2014年10月02日

高校野球 徳島秋季大会(四国大会出場校決定試合)

IMG_20140926_215213IMG_20140928_085217IMG_20140928_093934IMG_20140928_093934IMG_20140928_085047                         テレビ徳島ケーブルテレビさんから依頼頂いた高校野球の徳島大会。
仲間の高野アナウンサーと準決勝、決勝、3位決定戦の4試合を分け合って実況しました。
私は城南VS海部の準決勝と城南VS川島n決勝を担当。ともに引き締まった好ゲームになりました。
ホテルサンルート徳島に2泊し、徳島の夜も少々楽しみました。
テレビ徳島さんはじめ地域のケーブルテレビ各局の共同制作で県内多くの方々に楽しんで頂いたようです。
昨今のケーブルテレビは地上波のチャンネルとならんで入っていますね。
テレビ徳島は11chで見られます。ケーブルも通常のテレビ局の番組なのかあまり意識しないですね。
今回の中継は生中継でしたが、夜19:00〜再放送だったようです。
2日目に現場に行きますと。県高野連の出原理事長に中継みましたよと声をかけて頂きました。
サンテレビでの中継も見たことがあるとおっしゃってくれました。
徳島の放送エリアは関西とかぶるところが多いなということも実感。
写真は大会球場のオロナミンCスタジアム、ポカリスゥェットスタジアム等のスポーツ施設。
徳島は大塚さんの恩恵をたくさん受けているのです
それにしましても、決勝戦のサヨナラゲームは久しぶりにエキサイト!!
実況席で思わず立ち上がって11点目を絶叫してしまいました。(11×‐10)
もう少しクールでもいいのかもしれませんが、このスタイルは変わりません。
進歩ないです


fujiyama1214 at 09:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!スポーツ 

2014年07月24日

夏の高校野球 奈良大会

夏の高校野球地方大会は各地で熱戦が繰り広げられています。奈良大会で実況させてもらったのが野球実況デビューです。その後プロ野球やJリーグ、バレーボール、ラグビーとあまたプロスポーツの実況をさせてもらうことになるのも奈良テレビの夏の高校野球が原点です。これは一生の感謝です客船の仕事をしていた3年間は空白ですがそれ以外は25歳ごろから本年まで実況本数こそ少なくなりましたが放送席に座らせてもらっています。約23年程になるでしょう。昨日は昨年のセンバツでも注目されたプロ野球スカウトも注目する大和広陵の立田将太投手の先発ゲーム(対関西中央)戦を実況致しました。解説は郡山高校OBの瀬谷周一さんです。接戦の好ゲームは大和広陵のサヨナラ勝ちで準準決勝進出となりました数年前からゲーム終盤で選手たちの試合に賭ける真剣な眼差しをモニターで見ていると実況が涙声になりそうなことが多くなりました。プロ野球ではあまりそのような事にはなりませんでしたが・・・。高校球児の年齢が自分の子供よりも下になってしまいました。そんな影響でしょうか。試合前にキャプテンや主戦投手に取材をしていてもしっかりした受け答えにやたら感動するようになりました。立田君もプロへの希望を胸に秘めてこの日の先発に臨む気持ちを正直に話してくれました。中2日での登板にはきっと不安もあったことでしょう。とにもかくにも奈良テレビ(TVN)さん!こんな気持ちで実況できるのもその場を与えてもらっているからこそです。心から感謝申し上げます。同じ世代の仲間が昨日の4試合は顔を合せました。第1試合の大前さんはJスポーツでもバリバリ中継しています。海外サッカー、ラグビーはお手の物、第2試合は寺西さん。KBS出身でフリー。競馬中継はお馴染みでプロ野球はGAORAを中心にタイガース戦を。この日もT−G戦に向かって行きました。第3試合が私で、第4試合は荻野さん。中京地区で大活躍。競艇中継のドンですが、野球を始め様々なスポーツをこなします。みんなアナウンスを実況を言葉を仕事にする愛すべき人たちです。しゃべらせてもらえるフィールドがある限り頑張って頂きたいものです。私も絶叫していきますIMG_20140723_162324IMG_20140723_162019IMG_20140723_161939

