読んで得する歯の話

2021年10月01日

読んで得する歯の話2021-10

自分自身を愛する人を大切にする 兵庫県高砂市 藤原歯科医院


☆受診控えで症状悪化に警鐘☆
 昨年春の緊急事態宣言で来院者数が落ち込み今後どうなるのかという思いがありました。歯科診療所では入り口での患者さんの検温や手指消毒、スタッフのフェイスシールドとマスク着用のほか、治療時は口の中に入れるバキュームとその周囲に散る飛沫などを吸い取るバキュームを併用するなど予防策を徹底してきました。全国の歯科でクラスターがほぼ出なかったことで安全性への理解が広まり、昨年10月にいったん平年並みに戻りましたがその後の第3波、第4波が起き、また減少傾向になりました。本来は2・3カ月に一回通院する患者さんが半年、1年と空いてしまうと悪影響があります。治療が中断することでかえって長引いたり、ムシ歯が広がって抜かざるを得なくなってしまっています。インフルエンザなどのウイルスは目、鼻、口の粘膜について体内に入り込むので口の中を清潔に保つことは感染リスクを減らすことになります。口腔ケアをすることで健康寿命が延びることにも繋がります。そのため日頃の歯磨きも重要です。夕食後には歯を磨き、口の中が綺麗な状態で寝た方がいいです。これを怠ると一気に細菌が増え歯周病に繋がってしまいます。また、高齢になると歯茎が下がり歯と歯茎の隙間が出来やすくなるので特に注意が必要になります。口の中のクリーニングは自分自身だけでは難しく定期的な通院をお勧めします。

fujiwarasika at 00:00コメント(0) 

2021年09月01日

読んで得する歯の話2021-9

自分自身を愛する人を大切にする 兵庫県高砂市 藤原歯科医院



☆「新型タバコ」の本当のリスク☆
 これまではタバコといえば紙巻タバコのことでした。紙巻タバコはタバコの葉を紙でくるんで先端に火をつけて燃焼し発生した煙を吸い込みます。一方、新型タバコは一般的に加熱式タバコと電子タバコのことを指します。加熱式タバコは紙巻タバコのようにタバコの葉に直接火をつけるのではなく、タバコの葉を加熱してニコチンなどを含んだエアロゾルを発生させる方式のタバコです。電子タバコは吸引器に専用の溶液(リキッド)を入れて、コイルを巻いた加熱器で熱を発生したエアロゾルを吸い込みます。国内では加熱式タバコが大きなシェアを持っていて2020年4月〜6月時点で加熱式タバコの市場占有率は26%まで高まっています。アメリカの大手タバコ会社が日本での紙巻タバコの販売を10年以内に終了し、加熱式タバコの販売に重点を置く方針を示すなど紙巻タバコからの移行が加速度的に進んでいます。「新型タバコには害がほとんどないって本当ですか?」これまで何度もこの質問を受けてきました。加熱式タバコの販売会社の広告を見ると「有害物質を90%オフ」などと書かれています。さらにテレビ番組で加熱式タバコがクリーンで好感が持てるイメージで紹介されたこともあって「新型タバコ=害が少なくておしゃれ」という認識を多くの人が持つようになったと考えられます。しかし現時点で報告されているさまざまな研究結果をもとに考えれば「新型タバコを吸う人は紙巻タバコを吸う人と同等の健康被害を受ける可能性がある」というのが私の見解です。加熱式タバコには基本的にタバコの葉が入っています。タバコの葉にはニコチンも含まれていますので、それを吸い込むという意味では紙巻タバコと同じです。ただ紙巻タバコの場合、約九百℃で「燃焼」させるのに対して加熱式タバコは約三百℃で「加熱」させます。この「燃焼」と「加熱」の違いによって出てくる有害物質の種類や量が違ってくるのです。ものによっては紙巻タバコと比べて有害物質が少ない物もありますが、ほとんど変わらない物質や逆に加熱式タバコの方が多いとされる有害物質もあります。実は皆さんが考えるより加熱式タバコには大きな健康リスクがあると考えられているのです。また、紙巻タバコから加熱式タバコにスイッチしたところでニコチン依存は維時されます。それどころか現在加熱式タバコが紙巻タバコに比べ吸いやすい環境にあることから、紙巻タバコ以上にニコチンを接取しやすくなり、より強固なニコチン依存症になってしまう恐れもあります。




fujiwarasika at 00:00コメント(0) 

