July 15, 2017

『Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識』 その538(第2539回)

IMG_2994





































ーーーーーーーーーーーーお知らせーーーーーーーーーーーー


🌟2018年度 内弟子募集 終了🌟


厳正なる選考試験・面接により新内弟子が決まりました‼️


数多くのご応募ありがとうございました‼️


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




人気ブログランキングへ←1日1回クリックにご協力下さい!



Dr.のための鍼術講座 537

癌の寒熱の問題としては、

初期の段階では冷えのものもたくさんあるが、

そのうち内熱から気陰両虚といった形になってくる。

その上に湿痰や瘀血が絡んでくる。

この湿痰や瘀血をどんどん取っていけば、

癌も早く治るのだろうが、

それをあまりやると弱っている正気が

ますます弱っていくということにもなる。

それはちょうど西洋医学において、

患者さんが制癌剤や放射線治療をした時に起こる

非常に疲労することと同じことである。







人気ブログランキングへいつもご愛読いただきありがとう存じます。
このブログは専門家の方はもとより、一般素人の方たちにも輪を広げ、東洋医学を幅広く喧伝したいつもりです。どうかブログランキングボタンを押してください。
ご協力お願いします。


Copyright © 2011 藤本蓮風 All Rights Reserved.




★鍼狂人 藤本蓮風関連ホームページ★

一般社団法人 北辰会
↑藤本蓮風が代表を務める鍼灸学術団体はこちらへ

藤本漢祥院
↑奈良・学園前にある藤本蓮風の治療院はこちらへ



fujimoto1005 at 05:00│Comments(0)Dr.が知っておかねばならない東洋医学の常識 | Dr.のための鍼術入門

コメントする

名前
URL
 
  絵文字