2018年11月19日

千村先生のカレンダー受注販売のお知らせ

秋色に衣替えをした公園の木々に囲まれて、
楽しそうにしているアニーちゃんとクリちゃん達。
IMG_8089

どんぐりころころ、とんできて、
アニーちゃんの頭にこんにちは。
クリちゃんも笑顔でこんにちは。
皆んなで仲良く遊びましょう〜♪

この絵を見ていると、
私もアニーちゃんとクリちゃん達と一緒に
秋の公園にいるような気持ちになります。

こちらは千村動物病院の千村先生が描かれた絵です。
私は毎年、こちらのカレンダーを購入しています。
月めくりで毎月優しい絵に癒されています。

IMG_8093
ビクターの犬

カレンダーの主人公はゴールデンレトリバーのアニーちゃんとシーズーのクリちゃんです。
この二匹は生まれつき病気を持っていた為、一般家庭で飼う事ができず、千村先生が引き取られたそうです。
診察の傍に絵を描がかれ、その絵をカレンダーや絵葉書にしています。
売り上げの一部は盲導犬協会や、
公益社団法人 動物臨床医学研究所 付属動物保護施設アミティエ へ募金されます。


色使いも柔らかく、心があたたまる優しい絵。

見ているとアニーちゃんとクリちゃんの絵の世界に引き込まれそうになります。

季節感のある発想豊かなテーマも魅力的です。

それでは皆様もご一緒に、
アニーちゃんとクリちゃんの世界へご案内致します!


1月 凧あげ
IMG_8071

2月 節分
IMG_8074


3月 わんわん雛
IMG_8077

4月 春が来た
IMG_8079

5月 カルガモ親子
IMG_8080

6月 カエルの合唱
IMG_8081

7月 クジラ噴水
IMG_8082

8月 線香花火
IMG_8083

9月 コスモス
IMG_8084

10月 虫の合唱団
IMG_8087

11月 秋の公園
IMG_8089

12月 クリスマス
IMG_8092

いかがでしたでしょうか。
ご覧いただきましたのは2018年のカレンダーです。
アニーちゃんとクリちゃんの世界はとても楽しそうですね。

今は二匹とも天国へ旅立っていますが、千村先生の絵を通して、多くの方の心の中で今でも生き続けていることだと思います。

今年も藤井寺動物病院で、カレンダーの受注販売をさせていただきます。

ご希望の方は、当院へお問い合わせ下さいませ。

盲導犬育成活動、
そして一匹でも多くの保護動物の支援に役立てられるように、このブログを通じて活動に貢献できればと思っております。

受付 若原


fujiidera_ah at 17:32|PermalinkComments(0)clip!スタッフ日誌 | お知らせ

2018年11月14日

11月臨床病理学セミナー

 当院では、月に1度平田雅彦先生(IDEXXラボラトリーズ)を招いて院内セミナーを行っています。今回のセミナーの内容は、前回に引き続き、膵炎についてでした。

 膵炎には、急性膵炎と慢性膵炎があります。猫の膵炎は、慢性膵炎が多くゆっくりと進行していくことが多いです。症状は、元気低下、食欲低下、嘔吐などがあります。高齢の猫に多く、膵炎の症状が出ていても老化と間違われて、見過ごされていることが多いです。そのため、血液検査、尿検査、レントゲン検査、腹部超音波検査などを行って、初めて見つかることもあります。

 下記は、慢性膵炎の猫の超音波検査写真です。矢印が膵臓で、その中にある管状のものが膵管です。
名称未設定


 定期的な嘔吐や食欲不振を呈する高齢の猫では、注意が必要です。また、高齢の犬や猫は症状が出ていないだけで、病気にかかっていることもあるため、定期的な健康診断は重要と思います。現在、当院では健康診断プランを行っていますので、ぜひこの機会にご利用下さい。

13


獣医師 木村

fujiidera_ah at 12:00|PermalinkComments(0)clip!スタッフ日誌 | セミナー

2018年11月10日

同行避難

先日和歌山県で行われた、 
「災害時におけるペットの同行避難」について、クララと一緒に聴きに行きました。
 予防をしていて、大勢の人や犬猫の中でも怖がらず、ケンカせずにいれる犬猫であれば、一緒に参加できる講演でした!

DSC_6273



 同行避難とは、ペットと一緒に避難することです。
 東日本大震災では、まだ知られていなかったため、家に置いてきてしまったり、迷子になり、ペットと離れ離れになってしまった家族もいたそうです。
 このような東日本大震災での体験もふまえたお話もあり、とても勉強になりました。


 今年は大阪でも地震や台風の自然災害に見舞われました。 
大規模災害が起きたとき、ペットはどのように避難できるのか、いざというときに対応するには、平常時に準備しておくことが重要だとよくわかりました。


雑誌やインターネットでもたくさん情報があり、ご存知の方も多いと思いますが、改めて、準備できているか確認してみてください(^^)


 まず、ペットは一緒に避難所に行くことはできるのか?
避難所では人と同じ場所なのか、別なのか?
 これらは自治体によってことなるため、平常時のまさに今!確認しておかなくてはいけません。  

そして、同行避難をするために準備が必要です。 

1.健康管理
予防接種やノミダニ、フィラリア予防を行いましょう。
 避難所への入所を断られてしまうこともあるそうです。

2.基本的なしつけ 
クレートトレーニングと不必要に吠えないこと。
 避難所ではクレート(ケージ)に入っていなくてはいけないこともあり、ストレスにならないようにする必要があります。 

3.所有者明示
迷子札、鑑札、マイクロチップなどを常に付けておきましょう。 
迷子になってしまったときに再会できる可能性が高まります!

