■不二乃耳袋■

毎日何かに興味津々。今日も今日とて色んなお話を耳袋に詰め込むのデス。
毎月なにかとイベントに参加中。ヲタクだけどヲタクになりきれない微妙な境界線に生息中。

マンガ 関連

し‥‥少女マンガって、おもしろいね

このあいだ、仕事徹夜明けに整体に行き、その帰りにお隣の本屋にふらりと入って見かけたマンガを買ってきて読んだら‥‥あんまり面白くてハマった。
愛俺!     ~男子校の姫と女子校の王子~ 第1巻 (あすかコミックスDX)
愛俺! ~男子校の姫と女子校の王子~ 第1巻 (あすかコミックスDX)

なんか、これ超おもしろい。続き読みたいなぁ〜と思ってたらもう2巻も出てたので即行買った。
そしてコレの前のシリーズも買ってきてしまった。
愛を歌うより俺に溺れろ! 1 (1) (フラワーコミックス)
愛を歌うより俺に溺れろ! 1 (1) (フラワーコミックス)

タイトルがすげー恥ずかしいが中身はすげー面白いぞ、これ(*´∇`*)

いや、実はまゆたん(だって本人がそう自称してるからさ‥‥)の本は1冊だけ持ってて、それがエッセイなんだけどこれも面白かったのよ。
まゆたんって筋金入りのヲタクみたいで、しかも仕事のためならなんでもするプロ根性の据わった人だなぁ〜とは思ってて好きだったんだけど、このマンガ読んでさらに好きになったわ。
つーか秋羅はキラだよね(笑) ドラマCDの声優さんは☆さんやし。つーかまさか蘭はアスラン‥‥? まさかね〜、と思ってたが声優さんIシダさんだ!
うわぁ〜〜まゆたん種好きだもんねーー。と思ってたら新之助がS村さん!! シンだ。
いやいやいやいや、あたし別に種ぜんぜん好きとかそういうのじゃないけど、このマンガはすげー面白かったよ。うん。
水樹ちゃんもめっちゃカッコかわいくて好きなんだけど、黒水樹ちゃんの方が好きかなぁ〜〜。白秋羅たん×黒水樹ちゃんが最高の萌えでつ。

あ、あと表紙がBLっぽいけど確実に男女のラブストーリーなのでお間違え無く(笑)
早く新刊出ないかなぁ。わくわく

そうそうオフィシャルサイトに行ったら、春日先生と城戸理事長の学生時代らしい2ショットイラストがあったんですけど‥‥なるほどカッコイイ。
城戸理事長人気あるようですが、うん、確かにね。後は将さんの過去の失恋話とか見てみたいなぁ〜〜

思わぬところで思わぬ出会い

Pumpkin Scissors 10 (10) (KCデラックス)

そろそろ出てる頃じゃないかしら?と思ってスパークの帰り品川の構内の本屋にふらっと入ったら積まれていた。よし、よし、GET
この作品ものすごい好きです。正直万人にうけるとは思わないけど、あと画も割と味のある感じで(美形とか綺麗な画を期待してる人には合わない感じかな)でもあたしは好きです。
あぁいう考えさせられる話は大好きだ。軍部ものなのですが萌えを期待してはいけません。本当にちょっと痛い感じもあるので。
戦争の残した傷痕とか、戦後でも残る復興途上のごたつきとか、喰っていくためには汚いこともしていかなくてはいけない事とか、マンガだけど本当にちゃんと描いてるなぁと。
画は‥‥1巻に比べたら段々キレイになってきたと思います 好きなので贔屓目かもしれませんが。

このあいだ知人にラデュレのマカロンなるものを頂きました。マカロンと言えばダロワイヨとかしか知らなかったのですが、ラデュレというフランス老舗がつい2ヶ月ほど前に日本進出したとかで。
いやぁ〜〜ビックリした。美味しいね。これ。
本当に美味しいものを知ってる人はスゴイね〜〜。その方に、原宿(表参道)にデメルのサロンがあるよ、とお聞きしたので今度原宿に行ったらそのサロンに行き、デメルのザッハトルテを食べたいと思います。
美味しいものを食べ歩きが趣味とは行ってたけど、その方の紹介が「フランス旅行に行った時に食べた味が忘れられなくて。やっと三越に入ったから嬉しくて」というのもまたオシャレだなぁ〜〜と思った次第。
あたし‥‥そういうの言えないなぁ〜。紅茶にもコーヒーにも詳しくないし、お菓子類全般にも造詣深くないし。
ちょっと尊敬する。

