January 12, 2010

2010年1月11日。

こないだの年末年始休暇に大阪へ帰省した訳ですが、折角戻っているのだからと言う訳で、神戸をブラッと寄ってみました。自分の実家が高槻ということもあり、大阪や京都ならどちらも新快速で大体15分程度で着いてしまうので結構利用し易いのですが、以前行った彦根や神戸になるとそこそこ遠いので、当然あまり行く機会がなかった訳です。でも、いざ行ってみると、色々な発見や感動なんぞあったりするから、行って良かったと思うことしばしばです。

そう。
本当、どこかへぶらぶらするのが本来は好きなのです。
なので、TVでも旅番組とかイベント情報番組などは結構よく見ていると思います。
興味あるから。
そして、自分も行きたくなる、何か惹かれるものがあるから。

そう。
今年は、時間さえあれば、あちこちの土地や施設を訪れてみたいなあと思っています。
勿論、旅行なんかもアリかなあと思っています。
自然とのふれ合い、グルメ巡り、体験旅行、温泉、展覧会、テーマパーク…
数え切れないですね。
面白そうなイベントなんかがあれば、行ってみたいと思っています。
とりあえず国内優先になりますが。

合唱関係で、たまにそういうのがあるのですが(いわゆる「遠征」というヤツ(笑)で、今年は最低2〜3ヶ所は行きそう)、それ以外でもあちこち彷徨ってみたいです。

と書いたものの…
果たしてそういう機会が訪れるのか、それが心配ではあります。
そして行くなら、どこかいいか、ついつい迷ってしまいます。

旅行好きな方、イベント好きな方との交流などがあれば、猶更いいかも。

共感できる方、いますかあ〜。


PS:今年の夏の帰省の際には、超久々に奈良へ行ってみようかと模索中です。何せ今年が平城京が出来て1300年目の節目なのだそうで、結構人は多いだろうけど、行く価値はありそうな気がします。実は奈良って殆ど行った事がないのです…。途中、宇治に寄るのもありかな?


PS2:実はこの日東京ドームで日本中の特産物が集まったイベントがあったらしいのですが、気づいたときには終わっていた…。残念。
そういう意味で、お出かけスポット情報が豊富な、良さそうなサイトがあれば、教えて!

fujikenfujiken03 at 06:13│コメント(0)トラックバック(0)
2010年1月11日。

こないだの年末年始休暇に大阪へ帰省した訳ですが、折角戻っているのだからと言う訳で、神戸をブラッと寄ってみました。自分の実家が高槻ということもあり、大阪や京都ならどちらも新快速で大体15分程度で着いてしまうので結構利用し易いのですが、以前行った彦根や神戸になるとそこそこ遠いので、当然あまり行く機会がなかった訳です。でも、いざ行ってみると、色々な発見や感動なんぞあったりするから、行って良かったと思うことしばしばです。

そう。
本当、どこかへぶらぶらするのが本来は好きなのです。
なので、TVでも旅番組とかイベント情報番組などは結構よく見ていると思います。
興味あるから。
そして、自分も行きたくなる、何か惹かれるものがあるから。

そう。
今年は、時間さえあれば、あちこちの土地や施設を訪れてみたいなあと思っています。
勿論、旅行なんかもアリかなあと思っています。
自然とのふれ合い、グルメ巡り、体験旅行、温泉、展覧会、テーマパーク…
数え切れないですね。
面白そうなイベントなんかがあれば、行ってみたいと思っています。
とりあえず国内優先になりますが。

合唱関係で、たまにそういうのがあるのですが(いわゆる「遠征」というヤツ(笑)で、今年は最低2〜3ヶ所は行きそう)、それ以外でもあちこち彷徨ってみたいです。

と書いたものの…
果たしてそういう機会が訪れるのか、それが心配ではあります。
そして行くなら、どこかいいか、ついつい迷ってしまいます。

旅行好きな方、イベント好きな方との交流などがあれば、猶更いいかも。

共感できる方、いますかあ〜。


PS:今年の夏の帰省の際には、超久々に奈良へ行ってみようかと模索中です。何せ今年が平城京が出来て1300年目の節目なのだそうで、結構人は多いだろうけど、行く価値はありそうな気がします。実は奈良って殆ど行った事がないのです…。途中、宇治に寄るのもありかな?


