フジゲン工場ブログ

ギターメーカー「フジゲン」直営オンラインショップのスタッフによるブログ。
工場ならではの、生の情報を発信していきます!

こんにちは!フジゲンオンラインショップ、マーサです。


本日、Expert ODYSSEYのカラースポットモデル
EOS-ASH-M-SP1/FRB (フローズンブルー)を発売いたしました。
01

フジゲンのお家芸的な感じになってきたフローズン塗装
カスタムハウスではWeb Order EOSの仕様で
多くショップオリジナルモデルを販売していますが、
この度、カタログモデルの仕様にて
数量限定カラースポットとして発売されました。


Web Orderの方も含めると、当店では
ダントツ1位の人気を誇るEOS。

このモデルに限りませんが、
付属品についてご質問頂いたりするので、
たまにはココで紹介しておこうと思います。

と言っても2つだけですが。

ケースはハードケースです。
仕様変更を何度か繰り返していますが、
現状はこんな感じのスッキリシンプルな物です。
ケース1
ケース2
ケース3
個人的に今の物が一番好きです。

あと、フレットガードが付属しています。
フレットガード1
裏側。
フレットガード2
OSに限らず、Expert・Masterfieldグレードの
モデルには全てこちら付属しています。

これが盲点のようで、たまにEOSとフレットガードを
同時購入される方がいらっしゃいます。


と、この辺も参考にしながら、
ぜひ今回のフローズンブルーご検討下さい!

こんにちは。MICKです。

なぜか梅雨明けしていない信州ですが、それなりに日中は暑いです。

先日、中国からのお客様が大町工場に来られ、大町の青空に感激されて

いました。理由を聞くと、「中国の空は、晴れていても灰色」とのこと。

広州方面から来られた方なので、なるほどと思いました。(ちなみに、私が

中国語で聞いたのではなく、日本語を話せる人だったのです)


さてと、今日は『メイプル』について書きます。

メイプルといってもいくつか種類がありますので、この点について少し説明します。

当社で使うメイプルは、大きく分けて2種類です。1つがハードメイプル。もう1つが

ソフトメイプルです。いずれのメイプルも、北米産のものです。昔のブログでも書いた

ような記憶があるのですが、改めて説明しますと、ハードメイプルは東海岸側、

ソフトメイプルは西海岸側と、ざっくりですが生育分布が分れています。今日は、メイプル

の中でもハードメイプルについて書きます。カナダの国旗に描かれている葉っぱは、

このハードメイプル(シュガーメイプルとも言われています)のものです。

メイプルシロップが取れる木です。日本では、サトウカエデと呼ぶ人もいるようです。
mpl1

白木で美しい木目です。写真中央部に濃い色の筋がいくつか見えますが、

これは『シュガー ポット』と呼ばれるものでして、日本語では『サトウ留り』とでも

言いましょうか、ハードメイプル独特のものです。
mpl2

こちらの写真は、これから接着するメイプルの板です。すべて板目になっていますね。

これらのメイプルですが、白くて、節のない(少ない)最上級のグレードのものです。

メイプル=白木というのは、ある意味正しいのですが、普通に赤い部位もあります。

ギターの場合、メイプルは主にNECKに使うため、ナチュラル系の仕上げが

ほとんどです。したがって、赤い部位は使われないのです。贅沢な使い方です。


余談ですが、1960年代後半から大流行したボーリングですが、そのレーンに

使われていたのがハードメイプルです。その後、ボーリングブームが去り、多くの

ボーリン場が廃業して、使われていたレーンのメイプルがギターのNECKに使われた

という話です。実際、わたしが高校1年生の時、初めて買ったGRECO(富士弦製)の

テレキャスター シンラインのNECKがこれでした。



という事で、これから長く続くだろうギターに使われている木材についての話は、

今日のところはおしまいです。

それでは!!。


MICK IMAFUKU

おはよございます!フジゲンオンラインショップ、マーサです。

今日は雨が降ってますが、一昨日、昨日と晴れて暑い日が続きました。
私のいる受付事務所棟は2階が食堂になっていて、
そこが日光の熱を受けてくれるので事務所は比較的涼しいです。
事務所
その分、2階はとにかく暑いです。

夏の大好きな私は、暑さに強いわけではないですが、
夕方からの涼しい風が入ってくる時間帯が好きです。



さて、先月ツイッターでお見せしたライトアッシュ・トップのEFL-AH/Emerging Flame
本日発売いたしました!
01

アッシュの導管を活かした塗装に加え、
光を当てると浮かび上がるファイヤーパターン。
02

重量は3.75kg。
EFL自体、軽量ではありますが
その中では極端に軽いこともなく程よい重量感です。

EFLの演奏性、バランスの良さは、LPタイプとは
全く別物なので、ぜひ体感頂きたいところです。

まずはぜひ詳細をご覧下さい!

↑このページのトップヘ