セロトニンを増やす食べ物やサプリのご紹介セロトニンと鬱(うつ) ⇒ ドーパミン

ドーパミン

ドーパミンとセロトニンについて

セロトニンとは神経伝達物質のことです。。
みんなの脳内に必ず存在する物質です。
人が眠っている時にはほとんど出ません。
でも、起きている間は絶えず一定のリズムで一定の量を脳全体に送り続けているんです。
私たちのカラダとココロを整える大切な働きを担っています。
これが不足すると、うつ病になってしまう可能性があるんです。
神経伝達物質って言うとドーパミン・ノルアドレナリンなどが有名ですが、セロトニンもドーパミン・ノルアドレナリンと同じ仲間なのです。

ダイエット
ダイエットが上手くいかないという時、その原因は色々あります。
その中の一つに、ストレスが考えられます。
食欲とストレスというのは非常に密接に関係しているようですね。
みなさんご存知のドーパミンですが、ドーパミンという神経伝達物質は快楽を高める物質です。
ドーパミンは食事前や食事中に多く分泌されます。
また、ドーパミンは食欲を高める働きがあります。
逆にセロトニンという物質は、ドーパミンによって高められたある状態から安定した状態に戻す働きがあります。
食欲を抑える働きもあるようです。
このセロトニンとドーパミンのバランスが崩れると過食や拒食症につながります。
セロトニンが慢性的に不足すると、基礎代謝が低下し、脂肪が付きやすい体質になったりするそうです。
もっと間単にお話しするとセロトニンは人の安らぎに、ドーパミンは人の快楽に関係しているのですね。
しかし、ドーパミンが多すぎるとイライラしたりセロトニンが多すぎると落ち込んだりという具合になります。
つまり、大切なのは「バランス」ですね。
ドーパミンは人間の体内で作る事が出きる一方、セロトニンは食事からしか摂取することはできません。
例えば魚類ではしらすやたらこ、肉類ではレバー乳製品では牛乳やチーズバナナやナッツ類なんかがいいようです。
もし貴方がダイエット自体にストレスを感じているのであれば、

役割
神経細胞は脳全体で約150億個あります。
セロトニン神経はその中の数万個です。
数自体少ないですが、脳全体に指令を送っているという事になります。
神経伝達物質であるノルアドレナリン(恐れ・驚き)やドーパミン(喜び・快楽)等の情報をコントロールして精神を安定させる働きがあります。
正常に働かなかったとしたら、心と体のバランスが崩れてしまうことになり、「うつ病」などにつながります。
セロトニンは私たちのからだにとってとても大切なものです。

サプリトリプトファン