2018年02月16日

一般質問2 北條金物店購入の件

 昨年の1月26日の全員協議会で、北條金物店購入の件が出てきました。そして、2月補正予算で予算付けがなされました。その時の話では、「今回北條金物店を購入すると、他の土地も購入の話が進む」そして、下の図のような「参道軸」になるため、北條金物店は、購入の必要性が高いので、承認していただきたいという話でありました。※図の上が浅間大社で、下が世界遺産センター。物差しが参道軸で、そこの長方形が北條金物店。
 我々議員は、トイレの裏が参道軸?と思いつつも、「用地交渉はタイミングが重要」だということで、承認したわけです。
50

 しかし、今年1月25日の全員協議会では、用地買収の範囲が下の図のように変更されました。となると、「参道軸」は、下の図の物差しの様に変わります。
 そうであれば、「昨年、補正予算でバタバタと、この土地を購入する必要性はなかったのではないか」というのが、私の質問の主旨です。
37

 残念ながら、市長副市長の答弁とはかみ合いませんでした。市長は相変わらず、「市内の特産品を集めた物産館」をつくるとの持論を展開。※この土地は、民間によりプロポーザル方式により提案され、採用されたものが、民間により建設・運営されますので、物産館になるとは限りません。
fukaryu at 21:31|この記事のURLComments(0)

2018年02月15日

一般質問1 富士山世界遺産センター

本日9時からの、一般質問終わりました。

1問目 富士山世界遺産センターオープン後の状況と、問題点への対応について
ということで、オープンしたことでより明確になった問題点とそれへの対応について質問しました。

二問目(浅間大社西側隣接地購入の件)にも時間を割きたかったので、少し時間が足りませんでした。内容的に絞ればよかったです。少し内容を欲張りすぎました。

今回の質問で得られたところ、

・2月20日の商店街の代表者と世界遺産センターとの話し合い(入場チケット持参のお客様への割引制度等)が持たれるようです。・・・・オープン前から私が要望していたことが、行われるようになり、まずは前進です。

・富士宮市と世界遺産センターとの定期的な意見交換の場の設置・・・これも昨年来再三行うべきだと指摘しておりますが、開催の方向のようです。その際、関係課の横断的な取り組みがポイントだと思います。

・看板等は足りない、あるいは必要なところにないという問題点を富士宮市側も認識しており、整備が進みます。

・タクシーの乗降場所・待機場所がないという点。・・・・これはちょっと考える必要があります。

・平日平均1159人 休日3200人の入場者 そのうち70歳以上(無料)17.8% 大学生以下(無料)13.4% 約30%強が無料入場者・・・・私の感覚だと、もう少し70歳以上が多いと思っておりましたが、数字を把握できてよかったです。

16

fukaryu at 22:04|この記事のURLComments(0)

2018年01月28日

市民力

 ボランティア団体の集まり「ふれあいトーク」を見学。行政、企業、市民 この3つの力がバランス良いのが、いいまちだち感じる。行政ばかりであっても、ダメだし、企業ばかりが突っ走っても、ダメでしょう。
 定年後の人生が長いのが今の時代。市民力の充実もなければ、潤いや生きがいが欠けるということを、今更ながらに感じました。
 
25

fukaryu at 21:48|この記事のURLComments(0)

2018年01月27日

富士山学習発表会

 第20回を迎えた富士山学習発表会 ステージ発表は大宮小と富士宮二中 今回のテーマは「発信」で、大宮小では日本の文化(和服・和紙・和食)を学び、それを友好都市である韓国栄州市や市内にあるACC国際交流学園の方に伝える体験を行ったことを発表していました。二中は富士宮の魅力が詰まったお菓子の商品開発を行いました。
 発表内容の完成度の高さに驚くばかりです。来年やるところはちょっと大変ですね。20年経過したので、パート3に入るわけですから、一堂に会しての発表会はこれで一区切りとし、各学校で、地域の方に来ていただいての分散型の発表会にするべきだと考えます。
32

fukaryu at 21:36|この記事のURLComments(0)

2018年01月26日

YOUは何しに世界遺産センターへ

 26日は午前中産業都市委員会の後、午後は世界遺産センターのボランティア。一番上の展望ホールで、誘導&写真を撮られるお客様に、シャッターを押していました。とてつもなく寒かったのですが、富士山がきれいに見たので、皆さん満足して帰られました。
 平日ということもあって、市内在住の方、県内の方が多かったのですが、どんな目的で来られたか?と、お客様に話をお聞きしました。面白い回答をいくつか。

・東北(仙台と米沢)地方からやってこられた60代女性二人連れ。3日間三島に泊まって、富士山を見るためだけにやってこられたとのこと。世界遺産センターからの富士山がえらく気に入られたようで、三保の松原に行く予定を止めて、世界遺産センターに4時間ほど滞在して、何回か展望ホールに来ていました。

・愛知県の知多半島からやって来られた親子3人。初詣に浅間大社にやってきた時は、世界遺産センターの存在を知らなかった。その後、テレビで、世界遺産センターのことをやっていたので、また行ってみようということで、1月のうちに二回目の来宮。案内看板が少ないので、こうした事態が発生したようです。

