【広告】

 Kingsman_00
国家に属さない独立諜報機関の活躍、新人スパイの成長を描いた作品。

原題 Kingsman: The Secret Service
製作 2014年・英 129分
監督 マシュー・ヴォーン
出演 コリン・ファース、マイケル・ケイン、タロン・エガートン、
   サミュエル・L・ジャクソン

 ブログランキング・にほんブログ村へ 
解説
「 『英国王のスピーチ』などのオスカー俳優コリン・ファースを主演に
迎え、『キック・アス』などのマシュー・ヴォーン監督がメガホンを取って
放つ痛快スパイアクション。世界を股に掛けて秘密裏に活躍するスパイ機関
所属の主人公が、最強の敵相手に奮闘する姿が描かれる。『サイダーハウス
・ルール』などのマイケル・ケインや、『パルプ・フィクション』などの
サミュエル・L・ジャクソンらが共演。エレガントな小道具やウイットに
富んだ会話はもとより、切れ味のいい怒とうのアクションに見ほれる」


あらすじ
「ロンドンにある高級スーツ店「キングスマン」は、実はいかなる国の干渉
も受けない屈指のエリートスパイ集団だった。ブリティッシュスーツを小粋
に着こなす紳士ハリー(コリン・ファース)もその一人で、日々極秘任務の
遂行に務めていた。そんなある日、仲間が何者かに暗殺され、彼は街で不良
少年エグジー(タロン・エガートン)をスカウトする」
(シネマトゥディ)



スパイアクションものということでミッション・インポッシブル的でも
あり、英国ものということで007風味もあるといった感じ。そしてもっと
色濃いのが、同じ監督の作品である『キック・アス』っぽいところです
かね。『キル・ビル』、『マチェーテ』辺りに通じるものも感じました。
かなりのバイオレンスものでもあるわけです。


街のチンピラだったエグジー、とある事情でエリートスパイのハリーに
スカウトされてキングスマンの一員に。厳しい訓練、非情な試練を経て
晴れてスパイとしてデビュー…ということにはなりませんで挫折する。
 Kingsman_01
(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation 以下同

一方ハリーは、環境保護を追及するあまり、人類を救うと称してノアの
箱舟みたいな計画を実行しようとする大富豪ヴァレンタインを阻止する
ため調査を進めていたが、凶弾に倒れる。さらに、キングスマン内部に
裏切者がいることが発覚。
 Kingsman_02

正式な要員ではないエグジーだが、非常事態ということでキングスマン
の中で信用し得る同期生のロキシー、新人訓練教官のマーリンとともに
ヴァレンタインのアジトに乗り込む…という流れになります。
 Kingsman_03

何かこう書いてるとややこしそうですが、実際はちゃんと分かるように
作られています。かつ、テンポよく進行して切れ味抜群。ちょっとした
ダレ場みたいなとこもあるけど、ダレさせてくれません。


さてキャスト、筋書きとしては主役はエグジーになりますかね。タロン
・エガートンっていう人。馴染みないけど、ベテラン・大物俳優たちに
食われることなく、頑張ってた印象です。キングスマンとして活躍する
後半のタキシード姿がいかにも取って付けたような感じだったが、ワザ
との着こなしでしょうか。
 Kingsman_04 Kingsman_05
前半の自暴自棄で自信なさげなヘタレチンピラ感も良かったです。


そして、役割的には主役とも言えるバリーはコリン・ファース。
 Kingsman_06 Kingsman_07
まさにキングスマンという感じの見た目や立ち振る舞い等々、さすがの
貫禄でしたな。英国紳士のイメージそのもの。


悪役ヴァレンタインにはサミュエル・L・ジャクソン。いやあ、ハジけて
て良かったですよー。
 Kingsman_08
人類を救う彼の計画ってのは、要するに人間が増え過ぎなので選ばれし民
を除いて、後は抹殺という乱暴なもの。慈善家だと称して世界中にSIM
カードを無料で配布。ところが、これが人を凶暴化させる信号を発信し、
人々が互いに殺し合うことで人口を減らすというプラン。

中盤のハリーも巻き込んでの教会での相互殺戮シーンは圧巻というか、
エゲツナイというか、一気にレーティングが上がるような絵。
 Kingsman_09 Kingsman_10
ま、CGだったようですけどね。

あー、絵といえば、ヴァレンタインの仲間になるためには首にチップを
埋め込む必要があるんですが、これが実は爆弾になっててイザという時
は爆発して顔面が吹っ飛ぶ。終盤多くの人がチップ爆弾でポンポンいく
んですけど、これが花火で表現されてまして笑けてしまいましたわ。
 Kingsman_11 Kingsman_12
さすがにモロに顔爆発したらエグいんでこうしたんでしょうね。


話をキャストに戻して…、キングスマンのボスにはマイケル・ケイン。
 Kingsman_13
年齢的なこともあって、もうこの人の場合はほぼキャラが固まってると
いう感じで、本作でもああやっぱりこんな感じかねえ…と思ってたら、
意外な面があったりした。

あと、教官のマーリンも渋い感じで良かったし、ヴァレンタインの部下
のガゼルっていう女殺し屋がめちゃワイルド。義足がブレードになって
まして、敵をメッタ斬りにする。無慈悲に強いです。
 Kingsman_14 Kingsman_15


スパイものといえば小道具類が不可欠ですが、この映画で出てくるのが
結構バカげてるのが多くて楽しかった。防弾機能付きの銃になっている
アンブレラとか、記憶消失弾を発する腕時計とか。
 Kingsman_16 Kingsman_17
んなアホな…ですわ。その一方でカッコいい大掛かりな仕掛けなんかも
あったりするところがシャレてましたね。


…と、ダラダラ書いてスミマセン。人死にが多い上に、絵も激しいとこ
あるし、ちょっとだけ出てくるプリンセスがお下劣だったりという感じ
なのでキッズにはどうかな…とは思いますが、冒頭挙げたようなノリの
いい映画が好きな人には打ってつけの娯楽作品だと思います。是非とも
続編作って欲しいですな。

 ブログランキング・にほんブログ村へ  


 

【広告】