言葉遊び

May 23, 2009

2009年5月22日。

やっぱ、今年も秀作揃いではありますな。
モチロン、サラ川のこと。
今年もベスト10が発表されましたね。

http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/22th/best_10.html

ニュースサイトでは1位の「しゅうち心 なくした妻は ポーニョポニョ」が紹介されていますけど、個人的には4位の「朝バナナ 効果があったの お店だけ」、5位の「やせたのは 一緒に歩いた 犬の方」、それに7位の「コスト下げ やる気も一緒に 下げられる」が面白い。
プラス山田五郎賞の1位の「我が社一 ナイスガイだが イスガナイ」は上手い!

しかし、「リーマン=哀愁」の構図が完全に出来上がってますなあ。
不況だから尚更なんだろうねえ。

でも好況になっても、多分哀愁漂う川柳は相変わらずのような気がする。ネタ優先ということを考えればね。間違いない。

fujikenfujiken03 at 07:24│コメント(0)トラックバック(0)

March 05, 2009

2009年3月4日。

偶にですが、いわゆる言葉遊びにハマることがあります。

川柳もそういう意味では言葉遊びの完成系ではないかと思います。

で、この日のネタ。

http://ashikusa.jp/senryu/

「足クサ川柳」だって。個人的にはツボなテーマです。

もう三回目なのだそうだ。

なので、当然ネタも足の臭さばっかだ。

でも、結構どれもあるある的な印象を受けてしまうんだな、これが。

本当よく捻ってます。

個人的には1位のネタが結構ツボです。上手い。

あと、「悩殺」ものがマイ・フェイヴァリットです。

 

PS:これ、ドイツものにしては結構オモロイ。動画良さげです。

 http://labaq.com/archives/51175139.html



fujikenfujiken03 at 05:25│コメント(0)トラックバック(0)

March 04, 2009

2009年3月3日。

この日は桃の節句だが、敢えて兜のネタをば(笑)。

今年の大河の「天地人」。主人公の直江兼続が身につける兜は今回のドラマ化でかなり有名になったのは記憶に新しい。何せ「愛」という文字が入った兜ですからね。あんなに目立つであろう兜を被っていたら、敵に対して思い切り狙われやすかったんだろうなあ…って大きなお世話ですよね。

ということで…。

これやってみた。

http://usokomaker.com/kabuto/

「兜メーカー」

兜に自分にふさわしい漢字一文字が入るとのこと。

そして、fujikenの結果は…。

http://usokomaker.com/kabuto/?a=Maker&oo=fujiken

「魅」

意外に良さげだ。何となくセレブっぽいではないか(違)。

因みに、ふじけんだと「軽」、フジケンだと「止」だった。

軽武者、止武将…。何だかなあ(苦笑)。

 

PS:ちなみに昨年彦根に行ったとき、例の現存している井伊の赤備え(勿論、兜も)を見てちょっと感動したよ。でも今じゃ、赤兜と言えばひこにゃんなんだよな。



fujikenfujiken03 at 05:18│コメント(0)トラックバック(0)

November 15, 2008

2008年11月14日。

通勤途中、偶々見かけた「?」なもの。

開店前の酒屋。その酒屋の前にポツンと幟が立てられてあった。そしてそこに書かれていた言葉。

「お面白い店」

……

何か違和感が。

面白いの前に「お」ってつけて良かったのか?

おおもしろいみせ。

やはり、何か違う。それ、間違った敬語(美化語)のような気がする。

確かに形容詞の前に「お」をつけるのは間違いでない場合もある。「お美しい」「お偉い」なんかがそうだ。でも「お不味い」とか「お片腹痛い」とか「おだらしない」とか「おとんでもない」とか「お忝い」はあまり聞かない。ましてや「面白い」のように最初に「お」がつく形容詞がつくと、違和感ありありだ。「お惜しい」「お美味しい」「お可笑しい」なんかは、まず言わない。勿論、「ご面白い」とか「おん面白い」でも変だ。

何でもかんでも「お」をつけて、敬語にすれば良いというものじゃないですね。

 

ニホンゴ、ムズカシーネ。

 

とある宣言を読んだおエライさんの「?」な言葉。

実はそのおエライさん、「実現に向けて」というところを、「現実に向けて」と仰った。

やはり緊張すると、いくらカンペとか持っていても言い間違うものなんですね。



fujikenfujiken03 at 04:32│コメント(0)トラックバック(0)

October 10, 2008

2008年10月9日。

この日、無茶苦茶働いたがな。

でも痩せへんなあ…

何でやろ?

