2017年11月20日

大阪動物愛護フェスティバル2017

今年も大阪城公園で大阪動物愛護フェスティバルが開催されました 
とてもいい天気で大盛況
たくさんの人とペット達が来ていました
[画像:28391217-s.jpg]

 会場にはたくさんの動物関連のブースが並んでいます。
 たべものやペットグッズが販売されてたり、いろんなサンプルをいただけたりします


 簡単しつけ教室も開催されていました
おやつを使いながら、ほめるしつけでお座りや伏せ、ついての練習をしていました
[画像:7cdef16c-s.jpg]


 その中で長蛇の列ができていたのは、専門学校による体重測定と体脂肪測定。
クララも毎年測っていましたが、今年は並ぶ間がなく測れませんでした

もう一ヶ所人気だったのが、ペットの缶バッチを作ってくれるブースでした
 クララも2年前に作っており、今回、新しく作りたかったのですが、こちらも断念しました 

[画像:7c4866f7-s.jpg]
これが2年前に作った缶バッチです
横はライトハウスの盲導犬チャリティーグッズです。
当院の自動販売機や募金箱でも、皆様にご協力いただいております 
動物愛護フェスティバルでは毎年かわいいカレンダーを購入させていただいてます
[画像:d32725a1-s.jpg]

[画像:ca0c52c4-s.jpg]
ネットでも購入可能です


 ブースの中には、クララも所属するCAPP活動チーム OHANAのブースもありました! 
これまでの活動の紹介とボランティアさんの募集をしました
たくさんの人に興味を持っていただけて嬉しかったです
[画像:d2c3520e-s.jpg]



そしてOHANAは今年も舞台でドッグダンスを披露させていただきました
 今回の曲は、

高橋優の「明日はきっといい日になる」

[画像:a6e28b99-s.jpg]
[画像:82e51eb8-s.jpg]
[画像:f883625f-s.jpg]

 曲の始めは、皆で手話をしました。
見ていただいてる方も一緒にしてくれました

 OHANAのドッグダンスは、皆で楽しく!
をモットーにしています

バッチリ決めたいところですが、できなくてもご愛嬌
皆さんあたたかい目で見てくれていました

 クララはご愛嬌たっぷりでした
 お隣の初ダンスの1才半のゴールデンのまる子ちゃんはバッチリでした
皆で楽しくできたので、今年も大成功です

[画像:32c6660b-s.jpg]
 大阪府獣医師会のゆるキャラ、富寿(ふじゅ)くんと一緒に

他には、ドッグウォーク(お散歩体験)で、 皆で大阪城公園内をお散歩しました。
お散歩体験ということで、リードを2本つけて、小学生や犬を飼ったことがない人や、飼いたいけど飼えない!という方達と一緒にお散歩しました。
排泄の処理なども一緒にして、お散歩マナーも知ってもらいました。
[画像:76737920-s.jpg]


 ダンスにお散歩、ブース巡りでクララはお疲れの様子。
 土の上で爆睡です

[画像:08f266ce-s.jpg]



楽しい愛護フェスティバル
皆さんも是非、来年ご参加してみてください!!
来年も晴れますように


動物看護師 堀田


2017年11月16日

健康診断プランのご案内

以前に獣医師の木村から紹介があったように、当院では今年も11月より健康診断プランを開始しています。特に6歳を過ぎたワンちゃん、ネコちゃんには毎年受けてもらいたいプランです。今回はハイジが健康診断を受けている様子をレポートしたいと思います。ハイジは8歳のゴールデンレトリバーで大型犬ではシニア期です。

まずは獣医師が一般状態の問診を行った後にお預かりして検査が始まります。ワンちゃんネコちゃんは自分で話して異常を訴えないため、獣医師は身体検査をしっかり行います。身体検査は軽率に捉えられがちですが、体重測定、TPR(体温、脈、呼吸数)触診、視診、聴診、打診など、頭からしっぽの先まで診るため沢山の情報を得ることができる重要な検査です。


IMG_20171114_173958


血液検査です。ハイジは今まで供血犬として何度も採血されてきたので診察台の上に乗るのは苦手で嫌そうな顔をしています。動物看護師の吉田さんが褒めながら声をかけて気をそらすようにしています。採血した血液は速やかに検査にまわします。血球計算、生化学検査、血液塗抹の確認などを行います。

IMG_20171114_174217
次はレントゲン検査と超音波検査です。当院は今年から以前よりもさらに高性能なALOKA製のARIETTA70を導入し使用しています。
超音波検査の際は、より正確な画像を得るためにお腹の毛刈りをしてから行います。