2021年08月01日

読んで得する歯の話2021-8

自分自身を愛する人を大切にする 兵庫県高砂市 藤原歯科医院


☆歯周病になってしまったら
1つには食生活の改善です。清飲料水やジャンクフードなど精製度の高い糖質を控えることです。白米よりは玄米。肉や魚大豆製品野菜からたんぱく質やビタミンミネラル食物繊維を摂取したいです。そしてもちろん適切な歯磨き習慣です。毎食後歯磨きをするのが理想だが忙しいヒトはそうもいきません。そこでオススメするのが「最低1日1回は、歯垢をしっかり除去すること」。付着した歯垢が有害な作用を示すまでには丸一日以上かかります。その間に除去すればいいというわけです。ただし、それは正しい磨き方が出来てのことです。我流の歯磨きでは、どうしても磨き残しができます。定期的に歯科医でチェックしてもらい歯磨き指導を受けることをおすすめします。口の中の状態は人によって違いますし器用不器用もあるので個別指導が必要になります。『このあたりの歯に磨き残しができる』と意識するだけでも違います」歯がグラグラする、水を飲むとしみる、歯茎から出血するなど、わかりやすい症状がでるのは多くは40〜50代になってから。しかし歯周病はそのはるか以前から静かに進行しているとか。早期にケアを始めたいですね。当院での歯周病対策は
つまようじ法ハブラシ
オゾン水治療
医院でしか買えないノンアルコールのモンダミンでクチュクチュ
オゾンナノバブル水でクチュクチュ
ペリオバスターで歯磨き
Γ灰月に1度の歯周病治療「は・は・はの会」です。
2021-8-12

fujiwarasika at 00:00コメント(0) 

2021年06月01日

読んで得する歯の話2021-6

自分自身を愛する人を大切にする 兵庫県高砂市 藤原歯科医院



☆フッ素化合物が効果的☆
 フッ素がムシ歯予防に効果があることはよく知られていてフッ素化合物が含まれた歯磨き剤も多く売られています。フッ素は天然の元素で自然界に広く存在し海や川の水、土の中にも含まれています。私たちが口にする飲料水や多くの食べ物にも含まれているので私たちは毎日微量ながらもこれを体に取り込んでいます。さてフッ素によるムシ歯予防効果には歯の質を強化して酸に対する抵抗力を高める歯の再石灰化を促進することなどがあります。もちろん毎日の歯みがきが一番大切ですが口の中に出てきたばかりの歯は未成熟で酸に弱く、この時期にフッ素で歯質を強化することがより効果的です。ムシ歯予防にフッ化物を応用するやり方はいくつかありますが、いま日本では以下の方法が主流です。まずフッ化物の歯面塗布。これは歯科医院や保健所などで歯に直接塗布薬をつける方法で継続的に年に数回行います。次にフッ化物で口を洗うやり方ですがフッ化物溶液でぶくぶくうがいをして一定時間歯に行き渡らせてからはき出します。幼稚園、保育所、学校など集団で行うことが多いです。そして最も一般的なのがフッ化物が配合された歯みがき剤を毎日家で使う方法です。今年から改定されて高い濃度の商品もあります。緑茶にフッ素が多く含まれているからといってたくさん飲んだとしても歯質を強化するほどの濃度ではありません。海外では多くの国で水道水のフッ化物イオン濃度を一・〇ppm程度に調整する「水道水フロリデーション」が行われ、ムシ歯予防に効果を上げています。




fujiwarasika at 00:00コメント(0) 