なかなか面白いYo

仮スマ 3 (3)
NARUTOの新刊を買いに本屋に行った時にたまたま目についたコレ。
普段マーガレットなんて読まないのになぜか気になって手にしてみました。
帯のあおりも興味をそそるぜ。ってことで購入。

表紙だけ見ると恋愛ものっぽいけど違うんだなコレが。
ようはショートショートのギャグコメディ。
よくネタで言われてる「タレントの○○さん、ノーメイクで楽屋入ってくとき誰か分かんなかった」とかってやつをそのままマンガにしたような話。

主人公の超人気アーティスト、サクは本当は地味で目立たない顔立ちで服のセンスも悪し。だけどメイクの腕が超一流で、その抜群のメイク術でイケメンに大変身★
しかもこのサク、悪いのは顔とファッションセンスだけで、声もいいし歌唱力もある。しかも背も高く、鍛えられたボディの持ち主。
これに素敵な顔と髪型、服を着せればあら不思議。人気アーティストの出来上がりってやつです。
でも、中身は地味な田舎モノのままなので素直でとてもカワイイ。
ファンの子や、友人の助言に「今度試してみます」とか「ありがとうございます」と素直に言える素敵な子。
なんか読んでて素直に応援できるので大好きだ。

もう一人の主人公、人気シンガー花音。
もともと顔立ちはキレイでいくら食べても太らない華奢な体の持ち主。しかも歌唱力もハンパなく、精神的にも強いクールな女性。
だがその実体はバリバリに大阪弁を操るトラキチ。服のセンスは大阪のおばちゃんの悪いエッセンスをぎゅっと凝縮したような、派手なスパッツにデカいプリント入りシャツを愛用。
メガネにおさげで、酒と粉モノをこよなく愛するガハハおばちゃん系。
それが、キレイな服を着て、しっかりメイクし、標準語で口数少なくするとあら不思議。人気歌姫の出来あがりって寸法だ。

で、彼らはお互いに正体に気付かずにノーメイクの状態でも知り合いだったりする。
サクと花音の時には芸能人同士ということもあり表面的なお付き合いで、しかも花音ちゃんのほうはちょっとサクに気がある感じが初々しくてカワイイ。
対してコメ(サクの正体)と寅子さん(花音の正体)のときは、寅子ちゃんがコメをいいように使って振り回す役回り。
スーパーの安売りにコメを連れて行き、荷物持ちさせて寅子ちゃんは駆けずり回るって寸法だ。
ありがちっぽいんだけどこうツボにはまると笑っちゃうってのがいいんだよね。
久々に面白い少女漫画に出合えた気がします。

―――ってゆーか、あたしコミックスもジャケ買いというか勘で買うこと多い気がする。
パンプキンシザーズもなんかアンテナに反応しちゃったもんな。
にしても絵柄の好みに統一性がないぞ、あたし。
今まで買い集めた漫画といえば‥‥

NARUTO、ネウロ、アイシ、クロザクロ、笑う大天使、うしおととら、マリみて、ARMS、パトレイバー、攻殻、アップルシード、東京バビロン、私を月まで連れてって、花冠の竜の国、コブラ、ブラックラグーン、パンプキンシザーズ、、、etc
本当に統一性がないな。

マイナーもえですけどなにか?

パンプキン・シザーズ Men of Pumpkin 編 Vol.1 (初回限定生産)
いま大変たのしみに見ているアニメです。
本屋さんでまずマンガを目にし、その帯に「この秋アニメ化」とあったんですがなんだか気になって気になって。
「とりあえずアニメは絶対見よう。で、面白かったらコミックス買おう」なんて思ってたら‥‥。
おや?まんまとうちに既刊本が揃ってますよ(苦笑)

最初はアリス少尉うざいとか思ってたんですが見てくうちに、あーこの人は自分を貴族たらんとするために高い視点で物事を見て行動してるだけなんだなぁ〜と気付いたら、好きになりました。(早ッ)
ってゆーかオレルド准尉もマーチス准尉もアリス少尉だからついていってるんだろうし、そして何よりオーランド伍長が自分を闇から引きずり出してくれる人だ、とそこに救いを見出したような人なのだから。そら立派な志を持った人なのだよな。

