フジゲン工場ブログ

ギターメーカー「フジゲン」直営オンラインショップのスタッフによるブログ。
工場ならではの、生の情報を発信していきます!

カテゴリ: 技術情報

初めまして!

ROYと申します。

先日のMICKのブログでちょこっと触れられていました、昭和生まれの新人です。
何が新人かというと、僕がMICKの仕事を引き継ぎさせてもらっています。

軽く自己紹介しますと、全く畑違いの大学を卒業後、地元で仕事を探していたらフジゲン
に出会いました。
木工の作業者として仕事をはじめ、購買→木工→組立→また木工と経まして、現在
生産技術として働きながら営業を教えてもらっています。
自分でいうものなんですが、色々やらせてもらいました・・・

そんなわけでギターの専門的な知識・経験はすべてフジゲンで培われてきました。
まだまだ未熟でして、日々勉強です!

さて、せっかくなので僕らの仕事を少〜し紹介します。


IMG00262

何やら画面に数字とアルファベットが並んでいます。


もう少し離れてみると・・・


IMG00265

ボディの外形ラインが見えますね・・・


これが何かといいますと、NCルーターのプログラムデータなのです!
X.Y.Zの座標とGコードと呼ばれる指令を組み合わせ、NCにセットした刃物を
自由自在に動かすプログラムを作っています。


一発で思った通りに加工できるととても気持ちいいんですよ!

たいていどこかで止まってしまうので事務所と現場を何度も往復してやっと使えるように
なるんですが(^^ゞ




と、いうわけでこれからも設計の苦労や開発の裏話、あまりお見せする機会のない部分を
紹介していけたらな、と思っています。

今後ともよろしくお願いします。





こんにちは!フジゲンオンラインショップのマーサです。

昨日は午前中、打ち合わせのため、本社へ行ってました。
本社は松本市なので、大町工場から南へ車で約1時間ちょい。

せっかくなので、近くのウクレレの塗装場にお邪魔してきました。
FGN Acousticも発見!

コチラ、サンディングシーラー中の写真です。
140410-2

140410-1



あと、塗装完了、大町工場へ送る前の物。
140410-3

140410-4


FGN Acousticウクレレ、ご予約頂いているお客様もいらっしゃいます。
お待たせしており申し訳ございませんが、
そういったモデルを最優先で進めさせて頂いております。

ちょっと今回はあまり写真が撮れなかったので、
また時間ある時に、製作途中の様子を撮ってこれればなー
と思っています!!


>FGN Acousticブランディングサイトへ







 ども!フジゲンオンラインショップのエフです。









 本日は割と一般的な技術ですが・・・フジゲンでやってるレーザー加工機のご紹介をいたします。









 どんなものかと言いますと・・・文字通りレーザービームで対象物を「焼く」工作機械です。(フジゲンなんで主に木材に使います)

sDSC_0115

 レーザー加工機でできる仕事は2種類・・・例として、ご覧のようにフジゲン特製の木製マウスパッドにフジゲンロゴを「掘る」作業。

sDSC_0111

 手順としては、すでに外形を作成した無地の状態のフジゲン特製のマウスパッドを・・・(この絵ではもうロゴが掘ってありますが)

sDSC_0110

 このように位置を決める型にハメ・・・

sDSC_0114

 そしてぎゅーんと光を当ててものすごいスピードで一気に文字を掘っていきます・・・

DSC_8717

 「Adobe Illustrator(アドビ・イラストレーター)」を使って作ったイラストをそのまま惚れるので・・・もとい掘れるので、アイディア次第、デザイン次第でいろんなものが作れます。(こちらは工場見学のおみやに製作した、大町市の文字が入ったシンプルな構造の木製写真立てです)

42

 もうひとつの作業が「切る」作業です。このEOSヘッドをデザインしたフジゲン特製携帯ストラップはレーザーでロゴや弦の線を掘って、外周を切り抜いたものです。(細かい作業もできる!)

DSC_8714

 「掘る」と「切る」機能を駆使していろんなデザインの小物が簡単に(かつすばやく大量に)作れます。

DSC_8716

 こんな記念の盾も作りました(定年退職される方に長年の労をねぎらって作りました)







 

 ギター製作に応用する際は、指板のインレイ堀りや、ギターをつくる際の治具つくりなどに利用できます。










 一家に一台欲しい!以上レーザー加工機のご紹介でした!










 ではでは。

↑このページのトップヘ