June 25, 2018

鍼の思い出 その159(第2913回)

IMG_2925

























人気ブログランキングへ
←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出  159

それから必死で喘息について調べた。

不思議と何故か先代、和風に尋ねる事はなかった。

学校卒業と同時に開業したツッパリだろう。

しかし、以後徐々に上手く対処する術を手にした。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 24, 2018

鍼の思い出 その158(第2912回)

IMG_2914

























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出  158

当初から本当にいろいろ見せてもらった。

先の喘息の患者さん、発作を起こした状況で来院。

初心者には難し過ぎて治せず、

半日以上癒えず引き取って貰った。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 23, 2018

鍼の思い出 その157(第2911回)

IMG_2902

























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出  157

もちろん、ガンはその後数十年かけてやっと解明しつつある。

喘息も、当初はどうしようもない代物だった。

しかし、回数を重ねるごとに上手くなった。

当初は、ゼイ鳴をともなう発作には

相当手を焼いたが、今では問題なく治せる。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 22, 2018

鍼の思い出 その156(第2910回)

IMG_6897
























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 156

経験の無さは如何ともしがたい。

だが、懲りる事なく繰り返しガン患者さんから懇願があれば見た。

やがて少しづつ何が如何なんか、見えだす。

これが
5年以上かかった。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 21, 2018

鍼の思い出 その155(第2909回)

IMG_6894























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 155

胃癌患者さんに初めて出会った。

腹部をみると上腹部が膨隆していた。

触れるといくつかの瘤がある。

脈を見ると細く無力、しかも数脈。

とても相手ではないと早速辞退した。

数ヶ月も経たず他界した。





人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 20, 2018

鍼の思い出 その154 (第2908回)

IMG_6874

























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 154

開業が
21才。

お陰というか天の意向というか、最初から結構流行りだした。

今思うと冷感ものだ。

かなり重症が来た。でも真剣に取り扱った。

でも怖かったことも事実。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 19, 2018

鍼の思い出 その153 (第2907回)

IMG_6872

























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 153

己の臨床を古典に問い合わすことも簡単ではない。

時代が違い、人間が異なってなかなか擦り合わない。

加えて、同じ臨床といっても目先が一致することがまた難しい。

ところが、遥かな古代の内経・霊枢の内容は何故か擦り合う。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 18, 2018

鍼の思い出 その152 (第2906回)

IMG_6870

























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 152

それにしても面白かったのは夢分流。

一見荒唐無稽のようにも思える内容も試すとうなづける。

火曳之鍼。

関元に一鍼するとこれだけであらゆる諸邪が氷解する。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 17, 2018

鍼の思い出 その151(第2905回)

IMG_6887


























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 151

これは生体の反応に対する興味である。

今ひとつは、経験した一つ一つを伝統の古書籍に問う事だ。

これもかなり限界がある。

つまり筆者が勉強できた範囲内でやる仕事だからだ。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 16, 2018

鍼の思い出 その150(第2904回)

IMG_6875

























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 150

鍼をもって五十幾年。

患者さんに接していまだ面白さは色褪せぬ。

それは、生体の示す凡ゆる反応、現象。実に興味深い。

例えば、難病が癒えんとする時は、

治療するツボが左右常に入れ替わる。

ところが、その真逆、悪化する場合は、

反応が一方に傾きっぱなし。

或いは、ツボの反応が消えてゆく。恐ろしい事。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 15, 2018

鍼の思い出 その149(第2903回)

IMG_6867
























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!



鍼の思い出 149

以上、霊枢・九鍼十二原の内容の要な部分を解説した。

結局、タイトルにあるように十二鍼についての解説が主ではなく、

小鍼・豪鍼
についての微に至り際に渡っての話。

殊に、十二原と五臓の関わり、

そして十二原にどのような病態が現れ

これを如何に解決するかについて講述する。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 14, 2018

鍼の思い出 その148(第2902回)

IMG_6882























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 148

原穴を通じ五臓の害を知るという。

そこには体表の常と非常をよく嚼み分けること。

また、これには鍼を刺して感じるものも入っている。

非常を常にもって行くことが大事。

それがどんなに陳旧化したものであろうと。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 13, 2018