fujiyama1214 at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!スポーツ 

2013年08月29日

レーサーの玄

暑さもやわらいできましたね今日は初めて長男のことを記しておきます。大学を中退し4輪のレーサーを目指したいという稀有な希望を表明しました。進学前から2輪、4輪ともに興味津々なのはわかっていましたが、大学は出とこうよという感じではいました。あわよくば大学の自動車部とかに入って適当に仲間と楽しんで、後は就職してもらえればというのが親の標準的な考えですよねところが奴は真剣だったんだね。在学時から親の車で筑波サーキットー、茂木サーキットと遠い関東のサーキットで走行を始めたんだよね。レース関係の仲間や先輩や関係者の知り合いもみるみる増えていったようで、もはやこちらは門外漢。業界事情もよく知らないから手元を離れたなって感じかな。我が息子ながら見上げたもんだと感心します社交性や交渉力や行動力は21歳の若者にしては立派なもんです。生計をたてるとか老後はどうするだとか世間の尺度、特に日本社会の尺度は極めて狭量ですね一度の人生何かにチャレンジせずに生きながらえて何が残るでしょう。そりゃこつこつ貯金すりゃあ小金は残るでしょう。それも個々の考えですが、僕は息子のチャレンジを大いに評価しています。親だから当然というのではなく、私の生き方の理念に照らし合わせても若いうちの思い切った行動は素晴らしいと思います。自分のやりたいことの為に、実態はフリーターと呼ばれ、社会的な位置づけは非正規労働者に違いありません。それでも今の時代、世界が混沌とし地球がどうなるかもわからない時代。誰のためでなく自分のやりたいことをやっていいのだと僕は思いますフィリピンでのレースは相当過酷みたいです道は険しいでしょうが、それはこれからの人生のエネルギー源になっていくゼーっと玄レース

fujiyama1214 at 10:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月26日

おじさんの自覚(:;)

いつも書き出しは決まっています久々のブログですこれは自分自身の日記みたいなものですから、自分の心が動いた時に書いています。昨日、勤務関連の業務で神戸のショッピングモール施設(ホール)で小学生の子供を相手にお仕事体験なるイベントに「声優・アナウンサー」の先生として参加してきました。まずは入隊式があり、各会場に分かれそれぞれのお仕事を体験することに。私たちは声優のアフレコ体験をしてもらいました。小3から小6まで学年もばらばらで、みんな恥ずかしがり屋さんです。優しい言葉づかいで、わかああありやすく説明するうちについつい「おじさんもね、おじさんはね」と自然に自らをおじさん呼ばわりしていました。長男が22歳、長女が20歳を迎えるともなると・・この小学生の年齢は間もなく孫と考えてもおかしくない年齢に。自他とも、心身ともにおじさん、おっさん、中高年。このままではいけない。まだまだ若い者には負けないんだ。この叫びが老界への入り口なのでしょうか20130825_130533

fujiyama1214 at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月20日

オルケスタ・デ・ラ・ルスと日本舞踊

橋本夫妻と婚礼前日nora&jin超超久しぶりの記事です(^^)急遽の依頼でパーティーのMCをさせてもらいました。結婚披露パーティーです。前日にお二人にお会いして明日が本番というパターンです。従ってじっくり話し込んで理解をする時間はありませんでしたが、進行もばっちり、イベントごとにも精通したお二人ですから何の心配もいりませんでした。というのは、新郎はあの有名サルサバンド「オルケスタ・デ・ラ・ルス」のボーカルJINさん。新婦は日本舞踊の花柳若三郎さん(女性、父の名を襲名)。打ち合わせから楽しくやらせて頂き、またその進行内容がユニークでこちらも本番が楽しみになりました。会場は梅田の四季劇場の入るビル、ハービスエントの5F。プライムリブ専門レストラン「ロウリーズ」です。大人の雰囲気に溢れ、天井が高く、ソファーや椅子も豪華です。お二人の関係する方々も幅広い交流。オール巨人師匠も起こしで、開宴前にご挨拶させていただきました。新婦がこの日の為に新郎にレッスンを受け続けた歌を披露すれば、新郎が新婦に手ほどきを受けた日本舞踊「松づくし」を舞うなどパフォーマンス色満載。最後はもちろんデラルスの曲を女性ボーカルのNORAさんとJINさんが歌いフィナーレ(お披楽喜)となりました。涙と笑いと喝采に包まれた楽しいパーティーでした。東京で新生活をされるお二人の幸せを心から願っています。

