February 2009

February 28, 2009

2009年2月27日。

この日は会社関係での飲み会でした。

初顔の方が多かったというのもあったのですが、合唱後の飲み会とはまた違った感じの盛り上がりでした。(会社じゃ若い連中が多いもので…)

誰がボケ(M)か、誰がツッコミ(S)か、そんなことばっか話していたような気がします(笑)。

ボケとツッコミが上手くかみ合ってこそ、業務にしても人間関係にしてもいい関係が築きあげられるんだなあと改めてちょっと思った次第です。

因みに自分はボケ・ツッコミともOKです(笑)。まあ、業務柄ツッコミが多いようですが…。

でも実際、他人からすれば、自分のことボケ・ツッコミ、どっちの方で思われてるんでしょうね。気になる。



fujikenfujiken03 at 09:03│コメント(0)トラックバック(0)日常生活 | 仕事 |

February 27, 2009

2009年2月26日。

自分、連続ドラマは正直興味はありません。(一話完結ものなら一応OK)但し大河ものとなると話は別です。歴史もの好きですから。

話に聞けば、今年の大河ドラマ「天地人」のテーマ曲が結構いいようです。で、誰が曲を手掛けたのかということで色々調べたら大島ミチルさんだった。この方、結構TVや映画の音楽を手掛けることで知られていますね。そういや自分が大学生の時、某国民のための大会で音楽隊の一員として出演したことがあって、その際、色んな曲のアレンジバージョンを歌ったのですが、確かその時の作曲もこの方だったような記憶が蘇ってきた気がする。

さて、過去の大河ドラマの音楽をどういった面々が携わったのか気になったので、やはり調べてみたら、まーこれが錚々たる面々でした。

富田勲:花の生涯(S38)、天と地と(S44)、新・平家物語(S47)、勝海舟(S49)、徳川家康(S58)

芥川也寸志:赤穂浪士(S39)

入野義朗:太閤記(S40)

武満徹:源義経(S41)

佐藤勝:三姉妹(S42)、春の波涛(S60)

間宮芳生:竜馬がゆく(S43)、春の坂道(S46)

依田光正:樅ノ木は残った(S45)

林光:国盗り物語(S48)、花神(S52)、山河燃ゆ(S59)

湯浅譲二:元禄太平記(S50)、草燃える(S54)、徳川慶喜(H10)

山本直純:風と雲と虹と(S51)、武田信玄(S63)

池辺晋一郎:黄金の日日(S53)、峠の群像(S57)、独眼竜政宗(S62)、八代将軍吉宗(H7)、元禄繚乱(H11)

宇崎竜童:獅子の時代(S55)

坂田晃一:おんな太閤記(S56)、いのち(S61)、春日局(H1)

一柳慧:翔ぶが如く(H2)

三枝成彰:太平記(H3)、花の乱(H6)

毛利蔵人:信長 KING OF ZIPANGU(H4)

長生淳:琉球の風(H5)

菅野由弘:炎立つ(H5)

小六禮次郎:秀吉(H8)、功名が辻(H18)

渡辺俊幸:毛利元就(H9)、利家とまつ(H14)

岩代太郎:葵徳川三代(H12)、義経(H17)

栗山和樹:北条時宗(H13)

エンニオ・モリコーネ:武蔵 MUSASHI(H15)

服部隆之:新選組!(H16)

千住明:風林火山(H19)

吉俣良:篤姫(H20)

大島ミチル:天地人(H21)

?:龍馬伝(H22)、坂の上の雲(H21〜)

うーん、やっぱ時代を感じさせるなあ。

今は亡き武満徹さんも1度関わってたんですねえ。因みに最多は新日本紀行で知られる富田勲さん(個人的にはシンセ奏者の方が有名かな)とN響アワーの池辺晋一郎さん(個人的にはダジャレ王のイメージ)の5回。

さて坂の上の雲と龍馬伝。誰が音楽担当なんでしょうね。



fujikenfujiken03 at 05:25│コメント(0)トラックバック(0)MUSIK | TV・Radio |

February 26, 2009

2009年2月25日。

相変わらず、パズル人気が衰えないようです。

例えば、数独(ナンバーロジック)。

3×3のブロックに区切られた 9×9 の正方形の枠内に1〜9までの数字を入れるだけの到ってシンプルなパズルなのですが、まるで無限のように問題があって、簡単なものから難度の高いものまで、本当ハマり易いパズルと言えます。イラストロジック(お絵かきロジック)同様、日本発と言うのも妙味ですね。

