フジゲン工場ブログ

ギターメーカー「フジゲン」直営オンラインショップのスタッフによるブログ。
工場ならではの、生の情報を発信していきます!

カテゴリ: スペシャルスポットシリーズ

こんにちは!初めまして。
スポットモデルNJBの企画と製作の一部を担当しました"マリー"と申します。

マリーというとなんだか花や蝶を愛でる可愛らしい女の子を
想像される方も多いと思いますが、大体そのイメージでOKです。ほぼ合ってます。

そのイメージの身長を182cmの短髪ヒゲ面にすればそれが私です。お花大好き!
さて、挨拶はこの辺にしましてNJBの話です。



NJB-AL_Marry_01
通常のNJBシリーズでは3連ノブをコントロールに置いた2vol.1tone仕様になっていますが、
こちらはスタックノブを使用した2vol.1toneになります。
NJB-AL_Marry_02
好きな方なら写真をご覧いただいてすぐに違和感があったと思いますが、
写真の通り2toneではないです。
2軸2連の2toneを期待された方も多かったと思いますが、
がっかりさせない仕上がりになっていますのでご安心を。


「62年以前のルックスを持ちつつ、プレイアビリティやサウンドメイクは
手持ちのジャズベースと同じ感覚で。」

それが"NJB/Marry"のコンセプトです。


ご存知の方も多いと思いますが、
62年前半より前のジャズベースは2軸2連のスタックノブとなっていて、
フロントとリアそれぞれのピックアップにvol.とtone.が効く仕様になっています。

・パッシブベース本体でも幅広いサウンドメイクをしたい
・録音する際などでより繊細なトーンコントロールが欲しい

例えば上のような感覚、有ると思います。
私自身ベーシストですのでよく分かります。
が、Marryに関してはライヴ使用を念頭に置いて企画した事もあり
1toneの方が実用的だと判断しました。配線もスッキリ仕上がりますしね。


それなら普通に3連で良いのでは?


いやいや、そこはやはり2連の外観が渋くてカッコいいんです。そこは捨て難い。
けどトーンは1つが良い。
そんな私のワガママを具現化したのがNJB/Marryなのです。

見た目で言うと、このMarryはカラーがなかなかレアです。
まずアルダーボディにVNTという仕様はフジゲンのラインアップにはありますが、
あまり見ない仕様になります。
中古楽器でもほとんどありませんよね。
それに加えて赤鼈甲のPGというフジゲンのベースでは初の組み合わせ。
NJB-AL_Marry_03

「アルダーは木目が薄いからナチュラルは地味で映えない」

なんて言われる事が多いのですが、私は好きなんです。
斬新ではないがベタでもない。
味気ないのに味がある。
言葉にするとそんなところでしょうか。

ネック塗装は飴色ですがレギュラーより濃いめに仕上げてあります。
NJB-AL_Marry_04

NJB-AL_Marry_05
ネック・ボディ共に30%マットフィニッシュですのでボディの色と相まって
派手さはないです。高級感も、華やかさもありません。
この子が持っているのは1つだけ。

"佇まい"

それだけです。
ですが、だからこその魅力を感じてもらえると幸いです。


ピックアップは今回特別にレギュラーにはないLindy Fralinを搭載しました。
NJB-AL_Marry_06
外観に合わせて60'sサウンドを演出できるよう意識している為です。
ですのでブリッジは当然スパイラルサドルです。
NJB-AL_Marry_07

また、ピックアップとの相性を踏まえてボディ・ネック共に材料を選別し、
ボディを2.45kgのやや重めの材にする事で芯のある中・低音を実現しています。
ネックは820gの真っ黒ローズ指板仕様。
しっかりと寝かせたメイプルの板目材も非常に目詰まりの良い個体を使用する事で、
反りに強く安定したプレイが期待出来ます。

工場内のスタジオで音出ししましたが、狙い通りの"いなたい"サウンドで、
近頃主流の音ではありません。
流行りに逆らうのが好きなもので。笑
特にリアを絞り気味にしてフロントメインで弾いた音は最高に気持ちいい
ウッディで暖かいふくよかな低音でした。

弾き込まれた後のサウンドがどう変化するのか?
そこが気になる所です。

あとは

誰が弾き込むか、ですね。

売れずに1年経ったら私が買って弾き込むのでお早めに。笑
(本当は3ヶ月と言ったんですが、マーサに1年!!と強く言われてしまったので我慢します。)

あまり長く書くつもりはなかったですが、気付けばマーサやMICKと比べて
かなりの長文になってしまいましたね。
駄文を最後まで読んで頂きありがとうございます。

私は営業ではなく製造部の人間ですのでブログに登場することは
今後はほとんどないですが、次に私がブログを書くとしたら
別の新しい企画をご紹介する事になるかと思います。

それでは、何年後か、何十年後か。
弾き込まれてボロボロになったNJB/Marryに
リペアで再会するのを楽しみにしております。




マリー (30代 元独身)

こんにちは!フジゲンオンラインショップ、マーサです。

現在発売中の当店オリジナルモデル、バックアイバールトップEOS、
EOS-BB/Opal Gemstoneの試奏動画を昨晩からぼちぼちアップしています。
試奏動画01

最近始めたオンマイクでのDAWでの録音により、
クリアなサウンドをお聞き頂けます。
ぜひコチラ>>よりご覧ください。

他にもアップ予定ですが、総じて今回のモデルは
PUポジションによるサウンドキャラクターの幅をいつも以上に感じました。
タップに切り替えた時の音量感もがらっと変わります。

ルックス、サウンドともに個性と魅力の詰まった1本です。


ちなみに、現在キャンペーン中なので、
来週月曜日までにこのモデルをご購入頂くと
クロスFUJIGENロゴ入りフレットガードが付いてきます。
(通常のロゴ無しフレットガードも付属します。)
フレットガード01
ロゴ入りフレットガードは取扱終了していて
今となってはレアなアイテムです。
フレットガード02

この機会にぜひご検討下さい!

こんにちは!フジゲンオンラインショップ、マーサです。


昨日はフジゲンスタジオにて
スティング宮本氏のレッスン・クリニック、
また染谷俊さんのプチライブがあったので
いつものようにお手伝いに行ってきました。

毎回毎回、感化されて帰ってきます。
その様子もまた後日ご報告しようかなと思っています。



さて、ちょくちょくとブログでもお見せしていた
バックアイバールトップ・ボディのEOSですが
先ほど発売いたしました!
バックアイバールEOS_01

鉱物のなかに現れるオパールを彷彿とさせる、
高級感のある木材かつ塗装仕様です。

その他、随所に個性の詰まった1本に仕上がっています。
ポイントはブログでもお伝えしましたが、
いざ1本のギターに仕上がると
イメージも少し変わるかと思います。
ぜひ写真で感じ取って頂けるとうれしいです。
バックアイバールEOS_02
バックアイバールEOS_03
バックアイバールEOS_04

2ハム仕様では定番の、ダンカン59とカスタムの組み合わせも
うれしいポイントですね。


アングルによっても結構雰囲気の変わるモデルです。
ぜひ商品ページよりその他も写真もご覧ください!

↑このページのトップヘ