fujiyama1214 at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年01月19日

祝!インフルエンザA型完治ぃ〜〜〜〜〜

 またまた久しぶりのブログです。年に数回の日記です。今週月曜に診察の結果インフルエンザが発覚したが、本日晴れて完治した旨の診断書を書いてもらった。特に高熱を発することもなく穏やかな闘病であったが、家族に、特に受験生の娘に移さないかに神経を使った明日から出勤だ!電車も勤務先の学校もマスクで過ごそう。今回の罹患によって今冬はもうかからないのですかと帰りがけに看護婦さんに尋ねると「そんなことありません。B型もあるし、新型のA型もありますから・・」と油断ならない言葉をもらったのだ。空気も記録的な乾燥状態が続いているそうだが、今日の大阪は幸い雨。明日からまた日常に戻るぞCIMG2031


fujiyama1214 at 15:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年07月18日

ブライダルは奥深いぞ!

久しぶりのブログです。海の日の今日は高校野球奈良大会の第3試合の実況担当でしたが、雨天中止。ぽっかり時間ができました。橿原の佐藤薬品スタジアム(橿原公苑野球場)に向かう途中に奈良テレビのディレクターさんから中止の電話を頂き引き返して今家で暇にまかせてブログを書き始めたのです。テーマは「ブライダル」。夏前の5、6月にはご用命頂き何組かの披露宴司会をさせてもらいました。最近はホテルの宴会場だけでなく様々な会場でパーティースタイルの披露宴などがあって感心します。そんな中、京都の八坂神社の近く祇園浜作での披露宴はとても印象的でした。20年以上様々な披露宴をしてきましたが、京都の老舗割烹を会場にしての披露宴は初めてでした。お店の2階で行われましたが決して大人数の参加で行う場所でなくお料理を味わいながら新郎新婦との時間を有意義な時間とするという感じです。ここで私の初体験!!司会進行を”肉声”でやらせて頂きました。割烹料理の老舗店ですからお食事会程度の集いはやられていたようですが、披露宴としての会場ではありませんので音響設備などは整備されていません。30、40名ほどのお客さんが舌鼓を打つというほどの広さですから肉声でも十分ということでした。ただ、司会の私はいいのですが、お客様は少し声を張らなければならなかったかな、小さい声の人は皆さんに声が届きにくかったかなということはありました。それでもお料理は見るからに(私は食べていないですから^^)鮮やかな盛り付け、おいしそうで上品な京都の風情が随所に生きていました。お客様もいい雰囲気の中で新郎新婦との素敵な時間を過ごしていました。ホテルの宴会場はあらゆる面で整っていていいですが、少しの不都合な面をカバーすればこういう場所を披露宴会場に選択するのもいいなあと感じました。NEC_0003

fujiyama1214 at 12:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月12日

パチンコ巨人の星

久しぶりにパチンコ屋さんに入りました。タバコをまったく吸わなくなって以来トーンと足を踏み入れることもなかったのですが、「パチンコ巨人の星」が新台として導入されたと知り訪れてみたのです。と言いますのは、この度そのパチンコの音声(実況部分)を担当させて頂いたのです。収録は昨年末頃でしたが、テレビコマーシャル(ハリセンボンはるか出演)で新機種として出回り始めたことを知ったのです。と、ところが30台ほど並んだ「巨人の星」のコーナーは全てお客様で埋めつくされているではないですか!!店員さんに聞くとデビューしたばかりの台はこういう状況になるらしいのです(><)まあ、私としても少し嬉しい気持ちになりました。シリーズが定着すれば、また2作目、3作目とお世話になりたいものであります。ハイ(^^)皆様一度、3頭身の星一徹を見にパチンコパラーへ行くべし!!kyojin_bill
p6233_1


fujiyama1214 at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月26日

プロスピ2010まもなく発売!!

