【広告】

 Limitless_00
20%も使われてないとされる人間の脳を薬で100%に引き上げた売れない
作家が、小説の執筆はおろか、金融界、政界にまで大躍進…というような
映画です。


原題 LIMITLESS
製作 2011年・米、105分
監督 ニール・バーガー
出演 ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロ、アビー・
   コーニッシュ、アンドリュー・ハワード

 ブログランキング・にほんブログ村へ 


解説
「斬新な設定でベストセラーとなった「ブレイン・ドラッグ」を原作に、
脳を100パーセント活性化させる驚異の新薬を手に入れた男の運命を
スリリングに描くサスペンス。監督は、『幻影師アイゼンハイム』のニール
・バーガー。思わぬ大成功を収めるも薬の副作用に苦しみ、謎の陰謀に
巻き込まれていく主人公を、『ハングオーバー!』シリーズのブラッドリー
・クーパーが熱演。共演には2度のオスカーに輝くロバート・デ・ニーロ、
『キャンディ』のアビー・コーニッシュらがそろう」


あらすじ
「スランプに陥り恋人も去ってしまった作家のエディ(ブラッドリー・
クーパー)は、元妻の弟から脳が100パーセント活性化するという新薬
「NZT48」を手に入れる。薬を服用するや一晩で傑作小説を書き上げた
彼は、さらにビジネス界にも進出して株取引や投資で大成功を収める。
瞬く間に財界の頂点へと駆け上がっていくエディだったが、やがて薬の
副作用に苦しめられ…」
(シネマトゥディ)



ヤクで脳をフルに活性化…というと、前にネタにした『LUCY』みたいな
感じなんですが、LUCYの方は終盤になって世界観云々みたいな哲学的風
になったのに対し、本作は最初から最後まで人間の欲望、成功願望…と
いう現実路線に徹してまして、分かりやすかったです。


売れない…というか、出版社と契約は交わしたものの、まだ一作も完成
出来ずにウダウダしてるエディ、恋人にも愛想尽かされ、街をブラブラ
してると、離婚した元妻の弟に遭遇。この弟がヤクの売人とかやってる
ヤバイ輩でして、その彼が実にヤバそうな薬をエディに渡す。コイツを
飲めば頭がフル回転するんだぜ…と。
 Limitless_01
(C)2011 RELATIVITY MEDIA 以下同。


実に胡散臭い。さすがのエディも服用を躊躇うが、もう失うものもない
と自暴自棄的に飲みます。と、どうよ、まさに霧が晴れるかの如く、今
までとは丸っきり見えるものが違う。いや、見えるものは同じなんだが
見え方、認識力が違うんですな。さらに、過去見聞きした断片的な記憶
が有機的に結合し有用な情報となって、蓄積・活用できる状態。
 Limitless_02
気分も最高にいいです。いわばフルスロットルになった状態で、手始め
に滞納家賃をうるさく取り立てる大家の妻を軽くいいくるめ、これまで
全く手つかずだった作品を一夜にして書き上げ、統計的データに基づく
独自のアルゴリズムでカジノや相場でボロ勝ち…と、人生一気にバラ色
です。
 Limitless_03



さらに、勝ちっぷりが噂になって、バンカーや投資家が寄ってくるわ、
自分の元を去って行った彼女が戻ってくるわ…と、一層順風満帆、いや
これよ、これ、こうでなくっちゃ…と上り調子だったんですけど、まあ
やっぱイイことばっかりは続きませんわ。それだと映画にもならんし…。
 Limitless_04
実はこの薬には危険な副作用がある云々、相場に乗り出す際に金貸しに
金を借りたがコイツに薬のことを知られて脅されかんぬん、薬飲んだ際
に記憶が飛ぶことがあり、その間に殺人を犯してしまった可能性がある
とか、ネガティブ要素もどっさり出現。
 Limitless_05
そもそも、薬がなくなったらどないすんねん…という恐怖。


と、ジェットコースターのように上がったり下ったり、七転び八起きの
人生を極めて短期間のうちに経験しつつ、どうにかこうにか事態を収束
させ、経済的な成功を手中にし、さらに政界進出を狙う…といった流れ
なんですが、ちょっと後半からのまとめ方が雑な印象でしたかねえ…。
そんな上手いこといくかい、アレとかコレの後始末はどうやったんや…
ってなとこが妙に気になったり…。オチもあんなチャラくてええんか?
とも思ったし…。が、全体としては、そこそこスリリングでもあったし
割と面白かったですね。


キャストですが、主役エディはブラッドリー・クーパー。
 Limitless_06
正統派の二枚目でしょうか。本作では落ち目時と薬で自信に満ち溢れた
時の変化とか結構達者にやってましたね。ただ、この人の端正さが邪魔
してるというのか、落ちぶれてる時の落ちぶれ方が、今ひとつ現実感に
乏しいという感じはしましたかね。


エディの恋人役にはアビー・コーニッシュ。
 Limitless_07
見覚えあるなあ…と思ったら、リメイクの『ロボコップ』に出てた女優
さんでした。ロボでもそうでしたが、今回も結構ググッと惹かれるとこ
ありましたな。役どころとしては、極めて常識的かつ聡明な婦人でした。


そして、エディの金儲けパワーに目を付けてパートナーに迎える超大物
投資家役はロバート・デ・ニーロ。
 Limitless_08
結構出番多いんですが、何とな~く今回は重みがなかった感じでした。
役回りとしては大物なんで、この人の得意とするところだと思うんだが、
今一つスケール感がないように思われましたねえ。マフィアとか反社会
的勢力ではなかったからなのか、わざとオーラを封印したのか…。


という感じで、ジャンルでいえばサスペンスになるんですかねえ。SFと
いう基本的要素もあるし、アクションムービー的なとこもあるし。ある
意味ピカレスクのようでもあるし…。既述の通り、やや強引かなという
幕引きではあるものの、悪くはない映画だと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ  


 

【広告】