ところで、下の写真は、実際に撮ったものです。展望ホールの床が鏡面状に仕上げられていますので、腹ばいになって、床面にカメラを置くと、こうした逆さ富士の画像を撮ることができます。左の黒いものは、逆さ富士を模した椅子です。
58

fukaryu at 17:13|この記事のURLComments(0)

2018年01月25日

全員協議会 参道軸

 朝から一日、全員協議会でした。特に各議員から意見が多く出たのは、「浅間大社周辺整備」についてであります。

今回のポイントは、以下二点。
|聾⊆圓琉娶で購入が難しい土地は、整備エリアから外す
⊃静沈遽茲い録匿絽邊澆箸靴得鞍

となると、「浅間大社西側の北条金物店については、世界遺産センターから浅間大社に向かう参道軸整備のため、購入するという従来からの話と整合性が取れないのではないか?」との意見を私は申し上げました。

 まず初めに計画があって、その後土地購入という流れが通常にやり方であるが、そうではなく、「北条金物店土地土地購入ありき」ではじまったこの話ですので、流れが悪いのは、当然であります。

20180124_161854

fukaryu at 23:07|この記事のURLComments(0)

2018年01月24日

まずは議会に来てもらう

 昨日に引き続き、愛知県瀬戸市議会を訪問しました。議会基本条例を市民を交えての練り上げにより作られたそうです。
 まずは、市民に議場に来てもらい、身近に感じてもらうことが、出発点だという話は、同感しました。その一つに大学との関係があります。「大学コンソーシアム」という組織が近隣に立地しているいくつかの大学間でできており、企画を投げると、大学側で乗ってきてくれるというところは、大学が身近でない富士宮市にとっては、うらやましいものでした。
 若者の真摯な意見や女性の意見の取り込みは、これからの大きな柱になると思います。
fukaryu at 21:53|この記事のURLComments(0)

2018年01月23日

議会改革に終わりはない。

 議会運営委員会の視察で、岐阜県可児市を訪問しました。可児市議会は、地方議会マニフェスト大賞を何回か受賞した、地方議会のトップランナーです。
 特に、議会として意見を取りまとめ、当局へ提言するため、議員個人としてではなく、委員会として意見集約を行い委員会代表質問という形をとっていることは、先進的でありました。
 一議員の意見ではなく、委員会としての意見、あるいは議会全体としての意見をぶつけることは、まさに議会が市民の代表であることの証左であります。
 こうした他市の議会の動きはとても刺激的であります。
fukaryu at 23:27|この記事のURLComments(0)

2018年01月21日

富士宮に移住してもらうためには

 高砂酒造の蔵開き。多くに人で賑わっていました。ざっと見たところ、市内の方が、3分の1程度だったような感じです。(3分の2は市外の方という印象です)
 市外からの初対面の方(静岡市在住の30代)と話をすると、「富士宮富士山が近くだし、飲み物食べ物おいしいし、いいところですね〜」とあったので、「ぜひ移住してください!」というと、「仕事があれば・・・・」ということでした。
 まさにその通りで、富士宮市のこれだけの環境(自然や交通等)では、「働く場の確保」があれば、人はやってきます。しかしながら、現状はここ数年毎年500人の人口減少が続いています。「働く場」をどう創出していくかこそが、一番の政策課題だと思います。

38

53

fukaryu at 22:20|この記事のURLComments(0)

2018年01月20日

新春の集い

 15回目の新春の集い無事終了しました。
26850185_1498845613546228_8686560330094829308_o

今日私が話したことは、
今回15回目の新春の集いであるが、一貫しているのは、〇毀洩楡・庶民目線だと思う。税金の無駄使いを止める。わかりやすい政治を行う。江戸城を作ったのは誰ですか?(家康でも、太田道灌でもなく大工さん)の話の通り。¬楡茲里海箸世韻任覆、将来のことを考えて行うその姿勢で、今年もしっかり議員としての仕事をやっていきたい。
さて、1年少しで選挙があります。次はどうするのか?全く白紙。各地を歩いて、いろいろな人の話を聞いて、判断したい。
昨年秋に房総半島に後援会バス旅行。頼朝挙兵の地 千葉県の竜島に立った。頼朝 平治の乱に敗れてから20年間伊豆の蛭が小島に流されて、不遇の時を過ごした。竜島から、再起した。そして平家を倒して、鎌倉幕府を開いた。
なぜ、20年間も不遇であったが再起して平家を倒すことができたのか?平家に反発する勢力が大きくなっていたという時代背景。平家は「平家にあらずば、人にあらず」おごっていた。何でも栄枯盛衰はある。頂点まで行くと、あとは落ちるだけ。物事の条理
そういう要素はあるが、何よりも、頼朝が20年間あきらめずに、しぶとく、時期をうかがっていたことに尽きる。
犬も歩けば棒に当たる 今までの選挙は歩いて稼いできた。それを忘れず、来年4月に向かっていきたい。
あせらず、あわてず、あきらめず

fukaryu at 21:36|この記事のURLComments(0)
記事検索
過去ログ
QRコード
QRコード