三寒四温とは言いますが桜の開花が宣言されても春遠からじですね(><)
さて、プロ野球セリーグが今日から開幕しました!!先に開幕したパリーグとあわせ球春は先に到来です^^)2005年を最後にプロ野球の実況からは遠ざかってしまいましたがやはり開幕前にはむずむずとペナントレースへの期待感が高まります。さて、本題!テレビの実況は離れましたが「プロ野球スピリッツ」での実況は健在であります。。新作『プロ野球スピリッツ2010』が4月1日に発売です!熱心な方は既にご予約いただいているかと思いますが、どうぞゲームの中で私の熱い実況を楽しんでくださいね。では、明日からまた専門学校声優学科で高校生の皆さん相手の体験入学です。こちらも熱く行きますぞーーー^^)
プロスピ2010

fujiyama1214 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月14日

ギリシャ国民の抵抗

070502アクロポリス下
久しぶりにブログです。2月のスピード違反の罰金は7万円でした(><)
国庫に寄付したことになりますが、新大阪駅から15分ほどあるいた検察の交通部門は朝から結構な人がきていました。みな一様に無口で機械的に処理されるのを待つだけです。翌日は門真の運転免許センターで免許証の召し上げです。30日の免許停止ですが、講習を6時間ほど受ければ1日だけの運転禁止で済ませてやるという。
それも1万2千円ほど払えということでね。断りました。以前の仕事と違って車で現場に行くことはなくなり、毎日電車通勤。土日しか乗らない環境になりました。
今月いっぱいくらい我慢しようということにしたのです。国家が決めることはいろいろあれど、一人の人間がそれに抗おうとすればいかに無力かを知らされます。
ギリシャで行われているゼネストがどういう展開になっているのか。その是非はともかく国民は直接的な怒りで表現する。我々は連帯することを忘れてしまったかのように大人しく従うだけ。マスコミはただ傍観者のように論評するか、テレビはおもしろく編集して垂れ流すかアホ番組で時間を埋めるだけ。また、ネットでは匿名の無責任な意見がはびこる。この匿名で行動力のない羊達がまたくだらない。ネット社会の無法な言葉の放置が世間を蝕んでいくことも考えなければいけない。どこどこのだれべえと名乗るのが物言う人間の最低の礼儀。名乗りもせんものは黙っとれと言いたい。覆面パトのこと書き出したらまた怒りが再燃してきてしまいました。次回はハッピーな話題で^^)
<写真は2008世界一周クルーズで寄航したアテネで訪ねたアクロポリス>

fujiyama1214 at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月12日

2010、免停で初ブログ(><)

警察、国家権力の最前線で市民を守る存在であるべきものだが、時に憎憎しい存在にもなる。法律を守らせるためとはいえ通常の営みで支障なく流れている日常をかき乱す。それが姑息で、陰険な交通取り締まりだ。私としたことが、交通機動隊の覆面にやられてしまったのだ。白いクラウン。新御堂筋へ向かう途中の中央環状線で追い越し車線を妙にゆっくり走る中型バイクのあとを走り、そのバイクが左に車線を移し、やれやれとスピードを上げた途端に、スピードオーバー!!ピタリとクラウンが追尾ということになった。60キロの制限に94キロ。免停パターンだ。
罰金も10万円以下ときつい。大体、がらがらの中環を60キロで走るものなどいないし、10キロ増しが標準スピードだ。狭い路地でもなければ100キロ程度は道路状況によっては問題ないスピードだと多くの人は認識しているものだろう。自動車の安全設計の進化も無視して、何十年前の速度設定で取り締まる愚かな交通警察。年度末に点数を稼いで査定をあげてもらおうという警官。日曜に仕事に急ぐ人間の日常を奈落に落とす覆面パト。正義を貫いたとでも思っているのだろうか。犯罪検挙率は低下の一途。こんな警察に誰が協力などするものか。それにしても、あの異常にゆっくり走る中型バイクとその後の覆面パトカー。連携しているとしか思えない。調書を取られながら、尋ねてみたが当然否定。しかし、一瞬ペンがとまったぞーーーー。皆さん警察の姑息さは様々報道もされているからご存知でしょうが、裏金作りの上手な組織は市民を陥れるなんて朝飯前ですよ。心して接していきましょう。

