April 20, 2017

『Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識』 その452(第2453回)

IMG_5375





















ーーーーーーーーーーーーお知らせーーーーーーーーーーーーー


🌟2018年度 内弟子募集開始‼️🌟


『鍼狂人 藤本蓮風』の元で東洋医学の真髄を学びたい鍼灸師さん‼️
 募集は若干名です。

詳しくはこちら


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!



Dr.のための鍼術講座 451

重症の患者さんでも治療してほしい。

治療してもいいが、

どこがどのようになって、

今どういう段階に入っているのかということが

わかってから治療しないといけない。

わからないで治療するものほど怖いものはない。

そしてわかっていてもどうにもならない時には

それ以上絶対に治療を続けてはならない。

これが原則。

西洋医学では心電図、エコーなどの検査をしてから処置をする。

我々はこのような四診合参を踏まえてから治療していく。

すると逆証の患者さんの90%以上を発見できると思う。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.




★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00│Comments(0)Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識 | Dr.のための鍼術入門

コメントする

名前
URL
 
  絵文字