鍼の思い出 その147(第2901回)

IMG_2901























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 147

ある人はいう。

古い病は治療すべきではないと。だが、この論は間違っている。

凡そ鍼治療の上手なものは、その問題となっている事を解決するのだ。

棘の刺さったようなものはこれを抜き、

綺麗なものがなものが汚れていればこれを綺麗にすれば良いし、

何か結ばれているものであればこれを解き、

又これが塞がっておればこれを解放すればよい。

よって、病が古くってもなお治療できるのだ。

治らないというのはその学術が至らないからである。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 12, 2018

鍼の思い出 その146(第2900回)

IMG_2882

























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 146

凡そ五臓に病があれば、

その原穴
には丁度棘が刺さってるようであり、

また綺麗なものが汚れたようでもあり、

また何かが結ぼれたようでもあり、

また通じるところが塞がったようでもある。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 11, 2018

鍼の思い出 その145(第2899回)

IMG_6850




















人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!


鍼の思い出 145

ある人曰く、

久しき疾は取るべからざるなりとは、その説くにあらざるなり。

それよく鍼を用いるものは、その疾をとるなり。

なお刺を抜くが如く、なお汚れを雪ぐが如く、

なお結ばれを解くが如く、なお閉じるを決するが如し。

疾久しきと雖もなお畢るべきなり。

治すべからざるというは未だその術を得ざるなり。』







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 10, 2018

鍼の思い出 その144(第2898回)

IMG_6861
























人気ブログランキングへ
←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 144

刺久しきと雖もなお抜くべきなり、

汚れること久しきと雖も、なお雪ぐべきなり、

結ばれること久しきと雖もなお解くべきなり、

閉じること久しきと雖もなお決すべきなり、、、、








人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 09, 2018

鍼の思い出 その143(第2897回)

IMG_6859























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 143

次の文言。

『今それ五臓の疾あるや、たとえばなお刺すが如く、

なお汚るるが如く、なお結ばるるがごとく、

なお閉じるがごときなり、、、、、』







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 08, 2018

鍼の思い出 その142(第2896回)

IMG_6851
























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 142

この原穴の存在が体表観察学の基本になった。

腹部、背部はツボが大きく観察しやすい。

だが、何故斯様に観察が難解な部位に置いたのだろうか。

経絡の流中上に置くのは分かるが。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 07, 2018

鍼の思い出 その141(第2895回)

IMG_6860
























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 141

この原穴の反応が理解できるには相当の時間を要した。

穴が小さく厚みも薄く、手の感覚が余程さえないと難しい。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 06, 2018

鍼の思い出 その140(第2894回)

IMG_6849























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 140

問題は膏の原は鳩尾と

肓の原は脖胦だ。

何故、膏の原は鳩尾と

肓の原は脖胦が入るのだろうか。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 05, 2018

鍼の思い出 その139(第2893回)

IMG_6844























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 139

有名な原穴の紹介。

霊枢・九鍼十二原の紹介だが、

ここでは五臓の左右の原穴十穴と

膏の原は鳩尾と肓の原は脖胦が提示される。

難経では十二原とは五臓六腑の十二原穴が紹介される。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 04, 2018

鍼の思い出 その138(第2892回)

IMG_2880

























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出
 138

陽中の少陰は肺だ。その原穴は太淵、太淵は二箇所。

陽中の太陽は心だ。その原穴は大陵である。大陵は二箇所。

陰中の少陽は肝だ。その原穴は太衝、太衝は二箇所。

陰中の至陰は脾だ。その原穴は太白、太白は二箇所。

陰中の太陰は腎だ。その原穴は太渓、太渓は二箇所。

膏の原は鳩尾だ。鳩尾は一箇所。

肓の原は脖胦だ。脖胦は一箇所。

凡そこの十二原は五臓の疾あるものを主治する。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 03, 2018

鍼の思い出 その137(第2891回)

IMG_2805

























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 137

凡そこの十二原は

五臓六腑の疾あるものを主治するなり。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 02, 2018

鍼の思い出 その136(第2890回)