 4.ペットの非常袋
是非チェックしてみてください
【優先順位1】 
□療法食、薬 
□5日分以上のフード、水 
□予備の首輪とリード 
□食器 
□ガムテープ 
【優先順位2】 
□ペットの写真 
※スマホにいっぱい入ってるから大丈夫!ではなく、プリントした写真を用意してください。充電が切れると見れなくなってしまいます。 
□ペットの飼育記録(かかりつけの動物病院、健康状態や予防状況を記録) 
【優先順位3】
 □ペットシーツ 
□排泄物の処理用具 
□トイレ用品(使い慣れた猫砂など) 
□タオル、ブラシ 
□おもちゃ 
□洗濯ネット(猫) 


 災害が起きたときにどのようにこうどうするか、家族と話し合っておくことも大切です。
我が家でも、当院でも、改めて話し合いたいと思います!


11月11日(日)の大阪城公園で開かれる大阪動物動物愛護フェスティバルでもVMATのブースもあるので、お時間ある方は是非行ってみて下さい! 
VMATはDMAT(災害派遣医療チーム)の獣医療版です。http://www.osakafuju.or.jp/vmat/index.html 

IMG_20181110_124246


動物愛護フェスティバルにはクララもダンスやお散歩体験で参加します♪


 動物看護師 堀田


2018年11月03日

11月の皮膚科専門診察(予約制)

 当院では、毎月1回、皮膚科顧問の関口麻衣子先生(アイデックスラボラトリーズ:動物皮膚病理診断医)による皮膚科予約診察とスタッフ向け院内セミナーを行っています。
 11月の皮膚科専門診察は、11月28日(水曜日)です。

 皮膚疾患には、ありふれた疾患から生命を脅かす疾患が存在し、感染症やアレルギー性疾患、悪性腫瘍、自己免疫性疾患と多岐にわたり、若齢から高齢の動物と幅広く経験されます。

 より高度な皮膚科診察、治療を提供するため、当院では2015年4月より関口麻衣子先生を皮膚科顧問獣医師として迎えています。

 関口先生の皮膚科専門診察は、毎月1回、予約制となっており、詳しくは当院スタッフにお問い合わせください。

院長 是枝
関口先生_000001
 写真は、2015年から2016年にかけて6回行われた大阪府獣医師会学術講習会で講演される関口先生。(VETS CHANNELより引用・改変)

fujiidera_ah at 14:40|PermalinkComments(0)clip!院長より | お知らせ

2018年11月02日

パピークラス通信☆

こんにちは!
今回は3頭の卒業生を紹介したいと思います


1頭目はラフコリーのダイスケくん
人やわんちゃんのことが大好きで何度も遊びに誘っていたりといつもルンルンで通ってくれていました
IMG_4692



スタッフ犬のオリオンといつも一緒に遊んだりおやつを食べたり、まるでお兄ちゃんとかわいい弟のようでした
IMG_7617


おうちではとってもやんちゃさんとのことですが、クラスではいつも落ち着いてしっかり練習することができました
IMG_7762



2頭目は柴犬のダンクくん
クラスの回数を重ねるにつれ、わんちゃんにかなり慣れることができ、人に対してもよりフレンドリーに接することができるようになりました
IMG_7258


得意のおすわり
褒められることとごほうびが大好きなので、練習はいつもテンション高く頑張ってくれていました
IMG_7754


お友達を遊びに誘うダンクくん
他のわんちゃんの様子を伺いながら遊びに誘っていたりととってもお上手でした
IMG_7505



3頭目はトイプードルのポンスケくん
控えめな性格ではありますが、スタッフとも楽しく遊んだり大好きなお母さんと一緒に色々なことに挑戦したりと、ポンちゃんのペースで頑張ることができました
最終回には初めてのトリミングも終えてさっぱりした姿で参加してくれました
IMG_1786


ついて歩く練習
意識を飼い主様の方に向けるように歩くことができると、外でも興奮しすぎず引っ張り防止や拾い食い防止にもなります
IMG_7906


仰向けだっこもばっちりでした
IMG_7662




ダイスケくん、ダンクくん、ポンスケくん、ありがとうございました
これからも毎日楽しく過ごせますように

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

パピーチラシ改定版 ブログ用


詳しくはお気軽にお問い合わせください♫

看護師 田中

fujiidera_ah at 11:12|PermalinkComments(0)clip!スタッフ日誌 | パピー