牛角といえば、フランチャイズのながの成功モデルのひとつ。

銀のさらもまた同じ。

どちらも加盟して複数の店をやっている、というオーナーさんに、何人もお会いしました。

どちらのブランドも、全員が儲かっているわけではなく、ご苦労されているオーナーさんもそこそこ多い。

とくに牛角は、狂牛病のときはたびたび苦難があった。


先日、こういうメガフランチャイジーっぽい加盟店企業にかつて勤めていて、そこで店長をやっていた、という青年にお会いしました。

いろいろあったようで、そのメガフランチャイジー会社をやめて、大手の和食チェーンの直営店に転職したとのことでした。

ニコニコしてソフトな青年なので、外食産業には向いていたんでしょう。


目の前で料理が出来上がる、とか、忙しい店をチームワークで回す、なんてのはなかなか楽しい。

「ウーム、とにかく人手不足だから、こういう青年が来てくれるとありがたい、と思う会社や店が、いまのご時世はメチャクチャ多いんだろうな〜」

と思った次第です。

藤原DSC_0838