PS2:実はこの日東京ドームで日本中の特産物が集まったイベントがあったらしいのですが、気づいたときには終わっていた…。残念。
そういう意味で、お出かけスポット情報が豊富な、良さそうなサイトがあれば、教えて!

fujikenfujiken03 at 05:21│コメント(0)トラックバック(0)

June 11, 2009

2009年6月10日。

すっかり平日の通勤は、雨天を除けば徒歩通勤が普通になっています。
イマドキの言葉で言うところの「一駅族」です。
いや、自分の場合は、「七駅族」だな。
電車だと2回乗り換えするので、その分駅を稼ぐと言うか…。

でも、長時間徒歩だと、色んな光景に出くわすことがあります。

いつも上を向いて歩く人。
逆にいつも下を向いて歩く人。
夏だろうが冬だろうが思い切り薄着で走る人。
多摩川でカヌーを漕いでる人。

兎に角一日一日が同じ光景もあり、違う光景もあり、飽きさせない。


この日も、いつものように出勤して、そして帰宅する。

その帰り道、珍しい光景に出くわしました。
懐かしいと言うのが正解かな。
前方から、人が歩いている。何かを引いているように見える。
すると遠くから、
プワアアアアアアアァ〜
プオオオオオオオォ〜
プワアアアアアアアァ〜
プオオオオオオオォ〜
プワアアアアアアアァ〜
プオオオオオオオォ〜
と聞こえてくるではないか。

どうやら、豆腐屋だ。
リアカー引いて豆腐を売っている光景だ。
本当に久し振りに見る光景だ。
多分バイトの子だろうか、若い兄ちゃんが豆腐を売っている。
偶にああいう光景を見るのもいいな。
何となく癒されるから。
残念ながら買うことまではしなかったけどね。

何だか子供の頃、旧き良き頃の記憶が復活してきたぞ。

よく家の外から、
「いーしやーきーいもー おいも」
「たーけやー さおだけー」
といったオーソドックスのものから、
「ろばのおじさん チンカラリン チンカラリンロン やってくる」
とか、
「コッコッコッコッ コケッコー コッコッコッコッ コケッコー 私はミネソタの 卵売り」
とか聞こえてきたっけな。

そんな情景が今でも好きなんだな、これが。


ああ、そういや梅雨入りしました。
鬱陶しい時期だな。
ああ、やだやだ。



fujikenfujiken03 at 05:30│コメント(0)トラックバック(0)

June 03, 2009

2009年6月2日。

この日、とある業務上のおカタい目的のために有楽町へ上司と行ったのですが、その途上、東急で蒲田行きの電車に乗っていたら、ある広告が目につきました。

だまし絵!

6月13日から8月16日まで、渋谷のBunkamuraで展示されるみたいですね。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/09_damashie/index.html
自分ですね、この手のアートは好きなんですよ。からくり人形なんかもそのクチですね。間もなくやるんだ。これは良いことを知ったよ。
そのだまし絵なんですが、偶にTVなどで紹介されていると、どうも「一度生で見てみたいっ!」と思いたくなるのですよ。
確か、見る角度によって、建物も動くように見えるトリックアート。
アレは自分もタネが明かされるまで、まるで分らなかったですね。

