フジゲン工場ブログ

ギターメーカー「フジゲン」直営オンラインショップのスタッフによるブログ。
工場ならではの、生の情報を発信していきます!

カテゴリ:製品情報 > β(ベータ)〜ギターとベースのハイブリッド

こんばんわ!MICKです。

ついに”β ”が完成しまた。

出来心と興味本位から軽口をたたいて引き受けてから、

すでに半年近くが過ぎようとしています。



それでは、


btback








後ろ姿です。

配線の裏板は、カリン材で作りました。

BODY BACKは1ピースのライトアッシュです。

TTメイプルとウォールナット5ピースのNECKは

いかにも強靭でタフな感じです。

bthead








ヘッドです。

前にも説明したと思いますが、1弦から5弦はギター用の

09−32ゲージです。

6弦から8弦はベースの2弦、3弦、4弦となっています。

という事は、ギターの6弦と、ベースの1弦が無いという事

になります。



btbody







BODYのアップ写真です。

Bridgeは2個使っています。

PICK UPは、ギター側はハムバッカー、ベース側が

PB用です。

コントロールは、ギター用マスターVOL、マスターTONE。

ベース用は2VOL、2TONEとなっています。

それではお待たせいたしました。全体像です。


bttop






スケールは、385mm(前長770mm)ですから、

ショートスケールのベース(EB3と同じ)と同じです。

指板幅は、6弦ベースとほぼ同じです。

弦ピッチは、ギターのピッチで、Bridgeのサドル部で

11.3mmとなっています。

NECKの仕込み角はフラットで、ギター的なセッティングに

してあります。ギターのスケールと比べ、かなり長いので

ギター弦のテンションがきつくなるという想定での処置です。


弾いてみました。

ギターの音は異次元?のものです。

ベースの音は普通です。

wasabiさんはどうやって演奏するのでしょうか。

ベース側でリフを刻みながら、ギター側でメロディー?。

いずれにしても、この楽器でなければ出来ないような

楽曲が生まれたらいいなと思います。

前回の投稿にいただいたコメントにもありましたが、

wasabiさんの演奏している動画を紹介できたら、

わかりやすいですね。

9日には引き渡します。












koya1







これは、大町工場内「憩いの広場」に建設中の小屋?

何なんでしょう。




実はトイレです。




それでは!。


MICK IMAFUKU

こんばんわ!MICKです。

お久しぶりです。

ここのところ怠け癖が出てしまい、随分と間隔が空いて

しまいました。






bgen








久々の”β ”です。

塗装が終わり、組み込みの途中です。

仮組して弦を張って、弾いてみました。


不思議な感覚でした。



今夜はこれでおしまいです。




wasabiさん、もう少しで完成です。


MICK IMAFUKU

こんばんわ、MICKです。

最近、雨が多いと感じるのは私だけではないでしょう。

ひょっとしてもう梅雨なのでしょうか。


今夜のブログは、FUJIGEN CUSTOM SHOP

としてのNeo Classicモデルについて

ご紹介いたします。

まだ完成しているわけではありません。

これから作るのです。

FgNのNeo Classicシリーズは、大好評でして

こだわりのスペックが皆様に受け入れられて、私としても

嬉しい限りです。

今後も魅力ある楽器を企画していきますので、

期待していて下さいね。



それはそれとして、

ジャーン!!
csmokuzai2csmokuzai1







これは、NECK材です。

本柾のTTメイプル。

サファイヤカラーのTTメイプル。

バーズアイメイプル。

フレイムメイプル。

指板には、秘蔵のブラジリアン?

masamesfmasa








TT柾目材のドアップです。

となりは、サファイアカラーが上で、下は柾目です。

せっかちな私としては、

早速、木取りしてバンドソーで型を抜きます。

obinokoobinoko2








抜いているのは、CUSTOM SHOP新人のアフロ君です。

今時珍しいアフロヘアーです。



アフロ君は、バンドソーを初めて使うので、私が指導しました。

ケガをしては大変です。




という事で、C.S製 Neo Classicの製作が

始まりました。


スペックに関しては、大まかにしか決めていません。

いずれまた詳細を報告いたします。




ところで、”β ”ですが、塗装中です。

bkiji






この写真は、生地が仕上がった状態です。
bsain1bsain2






BODYは、NECKポケットの所へ、NECKはヒール部へ

それぞれサインをいれました。

昔、調子に乗って色々と書き込んだ事がありまして、

塗装が終わってNECKとBODYをSETしたら、

ヒール部に書き込んだ文字が隠れずに、はみ出した事が

ありました。これは悲惨です。

それと、昔はサインのかわりにシャチハタを押していた

時期もありましたね。



時間もなくなってきましたので、

今夜はこのへんで!!。



MICK IMAFUKU

↑このページのトップヘ