今や欧米でも「Sudoku」として知られるようになって、世界選手権大会まで開かれたというのですから、実にパズル、数独恐るべしです。

当然のことながら、数独の好きな有名人も多いと思う訳ですが、さるお方もファンだったのですね。

http://www.asahi.com/national/update/0225/TKY200902250181.html

そう、ミシェル・オバマ夫人です。

こういう記事を見ると、有名人といえども何だか身近っぽく感じてしまうものですね。あくまでもイメージですけどね、ハイ。

パズルを解く時の夫人は、きっと「Yes, we can.」と心の中で唱えていたりして(笑)。



fujikenfujiken03 at 05:21│コメント(0)トラックバック(0)雑学 | 時事ネタ |

February 25, 2009

2009年2月24日。

いつもの混声合唱団について。

いよいよ来月に今年の初ステージとなるイベントに出演します。残念ながら自主公演ではありませんが、兎に角今年の初ステージです。

それがコレ↓

http://www.okubomixedchoir.jp/whatsnew/concert/6_21.html

もう気がつけば本番の3月15日(日)まで1ヶ月を切っていまして、いつものことながら、本番無事に歌い終えることができるだろうかとヒヤヒヤだったりします。既に作曲家立会練習も始まっていますしね。

ちなみにプログラムとして7名の作曲家の作品を取り上げるのですが、うちいつもの団は下の4名の曲を担当します。明るくて楽しい曲もあれば、仏教的な曲、英語の曲…など様々です。さていったいどんな出来になる事やら。

なお、本番が終われば当然飲み!これ自然な流れです。ちなみに昼の本番なので、結構3〜4時間は皆粘るんだよね。

………。

待てよ。

確か、3月15日の夜といえば…。

あっ!!

http://www.asahi.co.jp/knight-scoop/golden/index.html

「探偵!ナイトスクープ ザ・ゴールデン」

よりによってかよぉ…。

ふざけんなよぉ…。

誰か自分のために録画してぇなぁ〜。(DVD希望(笑))

 

PS:しかし、また濃いメンバーやなあ。個人的には妙味だけど(笑)。

 http://namba.keizai.biz/headline/688/



fujikenfujiken03 at 05:20│コメント(0)トラックバック(0)合唱 | TV・Radio |

February 24, 2009

2009年2月23日。

世の中には数多くの職業があります。

例えば、自分の場合だと、「会社員」「事務職」「総務職」あたりが該当するでしょう。

しかし、世の中には珍しい職業、日本人でさえあまり知られていない職業も結構あったりします。

ところで、この日、「おくりびと」という日本映画が、米国のアカデミー賞において、外国語映画賞を受賞するという吉報が齎されたそうです。(因みに今年は「つみきのいえ」が短編アニメーション賞をやはり受賞したとのこと)。自分、映画にはまるで興味のない人間ではありますが、この快挙は素直に一日本人として喜びたいと思います。おめでとう。

さて、この「おくりびと」で登場する職業に「納棺師」というのがあります。正直その職の存在自体、今日までよく知りませんでした。そこでAll About等のサイトでチェックしてみると、一言で言うと「遺体を棺に納める仕事」なのだそうです。ただその間に、可能な限り遺族に参加を促し、十分お別れをしていただけるよう努めることもまた当該職の大切な役目と言うことが判りました。なるほどですね。大体は葬儀スタッフが兼ねることが多いとも触れられていました。

そうそう。数年前、祖父が亡くなり、葬式に出るために鳥取に訪れたのを思い出した。やはり納棺の儀式があって、故人の周りをこれでもかと言う位に花を納めたのですが、最後の別れを手際よく進めて下さったのは、納棺に詳しい葬儀屋のスタッフだったなあ。ああいうのが納棺師としての役割の一つだったんですね。

まあ、今後自らが当該職に転職することはないだろうけど(苦笑)、興味深い職ではありますね。今回の快挙で更にスポットライトを浴びたのは言うまでもないですからね。

他にも珍しい職業、探せばあるのでしょうね。

 

