フジゲン工場ブログ

ギターメーカー「フジゲン」直営オンラインショップのスタッフによるブログ。
工場ならではの、生の情報を発信していきます!

こんにちは!フジゲンオンラインショップ、マーサです。

今日は晴れていて、事務所の窓を開けていると風が通り
ちょうどいい気持ちよさです。

ちなみに木工工程のある北工場は機械が回っているせいか、
もうすでに真夏の勢いとのことです。

前回書いたエフェクトボードは結局まだ組めていません。
来週になりそうですが、楽しみにとっておきます。



先ほど、ウェブオーダーEOSのマテリアルオプションをひとつ追加しました。
Option_EOS_AL1P01

アルダー1ピースのボディです。
写真の1台分のみの発売です。

前にも書いたように、アルダーの木はそこまで太くないため
これだけシミフシもなくキレイな1ピースのものはとても貴重です。
特にこの個体はアルダーらしい木目もしっかり入っていてとてもきれいです。
アルダー1Pボディ01
アルダー1Pボディ02

ぜひアルダーフェチの方に、オーダーフォームにてイメージを膨らまして頂きたいと思っております。


こんにちは!フジゲンオンラインショップ、マーサです。


こちら、昨晩の仕事終わり、スタジオにて。
04EMJ


今日は至極プライベートな自慢をしたいと思います。

つい最近、こんなものをいただきました。

01ペダルボード
なんでしょうか?
02ペダルボード

実は、手作りのペダルボードです。
以前、先輩のバンド練習にお邪魔してエフェクター談義をしていた時に、
工作好きなギタリストの先輩が急に「作ってあげようか?」と。

飛び道具的にエフェクターを使うのが好きな私は
曲のココというときに踏み変えますが、
フラットな状態で置いていると、踏み間違えたり
踏みにくさが気になり演奏に支障が出たりということがよくありました。


若干の底上げプラス角度が付くことで、それが解消します。

しかも、
03ペダルボード
私が使っているエフェクトボードの大きさに合わせて作ってくれたので
こんな感じである程度組んだ形で持ち運びもできます!


昨日は結局時間がなくて組んで音出しできなかったので、
今晩時間があればやりたいなーと思っております。


ちなみに、写真の上の真ん中、紫のは
もひとりのギタリストの先輩と物々交換をしました。
Tube Screamer Miniと併せて使うと太い歪みが得られて最高です。
Jake Cloudchair氏の動画でお馴染み、One Controlです。


フジゲンギターを多く使ってくれているので、商品ページにも参考動画として
上げさせていただいています。

今日はEOS-FM-R/EBにいくつか追加しましたので、ぜひご覧ください。
05Jake-Cloudchair氏-動画
商品ページの画像サムネイルの下、再生マークのボタンを押すと見れます。


もうひとつちなみに、一番始めの写真の通り、
最近の休み時間の練習用ベースは
JMJからEMJに変更しました。

EMJの良さを堪能したいと思います。

こんにちは。MICKです。

先回に続き、今日も春の嵐の大町、松本地方です。

松本地方には、暴風雨警報が出ています。何かいつもと違う今年の春です。



先回の続きという事で、今回も加熱処理木材(通称サーモウッド)を取り上げます。

この技術は、北欧フィンランドで開発されたという事です。建材としての木材の耐朽性、

耐水性、形状安定性、防虫性などの効果があり、今では全世界(ちょっと大げさ)にその

技術が普及しているようです。サーモウッドとひとくくりに言っても木材メーカーそれぞれで

特徴があると思います。私は、いままで3種類のサーモウッドに関わりました。1つ目は、今から

10年程前の事。サーモウッドの噂は耳にしていましたが、現物を見たのはそれが初めてでした。
steckneck1

(これはS-TECH処理したメイプルのNECK材です)

その時は、頂いたサンプル材(メイプル)で早速NECKを作り、プロギタリストを含め

4名くらいでサウンドチェックをしたのですが、全員一致で採用を却下しました。

良く言えばフラットな特性、悪く言えばノッペリとした音。要はつまらない音だったのです。

それ以来、私の中ではサーモウッドは、楽器には使えない材というレッテルを貼ってしまったのです。
stechneck2

(加工中のS-TECHのメイプルNECK)

S-TECH処理を知ったのは、それから少し経ってからの事です。木材の動き(応力)を

抑える効果があるという事で、エボニーの指板材にこの処理を施して使用するように

なったのです。加熱処理する事で木材内部の組織が変化するようです。加熱の温度は、

設定により効果、見た目が変化しますので重要な要素となります。マル秘です。

盛り上がってきたところですが、続きはまた今度!!



MICK IMAFUKU




↑このページのトップヘ