フジゲン工場ブログ

ギターメーカー「フジゲン」直営オンラインショップのスタッフによるブログ。
工場ならではの、生の情報を発信していきます!

こんにちは、MICKです。

めっきりと日の出が早くなってきました。まだ朝は寒いのですが、春がそこまで

来ているようです。これからの季節は、卒業、入学、部活(軽音など)という事がきっかけで

楽器を始める人が増えるため、1年で最も楽器が売れるシーズンとなります。

我々、楽器業界が期待する時期でもあります。


こんなこととは全く関係なく、またしても『杢』をネタにします。

初心者の方に『失敗しないギターの選び方』とか『運命的なギターとの出会い』とか、

そんなテーマでアドバイスでもできればよいのですが、私の柄ではないので、

お店(カスタムハウス)のスタッフに聞いて下さいね。


まずは、こちら。名付けて『うねりフレイム』(私が勝手に言ってる事です)
fmuneri

木がうねっているようです。2Aというグレードですので、フレイム杢の出方は大したことは

ありませんが、全体の印象が個性的です。

次は、ブビンガの『うねり杢』です。
bibingamoku

大柄な杢が印象的です。何か悪そうな感じです。使い方によっては面白くなりそうです。

想像ですが、これらの個体はおそらく真っ直ぐに素直に育ったものでは無いと思います。

ひねくれた青春時代を経験したのではないかと。

勝手なことを書いてしまいましたが、そんなに外れていないと思います。

私のような『竹を割ったような性格』でない事は間違いありません。


我が家の庭のふきのとうがそろそろ食べごろなので、絶対『ふきみそ』で食べると

決めています。青春時代は嫌いだったのに人は変わるものです。


それではまた!!!

MICK IMAFUKU

こんにちは。MICKです。

約2週間ぶりですね。年度末は何かと忙しくて、、、というのは嘘でして、

『サバっていました』ではなく、『サボっていました』

という事で、しつこく『サバ杢』ネタです。

saba


これはきれいなサバ杢の入った『ニセアカシア』の木です。例によって薪割り中に出てきました。

枝が二股に分かれている部分であることが良くわかります。

こちらの木は、ブラックウォールナットのサバ杢入りです。
wnsaba

この個体は、カナダの木材業者のところで見つけたもので、なんと『ガンストック』用なのです。

『ガンストック』とは、拳銃やライフルなどの持つところ(変な表現ですいません)の事です。

このブラックウォールナットは、とても高価でしたが、ブックマッチになっていたので

購入しました。あちらでは『サバ杢』ではなく、『フェザー』と呼んでいました。

鳥の羽という意味ですね。オシャレです。

価値が高いという事では日本と同じなのでした。



このところ、休みの日には薪にする木を伐りに出かけています。朝から夕方まで

チェーンソーで切って、車に積んで、自宅へと運ぶ毎年恒例のライフワークです。

今集めているのは、次の次の冬の分です。つまり、2年分のストックで回しているのです。

ずく』がなければ無理ですね。
nasi4

こちらは、知人の梨畑です。とても美味しい梨で、私の人生で味わった中で、最高の梨が

採れる畑なのですが、木が年老いてくると、質が落ちてくるという事で、ある程度になると

植え替えていくという事です。(果樹はどれも同じようです)

今は、この写真の梨の木を切って、それを頂いているのです。

Tさん、ありがとうございます。


MICK IMAFUKU

フジゲンオンラインショップ、マーサです。
皆さん、今日も1日お疲れさまです。


今日はコチラの写真から。
アルダー1P_01

台車に載せられたボディ材。
せっせとファクトリーハウスに運び込みました。
アルダー1P_02
アルダー1Pです。
アルダーは丸太の径が小さい樹種なので、
そこからこのサイズを切り出した、
ということはとても貴重なものなのです。


ずっと前にツイッターでも載せて、
つい最近ではWeb Order EOS用の物がちらほら動き出していますね。
でも、これはまた別のやつです。

ちょっと先になるんですが、当オンラインショップのオリジナルモデルを企画しています。
それ用に確保をしたのでした。

何になるのかは、お楽しみに。
ちなみに私はベーシストです。
そんなことを言わなくても、画像を見れば分かりますね。

そしてちなみに私は渋いもの好きです。
コチラもぜひご参考に。

↑このページのトップヘ