恒例の、日本Javaユーザーグループ主催Cross Community Conferenceに参加。

・総会~基調講演
丸山先生がまさかの遅刻。 総会は、体制の変更など。丸山先生の基調講演は、遅刻を取り戻すためかだいぶ突っ走った感じだった。でもいつも早口っていえば早口かな。
もうひとつ、Oracle Americaの浜本奈保子さんからは、JCPに関する講演。なかなかJCPについて詳しく聞けることなんてないので貴重な感じ。
JJUGメンバーならJCPに無料で参加できるのか...(てか個人でも参加できるけど敷居は高そう)
浜本さん、アメリカ暮らしが長いので漢字に苦戦(笑)

・HotSpot vs JRockit ~ HotRockit到来の前に予習しよう!(谷本心さん)
もともと別の会社のJavaVMだったのに、いまや両方ともOracleの持ち物。
とはいえ、ちゃんと統合されてHotRockitになるならそれはそれでよかったと言える日がくるかも。
メインは解析ツール(HotSpotはVisualVM、JRockitはMissionControl)のデモ。
VisualVMでも十分だとは思うけど、確かにMissionControlはかっこいいな。

 ・Play! Framework - モダンで高速なWeb開発(池田尚史さん)
ずっと気になっていながら、なかなかさわれないでいた、Play!Framework。そんな場合に、強制的に(?)知識を得られるのもこういう場に参加する重要な動機ではあるよね。
そんで、これはずいぶんとよさそうな...ホントにわかりやすいな。まあ俺がRoRほとんど知らないから余計にそう感じるのかもしれないけど。
なによりほとんどの部分が型安全だし、JavaScriptもあらかじめ文法エラーがわかるし。この辺はRoR以上なのでは?(あくまで予想)
これは一通り勉強してみないともったいない感じ。

・Scala最新状況報告 ~或いはScala Days 2012リポート~
Scalaの人は怖くないからScalaJP参加してね。とアピール。
そうそう、怖くないと思う。けっして常にマサカリ投げあってるわけではないってば。

・From Swing to JavaFX SwingからJavaFXへのマイグレーションガイド (桜庭さん)
そして最後は桜庭さん。桜庭さんといえばJavaFX。
Swingからのマイグレーションってことで、もーしーかーしーたーらー仕事で使うとか...ないか。
3つのパターン。Swingの中にJavaFX、(Swingっぽく)JavaでJavaFXを書く、FXMLを使う。
まあでも新しく作るならFXML(というかSceneBuilder)一択だし、移行するにしてもFXMLまで頑張っちゃったほうが、後のメンテナンスとか考えるとよさそうだな。
そういえば、SceneBuilderでカスタムクラス使えるんじゃないかという話だった。ちょっと本格的に調べてみよう。

・懇親会
想定より人数が少なめだったようだけど、非常ににぎやかで楽しかった。ドラえ○んもいたし。
敷地内だと移動が楽でいい感じ。個人的にはまたこのパターンがいいなーと思ってみたり。


さて、こういう場に参加するたびに やらなきゃならんことが増えていくなぁ...