という訳で、もし良ければどなたか一緒に見に行きません?
基本的に日曜祝日くらいしかないですけど…。

あ、Y150とかも開催中は一度行っておきたいですねえ。

そういうことを思いながら、その広告をずっと見入ってしまった自分がいました。


PS:こちらは、タネも仕掛けもない、現実の悲劇でもあり、喜劇でもあります。
  ボーリングであんなオチがあるとは???
 http://labaq.com/archives/51206155.html


fujikenfujiken03 at 05:37│コメント(0)トラックバック(0)

May 25, 2009

2009年5月23日。

最近まで読んでいた文庫本に、『図解 「儲け」のカラクリ【最新版】』があるのですが、これがなかなか興味深い。色んなジャンルにおける利益の出し方など、案外知られていない裏事情が判り易く説明されており、思わず「なるほど〜」と何度も頷く次第です。

その中で「あ、そーなんだ」と感じたのが、水道料金。殆ど水道料金は全国一律に近いと思いきや、無茶苦茶料金に格差があるんですね。その本では、格差は高いところと安いところとでは何と16倍もあると書かれていました。オイオイって感じがしますね。なお、一番安い地域は、やはりというか富士山麓方面。河口湖あたりが該当とのこと。逆に一番高い地域は新潟なんだそうな。ふーん。
格差の原因としては、ダム等からの水の調達費用、浄水施設費用、蛇口までの設備費用などが挙げられるそうです。

さて、自分は現在川崎に住んでいるのですが、政令指定都市の中ではかなり安い地域なのだそうです。これはもう恐らく多摩川の恩恵によるところが大きいと思えます。口径20mm、1ヶ月に10立方メートル使った場合で約750円。長年住んでいながら、そんなことに気付かなかったとは…。ちなみに隣の横浜が約900円。東京が約1,300円。大阪で約1,000円だ。人口密度の高いところは、まあまあ料金は安めと言えるのでしょう。でも福岡で約1,550円、仙台が約2,150円、新潟が約3,100円。川崎と新潟で既に格差4倍とは。

水一つとってもこんなに違うとは、本当に驚きですねえ。


PS:最近何でもかんでもご当地ものが流行りのようですが、ふりかけにもその波があるんですなあ。
 http://trend.gyao.jp/feed_list/walkerplus/entry-154340.html
 個人的には名古屋の「山ちゃんふりかけ 手羽先風味」はちょっと試してみたい気がします。
 http://news.walkerplus.com/2009/0524/10/photo03.html





あ、日馬富士の初優勝と元高見山の定年のネタ書くの忘れた…。



fujikenfujiken03 at 05:32│コメント(0)トラックバック(0)

May 09, 2009

2009年5月8日。

この日も雨。
4日連続で雨。
こんな長雨も珍しい。
こういうのを菜種梅雨というんだっけ?
でも良く調べたら、菜種梅雨とは元々「菜の花の咲く頃に吹く東南の風」のことなんだとか。「梅雨」の字があるのに「風」のこととはこれ如何に。
となると「卯の花腐し」あたりが妥当でしょうか。

まあ、それはおいといて。 この日の朝の雨が一番強かった。
大雨。突風。落雷。この3点セットに出勤時兎に角大変でした。
もういい加減にしてくれ!
そんな思いで出勤していました。
流石にこの日は電車通勤。徒歩だと完全にずぶ濡れ必至だったからね。
川崎到着後ドデカい雷が一発。本当シャレならんかった。

漸くの思いで会社に着くと、いつの間にか小雨になり、降ったり止んだりの連続。偶に青空も見え隠れする。何とも不思議な天気。

そして仕事も終え、雨は取り敢えず止んでいたので徒歩で帰る。
途中、多摩川越え。流石にカヌーしている人はいないみたい。
大体18時頃だろうか。
何だか清々しい。
何故だろう。
ふと空を見上げる。

………。

清々しい理由がわかった。


虹。

綺麗な虹。

見事なアーチを描いた虹。

あんな虹、滅多にお目にかかれない。
多摩川沿いから見た虹。
綺麗すぎる。
何だか身も心も洗われたよう。
一遍にこの日の朝の疲労感がぶっ飛んだ。
周りのみんなが一斉に虹の写真を撮っている。
珍しいもんな。わかるよ。その気持ちわかるよ。