ホンマ、毎日こればっかや。

 

この日、こんなネタ見つけた。

http://www.tabetara.net/menu/senryu_kekka.html

メタボ川柳。

ストレートやねえ。

しかし、どれも秀逸な感じやね。

「恋をして 本気でメタボと 向き合った」なんてのもある。

うーん、脱メタボのきっかけは恋かあ。

ほな、恋探しでもしまっさ。

どっかに落ちてへんかな(違)。

 

PS:生まれ変わりメーカーというのがあったのでやってみた。

http://usokomaker.com/umarekawari/

結果 http://usokomaker.com/umarekawari/?a=Maker&oo=fujiken

どうやら山上憶良の隠し子だったらしい…って何でやねん(笑)!でもその後がモテモテの作曲家というのがステキ。

 



fujikenfujiken03 at 05:27│コメント(0)トラックバック(0)

July 29, 2008

2008年7月28日。

言葉ネタ。カタカナ語の件。

ワタシャ、IT業界にいながら(といってもまだ2年ちょいですが)良く知らなかったんですけど、「コンピュータ」とか「プリンタ」とか最後に敢えて長音にしない単語があるじゃないですか。いわゆるコンピュータ用語とか言われているヤツ。アレ、元々はJIS規格とかいう工業規格で、「3音以上の場合には語尾に長音符号を付けず、2音以下の場合には語尾に長音符号を付ける」ってのに基づいて、コンピュータ関連にも準用したってことらしいですね。

で、ここにきてMSがその語尾の長音表記を「今後は、より自然な発音に近い表記を採用する」ことを決めたんだそうだ。つまり「コンピュータ」が「コンピューター」に、「プリンタ」が「プリンター」って具合にだ。結局はユーザーからの意見や市場のニーズを考慮して決めたみたいだけどね。

まあ、今更って気もしないでもないけど、確かに自然な発音に近い表記の方が一般的に考えりゃ、違和感はないわな。

個人的には一応OKということで。

でもさあ、どうせだったら、ついでに規格とは別なのかもしれないけど、「ソフトウェア」なのか、それとも「ソフトウエア」なのかの統一見解みたいのもあったらより良かったんだけど、どうなんでしょうなあ。

元ネタはコレ。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3491

 

しかしこの採用でドラゴンボールの「フリーザ」の立場が肩苦しくなりますなあ(違)。

 

PS:29日、また一つ年を孤独に取ってしまいます。



fujikenfujiken03 at 06:11│コメント(0)トラックバック(0)

July 03, 2008

2008年7月2日。

この日のプロ野球。

セのヒーローインタビュー。偶然にしては出来過ぎだと思う。

阪神:葛城選手。

巨人:古城選手。

横浜:金城選手。

見事に「城」がつく人ばっかだ。もっとも読み方は「かつらぎ」「ふるき」「きんじょう」。全て異なるのもまた面白い。



fujikenfujiken03 at 07:07│コメント(1)トラックバック(0)

June 25, 2008

2008年6月24日。

こないだ、通勤で多摩川沿いを歩いていると、とある看板をふと目にしました。

「除草工事中」

確かに結構草がボーボーと茂っていたので、その処理は必要でしょう。

しかしだな。

「除草工事中」

この言葉、何となく違和感があるのは何故だろう?