fujiyama1214 at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年04月06日

レギュラーな生活

タレント活動を終えて、客船生活3年を終えての陸上生活開始から半年が経過しようとしています。通常の生活を取り戻しました^^)新しく専門学校勤務ということで平日は同じ時間の電車で通勤。これは40半ばにして味わうリーマン的行動。あまり好ましいものじゃないけど結構慣れるもんですな。ルーティンな一日、一年になっていくのかなという思いとともに新たなチャレンジを仕掛けなければとの思いにかられてます。しかし、まずは足元を固めて3年間の海洋生活のブランクを埋めなければというところです。今「パシフィックビイナス」は6度目の世界一周に向け出向してばかり・・。旅の無事を祈ります。スエズ運河に入る前のアデン湾も海上自衛隊の派遣で安全航海が図られることでしょう。昨年は海賊出来に備えてぴりぴりでしたからね。
 あっそうでした、「プロ野球スピリッツ」の収録も快調に進み6月中には発売されるんじゃないでしょうか。6作目の実況にはかなりユニークなコメントを自ら書かせてもらって実況してますからご期待ください(^^)/
陸に戻ってこれからあばれていきますぞ!!ブログもまめに書いて参ります。
飛翔体が領空通過とは?!怒りをあげるときは世界にわかるように上げないとね。
では、SEE YOU NEXT TIME!!


fujiyama1214 at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年01月18日

ついに船を下りました!!

2008年11月13日をもって客船の仕事を終えました。それからの就職活動は様々な苦難もありましたが、「捨てる神あれば、拾う神あり」でなんとか仕事を得ることができました。神戸にある歴史の長い専門学校です。(昨年2008年50周年)年明けの14日から勤務を始めました。高齢者相手が中心の客船の仕事からティーンの学生へと環境は180度変わりました。タレント稼業の20数年からしても毎日の電車通勤という勤め人生活は初めてのチャレンジになります。
 タイガースの中継をしている頃阪神電車にはしょっちゅう乗車していましたが、これからは毎日JR通勤です。定期も買いました。タレントや声優を目指す若い学生に授けられるものは惜しみなく伝えていきたいと思ってます。
 今客船はオーストラリアに向け航海中。3月までは帰りません。もしやめていなかったら今は船上でしょう。陸での生活は楽ではありませんが、あの船上での毎日を考えるといかに今の生活が日常かを知ります。非日常のストレスは並大抵ではありません。何ヶ月も船上で暮らす生活は船員という気概や鍛錬があっての仕事です。
 エンターテインメントの充実を志して業務につこうにも船上生活に適応するだけで莫大なエネルギーを使います。相部屋から始まり、窓なし空間、様々な制約、公私の切り替えもままならず、福利厚生もほとんどない生活、残業もない長時間労働、携帯も通じない部屋また話す場所もない船内、地上波の写らないテレビ、陸での理不尽さが倍加したような世界です。よく3年もったと思います。
 もちろん様々貴重な体験、クルーズで初めて味わえた世界の国の景色や人々、楽しい船の仲間。
 しかしあの生活は懲り懲り。陸でこそ浮かぶ瀬ありというのが実感です。

2008年11月17日

陸に戻りました!!

3年間の船上業務に終止符を打ちました。未知の世界に足を踏み入れ七転八倒の3年でありました。閉鎖的に感じられた船の皆さんも仕事を通じて心の壁は低くなっていくものだと感じました。世界一周クルーズは2回。アジア各国、北方4島を望みながらペトロパブロフスクへも行きました。南西諸島は御馴染みになり、屋久島には何度上陸したことでしょう。日本一周も数回。様々な港についてその土地の方々と会い、郷土の風土や料理を楽しみました。数多くのエンターテイナーは国内外を問わず様々なものに出会いました。ドリンクに例えればぎゅっと中味の濃い濃縮ジュースのような3年間でした。お客さんも個性溢れる面々。長い航海のうちに心打ち解ける方も多くいました。まずは陸の素晴らしさを噛みしめながら今後の生き方を探っていこうと考えています。

fujiyama1214 at 12:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!ビジネス | クルーズ