2021年05月01日

読んで得する歯の話2021-5

自分自身を愛する人を大切にする 兵庫県高砂市 藤原歯科医院

☆8020から6028へ☆
2021-5-11 8020(ハチマルニイマル)という言葉は結構浸透して80歳で20本の歯を残そうという、つまり80歳になっても自分の歯を20本残そうという運動であることを多くの方が知っています。運動がスタートした時点(平成元年)では80歳で四本の歯しか残っていないという現実でした。しかしながら最近のデータでは10本を超えて10数本になっているようです。この四半世紀で大きく改善されたことになります。このことは国民の歯に対する意識が高くなった証とも思われます。しかし歯の寿命が延びただけでなくいわゆる長寿社会つまり高齢者全体も増えていますので、8020を達成していない高齢者も増加傾向にあります。平成23年歯科疾患実態調査では後期高齢者の37%が達成していると示されています。でも、前述しました様に高齢者の絶対数が増えていますのでこの問題を考えなければいけません。さて6028(ロクマルニイハチ)とは60歳で28本にしましょうということです。親知らずを除きますと歯の本数は28本ですので全部ということになりますが::。60歳の還暦時に喪失しました歯を綴って欠損、つまり無くなったところにブリッジや義歯を入れましょうという運動を私は提唱しております。どうしてそういう考え方になったかというと、義歯を入れたがらない60歳前の方が結構いらっしゃいます。小さな義歯を早い時点で入れることでそれから少しずつ何年かかけて大きくする場合はあまり苦労しないで受け入れることが出来ることが多いようです。70歳を超えていきなり総義歯を入れて成功したケースはほんのわずかですので、やはりなくても食べられると思っても義歯を入れるという事が多数歯の欠損なっても義歯を使えるということになります。そこで誰でも受け入れられる年齢ということで60歳還暦という時期に28本にしようという運動を提案したいのです。還暦のお祝いの時、歯を28本にしようというのが治療をさせていただく側の希望でもあります。成功というか患者さんに満足していただき喜んでいただくには60歳前と思うのです。どうかこのことを知っていただき健康長寿の為に頑張りますしょう。健康長寿という意味では歯は大切ですし歯がしっかりしていると病気にかかりにくく長生きできるという疫学調査の結果が出ております。QOL(クオリティ・オブ・ライフ)生活の質向上の意味でも歯は大切です。美味しく食べるということは生活を充実させる上で大切なことです。歯の健康を守り美味しく食べるといことは人生を楽しく過ごす上でとても重要なことです。8020運動はもちろん意義のある事ですが、6028運動をする。つまり六十歳の時失ってしまった歯を補い無くなった欠損を無くすことが長寿社会においてはポイントです。
2021-5-12この原稿は、院長の友人の福島県で歯科医をされている塩田先生のご厚意で頂いた資料を抜粋して掲載しています

fujiwarasika at 00:00コメント(0) 

2021年04月01日

読んで得する歯の話2021-4

自分自身を愛する人を大切にする 兵庫県高砂市 藤原歯科医院


☆口ぽかん☆
2021-4-15 子どもの口がぽかんと開いていませんか?大きな異常を意味するわけではないのですが、何もせず放置するとさまざまな悪影響をもたらすことがあります。例えば舌を前に突き出す「舌癖」があると舌が歯を押して歯並びが悪くなるばかりでなく、顎を変形させてしまいます。また奥歯を噛み合わせても前歯が閉じない「開咬」という状態を招きやすく口呼吸を誘発することに繋がります。実はこの口呼吸がさまざまな悪影響をもたらすことがあるのです。口で呼吸しようとすると顎を上げて舌を前に突き出すような姿勢になる為、猫背を引き起こし姿勢の悪さが集中力に影響します。正しい位置に舌や下顎がないと歯並びや噛み合わせが悪くなっていきます。口呼吸はいびきの原因にもなるので熟睡できず疲労もなかなか取れません。また口の中が乾燥するのでムシ歯や歯周病の原因菌が増えムシ歯や歯周病になりやすく口臭の原因にもなります。鼻呼吸は鼻がフィルターの役目をしてウイルスの侵入を防いでくれますが口呼吸ではウイルスが入りやすく風邪を引きやすくなります。「口ぽかん」を直すには普段から本人が意識して口を閉じるようにすることが大切です。歯科では舌の癖を直すトレーニングや口周りの筋肉を鍛えるトレーニングを行って口を閉じるサポートをします。歯並びが悪くて口が閉じにくいときは歯列矯正治療が必要になってきます。子どもの「口ぽかん」が気になったら一度歯科医に相談してみて下さい。

fujiwarasika at 00:00コメント(0) 