良く見たら、見事に映える七色の虹の外側にもう一つうっすらと虹が。
虹の二重奏だ。
珍しすぎる。
実に珍しすぎる。
あんな虹、初めて見た。
感動ものだ。
最後にあんな演出を用意していたとは。お天道様も罪なヤツであるな。
いいもの見させてもらった。
あの虹を見たお陰で、頭の中はローリング・ストーンズの「She's A Rainbow」のBGMが流れ捲りです。

これで翌日通常出勤(年4回の土曜出勤のうちの一)でなければ最高だったのだが…。嗚呼。


PS:今度の日曜。
  上野での阿修羅展。
  横浜でのY150、ひこにゃんつき。
  行ってみようか悩むところだ。 
  一緒に行く人います?

fujikenfujiken03 at 04:51│コメント(0)トラックバック(0)

May 06, 2009

2009年5月5日。 長文覚悟ということで。 GWも終わりに近づいてきましたが、皆さん充実した日々を送られていますか? さて、改めてになりますが、5月2日から4日まで千葉でのコーラスワークショップに参加してきました。自分の場合、自宅から通える範囲でしたので、日帰りです。通える範囲といっても、自宅⇒新川崎(本当は南武線がベストだが、乗継の関係でいきなり総武・横須賀線をチョイス)⇒千葉⇒県庁前⇒会場まで片道約1時間半強。なので、毎日帰りの電車ではヘトヘトになっていました。金銭面では結構大助かり(片道1,080円)でしたけどね。あ、初めて千葉のモノレールも乗りましたが、結構いい光景が見られて良かったです。 【初日】 初日は、まずオープニングで、今回英国から招待されたボブ・チルコット先生による全員合唱。歌った曲は「スカボロー・フェア」。自分にとってその曲は、スコットランド民謡というよりも、サイモン&ガーファンクルの歌のイメージが強いのですが、これをジャズ調になるとどうなるかということでしたが、結局最後までリズム(5/4拍子)に狂わされ、ズタボロー(汗)。講座そのものは大変面白かったですけどね。 その後、課題曲(混声)の講座を選択。G1〜G4の曲を一通り歌う。全くもって今年の曲はクセモンばっかりだな。G1はルネッサ〜ンスといえどもイタリア語なので、言葉で苦しみ、G2はフィンランド語の曲だし(でも講師の清水先生が発音について解り易く説明頂いたので一応イメージだけは掴めた)、G3はLow Dの音があるので、ローベースにとってはキツイし、G4は公募曲。G4はあまり取り組んでいなかった団も多かったようで、何となく浅井先生も適当にこなしてたってな感じ。 果たしてどの曲でコンクールに臨むことになることやら。 ちなみにG1・G2は初見でしたが、歌ってみると曲自体は結構良さげであったな。 ところで、そのG1・G2で自分の前の席にいかにも紳士そうな白髪の方が歌ってるなあと思ったら、皆川先生でした。ひええ。 夜、交流会。色々と話させて頂きました。残念ながら婚活は中止(爆)。さらに千葉駅前にて2次会に突入。色んな合唱団の方(いつもの合唱団(大久保混声)のほかは、北海道の弥生奏幻舎"R"、仙台のグリーン・ウッド・ハーモニー、沖縄の合唱団イースタンなどなど)と楽しく飲まさせて頂きました。 