人道を外れた、軍の人体実験の結果生み出された最強の部隊。冠に忌むべき数字”9”をいただいたあってはならない特殊部隊。それがインビジブル9。
その901ATTという「公式文書にのっていない」部隊に所属していたオーランド伍長。彼は戦争が終わりいきなり放り出されて、何をしたらいいのか分からずに放浪していたところをアリス少尉率いる情報3課の面々と出会い、なりゆきで新たにその課に所属することとなる。
本当はやさしくて臆病で戦うことなんてできない人なのに、軍の行った非道な”訓練”の結果彼はただの殺戮マシーンになっていた。それが伍長さんの心を戦後も闇で蝕んでいた。
ところがアリス少尉はそんな彼の心の闇をいとも軽々と打破し、青空の下へゆこうと手を差し伸べてくれた。
オーランド伍長のアリス少尉に向ける思いは、恋愛感情じゃないんだよな。敬愛だよ。救われ、そしてそんな少尉の背中をただ守りたいだけなんだよ。
でも、なんとなくだけどアリス少尉の方は伍長さんのこと―――好きだよね?
伍長さんの事を強い男だと思ってたけれど、実は弱くて脆くて本来は戦えないような人間なのに傷だらけになりながら立ち向かってるのだと知り。だったら私が戦う。もうお前は戦わせない。なんて言っちゃう男前な少尉に乾杯。
彼女が男子だったならそれはそれはもう素晴らしいマルヴィン家の跡取りになれたでしょうに。
こういうの見てくと少尉のことがドンドン好きになれます。

もちろんチビッコもオレルドもマーチスも大尉もみんなステキです。
あとは新刊でのクレイモア・ワン副長さんの勇姿が早く見たくてしょうがないです。うわ〜〜鉢合わせ〜〜!
ところでアニメを見てて「あれ?この声聞き覚えが‥‥」と思ってたら元アシュことクエスターのお二人さんでした。
オーランド伍長がガイでマーチス准尉がレイだ。
―――普段そんなにはアニメ見ないんだけど‥‥まさか特撮の吹き替えで声を覚えていくとは‥‥ビックリしたよ。自分にナ。

BLACK LAGOON 002
あと、これはTVのCMで「今度始まるアニメか〜。なんか音楽もカッコイーし好みな感じ。絶対見るべ」と思って見始めて、1stが終わってションボリしてたら2ndが始まってラッキーってやつです。
おかげでこれもコミックスを買い揃えてしまった。

キャラクターがみんないんだよね。
ロックもダッチもベニーも、もちろん女ガンマンレヴィーも好き。
バラライカの底知れぬ恐ろしさもクールだし、張さんの人を喰ったような姿勢も好きです。
このあいだの双子の話は「おーやってくれた」って感じで本当にステキだった。原作もいいがアニメも本当にうまくやってると思うよ、これは。面白いもん。

で、ここでもつい注視しちゃうのはロックとレヴィの関係。ロックは自分を一度は失ったと思った人生の終わりから引き戻してくれた恩人として、色々あるにしろレヴィに好意をもっている。
で、レヴィはレヴィでお気楽日本育ちのロックにほとほと呆れながらも、彼が危なくなったら我が身を省みずフォローに行こうとしてる。ロックを守るために動いてるな、と思われる場面が多々見られます。
ここでもロックのレヴィに対する思いは恋愛感情とかではなく、突き詰めた友情にしか見えないのだが。
レヴィはロックのこと好きだと思う。たぶん。
まぁこういうの好きなんだよな。関係性がナ。
分かりやすッ★

話事態も非常に面白いのでこれも絶対外せない番組です。
ところで2ndではやたらと修正が入って台詞の削除がされてるんですが、どうしたんでしょう?これ米国とかで売る気なのカナ?だから削除ってる?
ブラックラグーンはあのテンポのいい悪口雑言が楽しみなのに、少し残念な気がするわ。

*********************

さて、この好きな作品を二つとも言っても誰にもわかってもらえないんだろうな〜。
私の友人は銀河鉄道物語というやつにはまっててDVDボックスをあたしに貸してくれた。布教活動のつもりらしい。
うん、うん、君とは好きになるものが違うけど、微妙にマイナー方向に向かう姿勢は同じだと思うよ。シンパシー感じる。(め い わ く デス)

TD★

アイシー!アイシー!アイシー!
YA-HA!!

