2018年05月30日

ごみ収集は最大の行政サービス・ごみ削減は誰でもできる行政改革

 5月30日は「ごみ0の日」ということで、ごみダイエットプロジェクトのキックオフセレモニーがありました。
〇┐みリサイクル
∪犬瓦澆録綫擇蠅鬚靴辰り
「3010運動」(乾杯後30分と中締め前10分はしっかりとつまみを食べましょう)
が大きな柱です。

 いつも思いますが、ごみ収集は最大の行政サービスであり、ごみ削減は誰でもできる行政改革であると思います。私の概算では、1kgのごみ処理に28円かかっています。収集車の側面にも出ていますが、13万市民がお茶碗一杯食べ残すと1日で195t(像39頭分!)になります。
 大きな成果(ゴミ削減)を目指して、がんばっていきましょう。
2018-05-30 08.06.54

2018-05-30 08.05.11

2018-05-30 08.06.12

fukaryu at 11:12|この記事のURLComments(0)

2018年05月29日

補助金0での買い物支援

 歩いて行ける範囲で生活必需品を変える店舗がなかったり、そこまで行く足がなかったりする 主に一人暮らしのお年寄りのお宅を訪問する移動スーパー「とくし丸」が富士宮でも「スーパーよどばし」により始まったというので、先日お話を聞いてきました。下の写真のようなかわいい車で、玄関先まで行って販売します。商品の代金に10円プラスした金額をお客さんは支払仕組みです。
※このスタイルは、徳島の会社によって開発され、よどばしはフランチャイズで営業する形です。

 「とくし丸」という名前は、徳島発、篤志にもかけて、創業者の住友達也さんは「とくし丸」という名前にしたそうです。「とくし丸」についてはこちらのHPをご覧ください。

 日本の大きな社会問題になっている、買い物支援・高齢者の見守りという問題を解決し、一方で利益を得るという素晴らしいシステムです。何も地方や田舎ばかりで成り立っている事業ではありません。東京の新宿区など都会の真ん中でも成り立っています。しかもどこも補助金はありません。
 公金が投入されなく、社会問題を解決する一助となっていること、行政のあまたの事業も一考する必要があると思います。 
 GW後の事業開始で、順調に売り上げが伸びているそうです。はじめてみると、「うちにも来てくれ、うちにも来てくれ」とリクエストがどんどん来るものの、まだ1台なので、対応できていない状況だそうです。今後2台3台と増えていき、一人でも、買い物難民がなくなることに期待したいです。
2018-05-17 18.16.45

2018-05-17 18.17.32
fukaryu at 22:56|この記事のURLComments(0)

2018年05月27日

80軒の集落の運動会

 お隣 貫戸区の運動会でした。100軒に満たない80軒の小さい集落ですが、3世代、文字通り全員参加の運動会が行われています。地域全体で子育てしている感が強く、大人になっても、戻ってきて参加している姿は、他の地区ではなかなか見られないものです。その規模や地域によって、自治会の運営の方法も様々ですが、人と人とが血が通うということが、原点なのかなと思いました。
2018-05-27 10.52.17

fukaryu at 22:40|この記事のURLComments(0)

2018年05月21日

星山浄化センターへ消化液

 朝霧で、バイオマス(牛糞)発電を行った後の消化液を、星山浄化センターに搬入がはじまりましたので、現地にって見てきました。この事業は、発電した電気は浄化センターで使い、一方消化液は星山浄化センターに持ってきて、処理するという形をとっています。消化液自体は、一度 脱水機にかけて、濃度を薄くしているため、臭いはさして気になりませんでした。
 実は全国の下水処理場で使われている電気は、国内で消費されている電力全体の0.7%にも上ります。これは、「ウルグアイ」「ジャマイカ」一国の電力消費量と同等で、「JR東日本」の消費電力より若干多いというものです!
2018-05-21 11.08.26

2018-05-21 11.13.05

2018-05-21 11.04.19


fukaryu at 22:30|この記事のURLComments(0)

2018年05月19日

泥との触れ合いはいい

 ふじのくに美しく品格のある邑 白糸の里 の田植えに参加してきました。田植えの泥に入ったあの感覚、病みつきになります。首都圏から子連れで参加される方が何組かいらっしゃいました。子供たちも、声をあげて楽しみながら田植えをしていました。いい時間を過ごすことができました。
32894084_1044527679018624_5208379932165537792_o

33029675_1044527669018625_1434666286868070400_o

fukaryu at 22:49|この記事のURLComments(0)

2018年05月17日

DC静岡

 静岡県内で2019年4〜6月に行われるJRの「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」に向けて、全国の旅行会社・旅行代理店などが、16日17日に現地視察を行っています。富士地域にも約30人の参加者が各地を回っていて、昨晩は浅間大社・湧玉池のライトアップをご覧いただき、今朝はまかいの牧場でダイヤモンド富士を見て、富士山世界遺産センターを見学されました。
 浅間大社・湧玉池のライトアップは、今回の一年前の事前視察の方のために、来年の本番を前に行っているのが、一番の理由です。今年のDCとちぎのHPをご覧いただくとわかるように、県をあげての大型キャンペーンです。
 まかいの牧場は、富士山が見えたようですが、世界遺産センターではご覧のように曇りで富士山は見ることができなかったのですが、来年に向けていい旅行商品の仕込みを期待したいです。これは相当期待できます。

