フジゲン工場ブログ

ギターメーカー「フジゲン」直営オンラインショップのスタッフによるブログ。
工場ならではの、生の情報を発信していきます!

カテゴリ:スペシャルスポットシリーズ > EOS-AH/Broiled Cherry Burst

フジゲンオンラインショップ、マーサです。

ベギラマ!の続きです。

塗装から上がってまいりました。
1
2

寄ってみます。
4
3

前回言ったように、
ところどころ導管の周りが焦げているのがいい感じです。
普通に黒の目止めを擦り込んだだけでは見られない風合いです。

チェリーサンバースト、塗装前はどうなるのかなーと
思ってましたが、かなり気に入っています。

そして、ネックセット、パーツ組込、セットアップ、検査と
トントン拍子に進み、完成いたしました!
EOS-AH/Broiled Cherry Burst

先ほどEOS-AH/Broiled Cherry Burstという名前で発売しました。
ぜひ詳細をご覧頂き、ご検討下さい!

こんにちは!フジゲンオンラインショップ、マーサです。

バーナー処理EOSの続編です。
塗装中です。
光が映り込んで少し見づらいですがご容赦ください。
EOS03
EOS04
EOS01
EOS02
トップコート中。
着色も終わっております。

バーナー処理のアッシュといえばナチュラル系カラーが主流ですが、
今回、チェリーサンバーストで企画しました。

シースルーの色を吹くと、思った以上に
焼いた印象が薄れますが、
前回書いたように、今回のボディは
焼いた感だけでなく焦げた感もあるので、
色を吹いてもその風合いが残っています。

写真ではあまり伝わらないのが悔しいとこですが、
とにかくかっこいいです。

この暑苦しいカッコよさの外観に、
どういうスペックでいこうか迷うところであります。

また続編をお楽しみに!

こんばんは!フジゲンオンラインショップ、マーサです。

春の夜の風が心地よい季節ですね。
皆さま、週末いかがお過ごしでしょうか。


以前投稿した、バーナー処理アッシュボディのEOSの続きです。

塗装サンディング中の写真。
EOS01
EOS03
EOS02

より焼いた感が出ています。

むしろ、焦げた感すら出ています。

前回、意外な方向へ進んでいると言いましたが、
それはこの後の話です。
結果、この焦げた感がいい効果を生み出しました。

次回のブログでお見せしようと思います。
どうぞお楽しみに!

↑このページのトップヘ