2007年11月24日

ロングバケーション

10月の3日に下船しました。そこからロンバケが始まりました。11月10日まで
勤め人の皆様にはうらやましいかもしれませんね。かくゆう私自身フリーでアナウンサーしてる時代には考えられないことでした。1ヶ月まるまる休暇なんてことになれば廃業ですね。会社員であればこそのこの状態であります^^)
ただ、この状況があるという事は長い服務期間があるわけでして・・・それはそれは聞くも涙、語るも涙の物語があるのです。船の生活は皆さんご存知のように逃げ場ないですよね。毎日毎日同じ人間が顔合わせて仕事する図はドリフの長屋で暮らすがごとしですよ!今日は語るのはやめておきましょう^^)
さて、地上の生活。当たり前のことですが地面踏みしめて生きる尊さを感じていますぞ。朝日に目覚めて、寝て、ドライブして、ウォーキングして、映画みて、花を見て、展覧会に行って、コンビニ行って、地上波見て、田舎に行って、友達のライブを見に行って、好きなラーメン屋に行って、仲間と飲んで、家族と食事して・・・当たり前の有難さを感じます。久々に書いたブログ!!
少しまめにかいていこうかなあ^^)

fujiyama1214 at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ビジネス | クルーズ

2006年09月30日

忙殺の末・・・

 客船の仕事にチェンジしてからというもの すっかりパソコンの前に
座ることも少なくなりました。11月で転職1周年です!!
 プロ野球の現場からも離れ正に別天地の生活。これほどまでの環境の変化
なかなか経験できるものではありませんね。その間アジアをまわり、日本を
巡り長江をさかのぼり、ロシアに足を踏み入れと海外キャリアを一気に上積み
しました^^)様々な経験ができた一年。苦悩した一年。涙もながした一年。
家族が恋しかった一年でした。
 月末から一週間の休日でしたが 頼まれた仕事もありでなかなか休めません。
でも今日は子どもの小学校の運動会を見に行き楽しい時間を過ごせました。
一年の生活の大半を船で過ごすなんて通常では考えられない世界ですよね。
少しは慣れたとはいえ やはりメディアの端くれで仕事していた身にとっては
情報から遮断 疎外された環境はやはり寂しいものがあります。そこを仕事と
割るきらせる何か、打ち込める何かが今ひとつかけてるところです。やりがいが
見えてくるかはもう少し先なのかもしれません。
 一年では環境に慣れるだけでかなりのエネルギーを使いました。
これからは船のおもしろ話をお届けしていければと思っています。
では、明日は極楽湯でも行って疲れを落としてきます。シャワーだけの生活
もまた疲れの蓄積要因です。今日は整体にも行ってきましたが、健康でなければ
何事も為し得ませんね。

fujiyama1214 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!クルーズ 

2006年01月14日

一年ぶりのブログです!!20年目の転職^^)3

マスコミ メディアの世界から離れることになりました。プロ野球の仕事からもおさらばなのですこれもこれからの人生を考えた結果ですから お許し下さい。(誰に許してもらうの??
転職先はクルーズ船の会社です。いわゆる豪華客船です。その中でお客さんをいかに楽しませるかというエンタテインメントの部門に携わります。時には司会などもしますから これまでの経験も少しは生かされるかなってとこです
 11月中旬から乗り込んで乗船しましたがとにかくこれまでの仕事と違い一日が長いです。一気に集中して中継に望むこれまでの仕事とは違い、じんわり一日を送るのでテンションいれっぱなしではもたないし、それほどテンションあげることもありません。まあ普通のお仕事されている方やデスクワークなどしてれば それの方が当たり前かもしれませんね。
とにかく ルーキーは見習うしかありません。これまでの経験や中立的(外部的)視点でみると不可思議な部分も散見しますが、今はしっかり見ておきたいと思います。

