常に大事なのである。
特にスピニングとベイトを比べてベイトリールの場合、よく飛ぶシンキングペンシルと空気抵抗の大きいミノーではブレーキの設定を一々変える必要がある。だがエクスセンスDCはブレーキの効きが強く、設定がマイルドな為シビアな設定を要らず、ミノーもシンペンも普通に飛ばすことができる。向かい風5メートルくらいでもバックラッシュを恐れずキャストすることが可能である。
※これがSVSとかだと辛いんだなぁ…
投げ易さという点ではかなり優秀なリールと言える…
でも、もう一度言いますが着水ノーサミングなどはかなりブレーキを強めにかける必要はある…更にPE1号のフルキャストもSPモードとかならまだしも…ってSPモードではPE 1号でもほんと飛ばないです…つまりそこまでブレーキを掛けるなら飛ばないってことです。

本当にPE 1号をフルキャストする場合、どんなリールでも使うルアーやセッティング、また相当な慣れが必要と思います…

特にベイトシーバスで慣れてない人はPE 2号や2.5号を推奨します。これは絶対です…

【巻き心地】

今となっては若干ゴリ感が出てきたが、巻き心地は良かった。バイブの早巻でも特に引き重りする事なく、ナイトゲームのミノーイングでも滑らかでブレない巻き心地である。
ボディも全体的にしっかりした作りであり、ダイワのリールのようなチャカチャカする感じもしない。

【操作性】

いまいち優れているとは言えないのが操作性かな…
リールの重量自体も軽くはなく、サイズも大きめ…僕は手が大きいので苦にはならないが、トップとかのドックウォークやミノーのジャークを繰り返すとパーミング性が良いとは言えない…
ロッドアクションの付けやすさで言えばよくはない…
後は軽いリール…例えばスティーズATWなどを使った後は極端に重いと感じる…

【ドラグ】

構造上の問題でベイトリールはドラグ性能があまり良くないというが…

このリールで釣った最大が70センチ程度なのでドラグ性能云々は語れないが、ドラグの出だしが悪いとは感じなかったがスピニングリールの様な繊細な感じはない…でも使用上特に問題は感じない。

【総括】

現行のエクスセンスDCSSは更にシンプルなDCシステムになっいるようだが…

何故に今更12エクスセンスDCのインプレを書いたのか?

それは単純に12エクスセンスDCがとても使いやすいリールであると思ったからである。

まぁシマノやダイワのベイトリールの歴史なんてのは飛びのシマノ、安定のダイワなんて構図はぶっちゃけDCやSVSまたSVやHLCと言った最新のテクノロジーをもってしても結局言えることは【飛ばす=トラブル】【飛ばない=トラブルレス】と言うことである。結局、飛ばす為にはトラブルをサミングを用いてマニュアル的に解消するのが当たり前な訳で、飛ぶけどバックラッシュしないというのは突き詰めれば現在はまだあり得ない性能と言える。
※(アンタレスDCとかスティーズリミテッドあたりなら話は別か?)

12エクスセンスDCは飛ぶだの飛ばないだの…トラブルレス云々よりもブレーキ設定が使い易い事が評価できる。
簡単なダイヤル調整で鉄板系からミノーまで使いこなす事ができる。
ブレーキ設定が楽なことは特にナイトゲームで恩恵を感じる。

12エクスセンスDCは中古で程度のいいものが2万円前後である。2万円なら選択肢は様々だと思うが、本来、高級機種なので流石に基本性能は高い。今からベイトシーバスを始める人にはおすすめできるリールだ。
同じクラスの新品のリールより性能も良く、作りもいい。オススメできるリールである。
絶対的な飛距離は期待できないしトラブルレスでもダイワのSVほどでもないと思うが、うまく良いところを纏めてあるリールだ。
でも中古は海水でバンバン使ってるやつは要注意!そこは入念にチェックして下さい。

以上でした。

X80SWと同時に購入した…

なんとなく自分のニーズを考えるとこっちの方が合っているのでは?と思う。
比較的シャローが絡むポイントでの釣りが多いことや、ウェーディングが多いこと。そう言った意味でもシャロー系ってのは重宝するのだが…


メガバス【X80SW LBOシャロー】

8F306855-EFE3-44C7-BCEA-4F96E153558A

C9424525-0325-4DDF-B1CA-CC99EA8C3AC9


【購入理由】

X80SWのシャローバージョンってことで!シャロー系のジャークベイト、またシンキングって設定なのでデイでもナイトでも使えそう。

【期待すること】

LBO重心移動システムが飛ぶのはよくわかる。シャローで釣りをする以上飛ぶことは期待はしたい。
さらにアクション…これは予想だが、リップ形状から考察するとオリジナルより大人しいアクションでは?と思ったりする。
兎に角X80SWはジャークのレスポンスがいいのでシャローでの横っ飛びアクションは期待したいね。
また、オリジナルX80SWよりもナイトゲームのあるパターンは期待しているかな!

以上でした。

↑このページのトップヘ