PS:因みに今読んでいる本は「陰陽師」です(笑)。例の安倍晴明のヤツです。そういや、今の世にも陰陽師は存在しているのでしょうかね?



fujikenfujiken03 at 05:19│コメント(0)トラックバック(0)時事ネタ | 日常生活 |

February 23, 2009

2009年2月22日。

またも食べもんネタ。

http://gourmet.oricon.co.jp/63350/full/

おでんって、最近だとコンビニで買って、簡単に食べることができるんだよね。

 

ところで、皆さんはどんなネタが好きですか?

 

自分は、やはりNo.1は大根。これ鉄板。味の浸み具合が兎に角良いのですよ。そして熱いのをフーフーして頂くのが良い。

あとは、牛スジ、ちくわ、巾着あたりが好きだな。

ちくわぶは、東京に行くまで全くその存在を知らんかった。(ついでだが、坦々麺も東京で勤めるようになるまで存在知らなかった)

 

おでんで思い出したこと。

子供の頃はおでんが嫌いだった。原因は学校給食。ごっついバケツの中に固定化されたおでん…。それ、おでんじゃない。しかも不味すぎ。なので、その頃はおでんと聞いただけでアレルギー出まくっていた。

でも今は全く抵抗はなくなった。やはり本来のおでんを知ったからなのがその理由。つゆがいいんだよね。具とつゆが上手くマッチしているから美味しく食べられたってわけだ。

 

と書いたものの…

この冬、おでんまだ食べてなかったんだよな。

おでん食べません?

 

おでんと聞いて、ついひょうきん族を思い出した…。

 

PS:発想が膨らむとこんな絵を思いつくもんなんですねえ。

 http://labaq.com/archives/51170925.html



fujikenfujiken03 at 05:31│コメント(0)トラックバック(0)フード&ドリンク | 日常生活 |

February 22, 2009

2009年2月21日。

本当はこの日完全休養にしたかった。何故か。

その理由は昨日の靴擦れ。

自分で申し上げるのもなんだが、結構足が痛々しい。

でもこの日は合唱練習日故に休む訳にもいかず…。

と言うことで、患部に絆創膏を貼って、いざ出陣!

おっ。

絆創膏を貼っただけで、両足の痛みが大分緩和されてるぞ。

まさにマジックというべきか。大袈裟だが、本当に痛みが和らいでる。

でも油断禁物。無理せずゆっくり歩くことを心掛けることにした。

 

この日は2連荘。

昼は板橋でOB会の練習。

9月に定演を行うということで、いよいよ活動復活だ。昨年は定演がなかったので、小休止。でも今年は定演があるので、京都遠征は当然検討だ。

久し振りに顔を出したものだから、諸先輩方から一斉に「おおー」と言われた。よく見たら、実に約十数年振りにお会いした先輩(2回上)もいらっしゃった。

本当色んな出会いがあるものだ。

因みにこの日の練習は定番中の定番の曲でした。

 

その後、新大久保に移動して、いつもの混声の練習。

こちらは来月に本番が一つあり、この日から作曲家の立会い(本番までに4名お見えになる)による練習が始まった。やはり作曲者がいると気合いがやはり変わってくる。そういう意味では自分なりに充実できたような気がする。あとは本番で上手く歌えるかどうかだ。よしモチベーション維持・向上できるよう努めていこ。

 

練習を終え、自宅へ。やはり足のことを考えると飲みはパス。

まあ、現在、「聖地」が改装中ということもあるのだが。

自宅に着くや否や、両足のチェック。

やはり絆創膏の効果は覿面。一応最後までもったようだ。

ちょっと汚くなっていたけどね。

でも、いつまで絆創膏のお世話になるのやら。うーむ。

 

さて日曜も合唱の練習が特別に入っている。

足のケアをして元気な状況で行けるようにしないとね。



fujikenfujiken03 at 08:21│コメント(0)トラックバック(0)健康 | 合唱 |

February 21, 2009

2009年2月20日。

少し前に新しい革靴を買った。

でも暫く履く機会がなかったんだな。

一応新しい靴を履く機会を窺ってました。

雨の日。

今の靴、雨になるとグチョグチョになってしまう。

つまり、気持ち悪い。

なので、次に雨の降った日に新しい靴にするつもりだったけど…。

気がつけば2週間も履く機会がなかった。

平日の仕事時に雨降らんかったもんな。

でもこの日の朝。

雨。

ついに新しい靴を履く機会が到来。

実際に履く。やはり心地良い。

しかし。ここに落とし穴。

心地良さが徐々に苦痛に。

歩くたびに苦痛。

何故?