IMG_20171114_174539

特に痛みを与えるような検査ではないので嫌がる子はほとんどいまません。動物看護師が声をかけて撫でると寝てしまう子もいるくらいです。

IMG_20171115_082709

ハイジは今年の健康診断も大きな異常はありませんでした。来年までクララやロッテン、オリオンにポパイと元気にプロレスごっこができますね。
最近、子供のソファーを陣取るハイジの登場でした。



動物看護師長 藪野

fujiidera_ah at 02:00|PermalinkComments(0)clip!スタッフ日誌 

2017年11月12日

ポパイのクレートトレーニング◎その3

こんにちは!
木々が色づき、肌寒くなってきましたね。お散歩される時など、外に出られる際は暖かくして風邪をひかないようにお気をつけくださいね!
5EA742A5-D4B6-4357-8FAE-82980CE7E167


今回はポパイのクレートトレーニング続編です。
前回までのお話はこちら
クレートの必要性について
クレートトレーニング◎準備編
クレートトレーニング◎その1
クレートトレーニング◎その2


ポパイは前回までの練習でクレートにはすっかり慣れた様子です。
ご褒美を見せると「ハウス」と号令をかけていなくても自らクレートに入っていくようになりました。

しかし、以前使っていたソフトタイプのクレートでもここまではできていたのです。ただクレートの扉を閉めると出して欲しがる・・・中で大人しくできない・・・
以前はここで練習を断念しましたが、今回はクレートの扉を閉めても大人しくできるように練習をしていきたいと思います。

どのトレーニングにも言える事ですが、犬のトレーニングは犬にわかりやすく行うことが大切です。
そのためにまず私たち飼い主が目標を明確にしておくことが必要になります。目標に向けて着実に近づけるように練習していくことが成功への第一歩となります。

そこで私は
☆"扉を閉めた状態でクレート内で寝る"ことを目標にしました。


day35.
CB498585-BA0F-49DE-ABD8-BA510AD82C57

今日のおやつはこちら。ビルバックのデンタルガムです。ポパイはこのガムが大好きで、自らクレートに入っていきました。

クレート内にガムを入れて「待て」と号令→扉を閉めて「よし」と合図します。
これは、"扉が閉まる=おやつが食べられる良いこと"と犬に印象付けるためです。
E27D2E0D-25E0-4B5B-9CE6-27BF4F5474E9

タイマーで時間を計ってみました。

クレート内でガムを食べ終えたあと、そばで様子を見ていましたがなかなか寝てはくれません。扉をガリガリしたりすることはなく、大人しくしてくれてはいますが、なんだか緊張しているように見えます。
CFC501AC-5E61-42B2-B53C-8565E33A3CEC

ポパイはやや神経質な性格のため、クレートに嫌な印象を持って欲しくないので今日の練習はこれまでにします。
今回は23分ほどクレート内にいることができました。


day40.
今日は扉を閉める練習はしません。おやつを中で食べさせる練習だけしました。


day48.
C3162DFE-664C-467F-8921-E195896BE2FC

おや?お散歩から帰ってきたら自らクレート内で寝ています。
扉を閉めたい衝動に駆られましたが、やめました。


day52.
そろそろ扉を閉める練習を再開したいと思います。
今回は練習に新たにタオルを導入しました。
タオルをクレートの窓や扉にかけることで目隠しをし、犬がより落ち着ける環境を作る狙いがあります。
846347A8-7C1C-4640-B0D3-939D91B2B382

タオルをかけてしばらく近くで観察しました。
CEA8943E-8855-47E9-BFBE-7D612D423551
大人しくしていますが、中でずっとパンティングをしています。やはり緊張している様子です。早々に練習はやめました。


day55.
今日は、クレート内でより寝てくれるようにお散歩後に家に帰ってからさらにひと遊びし、ご飯を与え、
1BDC409E-B20A-4D6A-948A-D752100A2FB5
歯磨きもし、
C2B01FA0-ECF6-4345-BA51-28CB1E16D26A

疲れさせました。
この状態でクレートに誘導し、扉を閉めタオルをかけてしばらく観察しました。
果たして寝てくれるでしょうか・・?

寝てくれません・・!

むしろ、クレートから出してあげるとクレートの前で大の字で寝ていました。ショック!
DBC3E9C9-2F6F-4051-943F-423F33F6CBE8


やはり"扉を閉めた状態で落ち着く"のはポパイにとってハードルが高いようです・・


クレート内で寝てくれない原因は何か?
クレートの大きさが気に入らない?
クレートの中が暑い?
扉を閉められるのがイヤ?
むしろ目隠しのタオルが無い方がこの子には良いのか?

