ブログネタ
超星艦隊セイザーX に参加中!
超星艦隊セイザーX 第28話『侵入!新たなる戦力?』感想

アドルイーグルが消えてしまい必死に呼びかけるたっくん。そこに突如現れた女性。―――誰?
ハチャメチャな女性にたっくんが闇雲にやってもしょうがないと説教。あら、たっくん落ち着いちゃって。
で、はっちゃけたトモちゃん似の女性パトラさんはゴルドさんの奥さんだそうで。へぇセイザーXの偵察員なんだ。
とりあえず視点のユニークな女性という事は分かった。大学芋が得意料理ってのもいいよね。
そこにするっとやってきてたブレ兄。
納豆料理を差し出す春子さんも心得たものです。
他に行くところがなかったんだよ、と素直に言うブレ兄。切ないよ〜。
ジャッカルは死に、サンダーラに会いたくても会えず、いつの間にかココに来ていたというブレ兄。初めて安らぎを覚えた場所である安藤家に最終的には戻ってくることになったブレ兄。
そうかそうか〜あんたにとって戻るべき場所は安藤家になったのかもな。
そして妙に意気投合するパトラさんとブレ兄。このまま昼メロかと思ったよ。

ブレ兄が他の二人の将軍を説得して宇宙に戻ると申し入れ、たっくんはソレをシャーク隊長に進言しにいく。
一生懸命ブレ兄の作戦を伝えようとするが、シャーク隊長には却下されてしまう。そこで素直に引き下がるたっくんを見て変わったなと指摘するブレ兄。
そう、たっくんは以前のように闇雲に突っ走ったりしない。周りの事を考え、隊長命令を聞く。それをブレ兄は指摘したのだ。
だが、それを悪いとなぜ言い切れる?
なかなかこれは面白い展開になりそうだ。

シャーク隊長とレミーさんはまるでマトリックスのネオとモーフィアスみたいだよね。かっこいー!!

海賊組の前にはネオデスカル様と悪の幹部に相応しいセクシーお姉さん。わぉ★
司令官にと言われすっかり舞い上がるアク姐と対照的に「どんどん望まない展開になっていくぅ〜」と頭を抱えるサイクリ兄。

じいちゃんは連日徹夜続きで眩暈が―――、だ、大丈夫ですかぃ?!
なにを頼まれてるんでしょう??

そして3将軍は久しぶりにあいまみえるが話をする暇も無い。サイクリ兄はブレ兄と久しぶりに会い、本当に嬉しそう。サイクリ兄は気のいい人なのにね〜〜。
アク姐はそんな戦闘中でも小ずるいことを考えており、唯一装着できないレミーを人質にとって脅すがシャーク隊長は一向に構いわしない。
そこに火の玉が「あちょぉ〜〜〜〜!!」
やって来たのはキルビルちっくなパトラ奥さん。飛んできたのはカッコよかったが、パンチは猫パンチだぜぃ★
で、これを見てた二人に明らかな差が‥‥。

たっくん「なんて闇雲な」
ブレ兄「ナイスガッツ!お前(たっくん)も見習え」

たっくんがアド化してる―――。
さて、そんなパトラさんのナイスな助太刀のおかげでレミーは反撃。アク姐もへたり〜。

悪の幹部のお姉さんはめちゃめちゃ悪そうでいいですねぇ〜〜〜。なんつぅかネオデスカル様に艶やかな笑顔で取り入ってるけど、隙あらば寝首をかく悪女の顔ですよ、これ。
うひゃ〜!悪いがグロ姐より断然ファンになりました!!
バレーダ様ばんざい!!!

たっくんはじいちゃんに悩み相談。
みんなの事を思いやれるようになった分、闇雲さを失ったのではないかと。
昔の自分のようなパトラさんを見て気付いたんだろうな。それに対するじいちゃんの言葉、成長の途中なんだから大いに悩め、というのが良い。
若者よ、簡単に答えを見つけようとするな。悩んで悩んで考えろと言ってるんだよ。いいじいちゃんじゃないか。

なんかレミーとシャーク隊長ってもっと深いところに因縁があるのかなぁ?とか思う。親子と言うより仇なんじゃない?
強くなれ、と願うシャーク隊長。もしかしたらネオデスカル組だったときに殺した相手の子ども(遺族)がレミーなんじゃない?
そうだとしたら、面白いな。ドラマとしてね。

すっかりヘコヘコに凹まされたアク姐。
そこにやってきたのはすっかり人が変わってしまったサイクリ兄。
目が赤く光ってるよ〜〜〜。どうしちゃったのよ〜〜サイクリ兄〜〜〜!!
バレーダね。バレーダが悪いのね。ああぁでもバレーダ様もステキです(沈)

やりたいことはどんどんチャレンジしよう、ではツインセイザー大活躍。ガチャピンのチャレンジみたいだよな。
で、パトラさんが美味しい。さすが夫婦。