2020年04月20日

フェイスブック・ツイッター

当面
Facebook
Twitter
で情報発信等行っていきますので、そちらをご覧ください。
fukaryu at 09:24|この記事のURLComments(0)

2020年04月04日

富士宮市公共施設再編計画

富士宮市の膨大な公共施設、人口減少の中で今後どうしていくべきか?
いくつかの施設の統廃合は避けて通ることはできません。そしてこの種の議論では総論賛成各論反対が常でありますが、施設ごとの今後の方向性(集約化・利用方法の変更等)を示した富士宮市公共施設再編計画がまとまりました。
しっかりと建物に手を入れて、長持ちさせる。そういう考えのもと、富士宮市の特殊性(市域が広い)も加味されまとめられました。これからの公共施設は、傷んだところを修理することから、事前に早めに手を打つ「予防保全」に移行していきます。
一軒の家でもそうですが、6人家族だったものが、5人4人と減った場合、増築する人はいないですし、減築したり、改装して間取りを変えたりします。それと同じことを今後やっていきます。
そうして建物の総床面積を減らし、複合化した建物で、有機的な活動が生まれてくるようなまちにしていくことがこれからの方向性です。その意味では、とても重要な計画です。
2020-04-04 11.05.01

fukaryu at 20:53|この記事のURLComments(0)

2020年04月02日

地域医療を守る市民の会解散 非常に残念。

 3月末で、富士宮市地域医療を守る市民の会が解散しました。2015年6月から活動を行いましたので、5年間でした。残念です。
 この会は、「地域医療を守るためには、医師や医療従事者から選ばれる地域になる必要がある」という考えのもと、医療従事者への感謝を伝える「ありがとうリング」の普及活動や「コンビニ受診を控えたり、救急車をタクシー代わりに使うことはやめて、かかりつけ医を持ちましょう」という趣旨の出前講座を寄り合いどころを中心に行ってきました。こうした活動を行っている団体は県内には西部を中心に十数団体ありますが、東部では富士宮が唯一でした。
 今回解散することになった要因は、一番大きなものは、行政の後押しがなかったことだそうです。金銭的なことはともかく、例えば、寄り合いどころで上記のような講座を開こうにも、行政の後押しがあれば、各地の寄り合いどころの責任者の名簿をいただいて、連絡したりすることが可能でしたが、それがないため、知り合いの伝手を頼って連絡して予定を作るという実態でした。地域医療を守るという極めて重要な公的な目的で活動しているのにもかかわらず、補助金はもとより(補助金は0です)その活動の後押しもなければ、活動がじり貧になって、解散してしまう事にも納得します。
 こうした背景は、ここでは細かく書くことができませんが、様々な思惑があったためです。とても残念なことです。  
2020-04-01 21.11.02

2020-03-29 21.05.12

fukaryu at 15:49|この記事のURLComments(0)

2020年03月30日

博物館は建設されるのか?

 令和2年度予算で、(仮称)郷土史博物館検討事業費572万円は可決されました。このまま、博物館建設に突き進むのでしょうか?
 今回予算がつけられたものは、博物館基本構想策定委託料他でありますので、設計料や建築費ではありません。今後数回の郷土史博物館検討委員会(委員の構成者は、文化財保護審議会・地域の郷土史の研究会・大学教授・浅間大社・富士山世界遺産センター等)が行われ、基本コンセプト・博物館の機能・場所・建物ボリューム・運営方法等々が話合われていきます。そして、それらの基本方針の理解が得られれば、次のステップ(基本計画)に進みます。その段階は、来年度中ということになります。
 場所や総額の予算ボリュームが議会の了承が得られなければ、当局は、次のステップ(基本計画)に進まないことを明言しております。したがって、来年の今頃は、博物館建設に突き進むか否かがはっきりします。
 ということで、ストップするチャンスはまだまだあります。
fukaryu at 21:40|この記事のURLComments(2)

2020年03月24日

博物館の建設費はどれくらいかかるのか?

博物館の建設費はどれくらいかかるのか?

私の勝手な推察は以下の通りです。

平成25年度に外部業者にて作成された(仮称)富士宮市歴史館 建設調査検討案 策定支援業務報告書では、2階建て1870屐複毅僑議據砲硲崖建て2830屐856坪)の延床面積の案が出てきました。これが建物全体のボリュームの一つのたたき台になります。
では、坪単価はどうか 博物館は特殊建物ですから、一般の住宅に比べて当然割高になります。
例えば、放課後児童クラブ軽量鉄骨造約80坪で6400万円程度 坪80万円程度であります。
世界遺産センターは延べ床面積3400屐1030坪 33億円 320万円/坪です。
郷土史博物館は、世界遺産センターのような凝ったデザインにはならないと考えますし、当然放課後児童クラブよりは圧倒的に高くなるでしょう。坪単価は放課後児童クラブと世界遺産センターの間と考え、ここで、仮に200万円程度とします。

2階建て案565坪×200万円=11億3000万円
3階建て案856坪×200万円=17億万円

それに加え、展示の部分が入ります。世界遺産センターは展示の部分で約10億かかりました。それからすると、今回は3億から5億とすると、建物と展示合計で、15億〜22億程度になります。当たらずとも遠からずと言えるところではないでしょうか。

fukaryu at 08:38|この記事のURLComments(3)

2020年03月20日

博物館構想が出てきた背景(資料の収集保管)

富士宮市文化課説明による 今回、博物館構想が出てきた「表面的な背景」としては、資料の収集保管体制の問題点があります。

)簑∧顕什皀札鵐拭爾領地の問題
現在は埋蔵文化財センター(旧芝川町の保健センターを平成26年に約2300万円かけてリニューアル)により行っているが、富士川の想定浸水域に入っていることです。下の図の赤の×〇が、埋蔵文化財センターの隣の消防署芝川分署なので、紫色です。(紫の部分は、富士川が氾濫した時に、2〜5m浸水するエリアです。また、災害時に、頼りになる消防施設が、想定浸水域内にあるというのも大きな問題です。)
ハザードマップ
 

∋駑舛了彊錣量簑
博物館がないため、資料の所有者がその資料を処分してしまったり、他の博物館に持って行ってします。

これらの点は考える必要がありますが、それが一足飛びに博物館に行くまでのものではないと考えます。
fukaryu at 10:44|この記事のURLComments(0)

2020年03月19日

博物館による経済波及効果はあるか?