これまでハイペースで練習してきたので、これからは少しペースダウンしようと思います。
BC3230B6-A809-471C-ABC2-2F9133C0E349

果たして目標は達成できるのか・・?これからも練習は続きます!


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

いろんな人と仲良くなるために♪
いろんなわんちゃんに慣れるために♪
甘噛みやいたずらなどの問題行動をさせないために♪
歯磨きなどの日常のケアができるように♪
飼い主さんとわんちゃんの信頼関係を築くために♪
しつけは子犬の時期から始めることが大切です!

パピークラスではただいま参加者募集中です☆
パピーチラシ改定版 ブログ用


看護師 森本

fujiidera_ah at 12:34|PermalinkComments(0)clip!スタッフ日誌 | パピー

2017年11月10日

千村先生のカレンダー受注販売のお知らせ

秋晴れの空の下、
アニーちゃんとクリちゃんが見上げる先には、干し柿のカーテン。
実りの秋を迎え、そろそろ冬支度の季節です。
IMG_7058
「このオレンジ色のカーテン、甘い香りがするけど食べれるのかな?」
そんな3匹の会話が聞こえてくるような、ほのぼのとした心温まる絵です。

こちらは千村動物病院の千村先生が描かれた絵です。
私は毎年、こちらのカレンダーを購入しています。
月めくりで毎月優しい絵に癒されています。
IMG_7045
ハロウィン

カレンダーの主人公はゴールデンレトリバーのアニーちゃんとシーズーのクリちゃんです。
この二匹は生まれつき病気を持っていた為、一般家庭で飼う事ができず、千村先生が引き取られたそうです。
診察の傍に絵を描がかれ、その絵をカレンダーや絵葉書にしています。
売り上げの一部は盲導犬協会や、
公益社団法人 動物臨床医学研究所 付属動物保護施設アミティエ へ募金されます。


色使いも柔らかく、心があたたまる優しい絵。

見ているとアニーちゃんとクリちゃんの絵の世界に引き込まれそうになります。

季節感のある発想豊かなテーマも魅力的です。

それでは皆様もご一緒に、
アニーちゃんとクリちゃんの世界へご案内致します!

1月 クリオネ
IMG_7046

2月 春よ来い
IMG_7047

3月 春が来た
IMG_7048

4月 芝桜
IMG_7050

5月 捨て猫
IMG_7051

6月 あじさいプール
IMG_7052

7月 ラベンダーの風に吹かれて
IMG_7053

8月 カモメの水兵さん
IMG_7055

9月 秋刀魚
IMG_7056

10月 混浴
IMG_7057

11月 干し柿
IMG_7058

12月 北風小僧の貫太郎
IMG_7059


いかがでしたでしょうか。
ご覧いただきましたのは2017年のカレンダーです。
アニーちゃんとクリちゃんの世界はとても楽しそうですね。

今は二匹とも天国へ旅立っていますが、千村先生の絵を通して、多くの方の心の中で今でも生き続けていることだと思います。

今年も藤井寺動物病院で、カレンダーの受注販売をさせていただきます。

ご希望の方は、当院へお問い合わせ下さいませ。

盲導犬育成活動、
そして一匹でも多くの保護動物の支援に役立てられるように、このブログを通じて活動に貢献できればと思っております。

皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

受付 若原

fujiidera_ah at 21:34|PermalinkComments(2)clip!スタッフ日誌 

2017年11月03日

バーニーズ・マウンテンドッグの股関節形成不全に対する人工関節全置換術

 4月のブログで、北海道に出張しバーニーズマウンテンドッグの股関節形成不全に、人工関節全置換術を行ったことを書きました。

 今回、術後6ヵ月検診が北海道の主治医の先生の病院で行われ、E-mailでレントゲン写真が送られてきました。
小林コテツ20171014 のコピー2

小林コテツ20171014 のコピー
 レントゲンに問題はなく、主治医の先生のmailには、術後経過は順調ですと書かれており、嬉しく思いました。

小林コテツ20170228VD のコピー
 手術前のレントゲンですが、現在と比べると手術前は右側の大腿部に筋肉が萎縮していたことが解ります。痛みのために、十分に足を使うことができず、常に右側をかばって生活していたため、手術前は筋肉が萎縮していましたが、術後は完全に痛みは無くなっているので、徐々に筋肉が増量しているのが解ります。

術後6ヵ月検診で異常がなかったので、このワンちゃんの次回の検診は術後1年検診です。
さらに、筋肉が増量していると思います。

院長 是枝