フジゲン工場ブログ

ギターメーカー「フジゲン」直営オンラインショップのスタッフによるブログ。
工場ならではの、生の情報を発信していきます!

こんにちは。MICKです。

九州方面では大雨が降っていて大変です。長野地方は空梅雨気味です。

バランス良く平均的に降ってくれたらいいのにと思います。

釣りバカの私としては、川の水量が気になるところでして、、、、

また釣りの話になりそうなので、今日のテーマ『マスキング』に行きましょう。


ギター作りでは、様々なマスキング作業がありますが、塗装工程が最も

多種多様なマスキング作業を行います。

究極のマスキングはこれではないでしょうか。

exfl1

指板面、BODYの外側とマスキングされていますが、BODYの中央部のマスキングが

特筆ものです。貝のインレイが入っているのですが、これに色が付かないように

インレイのデザインに沿ってマスキングを行ったところです。

こちらも同じです。
exfl2


これらの写真ですが、10年ほど前のものです。傍らには様々なマスキング用のテープ、

カッターがあります。細かな線まで丁寧にマスキングしなくてはいけません。




日本のどこかにこれらのギターの

オーナーさんがいらっしゃると思いますが、今でもインレイはきれいに輝いていますか?

気になるところです。



それではまた!

MICK IMAFUKU





こんにちは。MICKです。

梅雨の中休みでしょうか、今日は朝から快晴です。

昨日は、今シーズン2度目の釣行でした。日曜日だったので、釣り人が多く、

お気に入りの場所にはどこにも先行者が入っていて、帰ろうかと思って山を下ったの

ですが、ある場所で先行者の車が無くなっていたので、そこから釣りを始めました。

先行者の後だったので、釣れるかどうかわかりませんでしたが、私の場合、釣れ

なくても楽しめる人なので気にせず竿を振っていました。結局25cmくらいが3匹、

22cmくらいが6匹、20cmくらいが2匹と、まあまあの結果でした。これは22cmくらいの

ヤマメです。パーマーク(体の側面にあるヤマメ独特の模様)がきれいです。

yamame


釣った魚はやさしくリリース。みんな元気なヤマメでした。


さて、世の中では、お蔵入りするものはたくさんあると思いますが、当社のギターでも

お蔵入りするものは結構ありました。そんなお蔵入りギターの写真が見つかったので

皆さんにも見てもらおうと思いました。これです。
IMG_0291

RHというモデル名です。RHとは、「Rice Head」=米粒 頭 ⇒何の事かわかりませんね。

このギターのヘッドのデザインが米粒に似ていたので、私が命名しました。

スマートではないデザイン、泥臭いROCK、田舎の雰囲気、などがコンセプトだったと

思います。写真ではわかりにくいですが、アーチドTOPの削り出しBODYです。

P90タイプのPICK UPが3個マウントされています。センターPUは、確かVOLの

PUSH−PULLスイッチでON−OFFだったと思います。

今の時代だったら売れるかもしれませんね。



さてと、私もがんばって仕事しないと私自身が『お蔵入り』なってしまうかも。

MICK IMAFUKU36


こんばんは!フジゲンオンラインショップ、マーサです。

新しい受付事務所の中でひとつ紹介してなかった部屋がありました。

こちら。
01

実はココ、撮影ルームです。
中はこんな感じ。
02

お世話になっているカメラ。
03


商品ページやオーダーギャラリーの写真をココで撮ります。
今まで簡易的な撮影スペースを設けて撮ってましたが、
この度、専用の撮影ルームができました。


一昨日アップした最新のオーダーギャラリー。
05
04

そう思って見ると、かなり映りがいい感じだと思いませんか?

写真だとどうしても実際に見た時の良さが伝わらないこともあるんですが、
これから、そーゆう事が幾分解消されるかなと期待を寄せています。

↑このページのトップヘ