2018年08月07日

ボランティアに倉敷市真備町へ(豪雨災害から1ヶ月)

2018年8月7日です

真備町へボランティア

DSC_0135


西日本豪雨災害のあの日から、
ちょうど1か月が経ちました。

今日はフカイのスタッフ3名と一緒に
倉敷市真備町へ、片付けのボランティアへ
行ってきました。
DSC_0102


まずは倉敷市災害ボランティアセンターへ行き
DSC_0104


受付を行います。
DSC_0105


予めWebで受付をしていましたが
沢山の方が来られていて
並んで少し待ちました。
DSC_0108


AM9時〜の受付ということでしたが
私たちが受付したのがAM8:46

しかしバスの配車は「H」でした。
ひとつのバスに50人乗せていましたので
すでにこの時点で350人もの方が
ボランティアに来て下さっている現状。

夏休みで大阪から仲間と来た高校生
横浜のNPO団体、一人で来ている人
外国からの留学生、老若男女問わず
みなさん、素晴らしいですね。

地元に住む者として、本当に感謝しかありません。

そして順番にバスに乗り、真備町のサテライトへ。
DSC_0109


約15分ほどで到着し
ここで5人グループに分かれて
要請のあったおうちに電話をし
出向いていきます。

私はリーダーとなり
被災されたおうちに電話をし
今日の要請作業を確認。

必要なスコップやクワ、一輪車などを
準備して出発。歩いて行きます。

今回お伺いするのは、真備町の中でも
一番被害の大きかった箭田(やた)地区でした。

1か月が経ち、主要道路は車も通れるように
なっていますが、1本中に入ると、まだ泥や
砂ぼこりの道。田んぼや畑は泥で埋め尽くされていました。

ぶどう畑もすべて水につかり、
収穫前にダメになったようです。
DSC_0137


この地区は小田川が氾濫し
おうちの2階まで浸水した地区です。

すべてのおうちの窓は未だなく
家財も床も何も無い状態でした。

もちろん住める状態ではありませんので
避難所や知り合いのおうちに住み
お昼は片付けに帰って来るという方が
多いようです。

約15分ほど歩いて、今日作業のお手伝いを
させて頂くおうちに到着しました。

おうちには70代のご主人がおひとりいました。

私たちは、お庭や駐車場に溜まったヘドロの
撤去をお願いされました。

フカイのスタッフ4名とボランティア参加の
女性1名で、カチカチに固まった泥を撤去し
土のうに入れて運びます。
DSC_0116


今日の気温は37度。お庭や駐車場は直射日光です。
タイムキーパーを赤星君にお願いして
20分作業の10分休憩のルールで行います。
これは作業している人が熱中症にならないための
ルールです。

災害の日から1か月経ったヘドロはカチカチに
固まっており、大きなスコップで男たちが
力いっぱい撤去しようとしても、中々手ごわかったです。
DSC_0118

DSC_0120


しかも臭いもかなりあり、おうちのかたは困っていたようです。
DSC_0117
DSC_0119


休憩の時間におうちの方が
色んなお話を聞かせてくださいました。
DSC_0114


あの日のこと、この1か月のこと、これからのこと。

「あの日、自宅で眠ろうと、うとうとしていたら
 隣の方が今まで見たこともない血相で
 ドアをドンドンたたき「逃げて!逃げて!」と

 訳も分からないまま、命からがら逃げたけれど
 一夜経って家に帰ると家の枠以外、何もなかった。

 あれから避難所に住み、たくさんのボランティアの方にも
 協力してもらい、家の中の床をはがして、泥を撤去。
 
 しかし未だに着る服すら無い。

 4年前にリフォームしたばかりの家だったのに」と。

他にも沢山のお話をしてくださいました。

聞いていると涙があふれてきました。

災害の日から1か月。
テレビや報道では、「断水も終わり、少し落ち着いてきたようです」
などと言われますが、現状は全く違うこと。

さらに、ここに住んでいる人たちは、
もっと違う思いを持ってらっしゃることを知り、
改めて私は長らくの支援をしなければと思いました。

14時 ボランティア終了時間には
おうちの方から、心からのお礼を言われ
「記念に会社の仲間で写真を撮ってあげよう」とパチリ!
DSC_0134


そし最後に
「私の記念にしたいから私も入れて写真を撮ってくれ」と
一緒に記念撮影までしてくださいました。

一日も早い現場の復興。
被災された方の心の復興を祈っています。

「真備の現状」
DSC_0133
DSC_0126
DSC_0125
DSC_0124
DSC_0123


※写真はおうちのかたの許可を得て
撮影させて頂きました。


「最後に」
倉敷市災害センターでは、毎日1000人以上の
ボランティアさんをお迎えするため
参加ボランティアのためのボランティアスタッフさんがいました。

その中で毎日駆けつけ陣頭指揮をとっていた丸口君。

「暑い中ボランティアをがんばってくれた皆さんに」と
かき氷を無料で振る舞っていた吉川さんを見つけました。

二人をはじめ、倉敷の経営者のみなさんの心からの支援に
頭が下がる思いでした。


今日はこれまで!

最後までお付き合い下さり
ありがとうございました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 私の著書(共著)「平成社長物語」
  この本の売上はすべて社会貢献活動に寄付いたします!よろしくお願いします!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


fukai0225 at 16:00│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