2021年03月01日

読んで得する歯の話2021-3

自分自身を愛する人を大切にする 兵庫県高砂市 藤原歯科医院

唾液の力
唾液は三つの大唾液腺や粘膜面に多数存在する小唾液腺から出る分泌液で水分だけでなく電解質や酵素やたんぱく質などを含みます。健康な成人は一日あたり平均1〜1.5リットルの唾液を分泌しています。唾液にはいろいろな力があることが解っています。まず消化作用。でんぷんを分解するβアミラーゼという消化時の胃腸の負担を軽減します。次に口の粘膜の保護。唾液は舌や頬、唇などの軟らかい部分(軟組織)の動きを滑らかにしこすれて傷つくのを防ぎます。また歯や歯間に付着した食べかすや歯垢を洗い流したり、リゾチームやラクトフェリンなどの抗菌作用を持つ成分が細菌の増殖を抑えたりもします。ほかにも飲食で酸性になりがちな口内のpHを中和させムシ歯を防ぐ。ムシ歯の前段階になるとカルシウムやリン酸といったさまざまな無機物成分が元の状態に戻そうとする。食べ物の味物質をとして舌の味を感じる器官(味蕾)の働きを助ける。食べ物が唾液と混ざることで噛み砕いたり飲み込んだりしやすい塊にする。毒素や異物が口に入ってきたとき唾液がまとわりついて排出しやすくするなどがあります。唾液が減ると唾液がこのような力を発揮出来なくなるとムシ歯になりやすくなったり口内炎が出来やすくなったりするなどさまざまな問題が出てきます。唾液は加齢の影響により減少し三〇代がピークとされています。健康な生活が送れるように食べ物をしっかりと噛んで食べたり唾液腺をマッサージしたりするなどして唾液がしっかりでるようにしましょう。



コロナムシ歯
 コロナ禍での生活が原因で大人も子供もムシ歯が増えているといいます。ある歯科医院が2020年に行ったアンケートによるとコロナ禍での歯科医院への通院を不安に思う人が八割近くいることが明らかになりました。いわゆる受診控えで悪化するムシ歯、歯周病。コロナ前は定期的に検診を受けていたものの緊急事態宣言をきっかけに受診を控えるようになりムシ歯や歯周病の発見が遅れてきています。初期のタイミングで治療できないとムシ歯が進行してしまいます。ムシ歯が進むと治療が複雑になり治療期間、回数が増えるということはどこの医院でも実際に多く起きています。そしておうち時間の長さもむし歯の要因になっています。家にずっといることで、いつでもご飯やおやつを食べられることから、だらだらお菓子を食べ過ぎたてしまったり歯磨きをしなくてムシ歯になってしまったということもよくあります。また、マスクを長時間付けて活動していることで口の中の乾燥を理由にムシ歯の悪化、歯周病の進行が多いなど口腔内環境の悪化が例年に比べて多いことが判っています。口呼吸によって口の中が乾燥し唾液が減少するとウイルスが増殖しやすくなりリスクが高まります。口の中の乾燥を防ぐために「水をこまめに飲む」。さらに、マスクをしている時も「鼻で呼吸する」ことを心がけることが大切になってきます。歯に違和感があったらすぐに受診するようにしてください。さらに影響はムシ歯だけではありません。口をあまり動かさなくなると口周りの筋肉・舌の動きにも影響がでます。口周りの筋肉が衰えると口元が緩くなったりします。舌の動きが悪くなると歯並びにも影響が出ます。特にお子さんはマスク生活で口の運動がなまりがちです。三食の食事で口をよく動かすことが大切です。


fujiwarasika at 00:00コメント(0) 

2021年02月01日

読んで得する歯の話2021-2

自分自身を愛する人を大切にする 兵庫県高砂市 藤原歯科医院


☆イオン飲料摂取の習慣が小児のムシ歯や酸蝕症に影響☆
日本小児歯科学会はイオン飲料を習慣的に飲むことが小児のムシ歯や酸蝕症に関係しているとし「イオン飲料とムシ歯に関する考え方」を公表しました。テレビコマーシャルなどの影響により多くの保護者は市販されているイオン飲料を体に良いと考え汗をかいたときや入浴後の喉の渇いたときなど積極的に乳幼児に与える傾向があると指摘しました。その為電解質が多くなりかえって喉が渇き絶えずイオン飲料を飲んでいなければいけない状態になってしまいます。イオン飲料(特にスポーツドリンク)は経口補水輸液より糖分の濃度が高く甘味がより強い為習慣化する傾向があります。またpHが3.6〜4.6と低くイオン飲料が絶えず口内に残存するとムシ歯のみならず酸蝕症の原因にもなります。さらにイオン飲料を多量に与えることは肥満の原因となるばかりでなく食欲不振に陥るケースもあるといいます。日本小児歯科学会は乳幼児に対する対策として以下の注意点を挙げています。_畩蠅扮親阿箒肪爾粉世鬚いたとき以外は普通の水を与える。▲ぅン飲料を水の代わりに与えない。2捨,簷凖任巴水症状がある」場合は経口補水液を飲ませる。症状改善後に喉が渇いたとき普通の水を飲ませるようにする。た欧訌阿篆欧覆らイオン飲料を与えないようにする。夜中に喉が渇いたときは水を与える。テ浴後は水を飲ませる。
水の代わりにイオン飲料を飲ませている保護者は多いがその問題点について理解している人は少ない。まず認知してもらうことが重要だろうといいます。


