April 21, 2017

『Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識』 その453(第2454回)

IMG_5378




































ーーーーーーーーーーーーお知らせーーーーーーーーーーーーー


🌟2018年度 内弟子募集開始‼️🌟


『鍼狂人 藤本蓮風』の元で東洋医学の真髄を学びたい鍼灸師さん‼️
 募集は若干名です。

詳しくはこちら


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!



Dr.のための鍼術講座 452

Ⅱ.質疑応答


みなさん逆証で聞きたいことは?

まずは望診での直観力を養うことが非常に重要です。

顔、姿ね。

ちょっと勘のいい人であれば

遠く離れていても何か感じるものがあるんです。


1、予後の立てかた


N
:予後の判断はだいたいどういうところにあって、

  あと何年くらいもつというのは

  どれくらい正確に推定できるものなんでしょうか。


師:それは一概には言えません。

  気色が全部青黒く抜け、

  数脈を打って弦急脈であるということが、

  胃の気の脈診においてはっきり異常として出てくれば、

  これは非常に死が近いことはわかります。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.




★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00│Comments(0)Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識 | Dr.のための鍼術入門

コメントする

名前
URL
 
  絵文字