かかとの後ろ側に違和感。

でも仕事もあるし、結局我慢。また我慢。我慢我慢我慢。

結果、それがいけなかったらしい。

仕事を終え、家に戻る。靴を脱ぐ。

異変。

両足を見ると唖然。

靴下から血が滲んでいる。両足ともだ。

何てこった。

靴下を脱ぐ。

もうあきまへん。

オラハヤッチマッタダ。

オラハヤッチマッタダ。

オラハヤッチマッタダ。

クツズレイッタダ。

道理で痛かった訳だ。

そういや、新しい皮靴を履くたびに血出してるな、よく考えたら。

選ぶ時、試しに履いた時は全然抵抗感なかったのにな。

やっぱ靴が馴染むまでダメかも。

明日行くとこあるけど、果たして足が無事済むだろうか。

嗚呼、試練なり。



fujikenfujiken03 at 05:46│コメント(0)トラックバック(0)健康 | 日常生活 |

February 20, 2009

2009年2月19日。

この日も棚卸作業。結構目や腰に来た。流石に一度リフレックスが必要と考え、仕事を終えたと同時に川崎の足つぼマッサージ屋へ直行。そして強めにかつ念入りにやってもらったお陰で、施術後は体がいい感じでジーンジーンポカポカ。やはり癒されることは大変良いのだ!

その後自宅へ戻る途中、かねてより気になっていた店に行ってみようというに気になった。

クリスピー・クリーム・ドーナツ

川崎にもその店があるのだ。ふと店の前を見ると、珍しくそれほど並んでいない。これはチャンス!ということで、ドーナツを買うことに決定。並んでいると店員さんが「これどうぞ♪」と試食用ドーナツを頂いたので、折角のご好意なので早速パクっと一口。モグモグ。うむ。なかなかだ。

と言う訳で、しっかり買わせて頂いた次第。

そして、有難く美味しく戴きました。

正直、ドーナツはそれほど好きと言う方ではないが、たまに食べる分にはよろしゅうおまだ。

さあ、明日への自らの活力が更に漲るといいんだけど、どうだろうか?

 

PS:意外に面白いとあるが、同時に色々考えさせられる言葉遊びと言えるのではないでしょうか。「っ」抜きことば遊び。いいネタありますか?

http://www.rbbtoday.com/news/20090219/57959.html



fujikenfujiken03 at 05:19│コメント(0)トラックバック(0)フード&ドリンク | 日常生活 |

February 19, 2009

2009年2月18日。

自分が受け持つ業務の一つに「資産管理」があります。

ウチの会社の場合、IT系と言うこともあって、結構PCとかサーバーとかがあちこちに散らばっていまして、それが現状どのようになっているかを確認するために定期的に調査なんぞしています。即ち「棚卸」と呼ばれている業務です。

ウチの会社、遠方こそないけれども、本社の近隣に別の事務所をあれこれ設置しているものですから、棚卸確認するのも結構骨が折れます。ひたすらデータと現物のチェック、チェック、そしてまたチェック。事務所によっては凄い量の資産があったりするので、結構目が疲れます。中には、とんでもない所に資産が置かれてたりすると、マトリックス状態で現物確認したりしています。お陰で、体のあちこちにガタが来ています(苦笑)。腰痛いです。

取り敢えず来週半ばまで棚卸が続くのですが、終了時きっと灰の如き燃え尽き太君状態になっていることと予想されます。

どこかで、ケアしないとねえ。

誰か自分を癒して下さい…。



fujikenfujiken03 at 05:28│コメント(0)トラックバック(0)仕事 | 健康 |
Now !
Recent Comments
feed meter
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/fujiken03/
track feed


QR Cord
QRコード
あし@
タグふれんず