fujiwarasika at 00:00コメント(0) 

2020年12月01日

読んで得する歯の話2020-12

自分自身を愛する人を大切にする 兵庫県高砂市 藤原歯科医院

 

☆バイオフィルム☆
 プラークは歯の表面に付着しているムシ歯菌や歯周病菌などの細菌の固まりです。白色または黄白色をしていて舌で触るとザラザラとしています。プラーク中には一ミリグラムあたりに細菌が約1〜2億個存在していると言われています。食後8時間程度で生成されブラッシングせずに放置すると48時間程度で細菌が増殖し細菌同士が手を取り合って強固に結びつき表面がフィルムに覆われた状態になります。これが「バイオフィルム」です。バイオフィルムは口の中だけにあるものではなく排水口やお風呂のなどのヌルヌル、ぬめりもそうです。バイオフィルムの中には一般的な抗生剤や殺菌剤は入り込めません。これらを長時間放置することでムシ歯や歯周病が進行します。また細菌の毒素が血中に入り込み全身疾患を誘発することも明らかになっています。プラークはブラッシングで取れますがバイオフィルムになるとブラッシングだけでは取り除くことが難しく歯科医院での専門的なケアが必要になります。食後早めにしっかりとブラッシングをしてプラークの付着を防ぐことが重要ですが歯間ブラシなどの補助器具を使ってもセルフケアには限界があります。そこで毎日のセルフケアを欠かさず行うとともに定期的に歯科医院でプロフェッショナルなケアを受けることが重要です。痛くなる前に一度歯科医院を受診してみてください。

fujiwarasika at 00:00コメント(0) 

2020年11月01日

読んで得する歯の話2020-11

自分自身を愛する人を大切にする 兵庫県高砂市 藤原歯科医院


☆認知症の原因物質 歯周病によって蓄積する仕組みを解明
歯周病菌が体内に侵入し認知症の原因物質が脳に蓄積して記憶障害が起きる仕組みを九州大などの研究チームが解明しました。歯周病と認知症の関連は近年注目を集めており認知症対策につながる発見だといいます。認知症の7割を占めるアルツハイマー病は「アミロイドベータ(Aβ)」などの異常なたんぱく質が長年少しずつ脳に蓄積し発症や症状の進行に繋がるとされています。近年 歯周病の病原菌やその毒素が血管を通じて体内に侵入することでAβが体内で作られ脳に蓄積することが解明されてきましたが蓄積の仕組みは詳しくわかっていませんでした。九州大や北京理工大(中国)などの研究チームは、マウスの腹の内部に3週間 歯周病菌を直接投与して感染させ正常なマウスと比較しました。その結果 歯周病菌に感染したマウスの脳血管の表面ではAβを脳内に運ぶ「受容体」と呼ばれるたんぱく質の数が約2倍に増えていました。脳細胞へのAβの蓄積量も10倍にふえました。暗い部屋に入れば電気ショックを受けることを学ばせた記憶実験では正常なマウスは5分間明るい部屋にとどまり続けましたが感染マウスは約3分で暗い部屋に入ってしまし記憶力低下が裏付けられました。一方 Aβを運ぶ受容体の働きを阻害する薬剤を使えば感染した細胞内を通るAβの量を4割減らせることも確認できたといいます。チーム武洲(たけひろ)・九州大准教授(脳神経科学)は「歯周病菌が異常なたんぱく質が脳に蓄積することを加速させてしまうことが明らかになりました。歯周病の治療や予防で認知症の発症や進行を遅らせることができる可能性があります。」と話します。

fujiwarasika at 00:00コメント(0) 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