IMG_2807

























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 136

陰中の至陰は脾なり、その原は太白に出ず、太白は二なり。

陰中の太陰は腎なり、その原は太渓に出ず、太渓は二なり。

膏の原は鳩尾に出るなり、鳩尾は一なり。

肓の原は脖胦に出ず、脖胦は一なり。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

June 01, 2018

鍼の思い出 その135(第2889回)

IMG_2849
























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 135

次の文言。

『陽中の少陰は肺なり、その原は太淵に出るなり、太淵は二なり。

陽中の太陽は心なり、その原は大陵に出ず、大陵は二なり。

陰中の少陽は肝なり、その原は
太衝に出るなり、太衝は二なり。』







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 31, 2018

鍼の思い出 その134(第2888回)

IMG_6823
























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 134

五臓に病があれば、その反応は十二原にあらわれる。

五臓の原はそれぞれにあり、

明確にその原を明らかにし

その反応をよく観察し

五臓いずれが病んでいるかを察知するのだ。








人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 30, 2018

鍼の思い出 その133(第2887回)

IMG_6824
























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!



鍼の思い出 133

凡そこの十二原は、

五臓が三百六十五穴のエネルギーを受ける根拠となる。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 29, 2018

鍼の思い出 その132(第2886回)

IMG_6819
























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 132

四肢関節の要衝、

即ち原穴は五臓を主治する。

五臓に病あれば

マサにその原穴を取って治療すれば良い。





人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 28, 2018

鍼の思い出 その131(第2886回)

IMG_6836

























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 131

五臓には六腑を伴っている。

また六腑には十二原を伴う。

その十二原は四肢の関節に出現。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 27, 2018

鍼の思い出 その130(第2885回)

IMG_6834























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 130

十二原は、五臓の三百六十五節の気味を
禀る所以なり、


五臓に疾あらばまさに十二原に出ずべし、

しかして原おのおの出る所あり、明らかに
その原を知りて、

その応をみて、五臓の害を知るなり。』





人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 26, 2018

鍼の思い出 その129(第2884回)

IMG_6830























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 129

このように、脈診によって

医療者がすくわれることは枚挙にいとまがない。

さて次の文言。

『五臓に六腑有り、六腑に十二原有り、

十二原は四関に出ず、四関は五臓を主治す。

五臓に疾有らば、当に之を十二原に取るべし』。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 25, 2018

鍼の思い出 その128(第2883回)

IMG_2813

























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 128

三叉神経痛で飛び込みの患者さん。

涙を流し右の顔面痛で青ざめ苦痛を訴えて涙を流してる。

脈を見ると、同側に硬い弦脈。

右の申脈に鍼。

五分も経たぬ間に笑顔が。

脈を絶やさず見ていると、

鍼を刺して間もなく脈が好転した。

疼痛が消失したことはもちろんだ。
 







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 24, 2018

鍼の思い出 その127(第2882回)

fullsizeoutput_2912























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 127

元々患者さんであった方。

ある日突然来院。急に腹痛がおこったという。

早速脈を取る。

凄い弦急。ある証を立て対処の鍼治療。

一向に脈は変わらず。救急車で病院に。結果逝去された。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 23, 2018

鍼の思い出 その126(第2881回)

fullsizeoutput_2911
























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 126

何回も脈診によって救われた。

急性に症状の悪化みることは

長年の臨床でよくみかけた。

この折、脈はよく教えてくれた。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 22, 2018

鍼の思い出 その125(第2880回)

fullsizeoutput_2907




























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 125

霊枢は気の刻々とする動きを

脈診でやれと教示する。

脈は気の先(せん・もと)

生体のもとは気だと主張する。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0)

May 21, 2018

鍼の思い出 その124(第2879回)

fullsizeoutput_28f7























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 124

五分も立たぬ間に、主訴腹痛と吐き気は取れた。

このように予後の吉凶を明確に当てる。

おまけに治療をする前に脈が整ってきた、

ということは患者さんが安心して、

この脈を取るという行為そのものが治療につながったのだ。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 20, 2018

鍼の思い出 その123(第2878回)

IMG_2801























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!