 「仮に、博物館は赤字であったとしても、それによって、観光客をはじめとして多くの方が来れれて、経済波及効果があれば、いいのではないか?」
 というご意見をいただきました。結論から言うと、相当に珍しいもの(そこに行かなければ見ることができないもの)があるか、極めて特色あるテーマ性のある博物館のいずれかであれば、その可能性はあります。

 しかし、富士宮市で現在考えている博物館は、「郷土史博物館」ですから、そこまでの特殊性・テーマを打ち出すことは難しく、特別な展示物は現在富士宮市で保管しているものの中には特にないようです。
 
 相当に珍しいもの、極めて特色あるテーマ性のある博物館というと、思いつくものは、「福井県立恐竜博物館」「鉄道博物館」(さいたま市でJRがやっています。京都にもあります。)等でしょうか。

 富士宮市の郷土史では(富士山は世界遺産センターがあるのでそれ以外)そこまでの特殊性やテーマ性を打ち出すことは難しいのではないかと思いますし、当局も観光施設という位置づけは持っておらず、答弁としては、「結果として、博物館目当てで人が来てくれたならばうれしいが、当初から観光施設としての博物館は位置づけていない」というものです。
 
 
fukaryu at 22:55|この記事のURLComments(0)

2020年03月18日

郷土史博物館の場所は?

郷土史博物館は、大変重要な問題で、様々な論点があります。
そもそも、郷土史博物館は必要か、
博物館といっても、内容は?
特別な展示物があるのか?
時期は今か? 世界遺産登録10周年というタイミングには何の意味があるのか?
市民の盛り上がりはどうか?
計画の進め方はどうなのか?

まず場所についてですが、「場所は、0ベースで考える」との答弁が1月22日の全員協議会でありました。そして、今回の議会の総括質疑で、「郷土史博物館」の意中の候補地はあるのかと、質問すると、「白糸自然公園 富士山桜の園等」との答弁がありました。では「等」は何かと問うと、「児童館に併設」との答弁がありました。
民生費では、児童館設計料が計上され、令和3年度内の完成を目指しています。その一方で、郷土史博物館についての一例として「児童館に併設」ということが出てきました。市役所内で、調整ができていないものが、「たまたま 思い付き」で、答弁されました。

それで、私は、興奮した発言をしたわけです。
※17日の岳南朝日のコラムにも出ております。
※その辺りの様子は、下のインターネット議会中継の3月13日の5時間37分が経過した辺りをご覧いただくとわかります。

現実的には、郷土史博物館の建設候補地として「白糸自然公園もしくは富士山桜の園」が出てくる可能性は極めて高いです。

その他の既存施設への併設案や空き教室案にしても、これらを外部の検討委員会で審議することは、様々な課題がありますし、事実上困難であります。候補地は、市役所内部で決めて、議会や市民へ提示しなければ、調整することは難しく、あえて、検討委員会や外部業者に委託することではないと考えます。

インターネット議会中継
fukaryu at 21:33|この記事のURLComments(1)

2020年03月17日

郷土史博物館基本構想予算

 本日、2月議会最終日でした。本日の一番の議決は、来年度予算案です。その中で、(仮称)郷土史博物館検討事業572万円をどうするのかという点で、以下の二つに意見がわかれました。

―だ軌討蓮◆焚松痢剖薪攣貿酳館検討事業572万円を削減し、予備費にする案

一方、予算原案に賛成するものの、
・基本構想策定にあたり幅広く市民の声を聞くこと、
・基本構想検討委員会の協議内容をその都度市民・議会に知らせること。
・博物館建設ありきの検討ではないことを了承すること。
以上3点の付帯決議を付ける案

私は、,僚だ軌討忙神しました。

結果は、,9人 △11人という僅差で、△可決されました。予算案の審査で、これだけ僅差になった例はここ何十年ではありません。とても緊張感ある議会となったわけです。

単純に、博物館建設に賛成反対ということではなく、基本構想予算をどうするのかという、点で議員間で意見が割れました。△良嫗啖莎弔忙神だからと言って、博物館建設推進というわけではありません。基本構想を見て判断したいという議員もいます。基本構想が、場所や予算規模が市民の思いとかけ離れていたら、郷土史博物館計画には反対するという議員もおります。

というように、この問題は、単純に語れるものではないので、明日から、この問題について、何回かにわたって書いていきます。
fukaryu at 22:12|この記事のURLComments(2)

2020年03月14日

予算委員会

昨日一昨日と、予算審査特別委員会が行われました。
昨日の委員会では、博物館予算修正案が、8対12で否決されました。来週火曜日に2月議会最終日の本会議で最終結論が出ます。まだ残り、数日あります。2名の議員が考えを変えていただければ、予算の修正ができます。
最後まで、やれることをやっていきます。
fukaryu at 10:45|この記事のURLComments(0)
記事検索
過去ログ
QRコード
QRコード