November 28, 2013

岡山>彦根>奈良井宿>松本>姨捨>上田>東京

一ヶ月ほど前になりますが日本に帰国してたとき、
岡山から東京に戻るときに、ついでにいろいろ周って来ました。

今回の帰国は色々とばたばたしていたので帰国した事をあまり知人らに知らせずに
お忍びのような形になりました。
それでも噂を嗅ぎ付けた人達にコンタクトを取って頂き結構会う機会がありましたが。
  茶屋町 久々原駅
ここは実家の近くの無人駅
 

先ずは新幹線で米原まで行って乗り換えて彦根に行きます。

IMG_0106IMG_0108
ひこにゃんは知ってますがその衣装の元になったであろうこの銅像の人が誰なのかは
よく分かっていません。

IMG_0118IMG_0128
IMG_0138IMG_0140
彦根城敷地内は通りますが彦根城は後回しにして港に行きます。
まだ詳しくは言えませんが今回の帰国でお手伝いさせてもらった仕事の
ゆかりの地、琵琶湖の中にある竹生島に向かうためです。
IMG_0145
竹生島へ向かうフェリーです。何故か西武ライオンズ仕様です。

 
竹生島IMG_0172
IMG_0174IMG_0184
彦根から片道40分、到着後70分後にまた船が来ます。
海に突き出た鳥居にはかわらけ投げと言って300円で皿を二枚もらい
一枚に名前を書いてもう一枚に願い事を書いて鳥居に向かって投げ、
鳥居の下を上手く通せば願い事がかなうそうです。
「恋人が欲しい」と書いて投げて鳥居の前に落下して粉砕しました。
IMG_0216竹生島
かわらけ投げの場所は改修工事のせいでこのようになっています。


IMG_02562代目赤鬼うどん
竹生島から戻ると2時くらいだったので昼ごはんに2代目赤鬼うどんを食べました。

IMG_0265ひこにゃん
ひこにゃんIMG_0295
彦根城でひこにゃんに会います。平日なのに結構人がいます。
彦根自体はあまりパッとしない町ですがこのマスコットのおかげで
観光事業でそれなりの数値を出しているので侮れません。
実際会ってみるとなんともいえないオーラのようなものを感じました。
IMG_0341IMG_0340
IMG_0356IMG_0366
夕方まで彦根城をうろついて、その後は城の手前にある彦根キャッスルホテル
と言うビジネスホテルに泊まりました。


次の日はまず奈良井宿という所に行きます。
中津川IMG_0419
名古屋から中津川までは快速っぽい(後半殆ど各駅)電車がありますが
中津川で1時間ほど待ち乗り換えて中央本線を進みます。
IMG_0429IMG_0434
なんだかんだで彦根から奈良井宿まで5、6時間かかったような。
IMG_0448IMG_0453
IMG_0457IMG_0470
奈良井宿は中山道34番目の宿場で、昔の情緒ある宿場でなんとか保存地区に指定されています。
アクセスは結構不便なところで次の電車が2時間後でしたが、2時間ぶらぶらして結構楽しめました。

ただこのような場所の飯どころは蕎麦屋ばっかりです。しかも高い。
仕方なく蕎麦を食べた後に自然野菜を使ったカレーがあるお店を見つけてショックでした。


IMG_0525IMG_0533
IMG_0573IMG_0586
その後松本城を見る為に松本に行きましたが着いたのは5時くらいで薄暗くなってしまいました。
そしてそのまま現地のスーパーホテルに泊まりました。
スーパーホテルは朝の無料朝食バイキングが素晴らしいです。


次の日はまず松本から長野方面の路線の途中にある姨捨と言う駅で止まりました。
姨捨駅IMG_0603
IMG_0605IMG_0659
IMG_0662IMG_0669
姨捨山で有名なところです。
路線が山の側面にあり、そこから見下ろす景色は日本三大車窓のひとつ
とも呼ばれていて前から来たいと思っていました。
ただし止まると次の電車まで1時間半。何もする事は無いのでそこそこ
遠くまで歩いてました。

その後は篠ノ井でしなの鉄道に乗り換えて上田に行きます。
IMG_0732IMG_0693
IMG_0699IMG_0703
IMG_0712IMG_0728
上田城跡地を博物館とか入ったりしてぶらついたあと駅前の定食屋で
お昼を食べました。奈良井宿で食べた千円の蕎麦より安くて豪華で美味かったです。

そしてそのまま新幹線で東京に戻ります。

やっぱり日本は観光地が多くてすばらしいですね。
次の帰国とかで機会があればもっともっと色んなところを巡ってみたいと改めて思いました。


fujitarium at 17:57│Comments(2)TrackBack(0)TRAVEL 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yuji   December 11, 2013 10:56
一昨日、会ったクライアントの方からryojiさんが日本でお仕事されていたことを偶然お聞きしました。で、気になってblogを見てみると、、なるほどーw
Houdniで日本ーカナダを股にかけて仕事ができるのは本当にすごいですね!僕も負けないように精進します!!
2. Posted by fujitaR   December 24, 2013 18:21
股にかけてと言うかカナダ側ではバンクーバーでの業界の不況の煽りなのか会社で仕事が殆どというか全く無い状態だったので。。。そのおかげで色々好都合だったんですが。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字