こんにちは。MICKです。

今週末は地区の運動会です。今時、地区で運動会を行っている所は、松本地方

でも僅かのようです。毎回町会対抗で順位を決めていて、最後のリレーはおおいに

盛り上がります。(私はリレーの選手ではありません)



さて、過去に当社のブランドで、「HEART-FIELD」というブランドがありました。

(いまでもフジゲン製オルゴールのブランドとして使用)

ベースでDR(ディレクターの略)というスルーネックのモデルが修理で手元に

届きました。30年ほど前に製作されたものです。
hfdr6-1

この楽器のオーナーさんは知人でして、ちょっとした改造を依頼されました。

久しぶりにDRに触れ、色々と見ていたら、この個体のBODY TOPは、ナント

1ピースのカーリーメイプルでした。幅400mmの1ピースでしかもカーリー。
hfdr6-2

ヘッドはカーボンファイバーが貼ってあります。ナットもカーボンです。ナットの弦溝を

ヤスリで切り込んだ覚えがありますが、とんでもなく硬かったです。
hfdr6-3

後姿も綺麗です。スルーネック部は、メイプル+ウォールナットの5ピース構造です。

ピックアップ、アクティブコントロール、ブリッジは自社オリジナルという

今では考えられないような豪華版です。当時のフジゲンには、金属事業部という

部門があり、楽器のパーツ(おもにブリッジ)も作っていたのです。

話が盛り上がってきましたが、今日はこの辺で。改造につきましては

週明けに改めてご紹介いたします。

それでは良い週末を!!

MICK IMAFUKU