結局最終電車に帰り、到着は翌日の0時半。そして大泉洋の結婚報道と忌野清志郎の訃報報道に驚く。 【2日目】 9時に集合。5時起きの自分、見事に寝不足(苦笑)。 岸先生のオープニングの後、終日ボブ・チルコット先生の講座を選択。午前は「イソップ物語」を一通り歌う。大初見大会でしたが、内容そのものは非常に新鮮で、面白かったです。本当、先生の指導はなかなかええわ。合唱を楽しんでいる。あの感覚は日本人にはないものを持っているみたいな感じがあった。受講しているこちらまでも楽しくなります。 午後はメインの"Little Jazz Mass"。 本当に歌い応えのある曲です。曲がブラボー。そしてその曲を作り、実際に指導・指揮したチルコット先生もブラボー。 確かに何らかの機会に歌ってみたい曲ではあります。 個人的にはやはり「Gloria」が好きかな。 あと、エキササイズ2種類、疲れたけど結構これまたやってみて面白かったですね。これは文字にするよりも実際やらせてみたいな感じでしょうか。知りたければ語り部になります(笑)。 だが、終了後、寝不足解消のため早々引き揚げ。よって特別コンサートを聴くのはキャンセル。スマヌ。でも帰る途中で何故か千葉のヨドバシでモンハン(Wii版)をゲットし、帰りの電車の中で、体はヘトヘトなのに心がウキウキしている自分がいました。まあ、これで休みの日は狩猟三昧になりそうだ。 【3日目】 この日は9時半より。やはり朝早い。 この3日間はずっといい天気に恵まれました。これは大変嬉しい限りです。 でも歌っている間はずっと会館に閉じこもりですが(苦笑) この日は、ク・チュン先生のオープニングの後(通訳の方が受講者に対し韓国語で説明されたのには笑った)、男声合唱を選択。やはり自分の合唱の原点は男声合唱にあるので(一応大学でのグリーが出発点)、当然の選択です。浅井先生の指導です。実は初めての受講だったりします。 その講座、予想通りやりたい放題(爆)。冗談ばっか言うわ、今井先生や岸先生に試しに指揮させるわ、見学中の女性陣にいきなり歌わせたりするわで、明らかに楽しく歌うぞーの意識アリアリでしたね。 4/18の恩師のお別れ会@京都の時の弔辞を読んだ時の先生とは全くの別人です(そりゃそうだよな)。 それでいて、しっかり歌い方のポイントはズバッと押さえる。流石だ。お陰で自分も気持ちよく歌わせていただきました。歌い継がれるはずが歌い疲れる結果に、まあいいや。 その後、チルコット先生の「Jazz Folk Songs」から2曲を歌って〆。終わったあ。 あ、勿論その後は千葉駅前でまた飲みましたよ。やはり色んな合唱団の方(いつもの合唱団のほかは、北海道の弥生奏幻舎"R"(初日と同じ方)、佐賀のMODOKI、東京のCantus Animae、のむのむさん@「一日団員」などなど)やはり楽しませて頂きました。 いやあ、全体を通して、非常に活気があって、大変有意義な時間を過ごすことができて良かったです。色んな出会いもあったことだし、より大切にせなあきませんね。 来年、札幌かあ。どないしよかいな? どうも皆さんお疲れ様でした! さて、狩猟生活始めますか。じょーずに焼けましたぁ〜。

