15ac2b0c.jpg今日はとあるセミナーに参加。

中小企業診断士の先生いわく
「起業しても,生まれた会社の六割は一年以内に消えちゃう。十年後に生き残るのは二割。それくらい会社の寿命は短い。だから今では経営学の世界では社歴が30年なら老舗企業と定義しています」
との事。

「うーむ 全くこの厳しい経済環境で生き延びることはホントに大変だな」
としみじみ思います。

藤原商事株式会社は親子二代,社歴四十二年で,神奈川県の郊外都市で幕を閉じた。

「結構シニセだったかも・・親父もおふくろも,いいときもあったけど苦労の連続だったな〜」
と,父や母とともに歩んだ会社を振り返る次第です。

藤原