揃い

お待たせしました、イメージボイス企画がついに公開です!
イラストは野谷トオルさんに描いていただきました、
ありがとうございます!

・voice01、voice02の部分をクリックしていただくと音声が流れます。
・声優さんの名前をクリックすると、その声優さんのホームページに飛ぶことが出来ます。

☆あらすじ

総生徒数54名の長月高校。
現在、廃校の危機に直面している。
廃校を阻止するためには、
まず周辺地域の人たちに興味を持ってもらわなければならない。
そこでみさとの提案により、文化祭に例年以上に力を入れて取り組むことになる。

普段の生徒会メンバーだけでなく、
みさとの親友である林明里。
学年のムードメーカーである宮田宏也と宮田花蓮。
そして、内気な自分を変えたい今井純佳。
有志のメンバーと合同で、合計8人の文化祭本部が設立される。

彼らの前に待ち受けるのは希望?それとも困難??
長月高校の存続をかけた一大プロジェクトが今、始まる!


☆キャラクター紹介(生徒会メンバー)

姫川みさと

姫川 みさと (ひめかわ みさと)
CV:馬嘉らら
voice01   voice02

高3女子。生徒会会長。
明るい性格で、思い立ったら一直線。気が強い。
副会長の佐野奏太は幼馴染。

「さぁ、人数も揃ったことだし…文化祭本部、活動開始!絶対に成功させるわよーっ!」



佐野奏太

佐野 奏太 (さの そうた)
CV:城野晴歌
voice01   voice02

高3男子。生徒会副会長。
振り回され属性もあって苦労人。(主にみさとが振り回してる)
みさとのことが昔から好きだがなかなか気づいてもらえない。

「…なあ、みさと?お前本当に分かってるのか?
この学校が今、どれほどの危機に立たされているのか」



寺内麻香

寺内 麻香(てらうち あさか)
CV:白鷺風羽
voice01   voice02

高1女子。生徒会会計。
無口で淡々とした話し方。体型はわりと幼め。
ミステリアスで何を考えているのか分かりづらいが本当は優しい子。

「先輩…張り切るのはいいけど、それじゃ予算足りない…」


伊藤夏希

伊藤 夏希(いとう なつき)
CV:hana10
voice01    voice02

高1男子。生徒会書記。
ショタ。中性的な容姿ゆえに女の子とよく間違われる。
男の娘でもなければホモでもない。だが色々可愛い。
(男女共に応募可能)

「えっと…とりあえず皆さん、一旦落ち着いて話を整理しましょうか?」


☆キャラクター紹介(有志のメンバー)


林明里

林 明里(はやし あかり)
CV:狛原ひの
voice01    voice02

高3女子。巨乳。みさとのクラスメート。
みさとが一生懸命になっているのが放っておけず実行委員会に参加。
家庭科部の部長でもあり、
手先が器用で、ぬいぐるみから衣装までなんでも作れる。

「装飾とかは私に任せてー。ちゃんと可愛いの考えておくよ」


宮田宏也

宮田 宏也(みやた ひろや)
CV:赤見優
voice01   voice02

高2男子。
「なんか面白そうだったから」という理由で実行委員に立候補。
ノリはいいが成績はかなり悪く、毎年留年スレスレだとかなんとか…

「おざーーす!もうすぐ文化祭っすね。
楽しみすぎてオレ、だんだん夜も眠れなくなってきてるっす!」



宮田花蓮

宮田 花蓮(みやた かれん)
CV:小音
voice01    voice02

高2女子。宏也は双子の兄。
宏也とは仲が良く気も合い、参加理由まで同じである。
なお妹のほうは勉強が出来る。いたずら好きな一面も。

「ちょっと宏也ー?お楽しみのところ悪いんだけど、
文化祭のことに気を取られてたら、
そのわりとすぐ後に期末試験というのがあってだねー…ふっふっふ。」



今井純佳

今井 純佳(いまい すみか)
CV:羽森つぐみ
voice01   voice02

高1女子。
人見知りで引っ込み思案な自分を変えようと実行委員に立候補。
責任感が強く、一度決めたことは最後まで貫き通す。

「あのっ、失礼します…文化祭本部って、この場所で合ってます、よね…?」


☆キャラクター紹介(教師陣)

幸村香澄

幸村 香澄(ゆきむら かすみ)
CV:針山うに
voice01    voice02

27歳女性。数学担当。生徒会顧問。
スタイルはかなり良く、生徒(主に男子)からの人気が高い。
独身であり、そのことについて触れると怒る。

「ふふっ、なかなか人が集まったわね。
これだけいれば、楽しい文化祭になりそうじゃない?」



白井裕

白井 裕(しらい ゆう)
CV:志賀アクト
voice01    voice02

25歳男性。化学担当。みさとの担任。
無精ひげをはやしており気怠げな雰囲気。
幸村は高校時代の先輩でもあり、なんだかんだで頭が上がらない。

「あー姫川か。すまんな、今ちょっと手が離せなくて…って、
なっ、幸村先…生、なぜここにいるんですか」