2016年12月06日

子供の素直な作文に気持ち新たに

 社会を明るくする運動作文コンテストの入賞作品の表彰式がありました。このところ、私が関係する様々なところで、大人の本当に嫌な面(それも立場ある方の)をいくつも見てきて、やるせない気持ちになっていたのですが、子供の素直な作文に、気持ちが新たになりました。世の中捨てたもんじゃありません。
33

2016年12月04日

12月1月でごみ100t削減するために

 富士宮市では12月1月のごみの焼却量(昨年7077t)を100t削減するプロジェクトを始めました。市民一人当たり、1日に15g削減すれば達成できます。
 現在の焼却ごみのうち約3割が紙類、2割弱が生ゴミです。紙類は新聞・本雑誌・ダンボールはもとより、お菓子の箱やレシート・ハガキ等の雑紙も、リサイクルできます。
 では具体的に15gはどの程度でしょうか?

 プリッツの箱18gです。今までゴミ箱に捨てていたこうしたものを分別すれば、楽に達成できます。 
25

 大ぶりのミカンの皮は、39g。これで二日分です。うちでは、たい肥化します。
06

 ということで、どなたでも簡単に参加できて、市政に協力できることがゴミ削減です。ぜひご協力ください。

2016年12月03日

観光客は、何を求めているか?

 今日は一日、浅間大社での観光ガイドボランティアでした。浅間大社にやってきたお客様どんな方がいたか。

\轍たっぷり3日間
富士山パワースポット巡り
I抻了外貅
ざ力君(富士宮駅発着の市内の構成資産めぐりのツアー)

,蓮崟轍で3日間?」もの好きな人がいるなあ・・・と思っていたのですが、新潟発のツアーでした。日本海側の方は、冬の太平洋側(静岡県)の温かさや晴れた青空へのあこがれが強いようです。ほぼ満席でした。

△錬横安紊ら40代の女性が中心、こちらもほぼ満席でした。

は外国人専用のツアーでした。半分程度の乗車

い楼貎佑里澆両莠屐

私が思ったのは、マーケティングの世界で言われている「プロダクトアウト」と「マーケットイン」ということです。

「プロダクトアウト」は、「作り手がいいと思うものを作る」「作ったものを売る」
「マーケットイン」は、逆に「顧客が望むものを作る」「売れるものだけを作り、提供する」

顧客視点で考えていかないと、富士山や歴史だけでは人は呼べないという事実が、つくづくわかりました。これだけ日本の地方が競争している時代です。顧客はだれか?顧客は何を望んでいるのか?常に考える必要があります。
53

2016年11月28日

一般質問空き店舗

 一般質問二問目は空き店舗についてです。
私の言いたいことは、
 空き店舗の問題は、オーナー 事業者 店主 皆が同じ方向 向かないと、解決にならないなと思います。特に、オーナー(所有者)は空き店舗の状態で、本当に困っているのか?困っていれば、空店舗でそのまま放置していることは、何も困っていないんじゃないか?それで、周りがいろいろとがんばっていても、肝心のオーナーが努力(つまりは家賃を下げるとか)しないとどうしようもないんじゃないのか?
 オーナーが動くためにはどうすべきか?
 そのためには、空き店舗のままのところは増税、逆に店舗が入って賑わっているところは減税ということも考えていいのではないかという提案です。

 現在富士宮市の部課長による各店舗への聞き取り調査が進行中ですが、途中経過ですが、5年後には、現在4分の1の空き店舗が、倍増し、半分の店舗が空き店舗になることが予想されています。
 
 思い切ったことをやらないと、ならないと思いますが、前向きな答弁は得られませんでした。また角度を変えて、空き店舗問題については取り組んでみたいと思います。

2016年11月27日

一般質問ゝ訖センター

一般質問の給食センターの件では、
・全体の費用(用地費・建物建設費・解体費・駐車場整備費・機械設備費・什器備品等)は、約39億8000万円になること、
・受託金額は年間約2億8000万円でこれは5年間固定(児童生徒減少しても同じ)
・災害時に、炊き出しの協定を受託業者(東洋食品)と結ぶ予定であること、
・LPガスのため、災害時も対応可(電気は非常用のみのため、ガスのみ)
・小中学生の数は、5年後−10% 10年後は-15% 20年後は-27.6%!と減少していく。(人口推計の中位値)
等々が明らかになりました。

私としては、将来の児童生徒数の減少を見越して、土日の利用や他の目的(高齢者への配食等)の利用を可能とし、その分 受託金額の減少 運営経費の圧縮 を考えるべきだとの提案を行いました。

