ちょうど一ヶ月になりました。

皆さまの期待と信頼に支えられて、20年間市政の場で活動させていただきました。日々の研鑽のなかで積み上げてきた経験と活動の中での気づき、学びを糧に、誰もが安心安全を実感できる社会の実現に力を尽くして参りたいと考えます。
 豊かさの実感しにくい世の中ではありますが、こんな時だからこそ、今の課題は何なのか、未来を構想したとき何が必要なのかをしっかりと見定めていくことが大切です。
 9月27日には、市議会議員選挙が告示されます。
 理想を語ることを恐れず、自らに課せられた責任から逃げることなく、まっすぐに未来を見据え、時代にふさわしい、力みなぎる守山づくりに全力で取り組んで参りたいと思います。
 皆さまのますますのご指導、ご協力をよろしくお願いします。

故郷に錦を飾る者はすばらしい。 
    しかし、故郷の人達とともに錦を織り成していく者はもっとすばらしい
                       
                                     私は、そんな人でありたい

頑張ります

 16年間 守山市議会議員として精一杯努めて参りました。
多くの皆さまに支えれ、人とふれあうことで感動し、
学ばせて頂き、皆さんの心に宿る優しさに感謝する日々でした。

 青年の生の声を市政に届けたい…からスタートした
議員としての活動。成長していく我が子を通して見えてきた、
教育の課題、祖母の介護に携わることで見えてきた
福祉や医療、保健の問題。障害のある子供を持つ
お母ちゃんたちとの取り組みの中から見えてきた
障害者福祉と就労の問題等々。
皆様の熱意と後押しの陰で、実りを見ることができたことも
たくさんあり、少しは役に立つ政策が実行できるまでになり
ました。

 明日から、16年間の感謝と新たなる4年への夢と決意を胸に、
皆様に向かって走ります。
わだかまりや隔たり、既存の枠組みを超えて、
「身体いっぱい、心いっぱい夢の語れるふるさと」
になる時が来ることを信じて走り抜きます。

ぜひお心だけでも、一緒に走ってください。

ありがとうございます。

精一杯頑張ります。

ふじき猛

自粛

こんばんわ

この先どうなるのかまだまだ先の見えない
原子力発電所の問題。

今なお、厳しい環境のもと避難生活を余儀なくされている
被災者の方々…
進まない進められない捜索、届かない救援物資…

毎日毎日心の痛むニュースばかりが耳に、目に飛び込んできます。
今日、私の友人のギターリストと、歌手のお二人から、
偶然にも同じ日に、売り上げの一部又は全額を義援金にしたいと
デモCDが送られてきました。

ギターリストの方は、南相馬市出身で以下のようなメッセージが添えられていました。
「いつ戻れるのだろう 最悪の場合はもう戻れないかもしれない
しばらくの間、悲観ばかりしていましたが
私も自分が出来ることを始めようと思いました。
南相馬市は原発にも 風評にも 負けない 絶対に」

早速CDを注文しました。

こんな事しか出来ない自分にもどかしさを感じながら…

4/1告示の県議会選挙では、当面4/1~3日の間
選挙カーでの街宣の連呼行動や、集団行動を自粛する
申し合わせをされました。

日本中が、多くの人々の無事を願い、犠牲になられた
方々のご冥福を祈り、一日も早く復興への道筋が見えるようにと
祈りを捧げているとき、これも私に出来ることの一つかも
しれません。

与えられた時間と空間で精一杯頑張ります。
生かされていることに心から感謝しながら…

ふじき猛


滋賀県ホームページへ
守山市ホームページへ
  • ライブドアブログ