鍼の思い出 123

連れてきた母親の顔を見て告げる。

『ここ二、三日この子はプレッシャーがかかることがあったのでは?』

すると、『私が用事で二、三日家をあけてました』と。

そこで、左後渓に古代鍼を垂直に翳す。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 19, 2018

鍼の思い出 その122(第2877回)

IMG_2779























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 122

つい先日、小児
歳の子が腹痛と吐き気で来院。

脈を取る。意外なほど脈力弱し。

しばらくそのまま脈に触れていると、

何故か脈力がフーと出てきた。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 18, 2018

鍼の思い出 その121(第2876回)

IMG_2752























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 121

鍼治療をやろうとすれば、先ず最初に脈を取る。

これは鉄則だ。

気の動きが相即的に身体の状況を教えてくれる。

ことに急性の疾患を扱う場合、

これを疎かにすることは非常に危険だ。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 17, 2018

鍼の思い出 その120(第2875回)

IMG_2736























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 120

次の文言。

『凡そ鍼を用いんとすれば、

必ず脈を診て気の劇易を視る。

乃ちもって治すべき也。』






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 16, 2018

鍼の思い出 その119(第2874回)

IMG_2731
























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 119

患者さんに出会って直感的に何かを悟る習慣が大事。

先ず大まかな気の傾きを察知することが何よりだ。









人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 15, 2018

鍼の思い出 その118(第2873回)

IMG_2729





















人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!



鍼の思い出 118

次の文言。

『その色を見、その目を察しその散復を知る。

はじめに、その形、その動静を聴き、その邪正を知る。、、』

患者さんに出会えば、まず眼目をよく見て、

気の吉凶を感じるべきだ。

まず、その人の形態を察知し起居の状況を聞き、

邪実か正気の弱りかを見極める。






 
人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 14, 2018

鍼の思い出 その117(第2872回)

IMG_2699
























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!



鍼の思い出 117


ツボに三百六十五箇所あるが、

その要点を得れば沢山のツボを使う必要はない。

これが理解できなければ問題解決が難しい。

ツボというのは気の去来する所。

形態における皮、肉、筋、骨とは対照が違う。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 13, 2018

鍼の思い出 その116(第2871回)

IMG_2697























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 116

次の文言。

『節の交、三百六十五会は、

その要を知るは一言にして終わる。

その要を知らざるは流散して窮まりなし。

節という所は、神気の遊行出入する所なり、

皮肉筋骨にあらざるなり。』





人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 12, 2018

鍼の思い出 その115(第2870回)

IMG_1131























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 115


経穴はいよいよ川幅広く水量も豊富。

合穴は色々な水脈が合流して海に注ぐ。

これで五兪穴の説明が終わる。

要するに全身におけるかなめなツボが五兪穴というわけだ。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 11, 2018

鍼の思い出 その114(第2869回)

IMG_6806























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 114

滎穴は水流は溜まり大きくなる。

その分停滞が生じ易く、排出を促せば水
の流れは良くなる。

兪穴は、水の流れを良くするポイント。

一気に流れを速める。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 10, 2018

鍼の思い出 その113(第2868回)

IMG_5672
























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 113

極めて独断と偏見的だが、

このように言えるのではないか。

例えば、井穴はその経の大元の病を取る、

或いはむしろ慢性化した病を解決する穴。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 09, 2018

鍼の思い出 その112(第2867回)

IMG_5665























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 112

このように見てくれば、ジョセフニーダムが言うように

古代中国における水利工学的発想が大事な事がわかる。

つまり、山岳に降雨した場合、山頂から水の流れが生じ

そこにおける水の表情と動態が井、栄
, 、兪、経、合、だ。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 08, 2018

鍼の思い出 その111(第2866回)

IMG_5661























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 111

兪穴は障害を抜き取
り通じさすツボ。

経穴は真っ直ぐ通り抜ける穴。

合穴は諸々の河川が合流して海に注ぐ穴。






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出 

May 07, 2018

鍼の思い出 その110(第2865回)

IMG_5641























人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!




鍼の思い出 110

栄穴は始発の井穴からやや脈力、

即ち水脈が旺盛となり流れも強くなる。

ここでは水流がグルグルまわる沼となる。









人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.



★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0) 鍼の思い出