今回から連載開始します。

えー、そもそも、中古購入はあまりお勧めしません。
ノートといえど、新品がかなり安くなっているからです。
リサイクルなどでは結構強気の値段がつけられていますが、HPやDELLの安いグレードのものは80,000円ぐらいからあります。

さらに、ThinkPadの中古もあまりお勧めしませんが、わかる人にはお勧めします。
同年代の他のメーカーの中古PCに比べ、かなり見劣りするスペックのものが結構いい値段で流通しているからです。

”わかる人には”と言ったのは、いくつかのThinkPadならではの利便性があるからです。

・補修部品が個人でも手に入れることができるため、自分で修理ができる。
・HDD、メモリが容易に交換可能。
・キーボードの作りなど、スペックで見えない部分の作りがよく、使っているうちに手になじむ。

ThinkPadは、かなり道具に徹したマシンです。
見た目はあまりぱっとしませんが、3ヶ月も使うと手放せなくなります。

では、中古選びのポイントです。

ThinkPadの場合、OSなし、リカバリCDなしは一部の機種(特殊なデバイスを持つ機種)をのぞき、あまり重要なポイントではありません。
デバイスドライバーやサポートツール関係はほとんどダウンロード可能だからです。
あればあったほうが便利で楽ですが、無くても何とかなります。

次に、キーボード破損ですが、これは機種によりますが、だいたい5,000円〜7,000円ぐらいでバルクを買うことができます。
ここは予算次第で考えてください。

昔のもので多いのは、起動時液晶が赤くなるというものですが、これはLCDの部品のへたりです。
ものによっては気にしなければそのまま使い続けられますが、いずれ使えなくなる可能性もあると頭に入れておいてください。
この交換は部品単体で交換するのが面倒なので結構な値段になります。
たいがいはもう一個LCDを買って、そっくり交換という手法が主流です。

後ほど修理先も掲載しましょう。

次に、突然白くなるものですが、一応修理可能です。
ただし、これは修理しても再発したりすることもあって、やっかいです。
あまり手を出さない方がいいでしょう。

続きは次回

----------広告







☆ドスパラWeb通販プログラム☆




人気blogランキングへ