October 01, 2016

『Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識』 その251(第2252回)

IMG_4463




































ーーーーーーーーーーーーお知らせーーーーーーーーーーーーー


⭐️Dr.のための鍼術講座連載開始⭐️


昨年末から一時休止していました鍼狂人の独り言❗️❗️
再開はDr.が知っておかなければならない東洋医学の常識。
Dr.のみならず鍼灸師、一般の方にもわかりやすく解説しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!



Dr.のための鍼術講座 250

中には本当に怒って治療に来ない場合もある。

そこまで怒らせないで、

適当にちょっと怒らせてみる。

そうすると本当の事をポロッと喋る。

「そういえば先生この頃気になる事が多いから、

食べるとスッとするんです」というようなことを言いだす。

これはストレス喰いである。

こういうように工夫をしなくてはならない。

問診から正しい情報を得る為には、

工夫して聞いていくことが大切である。

人間というのは欲望が満たされないと、

何か他の方法で欲望を見たそうとする傾向がある。

だからストレス喰いをするのはその最たる物。

食べる方でなく、もっと他の方面に行く人もあるが。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.




★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ

産経関西 蓮風の玉手箱
↑産経関西の人気コラムはこちらへ。
文化人・西洋医をはじめとした対談を通じて、鍼灸医学の本質に迫ります。


fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0)Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識 | Dr.のための鍼術入門

September 30, 2016

『Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識』 その250(第2251回)

IMG_4455




































ーーーーーーーーーーーーお知らせーーーーーーーーーーーーー


⭐️Dr.のための鍼術講座連載開始⭐️


昨年末から一時休止していました鍼狂人の独り言❗️❗️
再開はDr.が知っておかなければならない東洋医学の常識。
Dr.のみならず鍼灸師、一般の方にもわかりやすく解説しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!



Dr.のための鍼術講座 249

プロというのは、そこを見破って何故そうなるのか、

そして何で患者さんは嘘みたいな事を言うのかという所まで、

思いを馳せなくてはならない。

そうすると、その人の心理状況などすべてが見えてくる。

それから「知られたくない内容がある」と言う事では、

例えばあなたこの頃肥えたねと言うと、女性は絶対に怒る。

ところが女性は怒らすと本当の事を言いはじめる。

こういう心理知ってますか?







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.




★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ

産経関西 蓮風の玉手箱
↑産経関西の人気コラムはこちらへ。
文化人・西洋医をはじめとした対談を通じて、鍼灸医学の本質に迫ります。


fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0)Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識 | Dr.のための鍼術入門

September 29, 2016

『Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識』 その249(第2250回)

IMG_4444




































ーーーーーーーーーーーーお知らせーーーーーーーーーーーーー


⭐️Dr.のための鍼術講座連載開始⭐️


昨年末から一時休止していました鍼狂人の独り言❗️❗️
再開はDr.が知っておかなければならない東洋医学の常識。
Dr.のみならず鍼灸師、一般の方にもわかりやすく解説しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!



Dr.のための鍼術講座 248

それからもう一つ具体例を言うと、

よくお年寄りでいるが

「友達が亡くなって葬式に行って

冷えたあとから体が調子が悪い」と言う。

そうではない。

死んだ事が気になって肝鬱でイライラしているだけ。

けれども本人は葬式に行って身体が冷えたからだと言う。

こうしてみると、患者さんが言ったからといって、

そのまま正しい情報とは限らない。

本当かどうか、一つ一つ証拠を挙げて問診をやらなくてはならない。

本当に冷えてなったものなら、

お風呂で温まるとどうなるのかなど、

そういうような事を聞けばはっきりする。

我々はそれをきちんと証明していかなくてはならない。

それやらないで、ただ患者さんが言ったからそうだと、

それはもうハッキリ言って素人と同じ。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.




★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ

産経関西 蓮風の玉手箱
↑産経関西の人気コラムはこちらへ。
文化人・西洋医をはじめとした対談を通じて、鍼灸医学の本質に迫ります。


fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0)Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識 | Dr.のための鍼術入門