令和3年11月8日(月)に第52回ふかがわ氷雪まつり実行委員会を開催いたしました。
今回の実行委員会では、新型コロナウイルスによる第6波の蔓延の可能性等を念頭において、協議を行い、下記三点の事項が決定いたしました。
1点目「自衛隊の要請は行わずに大雪像・大滑り台の製作を中止すること」
2点目「氷雪まつりの開催そのものの判断については役員会での決定事項とすること」
3点目「実行委員会においての判断が必要な場合には、実行委員会を開催するが、開催の判断は実行委員長に一任とすること」
大雪像及び大滑り台の製作は中止となり、開催そのものの判断については、役員会での決定事項となりました。
実行委員会後も引き続き、新型コロナウイルスの動向を注視し、ウィズコロナ時代における氷雪まつりの形を模索してまいりましたが、12月1日(水)に役員会を実施し、北海道内の感染状況や第6波の可能性、12歳未満のワクチン接種が進んでいなこと等を考慮し、断腸の思いではありますが、皆様の健康・安全を第一優先に考え、「中止」することで決定しました。
当イベントを楽しみにしていただいた皆様にはご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。
来年度こそは、安心・安全な状況の下で盛大なイベントを開催できるよう尽力して参りますので、今後とも皆様方のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

PB080112