フジゲン工場ブログ

ギターメーカー「フジゲン」直営オンラインショップのスタッフによるブログ。
工場ならではの、生の情報を発信していきます!

カテゴリ:スペシャルスポットシリーズ > EOS/FM/OJS

組み立て課 スーさんです。


「PG製作編」に続き、今回は「組み付け編」です。


つまり、、、EOS-OJS、、、






完成しました!!








01
まずはネックセット。
ネックとボディのセンターを確認しながら微調整します。

このセンター出しが重要です。

s-02
続いてアースラグの取り付け&サイドジャックを取り付けます。
実はこの時にPGはまだ作っていませんでした。

アウトプットへはBelden8503を撚って配線します。
いわゆる ツイストペアケーブル ですね。




03
ペグが届いてなかったので、
配線を済ませた状態でしばらく保留してました。


ペグが届いたのは6月末でした。

ペグを取り付け弦を張り、
ネックに負荷を掛けて慣らします。
季節の変わり目なので、状態が不安定になりがちですから
ネックのケアにも慎重になります。
04


07
すり合わせを済ませ、セッティング。

以前のブログの通り、
コードを弾いてジャラーン!!ギュワーン!!な方向で。
.010-.046ゲージですが、
弦が固くカチカチにならない様に調整していきます。

05


完成したら当然デカい音で慣らします。
VOLポットに仕込んだハイパス&スムーステーパーも
良い感じです。VOLの位置もズラしました。

狙った方向の弾き心地、サウンドになりました。
好みもあるかと思いますが良い仕上がりだと思います。




03
現在では貴重になった素材のPGが渋さを演出してますね。
保護シールは無いので、ごく小さなキズは勘弁を、、、。





06
指板材も上質です。
高級感の中に落ち着きのある1本に仕上がりました。



もうすぐの発売となりますので、しばしお待ちを。







さて、ここで少々休憩します。
他の仕事が溜まってしまうので(笑)。

スペシャルなDRはもう少し先になりますが、
その間もちゃんとネタを仕込んでおります。




お楽しみに!!










スー

どもども、組み立て課のスーさんです。


ツイッターにも載ってましたが、
バリトラネック&ボディのEOS用PGを
こんな素材で作っちゃいました!!
EOS_FM_OJS01




只の1Pべっ甲に見えますが、
通常の茶べっ甲、赤べっ甲とはパターンや色が違います。
分かりますか?
EOS_FM_OJS02



暑さは3.0mmもあるので、存在感が強いです。
EOS_FM_OJS03



保護シールを剥がし、バフ掛け、
ピカピカにします。
EOS_FM_OJS06





PUはSH-1n、SH-5と王道ですね。
VOLはハイパス&スムーステーパーにしてみました。
音出しが楽しみですが、合わなければ外すので
完成まではどうなるか分かりません!!
EOS_FM_OJS05



作ったら当然載せたくなるものです。
厚みのあるPGが立体感を強くしています。
この雰囲気を写真で伝えきれないのが残念です。
EOS_FM_OJS07




ペグも届いたので組み付けを再開したいと思います。
発売は7月中旬以降になるでしょう。


暫しお待ちを!!









スー

どもども、“組み立て課”のスーさんです

部署異動でなかなかブログが書けなかったけど、コソコソ色々組んでいました♪




IMG_1486





Fさんの忘れ形見…




ふと思い出したので組もうかという話になりました。





IMG_1487





フレイムメイプルトップ・マホバックボディにバリトラネックの組み合わせです。





IMG_1485





いい感じの杢目ですね。ネックはフレイム杢ではなくカーリー杢なのでほんとに虎っぽいです。





IMG_1481





こいつにはゴールドパーツに鼈甲柄のPGをつけていこうと思うのですが…





IMG_1480





茶鼈甲も赤鼈甲も悪くは無いんだけどあと一押しほしい感じ。





IMG_1482





どうしようか…




イレギュラーな素材で作っちゃおうか…





IMG_1483





とりあえずこのギターはシンプルなロックサウンドを目指します。




以前スポットで販売したタバコサンバーストのエランみたいに、あれこれ付けずシンプルなコントロールで。




セッティングはソロでピロピロ弾くのではなくコードでジャラーン!ギュワーン!みたいなイメージで組んでみます。




販売はまだ先ですので経過報告をお楽しみに〜。



↑このページのトップヘ