セナのデビルバットダイブが決ぃ〜まったぁ〜〜〜〜ッ!!!
そうだよ、そうだよ、みんなの力をあわせてこれはもぎ取った点なのだ。
押し込みで入れたTDなのだ!
栗田はリベンジしたのだよ。
阿含も一休もデビルバッツの面々を低く評価し過ぎてたんだ。
当たり前だよね。神龍寺ごときに手こずってたら王城とは戦えないのだよ。
セナが対決するのは最強のDである進さんなんだよぉ〜〜〜。
よっしゃ、よっしゃ、よっしゃ、よっしゃ〜〜〜〜〜〜!!!!

ネウロは、ようやく篚口の情報が出てきましたな。
天才ハッカー、なるほどね。あたしはてっきりHAL側の人間になってしまったのかと誤解していたよ。
弥子ちゃんは浮上できるのかな?ガンバレ〜〜

銀魂は沖田メインの話なのね。しかし土方さんも不器用なお人だ。
一番不器用なのは近藤さんだと思ってたけど、意外に彼は直球なんだよね。
だからみんな付いて来るんだよな。

エムゼロ。ようやくあのカードが発動したぞ。しかしどんな能力なんだコレ?
結構好きな作品なのに掲載順位がヤバめだな〜〜。心配。

他の件はやや貴腐人調のコメントをつけるので追記へ。ヲタはフィルターのかかった目で見てしまうのだよ(苦笑)
続きを読む

今週のWJぐぁっっ

おーりーひーめーーーー!!!

あぁもうねっ織姫!!
織姫ちゃん!!!
ウルキオラが別れの挨拶をする時間をくれたっていうのが「へぇ〜」って感じなんだけど。彼女がただ一人にだけ別れを言う事を許されて会いに行く相手は一護だと思ってたけど。

あぁもぅッッ、さんざんドキドキさせたあげく、泣きながら「‥‥ダメだ‥‥やっぱりできないや‥‥」なんて言われた日には―――
くぅ〜〜〜〜ッ!!織姫ッ、もう二度と戻らない覚悟があるならチュウして良いと思います!!!許可します!!!!

BLEACHでは一織の恋ルキなので、この一織展開にはぐわわぁわぁ〜〜んっと脳天揺さぶられまくりっす。
BLEACHは男女カプが一番燃えるぜ。
(弦ウリ萌えしてることは秘密だ!!)

アイシ、まさかまさかのタイムアウト。
えぇ?!じゃぁクリスマスボールは‥‥‥‥(呆然)

ネウロはやはり面白い。ストーリーがこんなに楽しみなのはL健在時のデスノ以来ですよ(L亡き後は見てないので‥‥)

ナルトは映画楽しみやね〜〜〜。ふふふふふふ
(夏の新刊はザラ買いしたいとこだよ。しかし大阪初売りとかグッコミ回しとかも多いからな‥‥。ぃゃぃゃこれは別件か)

最近はエムゼロも結構楽しみにしてる。柊(父)の魔法が好きだ。
なんだあのカートゥーンな魔法の数々は?見慣れると楽しみだよ。九澄くんの報われないとことかも好き(笑
支部長の秘密も気になるやね。

なっと

86f99829.gif&さっけ

またマイナーなスポーツマンガに・・・


GO AHEAD 1 (1)
ナルトのコミックス買った時に挟まってたジャンパラ!の新刊情報で気になってはいたんですよね。で、書店で見かけたので購入。
読んでみてなかなか面白いかと思ってみたり。しかしまた・・・アイスホッケーとは、日本ではマイナーなスポーツ物に手を出してしまった。ルールとか良く分かんないぞ。
最近ようやくアメフトのことを覚え始めたと言うのに次はアイスホッケーか?私はそんなにマイナースポーツが好きなのか?なんでMLBでもNBAでもなく、NFLとかNHLとかに興味を持ってしまうんだろう?