fujikenfujiken03 at 10:03│コメント(0)トラックバック(0)
2009年5月5日。 長文覚悟ということで。 GWも終わりに近づいてきましたが、皆さん充実した日々を送られていますか? さて、改めてになりますが、5月2日から4日まで千葉でのコーラスワークショップに参加してきました。自分の場合、自宅から通える範囲でしたので、日帰りです。通える範囲といっても、自宅⇒新川崎(本当は南武線がベストだが、乗継の関係でいきなり総武・横須賀線をチョイス)⇒千葉⇒県庁前⇒会場まで片道約1時間半強。なので、毎日帰りの電車ではヘトヘトになっていました。金銭面では結構大助かり(片道1,080円)でしたけどね。あ、初めて千葉のモノレールも乗りましたが、結構いい光景が見られて良かったです。 【初日】 初日は、まずオープニングで、今回英国から招待されたボブ・チルコット先生による全員合唱。歌った曲は「スカボロー・フェア」。自分にとってその曲は、スコットランド民謡というよりも、サイモン&ガーファンクルの歌のイメージが強いのですが、これをジャズ調になるとどうなるかということでしたが、結局最後までリズム(5/4拍子)に狂わされ、ズタボロー(汗)。講座そのものは大変面白かったですけどね。 その後、課題曲(混声)の講座を選択。G1〜G4の曲を一通り歌う。全くもって今年の曲はクセモンばっかりだな。G1はルネッサ〜ンスといえどもイタリア語なので、言葉で苦しみ、G2はフィンランド語の曲だし(でも講師の清水先生が発音について解り易く説明頂いたので一応イメージだけは掴めた)、G3はLow Dの音があるので、ローベースにとってはキツイし、G4は公募曲。G4はあまり取り組んでいなかった団も多かったようで、何となく浅井先生も適当にこなしてたってな感じ。 果たしてどの曲でコンクールに臨むことになることやら。 ちなみにG1・G2は初見でしたが、歌ってみると曲自体は結構良さげであったな。 ところで、そのG1・G2で自分の前の席にいかにも紳士そうな白髪の方が歌ってるなあと思ったら、皆川先生でした。ひええ。 夜、交流会。色々と話させて頂きました。残念ながら婚活は中止(爆)。さらに千葉駅前にて2次会に突入。色んな合唱団の方(いつもの合唱団(大久保混声)のほかは、北海道の弥生奏幻舎"R"、仙台のグリーン・ウッド・ハーモニー、沖縄の合唱団イースタンなどなど)と楽しく飲まさせて頂きました。 結局最終電車に帰り、到着は翌日の0時半。そして大泉洋の結婚報道と忌野清志郎の訃報報道に驚く。 【2日目】 9時に集合。5時起きの自分、見事に寝不足(苦笑)。 岸先生のオープニングの後、終日ボブ・チルコット先生の講座を選択。午前は「イソップ物語」を一通り歌う。大初見大会でしたが、内容そのものは非常に新鮮で、面白かったです。本当、先生の指導はなかなかええわ。合唱を楽しんでいる。あの感覚は日本人にはないものを持っているみたいな感じがあった。受講しているこちらまでも楽しくなります。 午後はメインの"Little Jazz Mass"。 本当に歌い応えのある曲です。曲がブラボー。そしてその曲を作り、実際に指導・指揮したチルコット先生もブラボー。 確かに何らかの機会に歌ってみたい曲ではあります。 個人的にはやはり「Gloria」が好きかな。 あと、エキササイズ2種類、疲れたけど結構これまたやってみて面白かったですね。これは文字にするよりも実際やらせてみたいな感じでしょうか。知りたければ語り部になります(笑)。 だが、終了後、寝不足解消のため早々引き揚げ。よって特別コンサートを聴くのはキャンセル。スマヌ。でも帰る途中で何故か千葉のヨドバシでモンハン(Wii版)をゲットし、帰りの電車の中で、体はヘトヘトなのに心がウキウキしている自分がいました。まあ、これで休みの日は狩猟三昧になりそうだ。 【3日目】 この日は9時半より。やはり朝早い。 この3日間はずっといい天気に恵まれました。これは大変嬉しい限りです。 でも歌っている間はずっと会館に閉じこもりですが(苦笑) この日は、ク・チュン先生のオープニングの後(通訳の方が受講者に対し韓国語で説明されたのには笑った)、男声合唱を選択。やはり自分の合唱の原点は男声合唱にあるので(一応大学でのグリーが出発点)、当然の選択です。浅井先生の指導です。実は初めての受講だったりします。 その講座、予想通りやりたい放題(爆)。冗談ばっか言うわ、今井先生や岸先生に試しに指揮させるわ、見学中の女性陣にいきなり歌わせたりするわで、明らかに楽しく歌うぞーの意識アリアリでしたね。 4/18の恩師のお別れ会@京都の時の弔辞を読んだ時の先生とは全くの別人です(そりゃそうだよな)。 それでいて、しっかり歌い方のポイントはズバッと押さえる。流石だ。お陰で自分も気持ちよく歌わせていただきました。歌い継がれるはずが歌い疲れる結果に、まあいいや。 その後、チルコット先生の「Jazz Folk Songs」から2曲を歌って〆。終わったあ。 あ、勿論その後は千葉駅前でまた飲みましたよ。やはり色んな合唱団の方(いつもの合唱団のほかは、北海道の弥生奏幻舎"R"(初日と同じ方)、佐賀のMODOKI、東京のCantus Animae、のむのむさん@「一日団員」などなど)やはり楽しませて頂きました。 いやあ、全体を通して、非常に活気があって、大変有意義な時間を過ごすことができて良かったです。色んな出会いもあったことだし、より大切にせなあきませんね。 来年、札幌かあ。どないしよかいな? どうも皆さんお疲れ様でした! さて、狩猟生活始めますか。じょーずに焼けましたぁ〜。

