まさかの続き。

えっと…つまり、何が言いたかったのかというと

子供って…

言えば分かる。

って事にびっくりしたんですよね。

いや、勿論言って分からないこともあるだろうけど…。
言う事聞かない事もあるだろうけど…。

子供って言葉通じてるって子育てブログを読んで分かったんです。



私の親は何かあるとバシーンッと叩いて終わりだったんですよ。

いつも叩かれるので6歳くらいの時に父に聞きました。
「どうしてお父さんは叩くの?」

そしたら父はこう言いました。
「お前はバカだから言ってもわからないんだよ。
だから叩かれてもしょうがないんだよ。」

あぁ私がバカだからいけないんだ…って思いましたね。
バカだから、いくら叩けれても我慢するしかないんだって。
(学校入ってからの成績は悪くなかったんですけどね!)

今思うと何で言ってもわからないって決めつけてたんだろ。
何が悪いのかとか言ってくれなかったじゃない。
急に叩いてきて説明も何もないから、何が悪かったのかよく分からなかったよなぁ。
明らかに八つ当たりの時もあったしさ…。


ちょっと愚痴っぽくなっちゃたけど
まぁそんな家庭だったので

子供=言葉の通じない未知の生き物

って感じで苦手だったんですよね。

それがブログを読んでると…言葉通じてるじゃないですか。

ちゃんと言い聞かせれるじゃないですか。

叩かないとしつけられないなんて事ないんだ!

実際に旦那の甥っ子達とも話してみると、ちゃんと通じるんですよね。

ブログで知り、実際に小さい子供に触れてみてカルチャーショックです。



よく虐待された人は自分の子にも虐待するとかいうけど、こういう事なんだなって思ったり。

私だって叩かれるのは嫌だって思ってたけど、よくない事だって思ってたけど
・子供は叩くもの
・言っても分からない
って概念を植え付けられてるから
ここで軌道修正できなければ、自分に子供が出来た時も叩いてたのかもしれない。

知らないんですよ
子供に言葉が通じるって事も
叩かなくても子育て出来るって事も。

私は知ることが出来た。
これは有難い事だと思います。
それを無駄にしないよう
私はちゃんと話し合える家庭をつくりたいな。
旦那とも子供とも、きちんと話し合って、笑顔の家庭を作りたい。

初心を忘れない為にも、ここにしっかり書いときました!


笑う女の子



 
人気ブログランキングへ