【広告】

 ZombieMax_00
タイトルからして、前にネタにした『マッドマックス 怒りのデス・ロード
のもろパクリやん…というゾンビ映画ですが、意外と良かったです。

原題 Wyrmwood
製作 2014年・豪 98分
監督 キア・ローチ=ターナー
出演 ジェイ・ギャラガー、ビアンカ・ブレイディー、ルーク・マッケンジー、
   レオン・バーチル

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

あらすじ
「多数の流れ星が目撃された夜、ある町で妻子と暮らす男性バリーは、
自宅に侵入してきたゾンビを見て驚く。同じころゾンビに襲われた妹
ブルックの助言を電話で聞いたバリーはマイカーに妻子を乗せて自宅
から脱出するが、妻子はゾンビになり、バリーはやむなく2人を殺す。
バリーはブルックが住む町を目指すが、他の生存者、ベニーらと合流し、
力を合わせて脱出行に臨む。一方、ブルックは武装した一味に拉致され、
ある場所へ…」
(WOWOWオンライン)



お話しは概ねあらすじの通りというか、特に起承転結のないような感じ
で、とにかく突然ゾンビが出てきます。元々の原因はというと、流れ星
の影響でウィルスだか何かの物質だかが発生して、空気感染でゾンビ化
してしまうという。怖ろしいです。噛まれなくても感染する。もちろん
噛まれてもアウト。
 PDVD_003 PDVD_004
(c)2014 Guerilla Films Pty Ltd & Screen Australia. All Rights Reserved. 以下同
ところが、ごく少数の血液型の者だけが免疫を持ってまして、主人公の
バリーとその妹が該当者なんですな。


ゾンビ化した妻子を楽にしてやったバリー、絶望して自殺しようとする
んですが失敗。生き延びた人間と知り合い、協力してゾンビと対決する
という進行。
 PDVD_006 PDVD_000


他方、妹の方は別の場所で軍(正規の軍なのかは不明)にさらわれて、
ゾンビの体液を注射されるという人体実験の犠牲に。
 PDVD_001
絶対被験者になりたくないですな…。

ところが、この妹が特異体質なのか実験の結果ゾンビを操る能力を有し、
それを利用して監禁から逃げ出して兄と合流するという流れです。この
辺で出てくるマッドサイエンティストのキャラが、もひとつ弱いように
思えたのが残念ポイントでした。
 PDVD_007


あと、ゾンビ菌が原因なのか、ガソリン等の化石燃料が使えずゾンビに
囲まれた小屋から脱出出来ないというシーンで、偶然ゾンビの血が発火
することを発見、これを燃料にすればイイじゃんということで、ソンビ
を捕まえてクルマで逃げ出すんですけど、日が暮れると止まってしまう。
どうやら夜間はゾンビ自身のエネルギーになって、素早く動けるように
なるらしいんですな。
 PDVD_008 PDVD_010
まあ、血液を燃料にという点はマッドマックスからのパクリですけど、
夜間は使えないとかいうところは、ちょっとシャレたヒネリじゃわいと
感じられましたね。


とは言うものの、もちろんB級映画なので突っ込みどころは結構あるし、
設定が破綻してるところも種々あったりします。ま、その辺はお約束と
いうことでしょうね。


ということで、世界観や部分的なプロットなどはマッドマックスに似せ
ながらも、一方で血液型やガソリン不燃の件、ゾンビ操作能力といった
辺りなどはオリジナリティを有し、その説明のどれもが極めて胡散臭い
ながらも一定の説得力を持った作品でした。ちょっとテンポがつまづき
がちなところや、作りがかなり粗いといった点はあったけれど、勢いは
感じられて、個人的にはなかなか感心した…というと褒めすぎになるが、
割と楽しめた映画でした。

 ブログランキング・にほんブログ村へ  


  

【広告】