fujikenfujiken03 at 10:00│コメント(0)トラックバック(0)

May 02, 2009

2009年5月1日。 この日の仕事も終わり、漸く自分にもお休みモード突入となりました。 今年のGWは5連休。 でも例年通り、GWは帰省できず。 もし帰省するなら、やはり1週間の休みは欲しいところです。 欲張りかもしれないけどね。 帰省した場合、途中2日間ほど街中が音楽三昧になる期間があるのですよ。 もはや帰省先ではGWの風物詩と化しております。 今年もやるんですなあ。 http://www.0726.info/ 高槻ジャズストリート。 確かに一度聴きに行きたいなあとは思っているのですが、未だ実行せずです。 そして今年は既にCWSのため千葉行きが決定しているので、パス。 有名無名に関わらず、無料でジャズやらブラスやらゴスペルやらが町のあちこちで聴ける訳ですから(まあ、その分混雑も凄いとは思いますが…)、本当残念。 ついでに言えば、飲食ブースでは噂のうどん餃子も出る模様。 どなたか感想求むですねー。 間接的に出られる方もいるかもですし。 昨年も似たようなことを記した気もするが、気にするな(笑)。 さて千葉の準備でもしようかな。 あ、まだ楽譜まだ見てねえ(大汗)。大丈夫か、自分…。 今回Little Jazz Massも歌う予定あるのに。 PS:我が虎軍の交流戦ユニフォーム。85年復刻版だってさ。で、バースは(違)。 http://www.sanspo.com/baseball/news/090501/bsb0905011545013-n1.htm

fujikenfujiken03 at 05:21│コメント(0)トラックバック(0)

April 29, 2009

2009年4月28日。 自分、神奈川県民のクセにこの日まで全く知らなかった…。 帰りにコンビニ寄って初めて知った。 それがコレ。 http://event.yokohama150.org/ 横浜開港150周年記念イベント「開国博Y150」。 この日から開催なんですね。 気がつけば開催していた感じ。 でもこのイベント、9月までやってるみたいだし、ヒマがあれば行ってみようかな? あの巨大クモのヤツはちょっと見てみたいし。 もし横浜にお越しの際は一緒にどうですか? 因みに最近行きたいなあと思う場所。 TDLのシルク・ドゥ・ソレイユ。 大宮の鉄道博物館。 ルーブル展もいいかも。 その他もろもろ。 やはり一緒にどうですか? それよりも29日の祝日、何しようか…。ヒマじゃー。 PS:しかし、今回の豚インフレ騒ぎ、一体どうなる事やら…?

fujikenfujiken03 at 07:30│コメント(0)トラックバック(0)
Now !
Recent Comments
feed meter
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/fujiken03/
track feed


QR Cord
QRコード
あし@
タグふれんず