 マイクの前を離れるのは残念でなりませんが、海への挑戦、また7つの海を渡るという貴重な経験、さらに素敵な人たちとの出逢いや船のクルーの皆さんのロマンに触れ、この仕事でのやりがいを見出していけるものと確信しています。
 最後に20年間も支えて下さったメディアやイベント会社や事務所の皆様には心から感謝しています。ありがとうございました。

fujiyama1214 at 12:53|PermalinkComments(4)TrackBack(1)clip!クルーズ 

2005年02月25日

タイガースキャンプ取材記

ブログさぼって平和でした^^)高知安芸のタイガースタウンは毎年シーズン前の貴重な取材です。とともに一年の英気を養う場でもあります。
岡田タイガース2年目を占えるほどの材料を持ちませんが コーチ陣の奮闘ぶりや新加入選手の能見のピッチングなどを目の当たりにすると 期待感がふくらみました。不安材料はあるんでしょうがそれは今の段階で云々するものではまったくありません。新聞は売るためにいろいろ書くのが商売です。惑わされないでチームを応援していきましょう。ところで今回の取材で解説の福本豊さんに おいしい鰻を食べさせるお店に連れっていただきました。
高知の少し山あい佐川町にある大正軒です。ご主人は福本さんがブレーブス時代からのお知り合いで、当時はブレーブスのキャンプ地の市営球場で鰻を焼いて選手や報道陣に振舞ったそうです。古き良き時代のキャンプ風情を思い起こします。今デイリーで健筆をふるうベテランの万代記者もそんなことあったなと記憶しているようでした。とにかく肉厚の鰻と秘伝のうまいたれで最高の鰻でした。福本さんの紹介で野球界では著名な方々がお店を訪ねていました。イチローも若い頃に訪ねていました。そして驚きは福本記念館とも言うべき展示ケース。ユニホーム、バット、スパイクなど本人が惜しげもなくプレゼントしたものがずらり・・・往年のブレーブスファンならしばらくそこをうごけないでしょう!!プロ野球とは歴史そのものです。西宮球場でファンをわかせ、世間の耳目を集めてやまなかった瞬間が冷凍詰めにされている感じがしました。
人間のファンの人生の糧にもなるプロ野球が一部の心無き経営者に愚弄されることは口惜しくてたまりません。素晴らしいコレクションを見ながらそんなこと 思いました。福本豊記念館?

fujiyama1214 at 16:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!スポーツ 

2005年02月15日

アナウンスレッスン

アナウンスをいかに教えるかはとても難しいことです。ただ、発声・発音は少しのトレーニングで見違えるほどの声が出ます。大きな声を意識して出すということがないからでしょう。最初にあ・え・い・う・え・お・あ・お・と声だししても声が前に出ません。力のない声が響きなく出るだけです。そこに力感を出させるのは個人差もありますがそう難しいことではありません。
最初は叫ぶ位の感じでないと声がでない人もいますが、お腹を引っ込めながらやらせていますとおもしろいように声が出始めます。目に見えて?結果がでるこの瞬間がたまらなく好きです。でもそれは単なるスタートなんですね。
その発声を元にきっちりした発音を身につけてもらって、文章を読んでもらいはじめる訳ですが、ほんと一筋縄ではいきません。自分のことを振り返ってもできないことがよくわかります。私自身、先生に怒られてばかりの鈍才でしたから できない人の悩みがよくわかります。逆に簡単にできてしまう人の凄さを素直に素晴らしいと思います。教えて教えられての日々です。

fujiyama1214 at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!アナウンス 

2005年02月12日

万博梅祭り

春はまだ遠いです。家の近くの万博公園に梅を見に行きました。まだつぼみの梅が多く見ごろは少し先かなって印象です。せっかくなので日本庭園にも寄りましたがこちらもやはり冬場はしばのも枯れてて寂しい感じです。
万里庵という茶室があり、今日は呈茶のサービス(460円和菓子付き)もありました。お茶はお茶はおいしかったです。「結構なお点前でございました」
万博の茶室は万国博覧会開催当時各国の来賓をもてなすために造られたものだそうです。貸し出しもしていますが意外に良心的な値段です。平日の午前だと
15,750円。何人かで割れば安いものですね。街中の喧騒から解放されてリフレッシュできることでしょう。茶室万里庵

fujiyama1214 at 17:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!行楽