予想された通り、「補助金」の縛りで、学校給食以外の利用は難しいとの答弁でした。今回は問題提起のみでしたが、将来の児童整数の減少が予想されている中で、40億円という莫大な投資を行った学校給食センターの有効利用は、早いうちから考えておく必要があります。

スタート時が一番の稼働で、その後どんどんと利用率が減少していく施設だということを肝に銘じる必要があります。民間では、いろいろと知恵を出して、様々なことを考えます。同じことです。

2016年11月23日

手話で生きる

 富士宮市は、昨年度静岡県内初の「手話言語条例」が制定されました。それを記念して、「手話で生きる・手話を伝える」と題した講演会が行われました。
 講師は、早瀬 憲太郎さん。早瀬さんは、ろう者であり、ろう者向けの学習塾の経営や映像・映画の製作を行っており、リオパラリンピックの時は、V6の三宅君とパーソナリティを務めた方です。
 とてもいい会でした。早瀬さんコミュニケーション能力がすごいです。また、手話通訳の方が素晴らしく、思いが強く伝わってきました。ポイントをいくつか。
 
・手話は手の動きではなく、実は表情が重要。目と目とが大切。
・障害者が、かわいそうというイメージ誰が作った?親がプラスイメージで育てれば、子供は育つ。
・小中高に講演に行く時になるべく派手な格好で行く。それは、「障害者=かわいそうな人」というイメージをわざと裏切る。
・自分は、直接コミュニケーションとりたい。
・手話言語条例はろう者のためだけでなく、誰にとっても大切な条例。
・手話と出会い人生変わる
・手話生き物なので使ってほしい。例えば手話ポイントカード(手話使うと割引になる)とか、広めるにはどうするか考えて欲しい。

写真は、早瀬さん(向かって右)と静岡県聴覚障害者協会 事務局長の小倉さん(左)
56

2016年11月22日

飯食って 風呂入って 寝る人にはかなわない

 糸井重里が、電通過労死を受けての雑誌AERAで次のようなことを言っています。
至極納得です。

健康第一 面白さ第二 

安全第一 面白さ第二 

飯食って 風呂入って 寝る人にはかなわない

2016年11月21日

一夜の夢

 昨晩は、地元星山の倭文神社に一夜限りの能舞台がつくられました。写真は今朝の様子と昨日の人間国宝梅若玄祥さんの土蜘蛛です。まさに一夜の夢のようでした。
26

20161121185539

 ここ2か月、準備設営その他 諸々で、心身共に疲れましたが、暖かく天気もよく、最高でした。これで雨が降ったり、寒かったりしたらと思うと、ゾッとしますが、天が味方してくれました。
 能が終わると同時に、今日から、11月議会がはじまりました。議会モードを切り替えていかなくてはなりません。

2016年11月20日

星山倭文神社で土蜘蛛が舞う

 富士の山ビエンナーレの駿河シャクジ能「土蜘蛛」11月と言えども温かな今晩、まさに星空の下のここ星山の倭文神社で無事行われました。この話が決まったのが、今年の9月中旬です!それから二か月走りっぱなしで、何とか今日の公演にこぎつけることができました。
 人間国宝の梅若玄祥さんの土蜘蛛見ることができて幸せでした。多くの方に喜んでいただき、地元星山(倭文神社・大悟庵」)に光を当てられることができたこと、よかったなあと思います。
 こういうチャンスはそうないので、東京にいる娘も息子も呼んで、手伝いをさせました。この秋の一大事業が終わりました。
IMG_6202

01

2016年11月18日

一般質問空き店舗

一般質問の二問目は、増加する一方の商店街の空き店舗についてです。様々な要素がありますが、今回はオーナー(所有者)が家賃を下げない。というポイントについてです。オーナーが変わらない(家賃を下げて、テナントの収益の後押しをし、まちを活性化していく)限り、空き店舗は増加の一方でしょう。
 そこで、行政ができることは、固定資産税のメリハリです(家賃下げずに空き店舗のままのところは、増額する一方、下げて新種の店舗が進出しやすくしたところは、減免する)
 農地については、不耕作地への課税強化が始まりますが、それと考え方は同じです。
 それと、現在の管理職による調査から5年後は、現実的に何割が営業しているかも、明らかになります。
 いずれにしても、相当な思い切ったことをやる必要があります。
記事検索
過去ログ
QRコード
QRコード