March 25, 2017

『Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識』 その426(第2427回)

IMG_2314





















ーーーーーーーーーーーーお知らせーーーーーーーーーーーーー


⭐️Dr.のための鍼術講座連載開始⭐️


昨年末から一時休止していました鍼狂人の独り言❗️❗️
再開はDr.が知っておかなければならない東洋医学の常識。
Dr.のみならず鍼灸師、一般の方にもわかりやすく解説しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!



Dr.のための鍼術講座 425

北辰会は他の会に比べても腹診に詳しいと思う。

結局の所「夢分流」の腹診術のおかげだ。

上も下も邪が一様に出ていて、

邪で一杯になってしまったもの。

どこが邪でどこが邪でないかがわからないぐらい

お腹全体が緊張してくるもの。

絶対に触ってはいけない。

ほとんど急死してしまう。

「アレ?あんだけ昨日元気やったのになぁ。今朝死んどったわ」

とこうなるものはほとんどこれだ。

上も下もとにかく邪で満ちてしまっていて、

もう逃げ場がなくなってしまう。

まさしく大木が雪の重さで

ポキッと折れるような感じで亡くなっていく。
 






人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.




★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ

産経関西 蓮風の玉手箱
↑産経関西の人気コラムはこちらへ。
文化人・西洋医をはじめとした対談を通じて、鍼灸医学の本質に迫ります。


fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0)Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識 | Dr.のための鍼術入門

March 24, 2017

『Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識』 その425(第2426回)

IMG_4998





















ーーーーーーーーーーーーお知らせーーーーーーーーーーーーー


⭐️Dr.のための鍼術講座連載開始⭐️


昨年末から一時休止していました鍼狂人の独り言❗️❗️
再開はDr.が知っておかなければならない東洋医学の常識。
Dr.のみならず鍼灸師、一般の方にもわかりやすく解説しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!



Dr.のための鍼術講座 424

普通はまず触ってはいけない。

しかし何もわかっていない普通の鍼灸家だと触るだろう。

肩凝りぐらい簡単だと。

しかし「あれ?来んようになったな」

と思った時には亡くなっていたという事態に…。

「年やからしかたないわ」と

鍼灸家が本当のこと(逆証であったこと)

も気づかずにあきらめていたり…。

おかしな話だ。

やはりあってはいけないことなのだ。

厳しく反省しなければいけない。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.




★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ

産経関西 蓮風の玉手箱
↑産経関西の人気コラムはこちらへ。
文化人・西洋医をはじめとした対談を通じて、鍼灸医学の本質に迫ります。


fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0)Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識 | Dr.のための鍼術入門

March 23, 2017

『Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識』 その424(第2425回)

IMG_2437




































ーーーーーーーーーーーーお知らせーーーーーーーーーーーーー


⭐️Dr.のための鍼術講座連載開始⭐️


昨年末から一時休止していました鍼狂人の独り言❗️❗️
再開はDr.が知っておかなければならない東洋医学の常識。
Dr.のみならず鍼灸師、一般の方にもわかりやすく解説しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!



Dr.のための鍼術講座 423

私でもまだ言う時がある。

「すんまへんな。まだ僕は修行が足りまへんねん。」と。

治せないものは仕方がない。

できるだけ危険は避ける。

治しやすいものから順番に治して、

治せないものは自分より腕のいい先生に任せる。

戦上手というのは勝てる戦しかしない。

だから百戦百勝する。

あたりまえの事。

あたりまえのことをやるのが名人だと思う。

自分の腕に合わして治す。

50年ちょっと患者さんを診てきた者が、

これだけのことを言う。

つまり病気というものがいかに治しにくいものかということ。

そういう観点に立ってものをお話ししている。

今話している逆証はさわらないようにしてほしい。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.




★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ

産経関西 蓮風の玉手箱
↑産経関西の人気コラムはこちらへ。
文化人・西洋医をはじめとした対談を通じて、鍼灸医学の本質に迫ります。


fujimoto1005 at 05:00|PermalinkComments(0)Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識 | Dr.のための鍼術入門