話は、カナダでアイスホッケーをやってた帰国子女の少年が、日本の田舎でホッケーできずにくさくさしてたところ、自分の学校にやってきた新任の先生がどうもホッケーができるみたいでしかも半端なくうまい感じで、その先生に興味を抱いて追い掛け回す話(で合ってるかな?)
この人はホイッスルを描いてた人なんですね。じゃぁきっとスポーツマンガをちゃんと描いてくれそうで安心です。
ちょっとおもしろそうなので見て行こうかなぁなんて思ってます。

最近のはまり物


アイシールド21 を最近読んでます。
アニメが始まってTV見て面白いな〜と思ってたんだけど、このコミックのファンの人にドカドカッと借りて読み始めたらこれがもー止まらない!
しかも貸してくれた人がアメフトをやってたという方で、分かんない事(試合の流れやルール、なんでこんな戦法をとったのか・・・などなど)を教えてくれるのでますます面白い。やべーアメフト面白いよー!
貸してくれた人が進のポジションだったので「進だー、本物の進だー」と言ったら「片手でなんか止められないっすよ」と言われた。アメフトってマジ格闘技みたいだ。話聞いてるとそう思う。
ルール覚えたら今度は本物の試合を見なきゃな。続きを読む

クロザクロ 2巻 感想


クロザクロ 2 (2)感想
傀牙と対峙する薊。幹人は口から出まかせで言った事が本当になりただただ驚くばかり。
しかも薊劣勢であわや傀牙の毒牙に・・・というところまで追い詰められる。幹人はそこで重大な選択を迫られる。
自分の身を守るためには今ここで薊が傀牙に喰われたほうが都合がいい。だが幹人は自分の保身のために人を見殺しにする事はできないと判断する。
肉体は人間とかけ離れたものになりつつある。そして心まで人間でなくなったら・・・、そう思い幹人は傀牙に立ち向かう。
と言っても戦い方を知らない、自分の力を知らない幹人が最初からうまく戦えるわけもなく。
幹人に死なれては困ると呟くザクロの力により幹人は傀牙を追い払う事に成功。とにかく良かったね、幹人くん。
倒れたままの薊の蛇合の鈴をこっそり潰して立ち去る幹人。だがそれを彼女は見ていた。
―――まずいんじゃない?

夢の中でザクロと話す幹人。
ザクロは自分の得にならない戦いをした幹人に疑問を投げかける。ようは人助けなんてなんでしたんだ?ってことでしょう。
それに対し幹人は、例え自分が傀牙でも心までは渡さないと宣言する。なんか、自分の意見をハッキリ言うようになったような気がするんですが?

さて薊は幹人が傀牙ではないかとあたりをつけ、言いくるめて彼を廃墟に呼び出す。しかもそこには九蓋さんの待ち伏せも。
自分が騙されたことに気づいた幹人は、自分が心まで傀牙ではないと必死に訴えるが容赦のない九蓋さん。
人の話聞きなさいな、九蓋さん。
反撃してこない幹人に九蓋さんもようやく何かを悟ったのか、幹人に人を殺したり喰ったりしたかと問う。もちろん幹人くんは否定。
と、九蓋さんってば驚きの宣告。
「これからは、俺と行動を共にしろ!」
・・・・・・は?連れてくのかい、こんな子ども。ってゆうか傀牙なんですけど。
幹人はというと九蓋に元に戻る方法があるかもしれないと言われ、それに一縷の望みをかけ彼に付いて行くことに同意する。
だが最後にもう一度家族に会いたいと言う幹人。九蓋さんはそれを了承する。薊は即座に反対するが意見は聞き入れられず。
九蓋さんは幹人を信じたってことでしょうね。

幹人は自宅の明かりを見上げるが結局帰宅する決心がつかない。そこへ妹の梢枝がやってくる。
そこで初めて幹人は自分がもううちに帰らないことを言う。驚く妹。そりゃそーだ、家出宣言ですもん。
と、そこで傀牙の気配を感じた幹人は梢枝を連れて逃げ出す。妹を背負って走りながら二人が幼かった頃を思い出し、噛みしめる。もうそこに戻れないかもしれないという思いがあるから余計に切ない。
梢枝を背負ったまま階段を駆け上がったり、ビルの屋上から飛び降りたりと言い訳に困るようなことばかりしてしまった幹人。不審に思い問い詰める妹。答えようとしたその時、二人の前に追ってきた傀牙が飛び降りてきた。
妹を逃がそうとするも傀牙は強い方より弱い方を追うことを選び、梢枝を追いかける。止めようとする幹人。
しかも今回はザクロは手伝う気配はない。どうする幹人?
絶体絶命、妹を助けたい一身の幹人。その彼の身に異変が起こる。

ちょっと長くなったので続きます・・・続きを読む
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
Profile

不二乃

注意書き
記事内容にまったく関連のないと思われるコメント・トラックバックは、管理人の判断で削除させていただきます。
お気が向いたら どぞ
みまもってます‥‥
86f99829.gif
応援してます♪
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