先日、友人に誘われて友人の友人と品川で飲んできました。
私は『ほとんど他人』なんですけどいぃんですかぃ?と思いつつ恐る恐る参加で

いやぁ人ってのは話してみないとわっかんないもんだなぁ〜〜と実感。
アリスが好きなのは知ってて私も読んでるんだけど、まさか江戸川乱歩に夢野久作、横溝正史に京極さん(女郎蜘蛛までだよね〜ってとこまで一緒)、映画は市民ケーンに博士の異常な愛情(時計仕掛け〜は未見らしいが好きだと思う)、そして好みじゃないマンガまで似通ってる‥‥‥‥。
うぉ〜〜ッ、他人とは思えない。
身近な人で私と似たような読書傾向や映画視聴傾向のある人ってまず居ないので本当に山ほど話せて嬉しかったっす。
あ、大作・B級映画好きな私と話の合う後輩や、海外ドラマを話せる友人は居ますが、読書傾向とかはさすがに合う人そうそう居ないので(苦笑)
ドグラマグラはあれ本当途中でわけわかんなくなるので、前に読み通したときは2日間あれにかかりきって読んだ思い出が‥‥。
真珠郎も好きなんだけど、あれも映像で見たときと本を読んだ時は印象違ったなぁ〜〜。

ってゆーか、久しぶりに萌をごっちゃり人に話せた気がする。
それもWJ系とかじゃなく割とアングラ方面で‥‥

続きは腐でアングラ入ってるので意味の分からない人などは読まないほうがいいと思う。

どういう傾向のCPが好きかという話になって、男性向けならヤンデレありだが、女性向けなら断然ヤンでる攻が好きだぁ〜、とカミングアウトさせてもらった。
あまり言うと引かれそうだが‥‥

好きな攻は、根っこはヘタレなんだけどそれを覆い隠すために強気を装ってて、しかも過去にトラウマとか抱えちゃっててヤンでる系がいい。いつもはヤンでる風に見えないんだけど何かの拍子にとか、好きな相手に対してだけ、ちょっとそれはないんじゃない?みたいなヤンだ面をさらけ出すのがいい。
対して好きな受は、そういうヤンでて酷い男をものともせずに、ただ「好きだから。愛してるから」という理由で受け止められる、広い心と頑丈な身体を持った人がいいです。

と、言ったら「あ、それSの人の考え方ですよ」と宣告された。
え?マジで??
私、自分がSだなんてこれっぽっちも思ってないんですがSですか? ドS国のお姫様ですか?(良く考えたら女王様の方があってるな)
自覚ゼロなんですがひょっとしたらSかもしれない。
まぁブランニューな自分発見
や、それはいいとして。うむ、確かにあたしの好みは少し変かもなぁ。

そして一番のへぇポイントはプロの漫画家さんは本当に大変だということ。職業として漫画を描くことと、同人で描くのではぜんぜん違うんだってこと。
しかし、難しいものほど挑戦してみようと思う、ってのは本当にプロとして大事な資質なんだろうなぁ〜って思う。
好きなものしか描きたくない、って人は商業作家にはなれないだろうし、やはりやってけないと思う。職業として漫画を描くときはアンテナを張り巡らせ時流をある程度予測し、自分がやったことないものにも挑戦していく必要があるんだなぁ〜と思った。
さすがプロ、お見それ致しました。
そしてあまりエチィのが書きたくない理由が、もう過去にいわゆるゲェム系で死ぬほど描いたからだというのが真っ当な理由で本当に平服。
わぁ説得力あるなーーー。すげーよ。
単行本、たくさん出るといいですね。紙媒体ってやはりまだ主流な気がするので。