2018-05-17 08.51.29

fukaryu at 20:52|この記事のURLComments(0)

2018年05月15日

地域で自然エネルギーの循環

メガソーラー問題に揺れている伊東市の例を見るに、自然エネルギーは、地域の資本で、利益は地域に配分する。コミュニティパワーという発想が日本の自然エネルギーについて必要だと思います。
 コミュニティパワーという考えは、以前デンマークに視察に行った際に、一緒に行かれたからお聞きしたものです。以下の三原則があります。
◾自然エネルギーの発電施設は地域の関係者が、そのうち何割かを所有している
◾そのプロジェクトの意思決定は地域のコミュニティの組織によってなされる
◾そのプロジェクトによって得た利益は地域に分配される
地域の自然エネルギーは地域のものである。という考えから来ていると思います。

しかるに、日本の自然エネルギーは、外部の資本による一時的な利益を得るため「太陽光バブル」の様相を呈しております。これでは、持続可能な社会のための自然エネルギー利用とは大きく異なってしまいます。下の写真は、伊東市で計画されている、メガソーラーの計画です。コミュニティパワーの三原則があれば、また違うアプローチになるでしょう。
ce03efdf1b088be20374757ad0408a74

fukaryu at 21:53|この記事のURLComments(0)

2018年05月13日

長くやっているといろいろなことがある。

 GWが終わった後の週末、イベント盛りだくさんです。運動会、氏神さんの祭典、スポーツ大会ETC・・・そんな中、ある会場で、若いパパ(20代半ば)が私のことをじっと見ていました。どうしたのか?と思って聞いてみると、

「高校入試の日の朝に、街頭演説しているりゅうすけさんに『がんばれ!』と声をかけられて、それで気合を入れて、入試をがんばり、無事に合格し、高校卒業後就職して結婚して、子供も生まれました。あの日のことは忘れられなくて、りゅうすけさんのこと ずっと気にしていましたし、これからも応援していきます。」

 ありがたいですね。こういう若者の期待に応えなくては!

fukaryu at 23:22|この記事のURLComments(0)

2018年05月11日

子育て環境

 先日、浅間大社の「寄って宮」(ここずらよ のとなりの観光案内所)に観光ガイドボランティアの当番でいた時に、乳飲み子を抱えたママさんに「授乳できるところありますか?」と聞かれたので、寄って宮の奥のカーテンで仕切れるスペースをお貸ししました。「そうか、観光やその他で多くの方がお越しになるところには、授乳スペースも必要だなと思っていました。その方は、浜松の方で、イオンの充実ぶりは凄いとおっしゃっておられました。
 そうした中、昨日は、コンビニで、ミルク用のお湯を提供したり、ベビーグッズを置く「ベビーステーション」の説明会があったので、行ってきました。(コンビニ店舗対象)
2018-05-10 13.54.28

 離乳食もコンビニで置いてくれるところもできつつあるようです。離乳食の試食を生まれて初めてしました。結構いけました(笑)
2018-05-10 14.43.02

 施設の子育て応援環境の状況はどうなかと思いみてみると、「きらら」は、新しいだけあって、授乳スペースも確保されていました。
2018-05-10 14.58.41

 さすが民間の施設はそれなりの対応できています。イオン富士宮の状況です。紙おむつ入れがあるのは、ママさんにとって助かるでしょう。
2018-05-10 15.07.31

2018-05-10 15.08.49

 山梨大学病院隣のイオンは、とても充実していました。ミルク用のお湯の温度調節されて出る形になっていましたし、授乳スペースもいくつもありました。
 子育てする時は、いろいろなことが大変です。ちょっとした事の充実が、ママの負担を少なくし、それが住みよさにつながるということがわかりました。
2018-05-08 12.42.37

2018-05-08 12.42.43

2018-05-08 12.42.53


fukaryu at 20:59|この記事のURLComments(0)

2018年05月08日

メルカリやってみて

 ここ数か月、いらない物をメルカリで売ったり、その売上金で気になったものを買ったりしました。
 流行っている、メルカリってどんなものなのか?一日に100万点!も新たな商品が出品されるというけれども、なぜなのか?を実際やってみて感じたかったわけです。

その感想は、 
圧倒的なアプリの使いやすさ、手軽さ(写真を撮れば、出品手続が、簡単にできる。感覚的で本当に使いやすいです。購入するのも、簡単です。)
安全なシステム(何しろ、こちらの住所を知らせることなく、匿名での商品のやり取りができる。QRコードでコンビニで簡単に発送できます。支払いも、商品が届いてから購入者が確認後のため、送金したものの商品が届かないということはなく、安心です。)

そして強く思ったことは、
ものを所有することから、必要な時に利用するという形(シェアリングエコノミーの一種か)への転換
というものです。

・インスタグラムもそうですが、感覚的、直感的です。PCではなく、スマホでの利用を前提としたシステムです。

私が思っていた以上のスピードで世の中は変化していることを強く感じました。

yjimage2

fukaryu at 22:05|この記事のURLComments(0)
記事検索
過去ログ
QRコード
QRコード