人生、気合いと具合 - blog

2012年05月

恒例の、日本Javaユーザーグループ主催Cross Community Conferenceに参加。

・総会~基調講演
丸山先生がまさかの遅刻。 総会は、体制の変更など。丸山先生の基調講演は、遅刻を取り戻すためかだいぶ突っ走った感じだった。でもいつも早口っていえば早口かな。
もうひとつ、Oracle Americaの浜本奈保子さんからは、JCPに関する講演。なかなかJCPについて詳しく聞けることなんてないので貴重な感じ。
JJUGメンバーならJCPに無料で参加できるのか...(てか個人でも参加できるけど敷居は高そう)
浜本さん、アメリカ暮らしが長いので漢字に苦戦(笑)

・HotSpot vs JRockit ~ HotRockit到来の前に予習しよう!(谷本心さん)
もともと別の会社のJavaVMだったのに、いまや両方ともOracleの持ち物。
とはいえ、ちゃんと統合されてHotRockitになるならそれはそれでよかったと言える日がくるかも。
メインは解析ツール(HotSpotはVisualVM、JRockitはMissionControl)のデモ。
VisualVMでも十分だとは思うけど、確かにMissionControlはかっこいいな。

 ・Play! Framework - モダンで高速なWeb開発(池田尚史さん)
ずっと気になっていながら、なかなかさわれないでいた、Play!Framework。そんな場合に、強制的に(?)知識を得られるのもこういう場に参加する重要な動機ではあるよね。
そんで、これはずいぶんとよさそうな...ホントにわかりやすいな。まあ俺がRoRほとんど知らないから余計にそう感じるのかもしれないけど。
なによりほとんどの部分が型安全だし、JavaScriptもあらかじめ文法エラーがわかるし。この辺はRoR以上なのでは?(あくまで予想)
これは一通り勉強してみないともったいない感じ。

・Scala最新状況報告 ~或いはScala Days 2012リポート~
Scalaの人は怖くないからScalaJP参加してね。とアピール。
そうそう、怖くないと思う。けっして常にマサカリ投げあってるわけではないってば。

・From Swing to JavaFX SwingからJavaFXへのマイグレーションガイド (桜庭さん)
そして最後は桜庭さん。桜庭さんといえばJavaFX。
Swingからのマイグレーションってことで、もーしーかーしーたーらー仕事で使うとか...ないか。
3つのパターン。Swingの中にJavaFX、(Swingっぽく)JavaでJavaFXを書く、FXMLを使う。
まあでも新しく作るならFXML(というかSceneBuilder)一択だし、移行するにしてもFXMLまで頑張っちゃったほうが、後のメンテナンスとか考えるとよさそうだな。
そういえば、SceneBuilderでカスタムクラス使えるんじゃないかという話だった。ちょっと本格的に調べてみよう。

・懇親会
想定より人数が少なめだったようだけど、非常ににぎやかで楽しかった。ドラえ○んもいたし。
敷地内だと移動が楽でいい感じ。個人的にはまたこのパターンがいいなーと思ってみたり。


さて、こういう場に参加するたびに やらなきゃならんことが増えていくなぁ...

奈良公園の奈良新公会堂で4月29日に開催された、鹿駆動勉強会に参加して、LTしてきた。

・前日
朝8時くらいに車で出発。名古屋周辺で高速道路の選択に失敗して、だいぶ迷う。さらに東横インが見つからずに現地でも少々迷走。でも何とか19時くらいに到着。100kmくらい遠回りしてしまった...

・ 当日
午前中は嫁とプチ観光。興福寺とか見て回る。昼飯を食って、俺は鹿駆動、嫁は一人で観光を継続。

鹿駆動勉強会の舞台。
IMG_0038

全部見たんだけど、書ききれんのでかいつまんで。

@skrbさん
安定のJavaFX。なんかいつもよりオープニングの仕込みが豪華に...しかもDukeレレ登場!

@Kuchitamaさん
新卒エンジニアが1年目を振り返ってみたということで、コードレビュー大事だよね。ほんとに。
ていうか新卒に限らんのだよな...

@hakoberaさん
Node学園祭があるらしい。去年逃したので今年は行っときたい。
ブラウザのJavaScriptとNodeだけでカメラを制御、顔認識(?)で、顔の部分を能面で隠すというデモ。すげぇ。

@_funyaさん
オブジェクト指向の基本を、わかりやすく(?)説明。
能の舞台に響き渡る、Mikuの声と北斗神拳。


ネタ(カバレジツール)的にちと堅めなので心配だったが、そこそこウケていたのでまあよしとしよう。というか能の舞台で発表したということに意義があるのだ。

@daiksyさん
今回の首謀者のひとり。
shikakudo    (鹿駆動) と
shinkokaido (新公会堂)。
たしかにそっくりだ!!


普通は勉強会をやるようなところじゃないから運営大変だと思うのだけど、 全体的に進行が非常にスムーズだったのが印象的。交代中のMCも見事だし、トラブルらしいトラブルはほとんどなし。(発表者がうまく映像出力先を切り替えられないとかはあったけども、これは運営側の問題じゃないし)

いやあ、よい思い出になりました、ホント。
 
・翌日
往路の失敗をふまえ、万全の調査をして出発。往路では東名高速を使ったが、復路はせっかくなので新東名高速へ。
新東名、道はあまり混んでないのに、SAが軒並み満車/混雑でびっくり。そうか、普通は道路自体というより、SAに寄って「新しい高速道路だー」って実感するのか。結局新東名のSAは全部スルー。それにしてもトンネルが多いな。
ほとんど渋滞もなく、スムーズに帰宅。往路と同じく8時ごろ出発したのだが、到着したのは14時半ごろ。 はやっ。
走行距離の無駄がなかったのもあるが、迷って調べたりしていた時間が大きいな...。

このページのトップヘ