別に間違ってはいないとは思うのですが、何故か違和感を覚えるのです。

その後、一考するに、多分「工事」という言葉に引っ掛かったのではと思いつくに至りました。

「工事」のイメージは建設とか解体とか人工のものに対して使われる言葉と思うんですね。「道路工事」「水道工事」「地下鉄工事」…あたりなんかはしっくりときます。

でも今回のように「除草」の場合は、自然のものに対してのものなので、確かに人の手を加えてではあるのですが、「工事」ってのはどうも似合わない気がしてなりません。

もし自分が除草担当者であれば、きっと

「除草作業中」とか

「除草処理中」とかにするだろうな。

「作業」とか「処理」だったら、人工でも自然でもどちらでも活用できると思いますしね。

もっとも他にいい言葉があるかもしれませんけどね。

 

身の回りをふと見つめなおすと、きっとまだまだ違和感のある光景を目にすることがあるんだろうなあ。

 

それにしても除草された途端に、エラいハトが集まってますなあ…

 

ハト…ハトポッポ…ポッポ…ポッポポポポポポッポー

 

鼠先輩のGIROPPONが快進撃のようですな。(いきなり脱線)

http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/55723/full/



fujikenfujiken03 at 06:28│コメント(0)トラックバック(0)

April 25, 2008

2008年4月24日。

相変わらず和製語が氾濫している。

知らず知らず使っていた外来語が実は和製語だった…最近まで知らなかったなんてのはもはや当たり前のようになりつつあるようです。

身近なところでは、食べ物や飲み物にそういうのが結構あるってことが分かり、ちょっと驚きました。

http://ranking.goo.ne.jp/ranking/013/coined_japan_word/

「実は和製語だということを知らなかった食べ物・飲み物ランキング」に入っている食べ物や飲み物。確かに普通の感覚では和製語とは思わないものが殆どですしね。一応和製語に対して、本来の表現も一緒に記載されていますが、やはりというか、何だかピンと来ないですね。

ハンバーグ、シュークリーム、デコレーションケーキ、フライドポテト、ソフトクリーム、レモンティー、ホットサンド…これら全て和製語だったなんて。まあ、こういう和製語を生み出す日本文化ってのは、それはそれで良しとせねば。分かりやすい言葉が一番。通じりゃええのだ。日本でだけど…



fujikenfujiken03 at 05:52│コメント(0)トラックバック(0)

April 17, 2008

2008年4月16日。

実は2つネタがある。

ビジネスネタと漢字ネタ。

どちらを先に触れようか迷ったが、とりあえず決めた。

漢字ネタで攻める!

ということで…

変漢はご存じか?

実は昨年も紹介した気がするが、まあ気にするな。

これ、例の漢検を取り仕切っている協会が主催するコンテストだ。

先日、その結果が発表されていたので、紹介してみる。

http://www.kanken.or.jp/henkan/3happyou.html

うーむ。よくもまあ色んな変漢を思いつくもんだな。

個人的には2位と5位のが気に入った。

「○○さんの質問は要注意かと思います。」

            ↓

「○○さんの質問は幼虫以下と思います。」

「何かと胡散臭い時がある」

       ↓

「何か父さん臭い時がある」

この2つ、マジで変漢しそうではあるという点で我が心の内の高評価。

あ、13位も素敵。

「新宿花園郵便局」

     ↓

「新宿は謎の郵便局」

新宿花園郵便局って実在してるんだね。試しに変換させたら後者が出た…

このシリーズ、まだまだ続きそうな予感ですな。

オモロイ。

 

PS:この日の我が虎軍。

  うぉっ。スゲー。下さん、完投だよ。3年振りだよ。

  アニキ効果が下さんにも見事いい方向に影響してまんな。

  矢野のリードも冴えてる。

  恐るべし虎軍の40トリオ。

  http://www.sanspo.com/sokuho/080416/sokuho081.html

  きっとうどん食べたのがよかったんやろか?

  http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200804/tig2008041607.html

  ちなみに32トリオは赤星、福原、新井だ。こちらも元気で何より。

 



fujikenfujiken03 at 05:34│コメント(0)トラックバック(0)
Now !
Recent Comments
feed meter
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/fujiken03/
track feed


QR Cord
QRコード
あし@
タグふれんず