2021年06月01日

読んで得する歯の話2021-6

自分自身を愛する人を大切にする 兵庫県高砂市 藤原歯科医院



☆フッ素化合物が効果的☆
 フッ素がムシ歯予防に効果があることはよく知られていてフッ素化合物が含まれた歯磨き剤も多く売られています。フッ素は天然の元素で自然界に広く存在し海や川の水、土の中にも含まれています。私たちが口にする飲料水や多くの食べ物にも含まれているので私たちは毎日微量ながらもこれを体に取り込んでいます。さてフッ素によるムシ歯予防効果には歯の質を強化して酸に対する抵抗力を高める歯の再石灰化を促進することなどがあります。もちろん毎日の歯みがきが一番大切ですが口の中に出てきたばかりの歯は未成熟で酸に弱く、この時期にフッ素で歯質を強化することがより効果的です。ムシ歯予防にフッ化物を応用するやり方はいくつかありますが、いま日本では以下の方法が主流です。まずフッ化物の歯面塗布。これは歯科医院や保健所などで歯に直接塗布薬をつける方法で継続的に年に数回行います。次にフッ化物で口を洗うやり方ですがフッ化物溶液でぶくぶくうがいをして一定時間歯に行き渡らせてからはき出します。幼稚園、保育所、学校など集団で行うことが多いです。そして最も一般的なのがフッ化物が配合された歯みがき剤を毎日家で使う方法です。今年から改定されて高い濃度の商品もあります。緑茶にフッ素が多く含まれているからといってたくさん飲んだとしても歯質を強化するほどの濃度ではありません。海外では多くの国で水道水のフッ化物イオン濃度を一・〇ppm程度に調整する「水道水フロリデーション」が行われ、ムシ歯予防に効果を上げています。




fujiwarasika at 00:00コメント(0)読んで得する歯の話  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